ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エイタロウソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エイタロウソフト」に関する情報が集まったページです。

「ブレイブオンライン」のエイタロウソフトが破産
東京商工リサーチによると、人気ソーシャルゲーム「ブレイブオンライン」などを手掛けたスマートフォンゲームメーカーのエイタロウソフトが、1月9日に東京地裁から破産開始決定を受けた。(2019/1/17)

女性向けスマホゲーム「マジカルデイズ」終了 2周年を目前に「運営継続が困難な事象」
公式の更新が止まっており、ファンから不安の声が上がっていました。(2018/11/30)

ドコモの2009夏モデル、アクロディアの「VIVID UI」「VIVID Movie」などを採用
アクロディアの携帯電話向けミドルウェア「VIVID UI」「VIVID Movie」「VIVID Avatar Maker」が、ドコモの夏モデルに採用された。(2009/5/20)

リリースダイジェスト(4月28日)
最大4人同時プレイが可能な3D横スクロールRPG「エルヴァリエ」の配信や、“一目ぼれ”を記録するモバイルサービス「ヒトメボβ版」の特別企画、「仮面ライダー」のきせかえツールの登場など。(2009/4/28)

アクロディア、「VIVID Avatar Maker」を韓Samsung電子にライセンス提供
アクロディアは、ケータイカメラで撮影した画像からアバターを作成できる「VIVID Avatar Maker」を韓Samsung電子にライセンス提供することを発表した。(2009/4/16)

RWC2009日本で開催決定、ECOは基本料金無料へ――「ガンホープレスカンファレンス2009」開催
「北斗の拳ONLINE」、「エミル・クロニクル・オンライン」、そして「ラグナロクオンライン」の2009年度方針発表会が催された。そこでは、RWC2009の日本開催決定や、ECOの料金無料/アイテム課金化などが発表された。(2009/3/16)

エイタロウソフト、カプコンのドコモ向けゲームにP2Pモジュール提供
(2008/12/24)

400人の同時接続に対応――エイタロウソフト、モバイル3D仮想空間「Lamity」を展示
(2008/11/25)

アクロディアのミドルウェアがNTTドコモの冬モデルに採用
(2008/11/21)

D2C、ドコモ端末の待受画面で利用できる「iアバター」を提供
(2008/11/6)

シャープ、「SH706iw」に「VIVID Avatar Maker」「VIVID Panorama」搭載
(2008/9/1)

エイタロウソフト、NVIDIAのMIDプラットフォーム「Tegra」向けに3D仮想空間サービスを提供
(2008/8/27)

アクロディアの「VIVID Panorama」と「VIVID Avatar Maker」、シャープの「SH706i」に搭載
(2008/7/14)

アクロディアの「VIVID UI」と「VIVID Movie」を搭載した706iシリーズが発売
(2008/6/20)

アクロディアの「VIVID Avatar Maker」、富士通の「F906i」に搭載
(2008/6/5)

ソフトバンクモバイルの2008年夏モデル、アクロディアの「VIVID UI」などを採用
(2008/6/4)

アクロディア、「SO906i」に「VIVID Avatar Maker」を提供
(2008/6/3)

アクロディア、SH906i、SH906iTVに「VIVID Avatar Maker」などを提供
(2008/6/3)

エイタロウソフト、ケータイ3D仮想空間「Lamity」クローズβ版サービスを開始
(2008/5/28)

アクロディアとエイタロウソフト、「VIVID Avatar Maker」を共同開発
(2008/1/7)

携帯初、3DポリゴンのオンラインRPG モバゲーで
3Dポリゴンを利用した多人数参加型RPGが携帯電話で配信される。モバゲータウンの「Master of Fantasia」で、4人同時にプレイでき、プレイヤー間のチャットも可能だ。(2007/8/20)

エイタロウソフト、携帯向けP2P対戦モジュールを開発
(2006/9/27)

QUALCOMMの「Q3Dimension」を3G通信事業者など各社が採用
(2006/6/12)

W41xシリーズ専用3Dサッカーゲーム「WorldEleven」
(2006/1/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。