ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DOES」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DOES」に関する情報が集まったページです。

機械学習&ディープラーニング環境構築入門:
UbuntuでのGPUディープラーニング環境の構築【Ubuntu 18.04 LTS対応】
GPUを活用したTensorFlow/PyTorch/Chainerなどによるディープラーニングを実践するための環境をUbuntu上に構築する際の選択ポイントと手順を説明する。(2019/8/29)

性別、体形、角度、服装をランダムで生成:
AIが実在しない“モデル”の全身画像を生成 開発に利用された「GAN」とは?
データグリッドは、GANを用いて、実在しない人物の全身画像を生成する「全身モデル自動生成AI」を開発した。(2019/5/13)

そろそろ食傷気味? エイプリルフール、そもそものルーツは?
嘘をついてもいいなんて文化、どこから生まれるんだ。(2019/4/26)

セキュリティソリューションマップ2019――新しい環境に適した新しいセキュリティ製品の在り方とは
サイバー攻撃の拡大はとどまるところを知りません。働き方改革の広がりを支える「モバイルデバイス」や「Wi-Fi」は、デスクトップPCや有線ネットワークと比べて、セキュリティ対策が甘い場合も少なくありません。本特集では、企業のセキュリティ担当者やシステム管理者の方々に向け、モバイルを中心としたさまざまな「セキュリティソリューション」の最新動向を紹介します。(2019/3/6)

クラウドベンダーなどによるサービス利用を制限したMongoDBの新ライセンス「SSPL」を理由にDebian、Fedora、RHELがMongoDBの配布取りやめを表明
MongoDBの新ライセンス「SSPL」を理由に、Debian、Fedora、RHELがMongoDBの配布を取りやめ。MongoDBは新ライセンスの中で、クラウドベンダーに対してサービス利用を制限。(2019/1/30)

Publickey:
Amazonプライムデーのサーバ障害、原因は「OracleからAurora DBに乗り換えた」ではない――CTOがCNBCの報道を否定
2018年7月に開催された「Amazonプライムデー」ですが、その初日に一部のWebサイトで障害が発生しました。CNBCはその原因を「AmazonがOracleからAurora DBに乗り換えた」ためと報道しましたが、AmazonのCTOはこれを真っ向から否定。一体どちらが正しいのでしょうか。(2018/10/29)

「OpenJDK」で無償の長期サポート提供は、現時点で期待薄:
Java 11正式版がリリース、本バージョンから「Oracle JDK」のサポートは有償に
Java 11正式版がリリースされました。数々の新機能はさておき、最も注目されているのは、「Oracle JDK」のサポートが有償になることでしょう。長期サポートを受けつつ、無償で利用したいユーザーはどうすればいいのでしょうか。(2018/9/28)

なぜ欧米の学校は「9月スタート」なのか?
むしろなぜ日本は4月なのか……?(2018/8/10)

ツルツル肌をそるカミソリ広告はおかしい! カミソリブランドBillieがリアルなムダ毛処理CM公開
これが本当のムダ毛処理だ。(2018/7/6)

Atomはどうなる? などの質問に回答:
「GitHubの次期CEO、ナット・フリードマンだけど何か質問ある?」 海外の掲示板で実施
米国のreddit掲示板にGitHubの次期CEO、ナット・フリードマン氏が登場。「何か質問ある?」というスレッドを作って、ユーザーからのさまざまな質問に答えています。(2018/6/13)

IoT時代の安全組織論(8):
IoT時代の安心・安全を確保するための組織改革――大企業編(2)
製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第8回は、第7回で洗い出した大企業のセキュリティ課題を基に、どのような組織変革を行えば良いのかを一案とともに考察する。(2018/4/20)

機械学習&ディープラーニング環境構築入門:
UbuntuでのGPUディープラーニング環境の構築【Ubuntu 16.04 LTS対応】
GPUを活用したTensorFlowやChainerによるディープラーニングを実践するための環境をUbuntu上に構築する際の選択ポイントと手順を説明する。(2018/4/18)

Computer Weekly製品導入ガイド
DevOps経験者を外部から調達してはいけない
業界の一致した見解として、DevOpsとアジャイルはデジタル戦略の鍵を握る。だが、DevOpsを強化するために人材を外部から調達するのは思いとどまった方がいい。(2018/2/9)

「作中で動物が死ぬかどうか」を教えてくれる検索サイトがパワーアップ 虫やピエロ、びっくり演出の有無まで検索可能に
作中にストレスになりうる要素があるかどうか総合的にチェックできる仕様に。(2018/2/5)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(9):
【トレースフラグ 260】──拡張ストアドプロシージャのバージョンをチェックする
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ260の詳細と使い方」を解説します。(2017/12/11)

「Domo Japan Launch」開催:
マーケティングのサイロ化をどう乗り越えるか――「データの透明性」が会社を救う
「Domo Japan Launch」の基調講演およびDomoでCMOを務めるシェーン・アッチソン氏のインタビューから、レポーティングツールを超えた経営の武器としてのBIの意義を考える。(2017/10/18)

Dev Basics/Keyword:
Rider
RiderはJetBrainsが提供するクロスプラットフォームな.NET用の統合開発環境(IDE)。Windowsのみならず、macOSやLinuxでもさまざまなアプリの開発を快適に行える。(2017/8/8)

「007」3代目ジェームズ・ボンド、ロジャー・ムーア永眠に世界中で悲しみの声広がる
「最高のジェームズ・ボンド」とピアース・ブロスナン。(2017/5/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
EdgeブラウザのChrome対抗策 次なる一手はWindows 10からの分離か
Windows 10世代の新しい標準Webブラウザとして登場した「Edge」だが、度重なるアップデートにもかかわらず、シェアでは苦戦している状況だ。Chromeに対抗するための次の一手とは?(2017/5/23)

Dev Basics/Keyword:
タプル
タプルは「複数のデータをひとまとめにして扱う」ためのデータ構造だが、その位置付けや用途、使われ方は言語ごとに異なるものとなる。(2017/3/14)

DRBDの仕組みを学ぶ(15):
Ubuntuで実践する「DRBD 9環境」構築マニュアル
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDの最新版「DRBD 9」環境の構築手順を解説します。(2017/3/9)

main()関数の前には何があるのか(8):
あなたが知らないプログラムの真の始まり――main()関数の前にあるスタートアップとは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。今回は、main()の中身や、その前に呼び出されるスタートアップという初期化処理について学ぶ。(2017/7/6)

データベースサポート最前線の現場から(8):
【PostgreSQL】最低限設定しておくべきログ関連パラメータ3選
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、PostgreSQLの障害発生に備えて設定しておくべき「3つのログ関連パラメータ」を紹介します。(2017/2/16)

完全自動運転は2020年代前半に実現しない:
トヨタTRI CEOが語った、自動運転技術開発における最大の課題は人間
トヨタの自動運転関連技術研究開発組織、Toyota Research InstituteでCEOを務めているGill Pratt氏は2017年1月4日(現地時間)、CES 2017で、自動運転技術開発の現状と課題につき、示唆に富む説明をした。本記事では、この説明を再構成してお届けする。(2017/1/10)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(7):
「ブートストラップアクション」でできること
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は「ブートストラップアクションの利用方法」を解説します。(2017/3/14)

動物好きは悲劇に遭う前にチェック! 「動物が作中で死ぬ映画かどうか」事前に分かる検索サイト
サイト名は「DOES THE DOG DIE?」ですが、犬以外の動物が死ぬ映画も対象になっています。(2016/12/21)

特集:Xamarin+Visual Studioで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第3回:Xamarinにおけるコードの共通化とプラットフォーム固有のコードの記述
Xamarin.Formsで提供されているコードを共通化する方法と、プラットフォーム固有のコードを書く方法を見ていこう。(2016/12/2)

Ansibleで始めるサーバ作業自動化入門(終):
WebブラウザでAnsibleの実行を管理するAnsible Towerのインストールと使い方
本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介。今回は、Ansibleの実行をWebブラウザから管理するツール「Ansible Tower」について、概要と便利機能、インストール手順、使い方などを解説。(2016/11/30)

立ちどまるよふりむくよ:
ボブ・ディランからスティーブ・ジョブズは何を学んだのか(プレイリストつき)
ジョブズのロールモデルはディラン。Appleはディランのようにやっている。How does it feel?(2016/10/15)

特集:Visual Studioで始めるPythonプログラミング:
Pythonの文法、基礎の基礎
今回は、Pythonの制御構造と、リスト/タプル/辞書/集合という4つのデータ型について超速で見ていく。(2016/10/3)

実際に検証済み!OSS徹底比較(6)サーバテスト自動化【後編】:
OSSのサーバテスト自動化ツール徹底検証 2016年版 〜Infrataster編――手間取るテストエビデンス作成をどう自動化するか〜
各種オープンソースソフトウェアのうち、特に人気の高いOSSをピックアップ。実際の検証結果をまとめた本連載。前編で解説したサーバテスト自動化ツール「Serverspec」に続き、今回は「Infrataster」を紹介する。(2016/9/29)

ロックバンド「DOES」が無期限休止へ 「自分の音楽により向き合う」
アニメ「銀魂」「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のOP曲などを担当。今度は個人の活動へ。(2016/9/1)

実際に検証済み!OSS徹底比較(5)サーバテスト自動化【前編】:
OSSのサーバテスト自動化ツール徹底検証 2016年版 〜Serverspec編〜
各種オープンソースソフトウェアのうち、特に人気の高いOSSをピックアップ。実際の検証結果をまとめた本連載。今回と次回はサーバテスト自動化ツール「Serverspec」と「Infrataster」を紹介する。(2016/8/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(62):
なぜ、Windows 10のWindows Updateは嫌われているのか?
前回に続き、今回も「Windows Update」に関する話題です。Windows 10のWindows Updateはなぜ不評なのか、良いところはないのか。そして、現状の問題点について取り上げます。(2016/7/15)

実際に検証済み!OSS徹底比較(3)サーバ構築自動化【前編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
今回は、サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのブログ/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探る。(2016/6/23)

Androidセキュリティ技術の最前線(4):
Androidアプリマーケットを守る「不正アプリ抽出技術」総解説
Android端末のセキュリティ対策技術について解説する本連載。第4回は、アプリを流通させるための大規模なプラットフォームである「マーケット」の現状と、マーケットの分析から見えてくるセキュリティ・プライバシーの課題やその対策について解説する。(2016/6/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
次世代プロセッサはWindows 10のみ対応、SkylakeのWindows 7/8.1サポート終了は2017年7月という衝撃
Windows 10への移行を強く推し進めようとするMicrosoft。今度は新型プロセッサのサポート対象OSをWindows 10に絞り込むことで、その普及を半ば強制的に促す構えだ。(2016/1/18)

特集:Officeストアで世界に飛び出そう! 最新Officeアプリ開発入門:
Office 2016におけるOfficeアドイン進化のポイント
Office 2016では、これまでのOfficeアドインでは不可能だったことの多くが可能になっている。新しいAPIでどんなことができるのかを見てみよう。(2016/1/15)

特集:Connect 2015:
マイクロソフトと.NET開発者の明日はどっちだ?
2015年11月に開催されたマイクロソフトの開発者向けイベントConnect();のキーノートから、これからマイクロソフトと.NET開発者が進む道を探る。(2015/11/20)

ディルバート(410):
“ホウレンソウ”なんて時間のムダ?
ディルバートの気持ちも分かりますが、今回ばかりはちょっとボスに同情しちゃうかも?(2015/8/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の先にあるSF映画みたいな近未来――「Microsoft Research Asia」探訪
Windows 10がようやく公開日を迎えようとする中、Microsoftが北京に構える研究施設「Microsoft Research Asia」では、その先にある未来を描こうとしていた。(2015/7/3)

週末アップルPickUp!:
これ欲しい! 「Apple Design Award 2015」受賞アプリ12選
WWDC 2015でアワードに輝いた注目アプリをチェック!(2015/6/14)

最高の営業デビュー:
「ストレス」の正体とは?
一般的に、あらゆる病気の原因になると言われている「ストレス」。その正体は、一体何でしょうか?(2015/5/8)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(5):
新しいHyper-Vは「チェックポイント」が変わる!
Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「チェックポイント」機能に注目し、現行バージョンと比較しながら、新バージョンの新機能や変更点を探ります。(2015/1/29)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(5):
Calabash-Androidでテストシナリオを作成する方法
本連載では、AndroidおよびiOSアプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介していきます。今回は、Calabash-Androidのテストで必要になる、各種UIコンポーネントの特定・操作・検証方法を紹介し、ステップ定義の仕方やUIコンポーネントを調査するための「console」について解説します。(2015/1/28)

Windows 8 デバイスドライバ開発入門(4):
「Windowsハードウェア認定」があなたの製品の価値を上げる(後編)
Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介する連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。今回は、「Windowsハードウェア認定」についての後編をお届けします。(2014/11/21)

新人インフラ技術者のためのサーバー構築/運用自動化入門(3):
Puppetのインストールと動作確認、トラブル対処法
サーバー構築の自動化で利用される技術、自動化ツールとして「Kickstart」「Puppet」を紹介し、構築から運用まで、システムライフサイクル全体にわたる運用管理の自動化についても解説する連載。今回は、agent/master型のPuppetのセットアップ方法を順に解説。インターネットに接続できない環境や証明書の不整合の解決法も。(2014/10/8)

もしもネイティブが中学英語を教えたら:
「あなたには、英語を話せるだけの能力がありますか?」
もしもネイティブが中学英語を教えたら? 今回は、助動詞“can”の使い方について勉強しましょう。(2014/9/30)

もしもネイティブが中学英語を教えたら:
「何の仕事をしていますか?」
もしもネイティブが中学英語を教えたら? 今回は、相手の職業を聞くときのフレーズを紹介します。(2014/9/25)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第43回 ALS「#IceBucketChallenge」に参加した企業たち、しかし明暗は分かれる結果に
世界的に大変な盛り上がりを見せたALSの「氷水」キャンペーン。芸能界やスポーツ界、ビジネス界にいたるまで、大勢のセレブリティーを巻き込み、多くの寄付金を集めたが、実は企業やブランドもこれに参加していたことはあまり知られていない。(2014/9/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。