ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドワンゴ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

将棋「叡王戦」ドワンゴに代わり不二家主催に 「棋士の皆様をお菓子の力で応援する予定です」
おやつはどうなるのか。(2020/10/29)

ニコニコ動画、トップページとロゴを刷新 人気動画の自動再生機能を追加
ドワンゴがニコニコ動画のトップページとロゴのデザインを刷新した。トップページにはおすすめ動画を自動再生する動画プレイヤーを配置。ロゴは英字表記から片仮名表記に変更した。(2020/10/27)

角川ドワンゴ学園が“VR校舎”設置 古生物・遺跡の3D映像など配信 川上量生氏も「実用的」と自信
角川ドワンゴ学園は、N高と新設するS高の生徒に向け、VR空間で同級生と一緒に授業を受けられる教育課程「普通科プレミアム」を開設する。生徒はVR空間で古生物の3Dモデルや、360度映像で再現した遺跡を眺めるなど体験型の授業が受けられる。(2020/10/16)

ドワンゴが「第二のN高」2021年開校へ VR空間で学習できる「普通科プレミアム」コースも新設
名前は「S高等学校」。(2020/10/16)

角川ドワンゴ学園、つくば市に「S高等学校」設立
角川ドワンゴ学園が茨城県つくば市に「S高等学校」を設立すると発表した。教育内容や学費はN高等学校と同じ。背景には、生徒数の増加で沖縄県にあるキャンパスの収容人数が限界を迎えつつある問題がある。(2020/10/16)

ニコ動、動画を切り抜いてTwitterでシェアできる新機能 コメント付きで30秒まで
ドワンゴがPC版ニコニコ動画に、動画の一部を切り抜いてTwitterでシェアできる機能を追加した。切り抜ける長さは30秒まで。コメントも合わせてシェアできる。(2020/10/13)

「池袋ハロウィンコスプレフェス」もコロナ禍で中止 代わりに特番を配信
ドワンゴはハロウィンイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2020」を中止すると発表した。代わりに「ニコニコ生放送」で人気コスプレイヤーを集めた特番「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINE コスプレ大感謝祭 2020」を配信する。(2020/9/16)

ドワンゴ、AIボイスチェンジャー公開 誰の声でも100人の声に変換
ドワンゴがディープラーニング技術を活用したボイスチェンジャー「Seiren Voice」をWebサイトで無償公開した。自分の声を100人分の声に変換できる。(2020/9/15)

ニコ生で自民党総裁選の討論会 3候補が出演、視聴者からの質問に回答
ドワンゴが自民党総裁選挙に向けた「候補者ネット討論会」をニコニコ生放送で開催する。放送日時は9月12日午後7時から午後8時まで。(2020/9/11)

ドワンゴが無料通話アプリ「Re-mo(リーモ)」配信 ワンタップで通話、写真は15秒後に消去
電話番号やメールアドレスなどの個人情報は不要で利用可能。(2020/9/4)

App Town ライフスタイル:
ドワンゴがiOS向け無料通話アプリ「Re-mo」提供 自動消去される写真投稿も
ドワンゴは、メールアドレスや電話番号が不要で利用できるiOS向け無料通話アプリ「Re-mo」を配信開始。15秒後に自動消去される写真投稿機能を備え、バックグラウンドでの通話も可能。(2020/9/4)

ドワンゴがシンプル特化のスマホ通話アプリ 電話番号・メアドの登録は不要、15秒で消える写真機能など
ドワンゴが、スマートフォン向けの音声通話アプリ「Re-mo」(リーモ、iOS、無料)の提供を始めた。電話番号やメールアドレスなどの登録は不要で、写真投稿機能を搭載する。通話時間は無制限。(2020/9/4)

ドワンゴが「投げ銭」を商標登録 「用語の使用を独占する意図はない」
ニコニコでも使用されるようになるのでしょうか。(2020/8/6)

ドワンゴが「投げ銭」商標登録 「独占する意図はない」
ドワンゴが「投げ銭」を商標登録したと発表した。悪意のある第三者が「投げ銭」を独占しないようにするのが目的で、使用料の請求などは考えていないとしている。(2020/8/6)

ニコ生で都知事選の開票特番 ひろゆきさんや舛添元都知事など出演
ドワンゴは、5日に行われる東京都知事選挙の投開票に合わせた開票特番をニコニコ生放送で行う。放送予定時間は5日午後7時45分から午後10時30分まで。(2020/7/3)

ドワンゴ、7月から原則在宅勤務に 月2万円の手当を支給
ドワンゴが在宅勤務制度を、7月1日から本格的に導入する。在宅手当として正社員・契約社員へ2万円/月を支給する。(2020/6/29)

「テクテクテクテク」復活へ 「暑いうちに出したい」
昨年6月に惜しまれながら終了したドワンゴのスマートフォンゲーム「テクテクテクテク」が今夏に復活するようだ。(2020/6/17)

ドワンゴ、アフターコロナも基本在宅勤務に 出社と在宅のバランス探る
ドワンゴは、新型コロナウイルス感染症の予防として実施していた在宅勤務を6月以降も続けると正式発表した。出社と在宅のバランスを探り、業務に応じた労働形態を採用する。(2020/5/29)

ニコニコ動画、政治批判コメント削除疑惑を否定 実際はスパムコメントの対処
ドワンゴは、Twitter上で拡散されている「安倍首相のニコニコ生放送で、運営が政治批判コメントを削除している」とする投稿について、削除したのは別動画のコメントで、同一人物が大量に投稿したコメントだと否定した。(2020/5/8)

“奈良の大仏”をリモート参拝 ニコ生で5月末まで中継
ドワンゴが、奈良県の東大寺にある大仏「盧舎那仏像」の定点生中継を5月末まで実施する。新型コロナの影響で参拝できない人のために、リモート参拝できる環境を用意する。(2020/4/22)

ニコニコネット超会議、総来場者数1638万人で閉幕 2021年はリアルとネットで開催
ドワンゴが開催したオンラインイベント「ニコニコネット超会議2020」は、8日間で延べ1638万人を動員した。同社は、2021年4月の「ニコニコ超会議2021」は幕張メッセとオンラインで開催すると発表した。(2020/4/20)

ホアアーッ!! ホアーッ!! 肉声を生配信に直接届けられる新技術をヤマハとドワンゴが開発、「ニコニコネット超会議」で共同実験
拍手や歓声といった効果音も送れます。(2020/4/14)

生放送出演者を家から遠隔応援 ドワンゴとヤマハ、ニコニコネット超会議で実験
ドワンゴとヤマハは、オンラインイベント「ニコニコネット超会議2020」で、生放送番組の出演者に視聴者からの声援を音声で伝える遠隔応援システムの実験を行うと発表した。(2020/4/14)

ドワンゴ、ネット超会議の「超歌舞伎」中止を発表 緊急事態宣言を受け
ドワンゴは、新型コロナの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、「ニコニコネット超会議2020」の一部企画を中止、延期、変更すると発表。「超歌舞伎」は公演中止にする。(2020/4/9)

コロプラ、「STEINS;GATE」など開発のMAGES.を買収 IP創出力をモバイルゲーム事業に活用
MAGES.は19年にドワンゴから独立していました。(2020/3/30)

「超歌舞伎」無観客の公演を生配信 ディープラーニングを使った新たな演出も
ドワンゴが毎年恒例のイベント「超歌舞伎」を無観客でライブ配信する。NTTのディープラーニング技術を用いた新たな演出も採り入れる。(2020/3/27)

ドワンゴ、新型コロナ対策で在宅勤務を5月6日まで延長 電気代・通信費の支給も継続
ドワンゴが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全社員対象の在宅勤務を5月6日まで延長すると発表した。電気代・通信費などの一律支給も継続する。(2020/3/25)

N高から初の東大・京大合格者が誕生 ドワンゴ夏野社長は「進学校のよう」と手応え
N高が2019年度の大学合格実績を発表。同校として初めて、東京大学に1人、京都大学に3人が合格した。ドワンゴの夏野剛社長は「東大合格者が出てうれしい」「まるで進学校のようだ」と手応えを語った。(2020/3/19)

「ニコニコ超会議・闘会議2020」が新型コロナで中止に オンラインイベントを代替開催
ドワンゴが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「ニコニコ超会議2020」「闘会議2020」の開催を中止すると発表。チケット代・バスツアー代などは購入者に返金する。代替策としてオンラインイベント「ニコニコネット超会議2020」を開催する。(2020/3/11)

ニコニコ生放送で無観客イベントを中継 新型コロナの影響受け、ドワンゴが新サービス
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イベントの延期や中止が相次ぐ中、ドワンゴがイベント主催者向けの有償サービスを開始。「ニコニコ生放送」を活用し、無観客イベントの中継やグッズ販売などを行う。(2020/3/5)

ドワンゴ、全社員に在宅勤務手当を支給 「電気代に不安の声が寄せられた」
ドワンゴが、全従業員を対象にした在宅勤務を3月末まで継続すると発表。社員から電気代に対する不安の声が寄せられ、在宅勤務手当の支給を決めたという。(2020/3/3)

N高、学習アプリ「N予備校」を無償提供 新型コロナの一斉休校要請で 教員向け授業配信サポートも
N高とドワンゴが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う全小中高の休校要請を受け、オンライン学習アプリ「N予備校」を3月1日から無償で提供する。オンライン授業の実施を検討する教員向けに、配信ノウハウの講義やアドバイスを行うサービスも始める。(2020/2/28)

「N高」の次は「N婚」? ドワンゴ、サブカル好き向け結婚相談所「Ncon」をオープン
テーマは「趣味で繋がりを。成婚で絆を」。(2020/2/27)

ドワンゴ、サブカル趣味の男女をつなぐ結婚相談所「Ncon」開設 アバター使ったオンライン婚活パーティーも
ドワンゴが、アニメやゲーム好きの男女を対象にした結婚相談所「Ncon」を開設。アバターを使ったオンライン婚活パーティーなどの実施も予定している。(2020/2/27)

KADOKAWAの19年4〜12月期、78億円の最終黒字に転換 ドワンゴの改革が増益要因に
KADOKAWAが2019年4〜12月期の連結業績を発表。最終損益が78億8200万円の黒字(前年同期は21億6900万円の赤字)に転換した。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業が大幅な黒字に転換し、増益に貢献した。(2020/2/14)

能力開発・スキル向上支援にも積極的:
マスコミ業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」サイバーエージェント、NHKを抑えての1位は?
「仕事のやりがい」評価の平均値が高い順にランキングした「マスコミ業界の“仕事にやりがいを感じる企業”ランキング」。2位「サイバーエージェント」、3位「NHK」、4位「ベネッセコーポレーション」、5位「ドワンゴ」と続いた。1位になったのは?(2020/2/12)

PC版「ニコニコ動画」、音量の自動調整機能を実装へ 「広告の音が大きすぎる」などの課題を解消
ドワンゴが「ニコニコ動画」のPC版に、音量の自動調整機能を導入すると発表。1月29日に実装する。動画本編、動画広告、再生前広告の音量を一定の基準値にそろえることで、ユーザーの満足度を高める。(2020/1/8)

聖夜にこんなの絶対おかしいよ ニコ生が12月24日に「ベルセルク」「まどマギ」「ゴブリンスレイヤー」を一挙配信
リア充ばかりが楽しいクリスマスを許せない人がドワンゴにいるのか?(2019/12/13)

角川ドワンゴ学園とLDHが提携、ダンス教える「EXPG高等学院」開校へ
EXILEのTETSUYAさんが学長を務めます。(2019/11/25)

KADOKAWAの19年度上半期、最終利益が約3倍に 構造改革で復活のドワンゴが貢献
KADOKAWAが2019年4〜9月期の連結業績を発表。最終利益が約2.9倍の62億200万円と大きく伸びた。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業が黒字に転換した。ニコニコプレミアム会員数は減少したが、不採算事業の廃止などの構造改革がコスト削減につながった(2019/11/15)

ドワンゴから独立:
「持続可能なゲームメディア」の未来像とは 電ファミニコゲーマー・平編集長を直撃
ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」が運営元であるドワンゴから独立するというニュースは話題になった。日本でも指折りのゲーム報道媒体として親しまれてきた同サイトだが、Webメディアとしてどうマネタイズできるかを模索している。ゲームニュースの一線に身を置き続けてきた平信一氏に、描くメディアの未来像について直撃した。(2019/10/25)

角川ドワンゴ学園「N中等部」、ネットで受講できる「ネットコース」を開設
21世紀型スキル学習、プログラミング、小学校復習から大学進学レベルまでの学習コンテンツを提供。(2019/10/16)

通信制「N中等部」にネットコース開設 飛行機や夜行バスで通う生徒がきっかけ
角川ドワンゴ学園が、12〜15歳の生徒向けに通信制スクール「N中等部ネットコース」を2020年4月に開設すると発表した。(2019/10/15)

ドワンゴ「ニコニコ市場」リニューアルに伴い一部機能およびサイトを終了へ 動画ページへの商品貼り付け機能は継続
完全に終了するわけではないのでご安心を。(2019/10/3)

ニコニコ動画の「ニコる」機能が復活 コメントをほめる用途に特化 「ニコるくんを返して」の声に対応
ドワンゴが「ニコニコ動画」の「ニコる」機能を復活させた。ユーザーは「ニコる」ボタンを押すことで、コメントをほめ合えうことができる。ただ、ほとんど使われなかった場合は、再度廃止する可能性もあるという。(2019/8/29)

KADOKAWAの1Q、営業利益は約8.7倍に ドワンゴの「Webサービス事業」が黒字転換 構造改革が奏功
KADOKAWAが8月8日に19年4〜6月の連結決算を発表。売上高が前年同期比0.2%増の497億4500万円、営業利益が約8.7倍の34億7100万円と増収増益だった。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業の営業損益が黒字に転換した他、出版事業などが好調だった。(2019/8/9)

ドワンゴ、PCブラウザゲーム「エンゲージプリンセス」わずか半年で終了
ドワンゴは、4月1日にスタートしたばかりのPC用ブラウザゲーム「エンゲージプリンセス」を9月30日に終了する。「今後ご満足いただけるサービスの提供が困難であるという判断に至り、終了を決定した」という。(2019/7/29)

MAGES.がドワンゴから独立 「5pb.」→「MAGES.」ブランドに順次統一
志倉氏が自ら買収するMBOを実施、KADOKAWAグループから独立します。(2019/7/26)

MAGES.がMBO ドワンゴから独立
MAGES.がMBOでドワンゴから独立。ドワンゴが保有する全株式を、MAGES.の志倉千代丸代表が経営するCHIYOMARU STUDIOが買い取った。MBOにより、スピーディーで柔軟な経営判断を行っていくとしている。(2019/7/26)

2020年は「ニコニコ超会議」「闘会議」が合同開催 「事実上の消滅では」──厳しい声も
ドワンゴが、2020年の「超会議」と「闘会議」を合同開催すると発表した。(2019/7/25)

PR:着信音・着メロ取放題 dwango.jpなら着信音・着メロが取り放題


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。