ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「麻薬」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「麻薬」に関する情報が集まったページです。

ほんとに出てる! バービー、インパクト大な人魚姿で「燃えよデブゴン」予告に登場
マグロを抱えた人魚として出演。(2020/11/19)

太田光、初出廷での“不謹慎発言”の真相告白 裁判中にネタで吹き出す人見て「コレ結構イケるかも?」
裁判すらもフリにする太田さん。(2020/11/18)

ダレノガレ明美、2回目の毛髪検査を実施 薬物使用疑惑に対して「そろそろいい加減にしてほしい」
週刊誌記者から驚くこともいわれたとのこと。(2020/11/15)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(7)ブロックチェーン(1):
ビットコインの正体 〜電力と計算資源を消費するだけの“旗取りゲーム”
今回から新しいシリーズとして「ブロックチェーン」を取り上げます。さて、このブロックチェーンを理解するために、まずは「ビットコイン」のお話から始めましょう。なぜビットコインか、というのは本文を読んでいただくとして、あらためてビットコインを調べ始めた私がまず発見したものは――「人間を支配するアルゴリズム」でした。(2020/10/30)

俳優の伊藤健太郎逮捕で所属事務所が謝罪 出演映画「とんかつDJアゲ太郎」公開直前の出来事にネット悲鳴
出演映画「とんかつDJアゲ太郎」は10月30日公開予定となっています。(2020/10/29)

スリザリン悪童3人組のフォトセッションだフォイ! トム・フェルトン、“マルフォイ&クラッブ”のオフショットを公開
撮影はゴイル役のジョシュア・ハードマン。(2020/10/11)

強豪大学サッカー部でも……SNSで若者に広がる大麻汚染
SNSの普及で、若者の大麻使用者が増加している。摘発者数は2019年に過去最多となり、20代以下は15年の2.5倍、大学生以下は4〜5倍に増えており、専門家は「健康被害や禁止の理由、使用した際のリスクを納得できるよう説明すべき」と指摘する。(2020/10/9)

「年齢なんてただの数字よ!」夫たちのカミングアウトから始まったおばあちゃん2人の共同生活は…… 「グレイス&フランキー」がコミカルでパワフル
こんなおばあちゃんになりたい!(けっこう下ネタもあります!)(2020/9/24)

「沢山のものを失ったけれど」 高知東生、薬物逮捕で得た「人生で本当に大切なもの」明かす
2016年6月に覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕。(2020/9/11)

窪塚洋介、“伊勢谷友介を擁護した”報道に反論 「皆でよってたかって石を投げ……」と世論には苦言も
窪塚さん「法律上、犯罪は犯罪なのでそこに異論はありません」。(2020/9/11)

紀里谷和明監督、伊勢谷友介容疑者と名前混同するツイートに苦言 「一般人であろうと勘違いではすまされません」
既に弁護士チームが動いているとのこと。(2020/9/10)

伊勢谷友介容疑者の所属事務所がコメント 学長務めるLoohcs高等学院も「教育事業を行うものとして、その責任を痛感」
伊勢谷容疑者は大麻取締法違反の疑いで逮捕。(2020/9/9)

“読者への嫌がらせ”のためにわざと乱丁・落丁・無裁断 印刷会社にお断りされまくった東方projectの同人誌『この作者、天邪鬼につき』
狂ってる(ほめ言葉)。(2020/10/8)

槇原敬之被告、判決を受け活動休止を発表 ファンからは「ずっと待ってます」「ゆっくり休んで」の声
2020年2月に覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕。(2020/8/3)

「Do As Infinity」伴都美子、元メンバー起訴発覚後に「バカ野郎」 大渡亮は無言のツイート
元メンバーで作曲家の長尾大被告が起訴されたことが判明していました。(2020/7/30)

「迷惑系YouTuber」とは何か なぜ迷惑行為を繰り返すのか
最近、「迷惑系YouTuber」という言葉を報道などで聞くようになった。迷惑系YouTuberは、なぜ迷惑行為を繰り返すのだろうか。(2020/7/28)

あらゆる法規制に対応する、本人確認ソリューションを実現:
PR:KYC/本人確認を追求するTRUSTDOCKが、ドコモの本人確認アシストAPIを導入した理由
オンラインで取引や手続きを行う際、必ず考えなくてはならないのが “本人確認”の問題だ。この本人確認に特化したソリューションを提供しているTRUSTDOCKが、NTTドコモの本人確認アシストAPIと連携する。TRUSTDOCKが本人確認を事業領域として創業した経緯、本人確認を取り巻く現状と未来、ドコモの本人確認アシストAPIと連携するに至った背景を追う。(2020/7/27)

この頃、セキュリティ界隈で:
“犯罪者チャット潜入捜査”成功させた欧州警察のマルウェア大作戦 暗号破って通信を傍受、数百人逮捕
犯罪者が巣食うメッセージングサービスで欧州警察の「高度な攻撃」はどのように展開されたのか。(2020/7/14)

「日本沈没2020」の8つの注目ポイント 今こそ日本人の心を打つ理由
Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」には、日本人にとっての感涙必至のメッセージがあった。(2020/7/12)

英国“サイバー潜入捜査”で快挙 犯罪者専用サービスの暗号解読、700人余りを逮捕
英国家犯罪対策庁などは、世界で約6万人が使っていたEncroChatのメッセージングサービスに潜入し、暗号化通信の解読に成功した。(2020/7/3)

東京タワーで“蝋人形”になった伝説のミュージシャンが問う、「ITはロックをコロナから救えるか」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ブライアン・イーノ、タンジェリン・ドリームなどと深い交流を持つ伝説的ミュージシャンがコロナ禍で動いた。(2020/7/3)

アマプラ、7月から「キングダム」やドラマ版「聖☆おにいさん」などが見放題に
7月も注目作品が配信開始!(2020/6/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国の“嫌がらせ”を受けるオーストラリアに、コロナ後の商機を見いだせる理由
新型コロナを巡って、オーストラリアと中国の関係が悪化している。もともと両国の経済関係は深いが、中国は買収や投資によって影響力を強めており、オーストラリアでは不信感が募っていた。対立が深まる今、オーストラリアが日本との関係を強化する期待もできそうだ。(2020/6/18)

持ち味を生かしやがったッ! ランボー、“バキ化”で地上最強の戦闘マシンとなる
最新作「ランボー ラスト・ブラッド」は6月26日に公開されます。(2020/6/11)

「もちろん陰性でした!」 ダレノガレ明美、薬物検査の結果公開で身の潔白を証明する
ダレノガレさん「私の記事を書いたフリー記者の方みてますか?」。(2020/5/31)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
プロ野球助っ人外国人に注目! 海外エンジニア採用・育成のコツとは?
IT業界では常にエンジニア不足が問題となっている。プロ野球における助っ人外国人の採用に学びながら、企業の人材採用について考えてみたい。(2020/5/29)

少女漫画は呪いであり祝福だった 『日出処の天子』から『さよならミニスカート』まで、95年生まれの漫画家が見てきた「少女漫画の広大さ」
人生の中に少女漫画があった。(2020/5/1)

田口淳之介、中田敦彦とコラボ対談で“禁断トーク” 結婚については「夢の一つ」 「近いうちに考えたい」
所属していたジャニーズ事務所についても語っています。(2020/4/17)

初診のオンライン診療が解禁 新型コロナ対策の特別措置として
厚生労働省が初診患者のオンライン診療を解禁した。新型コロナウイルス感染症が拡大する中、感染予防のための特別措置として、初診患者に対しても電話やビデオ通話を使った診療を認める。(2020/4/13)

君はAmazonプライムビデオに溢れる“謎映画”を知っているか?
映画館に行けないなら家で映画をディグろう。(2020/4/17)

「去年からのタメがあるから、バッチリよ」 「FUJI ROCK」に電気グルーヴ出演決定、2人そろった動画も公開
しかも忌野清志郎 Rock’n’Roll FOREVERとWヘッドライナー!(2020/4/3)

TOKIO特製のDASHカレーを作ってみた! 甘・酸・辛・苦・臭が絶妙のバランスでめちゃウマい ビールに合う―
調理に3日かかりました。(2020/3/30)

いまや違法薬物に近い扱い? 転売禁止のマスク、取引の舞台はダークウェブへ
新型コロナウイルス感染症の拡大で品薄状態が続いているマスク。高額転売を禁止する法律は定まったが、店頭に並ぶマスクはまだ少数だ。そんなマスクの取り引きが、秘匿性の高いネットワークで構築された「ダークウェブ」で今も続いているようだ。(2020/3/27)

「蛇の餌のネズミ」「妻のマリファナ」 Uber利用者の「忘れ物」データが公開、日本で最も忘れっぽい人が多いのは「東京」
やべぇ忘れ物がいっぱいだ。(2020/3/17)

「ウイルスばらまいてやる」男性“店内映像”報道、本人の同意がない場合は問題ないのか聞いた 弁護士「店舗側やメディア側が訴えられる可能性」
もし客に許可を得ず防犯カメラ映像を提供したらどうなるのか、聞いてみました。(2020/3/13)

「初恋」という日本映画の新たな地平を切り開く大傑作 ベッキーのブチギレと窪田正孝の男気に咽び泣け!
「初恋」は三池崇史監督作品のぶっちぎり最高傑作、いやラブストーリー史上でもNO.1の大傑作である。(2020/2/29)

サダタローの「ニュースゆる知り!」:
「香川県のゲーム規制条例案」は何が狙いなのか マンガで解説
注目ニュースをマンガでゆるく&分かりやすく解説。今回は「香川県のゲーム規制条例案」についてです。条例案が議会で可決されれば、香川県で4月にも施行される見通し。なぜゲームが規制されそうになっているのでしょうか。(2020/2/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ストーカーアプリ」の危険な現実 メール盗み見、会議盗聴を疑うべき“異常”とは
行動などを監視するアプリ「ストーカーウェア」について、米国人の1割が使った経験があることが分かった。他のアプリと同じように入手できるものも多く、相手に気付かれずにインストールできてしまう。スマホに“異常”を感じたら、被害に遭っている可能性がある。(2020/2/20)

映画「ランボー ラスト・ブラッド」6月12日公開、老ランボーが史上最強の頭脳戦を仕掛ける ファン「有給を叩きつけるしかない!」
前作「ランボー 最後の戦場」から11年ぶり!【追記】(2020/2/19)

「童貞/童貞/バカ/バカで童貞」世界一バランスの悪いパーティーが大暴れ 傑作コメディ「スーパーバッド 童貞ウォーズ」を知っているか
エミネムが200回見た傑作。(2020/2/15)

槇原敬之さん逮捕で日本エンターテイナーライツ協会が声明 「本当に犯罪行為を行ったのか疑問が残る状況」「冷静かつ慎重な報道を」
過度な自粛により槇原さんの楽曲使用を控えることがないように、とも求めています。(2020/2/14)

「自分がクリーンだとをまずは証明」 JOY、槇原敬之容疑者の逮捕を受けて14日中に薬物検査へ
JOYさん「自分が商品な以上、対応していかなければいけない」。(2020/2/14)

沢尻エリカ被告、懲役1年6カ月執行猶予3年 自力更生の機会を認めるのが相当
初公判と同じスーツ姿で入廷した沢尻被告。【追記あり】(2020/2/6)

「女優への復帰は考えていない」 沢尻エリカ被告に懲役1年6カ月の求刑
「全てが幻、全てが害」(2020/1/31)

太陽誘電 社長 登坂正一氏インタビュー:
売上高3000億円達成が目前に迫った太陽誘電の2020年戦略
2020年度(2021年3月期)に売上高3000億円の達成を掲げる太陽誘電の登坂正一社長に事業戦略を聞いた。【訂正あり】(2020/1/30)

スピン経済の歩き方:
やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由
「ガスト」「ジョナサン」などを運営するすかいらーくホールディングスが、2020年4月までに24時間営業を廃止すると発表した。さまざまなサービスで「24時間営業」は当たり前になっているが、歴史を振り返ると、実は……。(2020/1/28)

オートモーティブワールド2020:
産業用大麻とPLAを融合した3Dプリンタ向けバイオマスフィラメント
堀正工業は「オートモーティブワールド2020」において、産業用大麻(ヘンプ)の木質部分の微粒子をPLA(ポリ乳酸)と複合させたバイオコンポジットを原料とする3Dプリンタ用バイオマスフィラメント「HBP フィラメント」と、その造形サンプルを展示していた。(2020/1/22)

「私は薬物とは一切関係ありません」 加護亜依、“元国民的アイドルが逮捕間近”報道を受けて身の潔白を宣言
「国民的アイドルグループ元メンバー」が薬物で逮捕間近との報道を受けて。(2020/1/18)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

高橋克典、過労ダウンの原因が“大河撮り直し”との報道を否定 沢尻エリカ容疑者には「当てつけがましく何か言う気持ちは微塵もありません」
報道に対して言及した高橋さん。(2020/1/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。