ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「麻薬」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「麻薬」に関する情報が集まったページです。

芸能人の逮捕・起訴相次ぐ〜違法薬物は「他者危害」
自己責任では終わらない。(2019/12/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本が狙われる ロシアのドーピング処分で暴れる「クマさん」の危険
ロシアが五輪などの大会から4年間追放される処分が決まった。このことは、私たちと「関係ない」で済まないかもしれない。東京五輪と日本企業が「クマさん」による非常に危険な脅威にさらされる可能性があるからだ。「クマさん」が何をするのかというと……(2019/12/12)

清原和博、YouTube出演で“薬物事件”を赤裸々に語る 「もう一回俺らのスーパースターに」と反響を呼ぶ
逮捕時は現実か幻覚かも分からなかったとのこと。(2019/12/11)

NHK Eテレ「バリバラ いまこそ薬物依存を考える」放送決定 田代まさし逮捕を受け再び問題に切り込む
12月12日20時放送。(2019/12/10)

薬物中毒者の乱入から守ってくれた全裸のおっちゃん「おっちゃんが守ったる。まあまあ丸腰やけど」 銭湯での思い出漫画
全裸の覚醒剤中毒者が店に飛び込んできた話。(2019/12/9)

「立ち直ることをお約束します」 沢尻エリカ被告、謝罪文で更生を誓う
「つながりを一切断つことを固く決意」。(2019/12/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
第7世代への要望を不躾に言ってみる マツダ藤原副社長インタビュー(5)
ちょっとここからは話が変わって、第7世代のMAZDA3とCX-30に乗って感じたことについて、藤原さんにお伺いする。ADAS(先進運転支援システム)、ステアリングアシスト、そしてマツダコネクトについて。(2019/12/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
「少しの酒は体にいい」を疑う新常識 安くてすぐ酔える“高アルコール”人気の陰で
間もなく忘年会シーズンが始まる。低価格の高アルコール飲料の人気が高まっていることもあり、酔っぱらう人も増えそうだ。一方、「少量の酒は体にいい」という定説の中に、正しくないものがあるとの指摘がある。正しく理解して酒と付き合うためには……(2019/11/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
藤原副社長、マツダが売れなくなったって本当ですか?
ここ最近のマツダには、聞いてみたいことがたくさんある。あれだけ出来の良いクルマを作りながら販売台数がなんで落ちるのか? MAZDA3とCX-30を批判している人は、まず乗ってみたのか聞きたい。あれに乗って、それでも高すぎると本当に思うのだろうか?全てを知り、なおかつ一番本当のことをズバリしゃべってくれそうな藤原清志副社長がインタビューに応じてくれることになったのである。第7世代は売れてないのか? を解説しつつ、真実を見ていく。(2019/11/25)

「ウチがどんな立場か分かるでしょ?」 Mattが薬物疑惑をキッパリ否定、“友の罪”で苦しんだ父への思いも
「どれだけ例の彼のあの問題で、迷惑がかかったか」。(2019/11/22)

ダレノガレ明美、所属事務所に全タレントの薬物検査を願い出る 「素晴らしい行動」「勇気のある宣言」と反響
昨今の薬物関連事件を受けて。(2019/11/20)

「これ以上迷惑をかけることはできない」 大麻所持で有罪判決のKenKen、「Dragon Ash」のサポート活動終了へ
そうか……。(2019/11/18)

沢尻エリカ容疑者、麻薬取締法違反の疑いで逮捕 公開されたばかりの新CM含む動画が削除
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の出演も決定していました。(2019/11/16)

沢尻エリカ&泉里香がキス顔 「Indeed」新CMの双子ダンスに「すげぇ可愛い」
眼福すぎる……!【※追記】(2019/11/15)

まるで映画のワンシーン ホバークラフトで「空飛ぶデロリアン」を再現しちゃった猛者がすごい
外観に関しては本物そっくりです。(2019/11/9)

いやそっちかーい! クワマン「マジで悲しい」ツイート直後に「また(ラブプラスのメンテが)伸びた」でフォロワー総ツッコミ
違う、そうじゃない。(2019/11/7)

NHK、「田代まさし先生」回を公開停止に ネットでは「薬物の怖さを伝える格好の教材」「消さないで」の声も
これが薬物依存……。(2019/11/7)

「間違いであって欲しい」「本当に難しいんだなあ」 田代まさし、覚せい剤所持の疑いでまた逮捕 ネットはさまざまな声
マーシー……。(2019/11/6)

10月以降も要注意:
経産省、2014年の増税以降に“買いたたき”した企業を発表 リクルート、大東建託ら 担当者は「安心して通報を」
経済産業省は10月23日、2019年9月末までの消費税転嫁対策に関する取り組みの状況を公式Webサイト上で発表した。14年4月に消費税が8%になってから、適切に増税分を転嫁して支払っていなかった企業もリスト化して公表された。(2019/10/24)

ゼロトラストセキュリティの実現:
PR:NISTも警鐘、サーバハードウェアを狙う攻撃にどう備える?
サイバー犯罪は日に日に巧妙化し、輸送中のサーバハードウェアにマルウェアを仕込む手法すら存在する。従業員はおろか、新しいハードウェアも信頼しない──ゼロトラストセキュリティを実現する方法とは。(2019/10/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
髪の毛1本で病気を発見? 日本発「毛髪診断」が秘める可能性
健康診断には痛みや不快感が伴うことも少なくないが、その概念を変えるかもしれないプロジェクトが日本で進んでいる。「毛髪」の細胞から入手する健康データを分析する取り組みだ。私たちもこの研究に参加できる。日本発の技術が世界を驚かせるかもしれない。(2019/10/10)

「サウスパーク」プーさん絞殺シーンなど含む中国批判エピソードを公開 検閲により中国のネットから消滅
いつものサウスパーク。(2019/10/8)

「誰なんやぁぁぁ!」 「ブレイキング・バッド」続編映画、予告編公開 終盤に“謎の人物”も
復習しておかないと。(2019/9/25)

タイムアウト東京のオススメ:
本場メキシカンの味を堪能する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/9/18)

詐欺、横領、そして麻薬 伝説の名車「デロリアン」開発者の人生に迫る映画「ジョン・デロリアン」予告編とポスタービジュアル解禁
犯罪にも手を染めたジョン・デロリアンの破天荒な人生が描かれます。(2019/9/13)

米、フレーバー電子たばこ禁止へ 
 【ワシントン=住井亨介】トランプ米政権は11日、ハーブの風味などフレーバーが付いた電子たばこの販売を禁止する方針を明らかにした。米国では中高生など若者の間で電子たばこの吸引が急速に広がっており、フレーバーは若者をひきつけるためだとして問題視されていた。(2019/9/12)

Facebookの仮想通貨「Libra」は世界を変えるか 「国際送金など利点」「普及にハードル」
Facebookが発行を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」は、世界中の人々に安価な金融サービスを提供する可能性がある一方、犯罪に悪用されるリスクも懸念されている。リブラは“世界”をどう変えるのか。金融とITが融合した「フィンテック」を手掛けるジャパン・デジタル・デザインの楠正憲最高技術責任者(CTO)と京都大大学院の岩下直行教授に聞いた。(2019/8/26)

普及にハードル:
リブラは世界を変えるか 「国際送金など利点」
米交流サイト大手フェイスブックが発行を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」は、世界中の人々に安価な金融サービスを提供する可能性がある一方、犯罪に悪用されるリスクも懸念されている。リブラは“世界”をどう変えるのか。(2019/8/26)

「あいつとの信頼関係は、もう築けません」 ASKA、チャゲアス脱退で胸中明かす 現在Chageとは没交渉に
「オレは、別にアイツが嫌いなわけではないよ」とも。(2019/8/25)

米国で電子タバコとの関連が疑われる肺疾患、当局が調査 死亡例も 多くのケースで大麻の成分入り製品使用
原因はまだ特定できていないとしています。(2019/8/24)

大麻所持のKenKen被告、JESSE被告が謝罪コメント 「ただただ反省」「今後のことは何も決まっていません」
KenKen被告「お返しできることを考え、実行していこうと強く思っております」。(2019/8/19)

【ナニコレ?】神主さんがお祓いをするときに使う「わしゃわしゃした棒」の名前
(2019/8/16)

石野卓球、約3カ月半ぶりにピエール瀧と2ショット 長寿連載「メロン牧場」復活
最高の顔してる。(2019/8/9)

大切なことは猫が教えてくれた 野良猫からの学びをまとめたエッセイ『ボブが教えてくれたこと』
賢くてかわいい猫さんです。(2019/8/3)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第1回 浅田弘幸:
漫画を描いていない時も漫画家は漫画家
『I’ll〜アイル〜』『テガミバチ』などの浅田弘幸さんにインタビュー。(2019/7/29)

【追記あり】ナイツ、“吉本興業”と“ジャニーズ”に触れた漫才の動画が削除 切り込んだ内容で話題に
好意的な意見が多数寄せられていました。(2019/7/26)

「おっさんたち、こんな気持ちいいことしてたのか……!」 ドラマ「サ道」で映像化された“ととのう”の世界
原田泰造も磯村勇斗も全裸で「ととのったー!」。コーネリアスまで登場した1話。(2019/7/26)

Instagram、アカウント削除前に警告し、異議申し立てしやすくする新機能
Instagramがコミュニティガイドライン違反で削除するアカウントに事前警告するようになった。「また違反投稿をしたらあなたのアカウントは削除されます」という警告とともに、過去に違反して削除された投稿が一覧表示される。(2019/7/19)

「遅くなって申し訳ありません」 紅蘭、事実婚相手・RYKEYが起こした事件について18日に告白
18日発売の『週刊新潮』に掲載されているとのこと。(2019/7/17)

トランプ大統領、「Facebookの仮想通貨Libraは信頼できない」とツイート
Facebookが6月に発表した暗号通貨「Libra」について、ドナルド・トランプ米大統領が「信頼できない」とツイートした。Libraについては7月17日に米上下院がそれぞれ公聴会を開く予定だ。(2019/7/12)

AWA社長に直撃:
サブスクは音楽を生かすのか、殺すのか――電気グルーヴ配信停止も波紋
日本でなかなか浸透しきれない音楽の定額配信。「電気グルーヴ」の曲が配信停止になるなどちょっとした騒動も。運営会社の1つ、AWA社長に理由を直撃した。(2019/7/11)

Twitterに「パキパキの氷や自転車あります!」 ネット取引で覚醒剤浸透 
東京・霞が関のキャリア官僚が覚せい剤取締法違反容疑などで相次ぎ逮捕、起訴された。仕事のストレス解消などで使ったとされ、いずれもインターネットを通じて違法薬物を入手していた。密売人が売買を持ちかけるネット上のツールは従来の匿名掲示板だけでなく、Twitterなど身近なSNSにも拡大している。(2019/7/9)

「電気グルーヴ」石野卓球 ソニー・ミュージックアーティスツとの契約解除
4月には「もう事務所は辞める」「瀧もいないし」と退社の意向を示したこともありました。(2019/7/1)

専門家のイロメガネ:
ミニ入江は身近にいる カラテカ入江氏の闇営業トラブルに見る「紹介」の怖さ
お笑い芸人のカラテカ・入江慎也氏の「闇営業」をきっかけに、芸能界が揺れている。入江氏の勘違いは、紹介は引き合わせた双方に責任が発生する重大な仕事であるということだ。ミニ入江のようなおかしな人物も決して珍しくない。人を紹介すること、仕事を紹介すること、そしてそれを引き受けることはそれなりのリスクがある。(2019/6/28)

イギリスの麻薬探知犬、空港のベルトコンベヤーに乗って遊ぶ
たまには息抜きしたいワン。(2019/6/23)

裁判官、ピエール瀧被告に写真見せ説諭 「『人生』と書いてあります」
麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告の判決公判が18日、東京地裁で開かれ、小野裕信裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。判決言い渡し後、小野裁判官は、5分以上にわたる説諭を行い、所属するバンド「電気グルーヴ」の前身のバンド名にちなみ「人生」について瀧被告に問いかけた。瀧被告は時折うなずきながら、裁判官の言葉を神妙に聞いていた。(2019/6/19)

専門家に聞く、犬に絶対食べさせてはいけない「NG食材」とは?【漫画版】
家族の一員を守るために。(2019/6/14)

「AbemaTV」週間1000万ユーザー突破 山里亮太・蒼井優の結婚会見日は歴代トップに
ネットテレビ「AbemaTV」で、2019年6月3日〜9日の週間アクティブユーザーが1000万を突破。5日には、山里亮太さんと蒼井優さんによる結婚記者会見をノーカット放送し、この日の日間アクティブユーザーが開局史上1位を更新したという。(2019/6/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
「大麻合法化しようぜ」に感じる“胡散臭さ”の正体 医療大麻の論点とは
有名人が大麻で逮捕されるたびに、日本でも「合法化」が議論になる。だが、医療大麻の話を持ち出す容認派には、医学的な根拠を示して真剣に議論する姿勢が感じられない。医療大麻ビジネスに乗り出しているイスラエルでは、薬剤として適切に取り扱う体制がある。(2019/5/30)

「JUDGE EYES:死神の遺言」初版は差し替えなし ピエール瀧の羽村京平のまま遊べる
出演者のピエール瀧氏の逮捕を受け、販売が自粛されていた「JUDGE EYES:死神の遺言」。このほど、ピエール瀧氏の出演部分を差し替えた「新価格版」の発売が発表されたが。あわせて、初版の交換やパッチ対応は行われないことが明かされた。(2019/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。