ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EqualLogic」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EqualLogic」に関する情報が集まったページです。

既存の課題も同時に解決:
PR:ほぼ初心者の“ひとり情シス”はストレージのリプレースをどう乗り越えたのか
サボハニの“ひとり情シス”に、サーバとストレージのリプレースという大仕事が降ってきた。既存のさまざまな問題も解決しなければいけない中、インフラの“初心者”がいかにしてこのピンチを乗り越えたのかを本人が語る。(2019/10/18)

フラッシュストレージからHCI、SDSまで
インフラを取り巻く環境変化 生き残ったベンダーは何を選択してきたのか
インフラ、特にストレージ環境に関する変化は著しい。かつて有望視されたスタートアップも、幾つかはすでに事業を畳んでいる。生き残った企業が選択した技術は何なのか。(2018/1/17)

Vmwareにも影響か
巨大ベンダーDell EMCに寄せられる期待と懸念、製品ラインアップはどうなる?
Dellが600億ドル以上を投じたEMC買収により、Dell EMCという巨大なストレージベンダーが誕生した。新会社に関してはユーザーから期待と懸念が寄せられている。(2016/9/14)

Computer Weekly:
「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後
DellによるEMCの買収は業界に驚きをもたらした。この買収がDellとEMCの事業に及ぼす影響とは? デル氏に同社の今後をインタビューした。(2016/1/6)

IT業界の戦略図はどう変わる
DellがEMCを巨額買収、一番喜ぶのは誰?
米Dellは2015年10月12日(現地時間)、米EMCの買収を正式発表した。果たしてこの買収はユーザーにとってメリットをもたらすものになるのだろうか。(2015/10/19)

テクノロジー業界最大の買収:
デルがEMCを買収で株式を非公開化へ、その背景と今後の展開は
米デルは2015年10月12日(米国時間)、同社の米EMC買収について最終的な合意に達したことを発表した。デルは従業員7万人の企業を飲み込むことになる。この、テクノロジー業界最大の買収の背景は何か。今後の展開における注目ポイントは何か。(2015/10/13)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

「ソフトだからこそハードウエアベンダーが必要」:
デル、NexentaStorベースのストレージアプライアンスを国内で本格展開
デルは2015年8月4日、ZFSを起源とするオープンソースベースのストレージソフトウエア「NexentaStor(ネクセンタストア)」を「Dell PowerEdge」の第13世代サーバーと組み合わせた「Dell-Nexentaストレージ・アプライアンス NDシリーズ(NDシリーズ)」を販売開始したと発表した。(2015/8/5)

EqualLogicからTintriへリプレース
バッチ処理時間が8分の1に短縮しただけではない、ハイブリッドフラッシュの利点
マネージドサービスプロバイダーのAmatisは、8時間もかかるバッチ処理のためにさまざまな問題を抱えていた。そこで同社はEqualLogicからTintriのハイブリッドフラッシュアレイに交換。その結果は?(2015/3/12)

PR:「時代はハードウェアからソフトウェアへ」ITとビジネスの新定義を具現化する戦略とテクノロジとは
米EMCは年次イベント「EMC World」で、自らのビジネスモデルを新定義することを通して、あらゆる企業がITとビジネスを新定義していくことの重要性を強調するとともに、新定義を具現化するテクノロジ群を発表した。(2014/5/26)

月額課金も用意:
デルのVDIシステム、中堅・中小企業への導入を狙う
デルは、中堅・中小規模の企業への導入を狙ったVDIシステム「Dell Active System BRS for VDI」の販売を開始すると発表した。小規模向けに月額課金で利用可能なメニューも用意した。(2013/10/30)

デル、IaaSの高速実装を可能にするActive Infrastructureを発表
テンプレートによって異種混在環境のデータセンターでインフラ構成を短時間に展開できるソフトウェアと、デルのハードウェアを組み合わせたパッケージシステム製品などを提供する。(2013/7/2)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

シリーズ2:
PR:仮想化だからできるアップタイム最大化        〜DR・BCP対策で業務・ビジネスを止めない施策
仮想化・クラウド時代のIT戦略と企業経営戦略:ITのためのテクノロジーからビジネスのためのITへ(2013/4/23)

アンケート回答でAmazonギフト券が当たる!:
PR:サーバ管理の”困った”を解消!――かゆいところに手が届くDellのソリューションとは
新年度、突然サーバ管理の仕事を振られた総務スタッフのマコトくん。初めての業務に戸惑うものの、相談できる人もいなくて困った! マコトくんのピンチを助けてくれたのは? Amazonギフト券3000円相当が当たるアンケート、実施中!(2013/4/22)

シリーズ1:
PR:改めて問う仮想化の効能、課題、解決方法       〜仮想化A to Z〜
仮想化・クラウド時代のIT戦略と企業経営戦略:ITのためのテクノロジーからビジネスのためのITへ(2013/4/10)

デル、バックアップアプライアンスの新製品 拡張性と重複排除を強化
デルは、最大15分の1までストレージ使用量を圧縮できるという重複排除技術を備えたバックアップアプライアンス製品「Dell DR4100」を発売する。(2013/2/21)

3Uサイズ1台で1000の仮想デスクトップを稼働:
ティントリは、やはり「仮想化専用」ストレージだった
ストレージ製品「VMstore」を展開しているティントリジャパンは2月6日、2013年の事業戦略を説明した。管理自動化を実現した「仮想化専用」ストレージの認知度向上を図るとともに、顧客に対するサポートを充実させていくという。(2013/2/8)

2013年新春特集「負けない力」:
顧客との直接対話が最大の価値をもたらす デル・郡社長
ソリューションプロバイダーとしての地位確立を目指すデル。日本法人社長に国内での取り組みなどを聞いた。(2013/1/31)

Dell Worldで強力にプッシュ:
米デル、統合仮想化インフラ製品がハード事業の軸に
米デルは12月第3週に米テキサス州オースティンで開催した「Dell World」で、統合仮想化インフラ製品「Active System」を紹介した。こうした製品が、デルのサーバ、ストレージ、ネットワーク製品ビジネスの軸になっていくという。(2012/12/14)

“もうITコンポーネントベンダではない”:
100億ドルの投資を基に、「明日のHP」を目指すデル
デルが米テキサス州オースティンで開催中のカンファレンス「Dell World」の基調講演で、同社会長兼CEOのマイケル・デル氏は、企業向けIT総合ベンダとして自社を確立するために全力で取り組んできたことを強調した。(2012/12/13)

SMB向けストレージ製品紹介:イメーション
RDX搭載でバックアップまで1台で解決するNAS「Data Appliance T5R」
SMB企業におけるNASの採用が増えている。また、バックアップ対策をより少ないコストで実現したいという声も多い。イメーションはRDXカートリッジを活用するバックアップ機能を備えたNAS製品を提供する。(2012/9/21)

デル、ストレージの新ソリューション群を発表
EqualLogicのブレードアレイモデルやこれを活用したデータセンター向けシステム、運用を支援するソフトウェアの最新版などを提供する。(2012/9/12)

トップインタビュー:
「Dellは変化の真っただ中にいる」――プレジデント兼最高商務責任者のフェリス氏に聞く
PCメーカーからソリューションプロバイダーとしての立場を固めつつあるDell。同社プレジデント兼最高商務責任者のスティーブ・フェリス氏とデル社長の郡信一郎氏に法人ビジネスへの取り組みを聞いた。(2012/9/3)

ホワイトペーパーレビュー
デスクトップ仮想化の性能を検証した3つのホワイトペーパー
いつでもどこでも、どの端末からでも仕事ができる技術として注目を集めるデスクトップ仮想化。本稿では、デスクトップ仮想化製品の性能を比較・検証したホワイトペーパーを紹介する。(2012/8/21)

デル、サーバ同士とToRをつなぐ40GbE対応ブレードスイッチ発売
ブレードサーバ「Dell PowerEdge 1000」向けの10/40ギガビット対応スイッチとなる。(2012/7/26)

デル、高性能化と小型化を図ったストレージコントローラ発売
ユニファイドストレージの新製品「Dell Compellent SC8000」を発売した。(2012/7/9)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(後)
1GbEでも十分なスループットを提供するiSCSI SANの先進機能
ファイバーチャネルや10GbEを用意しなくても、iSCSI SANのストレージ連携機能はパフォーマンス、運用コストの両面で顧客ニーズを満たすことが可能だ。採用企業の声を紹介する。(2012/7/2)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(前)
10GbEとサーバ仮想化の普及が追い風となったiSCSI SAN
登場から10年がたつ「iSCSI SAN」。当初の懸念を払拭し、より大規模な企業でも採用されるようになった理由は一体どこにあるのだろうか?(2012/6/28)

ホワイトペーパー:
EqualLogic FS7500 ネットワーク接続ストレージ上でのOracle RAC データベースの導入ガイド
本書では、NFS 共有を使用してEqualLogic FS7500 上でOracle Database 11g R2 Real Application Clusters(RAC)環境を構成および導入する手順と、FS7500 ベースのOracleソリューションのパフォーマンスが、ブロックベースのiSCSI ストレージに匹敵することを実証したラボテスト結果を紹介する。(2012/6/22)

SMB向けストレージ製品紹介:デル
ポートフォリオの拡充を進めるデルのSMB向け「Dell EqualLogic」シリーズ
近年、デルはストレージ分野への積極的な投資により、製品ポートフォリオを急速に拡充させている。独自のストレージ技術や製品ラインアップの拡充を重要な戦略と位置付けている同社のSMB向けストレージを紹介する。(2012/6/15)

ホワイトペーパー:
ファイル共有の常識を覆す スケールアウト型NASソリューション
従来のファイル共有の限界を突破したデルのEqualLogic FS7500/PowerVault NX3500統合NASソリューションと、エントリー向けに低コストで簡単に導入できるPowerVault NX200/300を紹介する。(2012/5/11)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-V環境のストレージ運用に役立つ3つのホワイトペーパー
本稿では、ハイパーバイザーの1つである「Windows Server 2008 Hyper-V」環境におけるストレージ運用を記載した3つのコンテンツを紹介する。(2012/4/25)

地域医療連携ソリューション紹介:デル
「医療機関のIT化の相談役」から地域医療連携に切り込むデル
ヘルスケア/ライフサイエンス市場における世界有数のサービスプロバイダーであるデル。そのノウハウを日本国内にも展開し、既存の医療システムの高度化と合わせて地域医療連携を支援する。(2012/4/24)

デル、EqualLogicの新シリーズを発売――10GbE対応を強化
EqualLogic PS6110シリーズおよびPS4110シリーズを発売し、小規模から大規模までのシステム環境に対応する。(2012/3/1)

サーバ統合の次を見据えた画期的な新機能:
PR:デルが提供するユニークなプラットフォームで仮想化環境を強化する
仮想化を用いたサーバ統合やクラウド化が進む中、事業の継続性を実現するディザスタリカバリやマルチデバイス対応のための仮想デスクトップ基盤など、仮想化のさらなる活用に注目が集まっている。デルは、業界標準技術をベースにしたユニークなプラットフォームによって、効率的な仮想化環境の構築に取り組んでいる。(2012/2/6)

ホワイトペーパー:
中堅・中小企業のストレージ選びに役立つスペックシート最新版
日々増加するデータ容量の課題を解決すべく、新ストレージ導入を検討する企業へ。本資料は、iSCSIストレージの新製品を含む計11モデルの製品情報をまとめている。製品比較時にお役立ていただきたい。(2012/1/18)

ホワイトペーパー:
サーバ仮想化導入を専門家がワンストップで支援 〜中堅・中小企業の仮想化導入を容易に〜
Hyper-V R2の仮想技術導入を検討する企業に朗報! 中堅・中小企業に最適なサーバ、ストレージ、仮想技術を組み合わせた短期・低予算で導入可能なソリューションを提案する。(2012/1/12)

ホワイトペーパーレビュー
2011年、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーは? 〜ベスト10発表
仮想化に関するホワイトペーパーの中から、2011年にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。上位にはサーバ仮想化の導入・構築、運用管理に関するホワイトペーパーがランクインしている。(2012/1/10)

加速するSAP基盤の仮想化、クラウド導入も視野に
【事例】眼鏡のHOYA、グローバル化に向けてSAP基盤を仮想化
クリティカルな基幹システムを仮想化基盤に移行させる企業も増えているようだ。SAPシステムをVMware製品に適用した際のベンチマークテスト結果、VMware vSphereを使った国内企業のSAP基盤仮想化事例を紹介する。(2011/12/5)

SMB市場にも進出するSSD
約70%の企業がSSD採用を進めている理由
500社余りの企業を対象とした調査によると、企業規模を問わず比較的高価な技術であるSSDへの関心が高いことが分かった。その背景にはストレージのパフォーマンス問題があるようだ。(2011/11/21)

ホワイトペーパーレビュー
企業向けSSDの導入メリットを紹介した3つのホワイトペーパー
企業がSSDを導入した場合のメリットとは? また、導入する際に注意すべきポイントとは? 本稿では、企業ストレージへのSSD導入を解説したホワイトペーパーを紹介する。(2011/11/2)

ホワイトペーパー:
ラボ検証レポート Dell EqualLogic TCO 分析 Equallogic 仮想化iSCSI ストレージの経済性
拡張性に優れたEqualLogic iSCSIストレージ・ソリューションの経済的優位性を、従来のDAS、FC SAN、マルチプロトコル・ソリューション(FCやiSCSI、NAS接続を提供するシステム)と比較して分析する(提供:デル)。(2011/9/15)

iSCSIストレージ市場をけん引するデル
小規模な企業システムにも最適な“イチオシ”ストレージEqualLogic最新モデル
多くの企業から高い評価を得ているデルのiSCSIストレージEqualLogicに、大幅に機能強化した新製品が登場。中堅・中小企業にも最適な柔軟性はそのままに、増大するストレージ課題を解決する各種機能と管理性が強化された。(2011/9/5)

デルがEqualLogicの新製品を発表、ストレージの拡張性を向上
EqualLogicの新製品3モデルと最新版ファームウェアをリリースした。(2011/8/25)

ホワイトペーパー:
徹底検証!! ディスクI/Oから見たデスクトップ仮想化のテスト結果を公開−VMware View編
デスクトップ仮想化(VDI)導入でストレージサイジングは重要なポイントの一つです。お客様自身による実機を利用した検証が困難なストレージ筺体ごとのデスクトップ統合率を計測したホワイトペーパーをご紹介します(提供:デル)。(2011/8/18)

「箱売りから卒業」 仮想化とクラウドに軸足を移すDell
Dellの法人ビジネスの戦略について、同社担当者は「ソリューション展開に必要な体制が整った」と語っている。(2011/7/29)

ノベルがパートナー3社とDR検証プロジェクトを実施
「PlateSpin Forge」を活用したディザスタリカバリ検証プロジェクトをノベルが実施した。(2011/7/29)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:デル
データ管理を自動最適化するストレージ「Dell Compellent」
ストレージにおけるデータ階層化が注目を集めている。その背景には、近年多くの企業が抱えるデータ管理の課題がある。そうした課題を解決するストレージとして、デルが2011年に提供開始した製品を紹介する。(2011/7/13)

SMB向けストレージ製品紹介
年々増大するデータの管理と運用が企業の大きな足かせとなっている。この連載では、特に「人」「予算」「スキル」が限られているSMB企業の問題を解決するストレージを取り上げる。(2011/6/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。