ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エンタープライズ・アーキテクチャ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンタープライズ・アーキテクチャ」に関する情報が集まったページです。

産業領域のデータ基盤:
PR:“一品一葉”のデータを社内横断で活用 東洋エンジニアリングのDXの進め方
DXでは、いかにデータを利活用するかが極めて重要なテーマだ。だが、社内体制や仕組みづくりなどのオペレーション面が障壁になってDXが進まないケースも散見される。本稿では、Alteryxなどを活用して生産性を着実に向上させている東洋エンジニアリングの事例を紹介する。(2024/6/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスに変革をもたらすビジネスアナリシス、その知識体系とBA人材に必要なものとは
DXが叫ばれる現代。DXを実践するために求められるのが、「ビジネス戦略を実現し、課題を解決する」ためのビジネスアナリシスだ。ビジネスアナリシスとは、どのようなものなのだろうか?(2024/6/11)

エンタープライズアーキテクチャを理解する【後編】
「TOGAF」認定試験に合格するための“効果的な学習法”はこれだ
組織のITインフラを設計し、効率的に管理する際に役立つフレームワーク「TOGAF」。認証試験の概要と、効果的な学習方法を解説する。(2024/6/11)

エンタープライズアーキテクチャを理解する【前編】
フレームワーク「TOGAF」は何の役に立つ? 学習メリットを解説
エンタープライズアーキテクチャのフレームワークであり、認証プログラムも存在する「TOGAF」。学習を通して得られるスキルやメリットを解説する。(2024/6/4)

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
ビジネスアナリシスの知識体系BABOKガイドとは(後編)
ビジネスアナリシス(BABOK)がいかにビジネスとITを結びつけることができるか、さらにデジタルトランスフォーメーションにも大きく貢献できる知識体系にもなっている。(2024/5/21)

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
なぜDXにおいてビジネスアナリシスが必要なのか
DXが叫ばれ、多くの企業がDXに取り組んでいるが、もう一つうまくいってないように感じるのはなぜだろう。日本にビジネスアナリシスが普及してないことに起因しているのではないだろうか。(2024/3/19)

メッセージベースのシステム、クラウドベースのサービスなど:
重要なのは3つ――バックエンド開発者を目指すに当たって必要なスキルとは
バックエンド開発者になるために必要なスキルとは何か。新たにバックエンド開発者を目指す際に役立つ、3つの重要なスキルを紹介する。(2023/10/17)

SAPがLeanIXの買収でユーザーに新たなAIサービスを模索 一方で“過度な期待”には注意?
SAPはLeanIXを買収した。背景にはLeanIXが企業向けのアプリケーションポートフォリオをマッピングする生成AIサービスをリリースしたことがある。この買収により、ユーザーに新たなAIに関するメリットが提供されるかもしれない。(2023/10/11)

Gartner Insights Pickup(319):
プラットフォームエンジニアリングチームを作り、拡大するための重要なステップ
プラットフォームエンジニアリングのチームを作り、取り組みを拡大するには、幾つかの段階を踏む必要がある。各段階について解説する。(2023/9/22)

プラットフォームと体験価値の重要性とは:
利己的にならざるを得ない日本の組織と、いま見直すべきIT部門の役割
ビジネスのデジタル化が進む中、アプリケーション/サービス開発・運用の在り方が大きく変わりつつある。経営環境変化に追従すたるために「ローコード/ノーコード」「マイクロサービス」なども注目されて久しいが、活用した成果が限定的になるケースが目立つ。仕組みに組み込み、仕組み全体を変えていくには、これらの技術をどう捉えるべきなのか。(2023/9/20)

IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第2回】
「最新で最高のツール」という宣伝に踊らされる人、冷静に見極められる人の違い
ビジネスを取り巻く環境が急速に変化する中で、CIOは常に「いつ、どのような技術を導入するか」という判断に追われている。新技術のきらびやかな広告を目にして導入を悩んだとき、最適な選択をするには。(2022/4/15)

Gartner Insights Pickup(225):
クラウド戦略の効果的な実行を支える「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)
「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)を立ち上げようと考えている組織のために、そのメリットと課題、ベストプラクティスを解説する。(2021/9/24)

Gartner Insights Pickup(215):
データドリブンな組織の構築にエンタープライズアーキテクチャが果たす役割
エンタープライズアーキテクチャ(EA)とテクノロジーイノベーション(TI)のリーダーは、全社的な視点からビジネスの戦略的優先事項に対応したデータのニーズを把握することで、データドリブンな組織の構築に重要な役割を果たせる。(2021/7/9)

Subscribed Instituteトップが語る:
成功するサブスクリプションビジネスに必要な5つの条件とは?
「所有」から「利用」への変化はますます加速し、サブスクリプションビジネスの成長は続く。成功の条件とは何か。ZuoraバイスプレジデントでSubscribed Institute会長のエイミー・コナリー氏が語った。(2021/4/26)

注目のSREやSASEのニーズに対応する:
PR:戦力になるDX人材確保の早道とは? 実践的な資格取得による人材育成アプローチ
クラウドを始めとするデジタル技術は企業のDX推進を加速させる可能性を持っている。しかしDXを推進する人材を確保できているだろうか。SREやSASEという注目キーワードから理想的なDX人材育成計画の在り方を検討する。(2020/11/25)

Gartner Insights Pickup(177):
企業が社内に設置するクラウド推進組織「CCOE」は、ベンダー中立を目指せ
企業がクラウド推進組織として社内に設置する「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)。どのような活動をすべきなのか。Gartnerでクラウドを担当するアナリストで、ディスティングイッシュト バイスプレジデントのリディア・レオン(Lydia Leong)氏が解説する。(2020/10/2)

Gartner Insights Pickup(167):
デジタルイノベーションを実現するエンタープライズアーキテクチャ
エンタープライズアーキテクチャは、デジタルイノベーションを導くことができる。エンタープライズアーキテクトや技術イノベーションのリーダーは今後、コラボレーションと人工知能(AI)に力を入れる必要がある。(2020/7/17)

Weekly Memo:
なぜコロナ対策でRPAが“引っ張りだこ”なのか? 国や自治体で導入進む
企業や行政機関がコロナ対策としてRPAを導入する動きが活発になってきた。なぜ、コロナ対策でRPAが引っ張りだこなのか。この市場をリードするUiPathへの取材をもとに考察してみた。(2020/6/8)

Weekly Memo:
「RPA」はエンタープライズアーキテクチャにおいて“ナニモノ”か
定型業務を自動化するRPAが日本企業で幅広く使われるようになってきた。その現状と今後の方向性について、最新の調査やキーパーソンの発言から探ってみたい。(2020/3/9)

セミナー:
PR:アクセンチュアとインフォアジャパンが創出するデジタルパワードロジスティクス
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2020/2/5)

欧米と日本の“いいとこ取り”でIT化を加速 ライフネット生命のCIOが取り組む、システム内製化への道
急速なビジネス環境の変化に追いつけるシステムを――。そんなミッションのもと、ライフネット生命のCIOに就任した馬場靖介氏。外資系企業での経験を生かした、欧米と日本の“いいとこ取り”で進めるトランスフォーメーションとはどのようなものなのか。(2019/12/13)

クラウドを生かすモダナイゼーション【後編】
保険会社がレガシーアプリのモダナイゼーションになぜ「EA」を使うのか?
クラウドを利用したアプリケーションのモダナイゼーションを進める保険会社Helvetia Insuranceは、エンタープライズアーキテクチャ(EA)ツールを活用している。なぜEAツールを活用するのか。得られた効果とは。(2019/12/3)

事例:Home DepotのIT研修【前編】
リフォーム大手が編み出した、IT人材不足解消の秘策「OrangeMethod」とは?
Home Depotは従業員のITレベルを引き上げるために、研修プログラム「OrangeMethod」を立ち上げた。この教育制度のユニークな点は、在籍中の従業員だけでなく新入社員でも初日から受講できることだ。(2019/11/8)

投資予算が過去15年で最大に:
企業の技術投資が世界で拡大、KPMGコンサルティングがCIOを対象に意識調査
KPMGコンサルティングの意識調査「Harvey Nash/KPMG 2019年度CIO調査」によると、技術への投資を拡大した企業の割合が過去最高となった。人材不足は、データ分析やサイバーセキュリティ、AI(人工知能)分野を中心に、2008年以来最高の水準に達した。(2019/10/25)

不足しているなら育てればいい:
郵便配達員や窓口担当者を「IT人材」に――日本郵便が取り組む“現場が分かるIT担当”の育て方
不足しているなら育てればいい――。IT未経験者を対象にした日本郵便の「IT人材育成プログラム」とは。(2019/10/7)

Wi-FiからV2X無線、遠距離無線充電まで:
Gartner、2019年以降の「無線技術」の10大トレンドを発表
Gartnerは、無線技術の10大トレンドを発表した。Wi-Fiや5Gなど比較的なじみ深い技術から、無線センシングやバックスキャッタネットワーキングまで幅広い無線技術について扱っている。(2019/7/25)

Gartner Insights Pickup(111):
エンタープライズアーキテクチャについて、今何が起こっているのか
エンタープライズアーキテクトや技術イノベーションリーダーには、新しい業務モデルの設計と実現が求められようになる。こうした期待に応えるには、今後コラボレーションとAIの活用に力を入れる必要がある。(2019/6/7)

日本郵便の専務が語る:
間違った方向に行きかけたとき、プロジェクトを止める勇気を持てるか――「東証を変えた男」が考えるリーダーシップの形
今やビジネス課題の解決に欠かせない存在となっているIT。この「ビジネスとITをつなぐ」かけはしの役割を担うリーダーになるためには、どんな素養、どんな覚悟が必要なのか。(2019/4/27)

日本郵便専務が明かす:
“東証を変えた男”が語る、金融業界の伝説「arrowhead」誕生の舞台裏――“決して落としてはならないシステム”ができるまで
2005年11月から2006年にかけて、システム障害を起こし、取引が全面停止するという事態に陥った東京証券取引所。世間の大バッシングの中、そのシステム刷新をやってのけたのが、現在、日本郵便で専務を務める鈴木義伯氏だ。当時、どのような覚悟を持って、“落としてはならないシステム”を作り上げたのか。(2019/4/25)

PR:その“過剰な保守”は本当に必要なのか 脱“ベンダー丸投げ”で生まれ変わる日本郵便、IT改革の舞台裏
コスト削減の文脈で語られがちな第三者保守サービスだが、日本郵便のCIO、鈴木義伯氏は、IT部門に誇りを取り戻し、新たな挑戦につながる道を切り開くものだと話す。いったいどういうことなのか。(2018/12/11)

Gartner Insights Pickup(65):
一般企業におけるCTOの役割を、5つのタイプで考える
最高技術責任者(CTO)は、CxOの役職の中で最も理解されていないものの1つだ。技術イノベーションをリードするとは、具体的にどのようなことなのか。その答えは企業によって大きく違う。ここでは、CTOの役割を5つのペルソナで考える。(2018/6/22)

「Adobe Digital Experience Insights 2018」開催:
元メジャーリーガーのアドビ システムズ新社長がイベント初登板……ではなく初登壇
アドビ システムズはデジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Digital Experience Insights 2018」を開催した。(2018/5/7)

マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(1):
BFF(Backends For Frontends)超入門――Netflix、Twitter、リクルートテクノロジーズが採用する理由
マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発に求められる技術の1つBackends For Frontends(BFF)について解説する連載。初回は「超入門」としてBFFの概要や事例を中心に紹介する。(2018/3/14)

提携を拡大、統合製品を提供:
MicrosoftとSAP、統合製品「SAP HANA Enterprise Cloud on Microsoft Azure」を発表
MicrosoftとSAPは、SAPのプライベートマネージドクラウドで「SAP S/4HANA」を運用できるサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」をAzureで提供する「SAP HANA Enterprise Cloud on Microsoft Azure」を発表した。(2017/11/30)

APIでは解決できない、レガシーシステム連携
次世代標準仕様「FHIR」が、レガシーシステムだらけの医療ITの救世主となる理由
医療業界にはレガシーシステムが多く存在し、API活用を阻む障害となっている。この事情から、医療情報の相互運用性を目指した次世代の標準仕様FHIRへの関心が高まっている。(2017/11/27)

マルチクラウドで浮上するプロバイダーも
2017年クラウド総合力ランキング:AWSについに追い付いたIaaSとは?
Gartner 2017年ランキングでは、大手2社のクラウドプロバイダーが同率首位となった。この2社が素晴らしいクラウドを提供するのは間違いないが、今後は複数ベンダーのマルチクラウド化が重要だという。(2017/9/27)

システムの6割以上をクラウド化
協和発酵キリンがVDIを「Amazon WorkSpaces」へ移行、使って見えた課題と効果
クラウド化を進める協和発酵キリンは2017年3月、オンプレミスのVDIをAWSの仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」へ移行した。効果は明白、移行はスムーズだった一方で、実際に使って見えた課題もあった。(2017/6/7)

Computer Weekly製品導入ガイド
交流を促すモバイルエクスペリエンスの構築
モバイルエクスペリエンスでは、顧客の獲得とつなぎとめ、サービス提供の新たなチャンスが開ける。(2017/6/2)

コラボレーションの未来は分析にある
Slack vs. Microsoft Teamsだけではない、コラボツール戦争の次の注目はAI活用
「Slack」や「Microsoft Teams」など市場には多くの“コラボレーションツール”があり、競争が激化している。競争の次の焦点はAI活用だ。ユーザー企業にはどのような影響があるのだろうか。(2017/3/31)

300社超の調査で判明
データサイエンティストのスキル不足は大問題、「技術についていけない」の声も
多くの企業は、今日のビッグデータとデータサイエンスがもたらすチャンスを認識しているが、一方でそのエコシステムの複雑さに手を焼いている。(2017/3/6)

PR:CIOの課題は迅速かつ柔軟な業務革新――デジタル化に欠かせないクラウド活用
デジタルテクノロジーの進化は留まることはなく、今後も指数関数的な進化が続くであろう。企業がデジタル変革に取り組むうえで欠かせないクラウドの活用や、デジタル変革の推進役として大きな期待が掛かるCIOの役割や課題とは。(2017/1/30)

金融機関で検証進む:
議論を呼ぶ「訂正できる」ブロックチェーン、そのメカニズムとは?
アクセンチュアが開発を発表した「訂正できる」ブロックチェーン技術がビットコインのコミュニティーで議論を呼んでいる。同社では、閉じたパーミッション型ブロックチェーンの使い勝手を向上させるとともに、法制度への対応も果たすなど、金融機関らが活用する際のハードルを下げる技術だとしている。(2016/12/7)

製造マネジメントニュース:
日本企業のデジタル変革への支援を強化するため協業を深化
日本アイ・ビー・エムとSAPジャパンは、グローバル・レベルでのパートナーシップを生かし、日本企業のデジタル変革への支援を強化するため、両社の協業をより一層深化させると発表した。(2016/8/24)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説する「EAIの本質とは?」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのITストラテジーを、マンガで解説するシリーズ。今回は、企業内の複数システム間を効率的に統合するEAIと、導入に際しての情シスの役割を解説します。(2016/8/21)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説する「ユーザー部門が勝手にSaaSを導入、情シスの対応は」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのITストラテジーを、マンガで解説するシリーズ。今回は、ユーザー部門が独自に導入したシステムに対して、情シスがすべき支援について考えます。(2016/8/17)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説する「ベストオブブリード型アプローチと情シスの役割」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのITストラテジーを、マンガで解説するシリーズ。今回は、システム構築の代表的なアプローチの1つ「ベストオブブリード型」について「スイート型」との違いや、導入における情シスの役割について解説します。(2016/7/30)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説「IoTで成功している企業の共通点は?」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのIT戦略をマンガで解説。今回は、「IoTでビジネスモデル変革に成功している企業」の共通点を探り、成功の秘訣と情シスの役割について考えます。(2016/7/23)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説「ERPの本質とは?」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのIT戦略を、マンガで解説。今回は、「ERP」について、その本質的な意味を探りながら解説します。(2016/7/16)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説「クラウドを使いこなすとは?」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのIT戦略を、マンガで解説。今回は、クラウドの導入を阻む壁とその突破口について考えます。(2016/7/10)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説「SCMとCRMの本質とは?」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのITストラテジーを、マンガで解説するシリーズ。今回は、ITストラテジーの話でよく聞く「SCM(サプライチェーン・マネジメント)」と「CRM(顧客関係管理)」について解説します。(2016/7/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。