ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「EMONSTER lite(S12HT)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EMONSTER lite(S12HT)」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileの1.7GHz帯3Gサービス、1月末で提供終了
Y!mobileは2月1日午前0時をもって、同社の1.7GHz帯の3G通信サービスの提供を終了した。これにより、1.7GHz帯を使用する音声、パケットサービスの提供も終わり、対象となるプランの契約は自動で解除されるという。(2018/2/1)

Y!mobile、iPhone乗り換えで最大2万5920円割引 機種変でデータ容量を2倍にするキャンペーンも
ソフトバンクは、Y!mobileからMNPでiPhoneに移行するとパケット定額料を最大2万5920円割り引くキャンペーンを開始する。またY!mobile内で機種変更した場合にデータ通信容量が2年間2倍になる「アップグレードキャンペーン」も行う。(2015/7/31)

携帯販売ランキング(8月30日〜9月5日):
上位独占中の「iPhone 4」に割って入った端末は?
「iPhone 4」のワンツーフィニッシュが恒例となっていた携帯販売ランキングだが、ついに変化が起きた。iPhone 4 16Gバイトモデルを2位から引きずり下ろした端末は果たして……?(2010/9/10)

携帯販売ランキング(2月8日〜2月14日):
「Jelly Beans 840SH」躍進 トップ3は三つどもえ
ハイスペックな「SH-01B」、スマートフォンの代表格「iPhone」、カラバリ豊富な防水スタンダード「SH005」と、キャリアもセグメントも異なる3モデルが売れている。また、新モデル「Jelly Beans 840SH」が順位を大きく上げた。(2010/2/19)

携帯販売ランキング(8月31日〜9月6日):
盛り返す「iPhone 3GS」、再びトップ3に
ここ何週か順位を落としつつあった「iPhone 3GS」。ついに人気にも陰りが出たかに思われたが、再びキャリア総合ランキングのトップ3に浮上した。(2009/9/11)

携帯販売ランキング(8月24日〜8月30日):
新旧端末入り乱れ――再びドコモ夏モデルが首位
旧端末がキャリア総合ランキングでワンツーフィニッシュを飾った前回だったが、再びドコモの夏モデルが1位に返り咲いた。(2009/9/4)

携帯販売ランキング(8月17日〜8月23日):
au端末がキャリア総合首位に浮上
今回の携帯販売ランキングでは、au端末が前回首位のソフトバンク端末「830P」を押しのけ、キャリア総合ランキングのトップに浮上した。果たしてその端末は?(2009/8/28)

携帯販売ランキング(8月10日〜8月16日):
夏モデル「枯れ」期に突入か?
キャリア総合ランキングでは、前回の結果に輪をかけて旧端末が台頭してきた。(2009/8/21)

携帯販売ランキング(7月27日〜8月2日):
“ドコモ率”下がった総合ランキング、830P+iPhoneで攻めるソフトバンク
7月純増数でついにソフトバンクからトップの座を奪い取ったドコモ――。しかし、携帯販売の総合トップ10では、auの“値下げ旧端末”とソフトバンクの“830P+iPhone”に攻め入られている格好だ。(2009/8/7)

イー・モバイルとACCESS、Windows Mobile搭載機向けにウィジェットサービスを提供
イー・モバイルとACCESSは6月10日、イー・モバイルのWindows Mobile搭載端末向けにウィジェットサービスを提供すると発表した。イー・モバイルの公式ポータル「EMnet」からNetFront Widgetsが入手可能になる。(2009/6/10)

2009年は「Windowsケータイ」でスマートフォンデビュー(端末編)
iPhoneの影響もあって何かと話題のスマートフォン。中でも多種多様なバリエーションを用意しているのが、OSにWindows Mobileを搭載した「Windowsケータイ」だ。現在、個人で入手できるWindowsケータイにはどんなものがあるのか、紹介しよう。(2009/1/14)

写真で解説する「Dual Diamond」(S22HT)
イー・モバイルが、「Touch Diamond」(S21HT)に続くスマートフォンとして「Dual Diamond(S22HT)」を発表した。幅約43.4ミリというスレンダーなボディを実現し、ホーム画面から簡単にメールやWebなどにアクセスできるメニューを採用するなど、ケータイライクに使えるのが大きな特徴だ。(2008/12/4)

「EM・ONEα」が「MSX」に BASICも打てる
「MSX」のゲームやMSX-BASIC開発環境を収録したCD-ROM付き「EM・ONEα」が登場。(2008/12/4)

MSXゲームをスマートフォンで──アスキー・メディアワークスが配信サイト開設
アスキー・メディアワークスはイー・モバイルと共同でWindows Mobile 6搭載スマートフォン向けMSXゲームコンテンツの配信を開始。MSX関連コンテンツをセットにしたEM・ONEαも1000台限定で販売する。(2008/12/3)

「S21HT」レビュー 後編:
フルブラウザと文字入力もタッチ操作のTouch Diamond――「S21HT」は“モデム”としても魅力的
独自UIの“TouchFLO 3D”を搭載した「Touch Diamond」(S21HT)。指先で待受画面を快適にタッチ操作できるのは分かったが、果たしてフルブラウザや文字入力の使い勝手はどうだろうか。そのほかの実用面もチェックした。(2008/12/2)

「S21HT」レビュー 前編:
本当に“iPhone対抗”なのか――イー・モバイル版「Touch Diamond」の実力とは
イー・モバイルから登場した「Touch Diamond」(S21HT)は、独自UIの“TouchFLO 3D”を搭載したWindows Mobile端末。コンパクトなボディで快適なタッチパネル操作を実現したことから“iPhone対抗機”ともいわれるが、その実力はいかに。(2008/11/27)

イー・モバイル、データ通信0円から+定額パック3カ月無料のスマートフォンキャンペーン
イー・モバイルは、「Touch Diamond」(S21HT)などスマートフォンの新規加入者を対象に、月額980円の定額パックを最大3カ月無料に、通常1000円からのデータ通信を0円スタートするキャンペーンを実施する。(2008/11/18)

携帯販売ランキング(10月20日〜10月26日):
そろそろ“枯れ”期も終了、携帯新機種発表ラッシュ始まる
各キャリアが携帯冬商戦向けモデルを発表。これに応じて、もうすぐ“旧機種”になる現行機種の値下げ傾向がさらに加速した。「1円/0円」「緊急大幅値下げ」「週末だけ特価」といったPOPを掲げる店舗も多くみかけ、急浮上した機種もいくつかあった。(2008/10/31)

携帯販売ランキング(9月22日〜9月28日):
携帯販売、安価な旧機種が売れる“枯れ”期ならではの動きに
ドコモは706iシリーズ、auとソフトバンクモバイルは安価な旧機種がランキングの上位に入るようになってきた“枯れ”期の9月後半。スマートフォンやJATEの認定を受けた端末など、そろそろ次期モデルの噂も出てきたが、今後、ランキングはどのように変動していくだろうか。(2008/10/3)

写真で解説する「Touch Diamond」(S21HT)
イー・モバイルのHTC製スマートフォン「Touch Diamond」(S21HT)は、下り最大7.2MbpsでのHSDPA通信が行えるスマートフォン。コンパクトボディを採用し、快適な片手操作が可能な「TOUCH FLO 3D」を搭載した。(2008/9/19)

「Touch Diamond」10月10日発売――お披露目には“アイのうた”の福井舞さんも登場
イー・モバイルはTouch Diamondの発売日を10月10日と発表した。お披露目イベントには、「アイのうた」でデビューした新人シンガーソングライターの福井舞さんも駆けつけ、Touch Diamondの魅力を語った。(2008/9/19)

携帯販売ランキング(9月8日〜9月14日):
敬老の日小商戦、“らくらく”系が躍進──次はいよいよ秋冬商戦へ
ドコモの「らくらくホン」、auの「簡単ケータイ」、ソフトバンクモバイルの「かんたん携帯」。9月15日の敬老の日を前に、“かんたん”をテーマにするユニバーサル携帯の需要が高まり、それぞれ順位を上げた。一方で主力機種の動きは少なく、商戦期前の“枯れ”状況が顕著になってきた。(2008/9/19)

携帯販売ランキング(9月1日〜9月7日):
iPhone 3G、ランキング復活──今も売れていない“わけではない”
9月に入り、各キャリアの夏モデルもようやく出そろったが、旧機種の値下げや“敬老の日”需要に向けた小商戦で携帯販売コーナーはまだまだ賑わいも見られる。前回、キャリア総合ランキングから姿を消したiPhone 3Gはランキングに返り咲き、敬老の日を目前にらくらくホンVも順位を上げてきた。(2008/9/12)

携帯販売ランキング(8月25日〜8月31日):
iPhone 3G、総合ランキング圏外へ──“枯れ”期見越した、旧機種の値下げも盛んに
夏の購買需要はすでに落ち着き、順位の変動がまったくないキャリアも出てきた。この“枯れ”期から次の新機種までどうするか、キャリア別にやや異なる施策をとるような傾向も見られる。8月最終週の結果はどうなったか、早速ランキングをチェックしていこう。(2008/9/5)

携帯販売ランキング(8月18日〜8月24日):
携帯販売、そろそろ“枯れ”期へ──値下げで浮上する旧機種もちらほら
8月も後半に入り、夏の購買需要は一段落。ランキングの変動もかなり少なくなってきた。この先、9月の敬老の日向け小商戦を挟んで、2008年の秋冬商戦向けモデルの登場まで変動が少なくなる、いわゆる“枯れ”期に入るが、値下げにより急浮上する旧端末もいくつかあるようだ。(2008/8/29)

携帯販売ランキング(7月21日〜7月27日):
夏モデルほぼ出そろい、変動おだやかに──携帯夏商戦はそろそろ終盤
各キャリアの2008年夏モデル新機種がおおむね出そろい、携帯夏商戦はそろそろ終盤。ドコモは70xiシリーズの人気がやや上昇、auは夏モデルのハイエンド機種が人気、ソフトバンクモバイルのiPhone 3Gはモデル別の人気差が顕著になってきた。(2008/8/1)

携帯販売ランキング(7月14日〜7月20日):
auに新機種ラッシュ到来──iPhone 3G熱もさほど冷めず、連続首位
今回はauに新機種ラッシュ、初登場の3機種がランクインを果たした。一方、前回はキャリア総合ランキングでトップだったiPhone 3Gは品不足のためかやや順位を下げたものの、ソフトバンク内ランキングでは首位を維持した。(2008/7/25)

携帯販売ランキング(7月7日〜7月13日):
ケータイショップに「iPhone 3G」旋風
7月11日に夏モデルの目玉製品「iPhone 3G」が発売。この期待の新機種は予想通りの動きをしてくれた。一方、ドコモも夏モデルが好調で、ランキングすべてを新機種で占める結果になった。(2008/7/18)

レーベルゲート、「EMONSTER」シリーズ向け音楽配信サイトオープン
レーベルゲートの音楽配信サービス「mora win」がリニューアルし、HTCの「EMONSTER」シリーズ向け音楽配信サイトをオープンした。(2008/7/18)

携帯販売ランキング(6月30日〜7月6日):
au、ソフトバンクも新機種が初登場ランクイン──次回、iPhone 3Gは何位か
ドコモに続き、auとソフトバンクモバイルも夏の新機種が続々登場。初登場で上位にランクインする機種も多く表れ、携帯夏商戦がいよいよ盛り上がってきた。iPhone 3G登場直前のランキングはどうなったか。早速結果をみていこう。(2008/7/11)

イー・モバイル、「EMONSTER lite」を7月19日に発売
イー・モバイルが7月19日から、フラットタッチパネルと“ケータイ感覚”で使えるスライド式のダイヤルキーを備えたHTC製のWindows Mobile搭載スマートフォン「EMONSTER lite」を発売する。(2008/7/9)

2年の継続利用で、6万9600円分を割引――イー・モバイルの「スーパーライトデータプラン にねんMAX」
イー・モバイルが、ライトユーザー向け料金プランの「スーパーライトデータプラン」に、初期費用を軽減できる「スーパーライトデータプラン にねんMAX」を追加。2年の継続利用で6万9600円分の長期契約割引が適用される。(2008/7/9)

HTC Nippon スマートフォン ショーケース:
iPhone対抗の「HTC Touch Diamond」、日本でも間もなく登場か
HTC Nipponが、自社のスマートフォン全10機種を一堂に紹介する「HTC Nippon スマートフォン ショーケース」を開催。HT1100ユーザーというIKKOさんが、七夕の織姫をイメージしたドレスで登場した。(2008/7/4)

イー・モバイルのスマートフォンでTBSのネットラジオ聴取可能に
イー・モバイル「EMONSTER」で、インターネットラジオ“OTTAVA”を聴取できるようになった。PC版と同様にライブストリーミング再生やダウンロード再生などが行える。(2008/7/1)

6月7日〜6月13日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
米Appleが「iPhone 3G」を発表し、日本中の話題をさらった先週。同日イー・モバイルも2008年夏モデル2機種を発表した。ドコモは7月1日から、バリューコース向けの料金プランタイプSS バリューの基本料金を下げ、基本料が半額になる割引を適用すると月額980円で利用できるようにする。(2008/6/16)

携帯販売ランキング(6月2日〜6月8日):
ソフトバンクは「iPhone」待ち?──906iシリーズは出足好調
ドコモの夏モデル「906iシリーズ」が出そろってきた。auとソフトバンクモバイルも夏モデルの発表を終え、auも今週末から早速新機種を発売し、ソフトバンクモバイルの“ある注目機種”は7月11日に発売が決まった。では現在売れている機種は何か。早速今回のランキングをチェックしていこう。(2008/6/13)

「ランニングコストを忘れている。基本料だけ安いのは見せかけ」──イー・モバイルの千本会長
イー・モバイルは、新機種2モデルと新サービスとなる国際電話サービスを発表。同社会長兼CEOの千本倖生氏は「これを変えないと日本の携帯市場は世界から孤立したまま、携帯料金も安くならない」という考えの機種やサービスとともに、この日に発表されたiPhoneについても言及した。(2008/6/11)

写真で見る「EMONSTER lite」
イー・モバイルのHTC製「EMONSTER lite」は、ダイヤルキーと指をなぞらせて操作する「Touch FLO」を搭載し、片手で“ライト”に使えるスマートフォン。モックアップを元に、ドコモのHT1100との違いをチェックした。(2008/6/10)

中国がモバイルの流れを変える:
イー・モバイル、海外ベンダーとの協調関係を推進
イー・モバイルはHTCおよび華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の携帯電話新端末と国際電話サービスを発表した。千本会長は海外ベンダーとの協調体制を推進するという。(2008/6/10)

「iPhone独壇場の時代は終わった」と千本氏 イー・モバイルがタッチパネル端末
「iPhone独壇場の時代は終わった」――イー・モバイルの千本CEOは、タッチパネルとテンキーを搭載したスマートフォン「EMONSTER lite」を発表した。タッチパネル端末市場に、HTCとのタッグで攻め込む。(2008/6/10)

主要国向け通話が1分36円──「イー・モバイル国際電話」7月1日開始
イー・モバイルが7月1日から、世界57カ国・地域にイー・モバイル携帯電話から電話がかけられる「イー・モバイル国際電話」サービスを開始する。米国や中国などには国内通話料と同水準で利用できる。(2008/6/10)

イー・モバイル、若者やカップルを対象とした割引キャンペーンを実施──6月14日から
イー・モバイルは6月14日から、新規申込もしくは買い増し時点で満29歳以下のユーザー向けの「U-29 若者応援キャンペーン」と、新規で2人以上2代以上契約した人が対象の「ナンバーチョイスキャンペーン」を実施する。(2008/6/10)

“ヨーロピアンデザイン”採用のベーシックなHuawei製音声端末──「H11HW」
イー・モバイル2機種目の音声端末は、同社にデータ通信端末を供給する中国Huawei製。下り最大3.6MbpsのHSDPAやメディアプレーヤー、200万画素カメラ、Bluetoothなどをサポートする。(2008/6/10)

直感操作とケータイライクな操作を両立――TouchFLO搭載の「EMONSTER lite」
ケータイライクなテンキーと直感的な操作が可能なタッチパネルディスプレイを搭載――。これがイー・モバイルの「EMONSTER lite」だ。HTCの「HTC Touch Dual」をベースとした端末で、ディスプレイ上に指をすべらせて操作する新UI「TouchFLO」を装備する。(2008/6/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。