ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドバイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドバイ」に関する情報が集まったページです。

高須院長を“バキ化”したイラストが最高にYES! 「骨延長手術で身長800メートル」「炎上さえも楽しむ」
怪獣かよ。(2019/9/26)

“ハイドア”の先駆者に聞く「シュリンクする住宅市場で生き残るには」:
なぜドアメーカーが受注依存型のビジネスモデルから脱し、売上100億円を達成できたか?
ここ数年、建具の市場で人気の高い、天井までの高さがある“ハイドア”。アイカ工業、パナソニック、LIXILといったメーカーも、次々と高さのあるドアを開発し、ハイドアのマーケットは拡大を続けている。戦前から神奈川県横浜市に本社を置く、神谷コーポレーショングループは大手メーカーに先立つこと、2005年に主力製品となるオリジナルブランド「フルハイトドア」を立ち上げ、業績を10年で約7倍にするなど、この分野の第一人者ともいえる確固たる地位を築いている。次の戦略では、ARサービスやIoTドアなど、これまでにないハイドアの提案も視野に入れる。(2019/9/26)

ドバイの過酷な砂漠もスイスイっとガンガン走るぜ 新型「ディフェンダー」の爆走テスト動画がワイルド感満載で好き
つよそう。(2019/8/7)

めっちゃ快適そう! 英航空、個室のようなビジネスクラス「クラブ・スイート」採用した最新旅客機「A350」8月に運行開始
ユニオンジャックと同じ赤と青を使って塗装しています。(2019/8/3)

Gartner Insights Pickup(117):
ハイブリッドクラウド時代におけるITインフラストラクチャモダナイゼーションの実像
企業において、クラウド中心の考え方は既に広がっているが、エッジへの注目度も急上昇している。今後のITインフラ最適化に向けて、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジの役割を整理する。(2019/7/19)

Gartner Insights Pickup(116):
CIOは、ITコスト最適化をどう進めるべきか
「IT予算の削減」は、あらゆる企業のIT部門にとって、避けられない命題になっている。CIOは、CEOやステークホルダーに対する説得力を高めるために、率先してITコストの最適化を進める文化を確立しなければならない。(2019/7/12)

6億円の資金調達、海外展開も加速へ:
消費者だけの“口コミ”はフェアじゃない 「お店から客への評価」を可能にしたレストラン予約サービスの裏側
「TableCheck」を手掛けるスタートアップ企業が、6億円の資金調達を実施。財務や海外展開に強い社外取締役を招聘(しょうへい)、海外展開やインバウンド需要の取り込みを加速させる。(2019/7/3)

おぉぉ日本でも! 楽天と西友、国内初「離島へのドローン配送サービス」開始 横須賀の猿島で2019年7月開始
西友よこすか店から離島「猿島」へ、ひとっ飛び!(2019/6/17)

Telegramに香港デモのタイミングで大規模DDoS攻撃「偶然ではない」とCEO
香港デモの組織に活用されているTelegramが大規模DDoS攻撃を受けた。サービスは数時間後に安定した。CEOはリクエストのほとんどが中国からのもので、攻撃の時間は香港デモのタイミングと一致していたとツイートした。(2019/6/14)

パイロットは化物か……!? 予想外すぎる場所に着陸した「ドクターヘリ」が目撃される 「神業」「変態テク」と話題に
素人が見てもわかるすごさ。(2019/5/23)

こんなパトカーありかよ!? 生産台数わずか7台の希少スーパーカー「ライカン HS」アラブ・アブダビ警察が採用
絶対に逃さないという強い意思を感じる。(2019/5/21)

「ミレニアム・ファルコンは高速道路7車線分」 「スター・ウォーズ」を地球と比較した映像に感動
リアリティーがすごい……。(2019/4/27)

モツレバ煮込みとオムライス、牛皿、チャーハン、おでん、ラーメン、あとビール:
10連休に一気読みしたい、エンジニア小説14選
エンジニアは小説がお好き。読むのも、書くのも、主人公になるのも。(2019/4/26)

吉本興業とNTTが新会社 国産プラットフォーム事業
吉本興業の持つエンターテインメント事業とNTTの情報通信事業技術に加え、出資に加わる官民ファンドの「クールジャパン機構」の海外事業支援のノウハウを連携させ、国内、アジアを中心とした海外向けのコンテンツ配信を目指す。(2019/4/22)

未来クル! 日本ベンチャー発のホバーバイク「Speeder」が飛行試験に成功、量産機2022年発売へ
うぉぉぉ? 区分は「中型バイク」扱い!?(2019/4/1)

うぉぉ今すぐ予約できる!? 夢の空飛ぶSFバイク「Speeder」が市販化、お値段たったの4200万円
あの「JetPack」の会社が未来のマシンを市販化へ。(2019/3/20)

スタートアップ、提携組織、学術機関、開発者との連携を推進:
Microsoft、「Microsoft Quantum Network」を立ち上げ 量子コンピューティング関連の協業を推進
Microsoftは、量子コンピューティング分野で先進的なパートナー企業、大学、顧客、開発者と進めてきた提携の取り組みを、今後は「Microsoft Quantum Network」と銘打って展開していく。(2019/3/5)

製造業IoT:
PR:多様な生産設備との容易な連携を実現、“産業用IoTのOS”がもたらすもの
製造業のIoT活用を象徴する動きといえば、ドイツのモノづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0」を思い浮かべる人も多いことだろう。そのインダストリー4.0の中心企業の1つがシーメンスだとされている。オートメーションやエネルギーなどのエンジニアリングメーカーであったシーメンスがデジタル変革を主導し“産業用IoTのOS”を展開する理由は何か。その取り組みを紹介する。(2019/3/4)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
優勝8回、総額1千万円超の賞金をゲットした起業家に「プレゼンの極意」を聞いてみた――Empath CSO 山崎はずむさん(後編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。なぜ、音声感情解析技術「Empath」は海外のピッチコンテストで注目されているのか、この仕事を始めるきっかけは何だったのかを同社共同創業者でCSOの山崎はずむさんに聞きました。(2019/2/27)

「EVO Japan 2019」鉄拳7で無名のパキスタン人選手が鮮烈優勝 鉄拳クラスタがざわつく
圧倒的な防御力を見せつけました。(2019/2/19)

渋谷豊の投資の教室:
海外の富裕層はなぜゴールド(金)を持つ? 金を買う3つの方法
海外の富裕層はゴールド(金)を資産として持つ人が多くいます。それはなぜなのでしょうか? また自分でも金を買いたいと思ったら、どんな方法で買えるのでしょうか?(2019/2/18)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
海外ピッチコンテストを席巻! 「声で感情を丸裸にする」技術の使い道って?――Empath CSO 山崎はずむさん(前編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、音声感情解析技術で海外ピッチコンテストを席巻している「Empath」の共同創設者、山崎はずむさんです。(2019/2/15)

これを見逃すなんてとんでもない! 「ねとらぼ交通課」編集部が独断と偏見で選んだ「魔改造バイク2018」ベスト10
個性的にもほどがあるぜ!(2019/1/3)

ビッグデータは匿名化後も依然として危険か:
MITなどの研究チーム、匿名化済みの移動情報にプライバシーリスクを発見
MITなどの研究チームは、人々の移動パターンに関する大規模な匿名データセット(モビリティデータ)を集約し、分析することで、人々のプライバシーが危険にさらされる恐れのあることを発見した。(2018/12/19)

2つのプロペラで空を飛ぶVTOLバイク 絶対に転倒しないバイク開発ベンチャーがコンセプトモデル発表
ダブルプロペラのホバーバイク。(2018/12/3)

未来がやってきた ドバイ警察で採用が決まった空飛ぶバイク「Hoversurf」一般販売へ、価格は1700万円
一家に一台、空飛ぶバイクの時代が近い……?(2018/11/2)

週末エンプラこぼれ話:
クレジットカードにもIoT化の波、SIM+ディスプレイ内蔵の超高性能クレカ「Wallet Card」に驚いた
SIM内蔵の「IoTクレジットカード」がいよいよ日本にやってくる。記者も実際に触ってみたが、ガジェット好きにはワクワクするようなアイテムになりそうだ。すでに興味を示している金融機関もあるとのことで、2019年中に登場する可能性もあるという。(2018/11/2)

仮想通貨市場は20兆ドル拡大:
ビットコインは衰退? リップルやイーサリアムなどが追い抜くか
金融アドバイザリー企業「deVere Group」の創設者であるナイジェル・グリーンCEOは、これからの10年でビットコインの仮想通貨産業における影響力や支配力は劇的に弱まっていくとの見解を示した。(2018/10/25)

車両デザイン:
夢膨らむ「空飛ぶクルマ」、MRJも苦労した耐空証明が事業化のハードルに
経済産業省 製造産業局と国土交通省 航空局は2018年8月29日、東京都内で「第1回 空の移動革命に向けた官民協議会」を開催した。(2018/8/31)

MVNOに聞く:
なぜ貼るタイプなのか? H.I.S.モバイルと日本通信に聞く「変なSIM」の狙い
日本通信とH.I.S.の合弁会社、H.I.S.モバイルが、海外で利用できる「変なSIM」を発売。SIMカードに貼るタイプもあり、1つのSIMスロットで2枚のSIMを使える。この変なSIMの狙いを聞いた。(2018/8/10)

幸せの極み! 菊地亜美、10日間のラブラブハネムーンをインスタ鬼更新で振り返る
数日間で約70枚の写真を投稿。(2018/7/6)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(28):
危険なのはUSBメモリではなく「見知らぬUSBデバイス」だ
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、米朝首脳会談に参加したあるジャーナリストの何気ない投稿から、製造業におけるセキュリティの在り方について考えてみました。(2018/7/5)

歩みを止めない:
選抜総選挙10周年 AKB48グループがずっと守り続けているもの
AKB48のシングル曲の選抜メンバーを決めるビッグイベント「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」がナゴヤドームで開催される。選抜総選挙は今年で10回目を迎えるが、ファンを楽しませ続けるために、AKB48グループが昔から変わらず守り続けていることとは――。(2018/6/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
富豪ランキング“圏外” 日本はなぜ「ビリオネア」が少ないのか
2018年版の「ビリオネア調査」の結果を見ると、ビリオネア数で日本はトップ10にも入っていない。なぜだろうか。その背景には、日本の企業文化がある。(2018/6/7)

エネルギー×イノベーションのシナリオ(1):
エネルギーが都市にもたらすイノベーション、3つのモデルから考える
電力・ガスの自由化が始まった日本。今後、エネルギーを基軸に社会に対してどういったイノベーションを創出していくかに注目が集まっている。本連載ではこうしたイノベーションの創出に向け、エネルギー供給の前提となる現在の社会インフラの課題、さらには配電・小売り領域の将来シナリオについて解説する。(2018/5/21)

Gartner Insights Pickup(59):
デジタル化の優先度や進度はどうなっているか、業種別に見る
GartnerのCIO調査によると、ビジネスのデジタル化は全ての業種でビジネス目標の上位10項目に入っている。ただし、取り組みの進展や成熟度は業界によって異なる。(2018/5/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローの復帰は夢物語ではない、過去の実例
イチロー外野手がプレーヤーとしての活動を小休止することになった。「引退」という言葉はあえて使っていないが、事実上の「引退」といった声が多い。このまま本当に現役を去ってしまうのか。大リーグで活躍した選手を見ると、実は復帰したケースがあって……。(2018/5/10)

Gartner Insights Pickup(58):
CIOは仕事の未来にどう備えるべきか
CIOに求められるのは、労働力の転換を見越して人員計画を立て、ビジネスとそのニーズの変化に効果的に対応できる人材パイプラインを構築することだ。(2018/4/27)

まるで初代バーチャファイター 斬新ポリゴンデザインの超高級SUV「Karlmann King」がすごい
威圧感すごい。お値段たったの2億3500万円。(2018/4/12)

このアングルは新鮮 世界のベッドルームを天井から撮った写真集が登場
部屋の様子も興味深いです。(2018/3/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
誰もがドローンを高度に運用できる未来――「ソサイエティ5.0」を目指すアイ・ロボティクス
ドローンの登場は「空の産業革命」といわれ、さまざまな産業における利活用が期待されている。しかし現状では、非常に限定的な利用に限られ、爆発的な普及に至っていない。ドローン市場の現状と課題、さらに今後の取り組みについて紹介する。(2018/3/5)

緊急インタビュー MAYA SYSTEMはなぜFREETELの端末事業を引き継いだのか
FREETELブランドの新機種が約1年ぶりに登場。現在の運営元であるMAYA SYSTEMは、なぜプラスワン・マーケティングから端末事業を引き継いだのか。競合がひしめくSIMフリー市場でどのように存在感を出していくのか。(2018/2/9)

今年“衝撃を受けた”ロボットたち 2丁拳銃のスナイパー、足クサ気絶ロボなど
2丁拳銃でターゲットを撃ち抜いたり、バク宙を披露したりと、2017年に話題になったロボットたちを振り返っていきたい。(2017/12/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
徳島県のDMV導入は「おもしろい」で突っ走れ!!
JR北海道が開発し実用化できず、あまたのローカル鉄道が手を伸ばして撤退したDMV(デュアル・モード・ビークル)を、徳島県が実用化する。しかし現地に行ってみると「3年後に実現したい」という割には盛り上がっていない。(2017/12/15)

車が空を飛ぶ近未来
Uberの空飛ぶタクシーは2023年に開始予定? 夢のプロジェクトが着々と進行中
未来の象徴として描かれてきた空飛ぶ車が、技術的に実現可能になりつつあるという。Uber Elevateの試みを紹介する。(2017/11/14)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
日本でも変わりつつある食品スーパーの常識
日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?(2017/9/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
魔法のグローバル化「外国人スタッフ」のうまい活用!
トレーニングにより、対応ミスや独自判断によるトラブルを防ぐことができる。(2017/8/24)

思わず見入る絶景 ドローン空撮写真コンテストの受賞作が見事
うっとり(2017/7/9)

ドバイ警察、年内に自動運転ロボットパトカー運転開始
ロボット警察官の雇用で話題を呼んだドバイ警察が、今度は無人でパトロールする小型自動運転パトカーを年内に導入すると発表した。(動画あり)(2017/6/30)

オンリーワン技術×MONOist転職(12):
「空飛ぶ乗り物」をMade in Japanで――ヒロボー
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第12回。今回は、世界シェアトップクラスのラジコンヘリ技術を武器に「1人乗り有人ヘリコプター」という新市場へチャレンジするヒロボーを紹介する。(2017/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。