ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「偽情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「偽情報」に関する情報が集まったページです。

欧州委員会、TikTokをDSA(デジタルサービス法)違反の可能性で調査開始
EUの欧州委員会は、TikTokがDSA(デジタルサービス法)に違反している疑いがあるとして、正式な調査を開始した。「ウサギの穴効果」の可能性や未成年保護方法などを調べる。(2024/2/20)

AppleやAMD、Qualcommも発想は同じ
実は新しくないIntel「Core Ultra」が“AI PCブーム”を着火させるのか?
IntelはPCで人工知能(AI)技術を利用できるようにするプロセッサ「Core Ultra」を市場に投入した。他ベンダーも同様の狙いに照準を合わせる中で、IntelがAI用プロセッサの投入を急ぐ理由と、その影響とは。(2024/2/8)

半径300メートルのIT:
情報セキュリティ10大脅威に起きた“大きな変化”と“小さな変化” その狙いを考察
IPAは「情報セキュリティ10大脅威 2024」の概要を公開しました。毎年恒例のこの脅威リストですが、今回は見逃せない大きな変化と小さな変化がありました。これにはどのような意図があるのか。筆者が考察します。(2024/1/30)

セキュリティニュースアラート:
IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2024」を公開 個人編・組織編の結果は?
IPAは2023年に社会的影響を与えたセキュリティの脅威を「情報セキュリティ10大脅威 2024」として公表した。(2024/1/26)

組織向けは2022年と変わらずランサムウェアが1位:
「前年と同じ」は良いこと? 悪いこと? IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2024」を公表
IPAは「情報セキュリティ10大脅威 2024」を公表した。2023年に発生した情報セキュリティ事案から、社会的に影響が大きかったトピックを「個人」の立場と「組織」の立場のそれぞれに選出した。(2024/1/25)

Innovative Tech:
道路標識に「人に見えないレーザー」照射 自動運転車を欺く攻撃 米国と日本の研究者らが発表
米カリフォルニア大学アーバイン校、米フロリダ大学、米Toyota InfoTech Labs、電気通信大学に所属する研究者らは、赤外線レーザーを用いて交通標識にスポット光を照射し、自動運転車の認識システムを誤認させる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/1/25)

X、米国のiOSで「パスキー」サポート開始 SECのアカウント乗っ取り後に
Xは、米国のiOSユーザー向けに「パスキー」を利用可能にしたと発表した。パスキーを使えば、最近SEC(米証券取引委員会)が被害にあったSIMスワップによるアカウント乗っ取りなどを回避できる。(2024/1/24)

この頃、セキュリティ界隈で:
Xで横行する「アカウント乗っ取り」と「暗号通貨詐欺」 米SECも「ビットコインETFを承認」と偽投稿の被害に 対策は?
米証券取引委員会(SEC)のX公式アカウントが乗っ取られて偽情報がポストされる事件が起きた。Xではこれ以前から公式アカウントの乗っ取りや暗号通貨詐欺が横行していた。攻撃を仕掛けているのは何者なのか。どんな対策を講じるべきなのか。(2024/1/22)

生成AIを生かすIT戦略
Gartnerが提唱 「生成AI」導入を成功させる“CIOの行動”とは?
近年急速に普及する生成AIは、ビジネスにチャンスとリスクの両方をもたらす。CIOが生成AIの活用を成功させるために取るべき行動とは。3つの視点から解説する。(2024/1/22)

SBOM基礎知識:
Windows OSのシステム管理者も無関係じゃない、これから始めるSBOM
使用していたオープンソースのソフトウェアに使われていたライブラリに脆弱性があったことに気付かないでいたことで、攻撃を受けてしまったという事例が発生しています。これはLinuxだけでなく、Windows OSでも起こり得る事態です。こうしたリスクを軽減する方策として、SBOMと呼ばれるOSSのサプライチェーン管理の手法があります。今回はSBOMとはどういったものなのかについて解説します。(2024/1/19)

激変したIT環境、変わらない学びへの熱意:
20年目を迎えたセキュリティ・キャンプ、輩出された人材に見るその価値
2004年からセキュリティ人材の発掘、育成を目的に継続してきた「セキュリティ・キャンプ」。コロナ禍でオンライン/ハイブリッド開催を余儀なくされた時も工夫しながら継続し、ついに20年目を迎えた。2023年は久しぶりにオフラインの講義が主体となり、受講生や講師が4泊5日の期間中、顔を突き合わせ、密にコミュニケーションをとれる場が復活した。(2024/1/18)

小寺信良のIT大作戦:
大災害と“インターネット”の切っても切れない関係 3.11の教訓は生かされたか
2024年元日に発生した能登半島大地震は、まさに日本全体がお正月のホンワカムードに浸る中の出来事で、一体何が起こったのか理解できた人は少なかったのではないだろうか。もちろん筆者もその1人である。(2024/1/11)

YouTube、「オーバードーズ」や「心肺蘇生法」の検索結果上部に安全な応急処置動画枠新設
YouTubeは、オピオイドなどの過剰摂取(オーバードーズ、OD)や心肺停止などの応急措置の検索結果に信頼できる動画を表示するコーナーを新設した。保険期間が制作した動画のみが並び、広告なしで再生できる。(2024/1/11)

X、米SECのアカウント侵害はSIMスワップによるものと説明
米証券取引委員会(SEC)のXの公式アカウントが乗っ取られ、ビットコインのETFを承認したと偽のポストをした件で、XはSECへのSIMスワップ攻撃が原因であり、Xのシステムが侵害されたわけではないと説明した。SECは翌日、ETF承認を正式に発表したがXにはポストしていない。(2024/1/11)

能登半島地震で露呈、イーロン・マスク氏体制「X」の課題 偽情報などで混乱
災害情報をいち早く入手する手段として、XなどのSNSが主流になりつつある。一方能登半島地震では偽情報の急増や仕様変更による混乱が一部で生じた。専門家はX社が偽情報に対する運用を厳格に行うとともに、利用者も情報の検証をすることが重要だと強調する。(2024/1/10)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
伝統的なメディアの伝え方、玉石混淆のSNSにある「玉」の発信
「よく知りもせずに発信しないでくれ」と報道や大勢のSNSユーザーに対して思ったことはありますか。(2024/1/10)

能登半島地震で露呈、イーロン・マスク氏体制「X」の課題 偽情報などで混乱
災害情報をいち早く入手する手段として、SNSが主流になりつつあるなか、1日午後に発生した能登半島地震では、(旧ツイッター)では、2022年の起業家イーロン・マスク氏による買収による運営方針の影響を受け、偽情報の急増や仕様変更による混乱も一部で生じた。専門家はX社が偽情報に対する運用を厳格に行うとともに、利用者も情報の検証をすることが重要だと強調する。(2024/1/9)

Weekly Memo:
2024年、生成AIはどう広がり、ビジネスにどう影響をもたらすか――JEITAの調査から探る
2024年、大注目を集める生成AIがどのように広がり、世の中にどんな影響を及ぼしていくか。電子情報技術産業協会の最新調査レポートを基に考察する。(2024/1/9)

NHKロゴ使ったフェイク投稿、Xで拡散 能登半島地震や原発巡る内容
1月1日に発生した石川県能登半島を震源とする地震(令和6年能登半島地震)を巡り、NHKをかたる偽の情報がX(旧Twitter)で出回っているとして、NHKは4日、ニュースサイト「NHK NEWS WEB」で注意喚起した。(2024/1/5)

首相、能登半島地震のフェイクニュース拡散に「許されない」 公共機関の情報確認を呼びかけ
岸田文雄首相は1月4日の記者会見で、能登半島地震の要救助者について、4日午後2時半時点の情報として138件のうち80件で対応を終え、残り58件もめどが立っていると述べた。(2024/1/5)

セキュリティニュースアラート:
悪意のあるプロンプト作成がサービス化? ウィズセキュアが2024年の動向予測
ウィズセキュアは2024年におけるサイバー脅威を取り巻く環境に関する予測コメントを発表した。サイバー犯罪の専門化やAIを悪用した攻撃の進歩についてまとめている。(2024/1/4)

阪急百貨店、クリスマスディスプレイ問題で誤解受けたコラボ作家に謝罪 「SNSで誹謗中傷となる事実誤認の投稿が広がっている」
事実と異なる投稿について「削除など適切なご対応をお願い申し上げます」と呼びかけています。(2023/12/30)

製造マネジメントニュース:
生成AIの世界需要額は2030年に約20倍へと急拡大か JEITAが調査結果発表【訂正あり】
電子情報技術産業協会は2023年版の「電子情報産業の世界生産見通し」に関する発表会を開催した。2024年の世界生産額は過去最高値を更新すると予測する。(2023/12/28)

阪急百貨店ディスプレイでの無断使用問題、誤解受けた人形作家がコメント 「無実の誤解で全てが崩れそうに」
「SNS上で『盗作作家』という偽情報を発信された」など中傷を受けたことを明らかにしています。(2023/12/25)

橋本環奈、アイドル時代“不人気”説 元後輩アイドルが真っ向否定「全然この頃から人気だった」「尊敬するところ沢山の先輩」
橋本さんは2017年までアイドルグループ「Rev. from DVL」に在籍。(2023/12/23)

日本市場も1兆7774億円規模へ:
生成AIの世界需要、2030年に2110億ドルと予測
電子情報技術産業協会(JEITA)は、生成AIの世界需要額見通しを発表した。2030年の世界需要は2110億米ドルと予測され、2023年に比べ約20倍の規模となる。日本市場も1兆7774億円になるとみられ、現在と比べ15倍に拡大する。(2023/12/22)

Marketing Dive:
フルボッコにされたバドライト、トーンダウンしたユニリーバ 意識高い企業は何を間違えたのか?
Bud Lightのキャンペーンは炎上してCMOの辞任にまで発展し、Unileverは先進的な姿勢をトーンダウンさせた。2023年、「パーパスドリブン」を掲げたマーケターは何を間違えたのか。(2023/12/21)

欧州連合、X(旧Twitter)のDSA調査を開始 イスラエル関連の偽情報拡散を受け
EUの欧州委員会は、Xがデジタルサービス法(DSA)に違反した可能性があるとして正式な調査を開始したと発表した。イスラエル・ハマス関連の偽情報の拡散に十分に対処しなかった可能性があるとしている。(2023/12/19)

セキュリティニュースアラート:
2024年は“生成AI”と“iPhone”に注意 Acronisがサイバーセキュリティ予測を公開
Acronisは同社のキーパーソンによる2024年のサイバーセキュリティ脅威予測を公開した。生成AIへの理解が進んだ結果、新たな問題が発生すると予測されている。(2023/12/19)

「うんこドリル」シリーズが総務省/日本データ通信協会とコラボ 子どもが迷惑メール対策を学べる冊子を制作
「うんこドリル」シリーズを発刊している文響社が、総務省や日本データ通信協会とコラボレーションし、子ども向けの迷惑メールに関する冊子(教本)を発刊する。情報にだまされる可能性があることや、迷惑メールを受け取った時の正しい対処法などが解説されている。(2023/12/18)

SecureworksのCEOに聞く「XDRの今」【後編】
“AI活用の鬼”Secureworksが「AIを語りたがらない」なるほどの理由
「AIの波」はセキュリティ業界にも押し寄せている。「XDR」に注力しているセキュリティベンダーSecureworksのCEOは、AI技術の活用についてどのような見解を持っているのか。(2023/12/18)

この頃、セキュリティ界隈で:
イベントの出演者が“実は存在しなかった”──海外の開発者会議が中止に なぜこんな事態に?
12月にオンラインで開かれる予定だったイベントにて、ゲストスピーカーの中に実在しない女性がいたことが発覚して開催中止に追い込まれた。多様性・包括性が求めらる風潮の中、こうしたイベントの主催者が講演者の確保に苦慮している様子も垣間見える。(2023/12/14)

「ハイエナにたかられる気分」 テイラー・スウィフト、お騒がせセレブの“でっち上げ”ビデオを非難 バッシングで人間不信に「酷く落ち込んだ」
『TIME』誌のインタビューに応じたテイラー。(2023/12/12)

マスクCTO、アレック・ジョーンズ氏のアカウント凍結を解除
Xのイーロン・マスクCEOは、2018年に永久凍結された極右陰謀論者アレックス・ジョーンズ氏のアカウントの凍結を解除した。ジョーンズ氏は再び活発にポストしている。(2023/12/11)

露情報機関、英政官界に大規模サイバー攻撃
英政府は、ロシア情報機関「連邦保安局」(FSB)が英国内の政治家や公務員、記者、民間団体関係者らを標的に大規模なサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。英政府はFSB傘下のハッカー集団の構成員ら2人を制裁対象にしたほか、駐英ロシア大使を呼び出して「深い懸念」を表明したとしている。(2023/12/8)

ChatGPTが15秒で作った条例が議会で可決、ブラジルで物議
ChatGPTを使って短時間で作成された条例がブラジルの市議会で可決されたことが明らかになり、物議を醸している。(2023/12/7)

この頃、セキュリティ界隈で:
iPhoneの新機能は本当に危険? 連絡先共有できる「NameDrop」巡る誤解がSNSで拡散 そのワケは
iPhoneのユーザー同士で手軽に連絡先情報を共有できるiOS 17の新機能「NameDrop」を巡り、自分の情報が勝手に共有されてしまうかもしれないといった誤解がSNSで広まった。一体なぜこれらの投稿は広まったのか。(2023/12/7)

Innovative Tech:
自動運転車が検知できない“ステルスカー”は作れるか? 横浜国大が検証 肝は赤外線カットフィルム
横浜国立大学に所属する研究者らは、自動運転車から検知されない車両が作れるのかを検証した研究報告を発表した。(2023/12/6)

AIは誰にとっても「武器」になる【前編】
ChatGPTは「セキュリティの敵」だからこそ頼れる? その理由とは
企業に大きな変化をもたらしている人工知能(AI)技術は、セキュリティの在り方も変えようとしている。リスクを生み出すAI技術とは、企業にとってどのような存在なのか。(2023/12/6)

早稲田大学世界デジタル政府ランキング2023:
世界デジタル政府ランキング、1位は3年連続デンマーク、日本は前回の10位から11位へとトップ10圏外に
今年で18回目の「早稲田大学世界デジタル政府ランキング2023」1位は3年連続デンマーク、2位カナダ、3位英国。(2023/12/1)

AIを取り巻くリスクとチャンス【前編】
アクセンチュアが考える「生成AI」の“リスク“こそ大切な理由
ビジネスにおいて生成AIを活用する動きが広がる中で、生成AIのリスクに適切に対処することが欠かせなくなりつつある。専門家が特に懸念する生成AIのリスクを解説する。(2023/11/30)

大企業における「生成AI利用の課題」とは? 野村総合研究所の調査で判明
野村総合研究所(NRI)の調査によると、国内大企業における生成AIの利用意向は高いが、課題もある。生成AIを利用する上で「壁」となるのは何だろうか。(2023/11/30)

Social Media Today:
「広告主のX離れ」は続く? IBM、アップル、ディズニーもマスク氏の言動にドン引き
Xにおける反ユダヤ主義論争が巻き起こる中、Xへの広告出稿を停止する大手広告主が続出した。今後も起こり得るこの問題にXとイーロン・マスク氏は対処できるのか。(2023/11/29)

“糸引き”マフィン騒動 販売店SNSが利用不可に 店主は謝罪、偽情報に注意喚起も
東京都内のイベントに出店していた焼き菓子店が販売したマフィンを食べた人が、嘔吐など食中毒が疑われる症状を相次いで訴えている。問題のマフィンは食品衛生法違反の恐れがあるとしてリコール(回収)対象となったが、リコールのための問い合わせ先になっていた店側のSNSが一時利用できなくなるなど、混乱が続く。拍車をかけるように、虚偽情報の存在も明らかになった。(2023/11/22)

世界を「数字」で回してみよう(70)番外編:
「日本のコロナ史」を総括する 〜5類移行後の答え合わせ
日本ではきっちり2020年に始まった、「新型コロナ史」。さまざまな情報が錯綜し、何を信じてどう行動すればいいのか分からないまま3年間以上を過ごし、2023年5月、ついに日本でCOVID-19の扱いが「5類感染症」に移行しました。今回、コロナの感染が日本で始まった当初から、感染拡大やワクチンについてさまざまな考察を行ってきた「エバタ・シバタコンビ」が、5類移行をへて、これまでの考察を振り返り、当初の予測の「答え合わせ」を行います。(2023/11/21)

ビーズクッションの「Yogibo」がブラックフライデーセール開催! ソファなどが最大50%オフになる「MIDNIGHT SALE」も
セールは11月24日から。(2023/11/20)

架空アイテムだった「きのこの山ワイヤレスイヤホン」が現実に 同時翻訳機能付きの“本物のイヤホン”として商品化
SNS企画での反響を受けて商品化。(2023/11/17)

東京タワーデザインの「アデリアレトロ」のグラスが登場! タワー内ショップで数量限定販売
2個セットで3330円。(2023/11/19)

「じゃがりこ」販売終了デマに公式が注意喚起 「そんなことありませんよ〜!」
TikTokを中心に「2024年に販売中止になるお菓子」として拡散されていました。しかも「じゃがりこ」だけではなく……。(2023/11/16)

Google Cloud Next Tokyo ‘23:
Googleの生成AIアシスタント「Duet AI in Google Workspace」日本語対応へ
グーグル・クラウド・ジャパンは、オフィススイート「Google Workspace」といったクラウドサービスの利用を支援する生成AIアシスタント「Duet AI in Google Workspace」の日本語対応を発表した。(2023/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。