ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「彼岸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「彼岸」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“安易ではないスピンオフ”はどう作られるのか 『1日外出録ハンチョウ』×『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』担当に聞いた
より面白いマンガが世に出てくることを切に……切に願うばかりである……!(2019/4/21)

春分と秋分は祝日なのに、夏至と冬至は祝日にならない理由
夏と冬がかわいそう……。(2019/4/14)

卒塔婆がスーパーでカジュアルに売ってる!? 静岡県東部の習慣に戸惑う人・共感する人
地元からは「当たり前すぎて、全国区じゃないとは知らなかった」といった声も。(2018/11/14)

ゲームの主人公は本当に「絶対的な正義」なのか? 「MOTHER2/3」のポーキーが問う”善悪の彼岸”
最高に意地悪で、最高に優しいRPG。(2018/10/4)

「波平と出川哲朗さんは同い年」:
「カツオは将来、社長になる」 サザエさん好きの慶大名誉教授と考える、磯野家の未来
かつてのベストセラー「サザエさん」のトリビア本「磯野家の謎」の続編が四半世紀ぶりに出版された。著者は慶應義塾大学 名誉教授の岩松研吉郎さん(74)らのグループ。数十年にわたって同作品を愛し続ける岩松さんに、書籍を通じて現代人に伝えたいことを語ってもらった。(2018/9/5)

韓国映画は歴史から逃げない 「新感染」監督が放つNetflix映画「サイコキネシス-念力-」と「龍山惨事」
現実の事件を背景に持つ骨太の映画。(2018/5/10)

5月2日は「緑茶の日」 夏も近づく「八十八夜」ってどんな日?
何から数えて八十八夜?(2018/5/2)

「怖すぎ」「心臓止まる」 親の車のフロントガラスを雪の“能面”で埋め尽くした結果がトラウマレベル
きゃああああぁぁぁ!(2018/2/7)

豚汁食べ放題かな? 全キャラ石田彰の「3分で分かる彼岸島」が壮大な勘違いを生みそう
豚汁が重要な作品ではありません!(2018/1/24)

ねとらぼレビュー:
「新感染」監督が問う善悪の彼岸 映画「我は神なり」
心の深部を揺さぶる一作。(2017/10/25)

京都でお寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」が開催へ 説法ラップバトルも展開するドープな“寺主制作映画”を上映
ローカルなお寺による自主制作映画が上映されます。(2017/9/25)

PR:『アカギ』が始まってもう25年だと……? 漫画の発売年で歴史を振り返る「まんがの大博覧会」が思い出の宝箱
漫画の歴史をジャンルごとに年表に。(2017/7/18)

ヤッターワンのモニュメントが稲城に登場だワン! 山寺宏一、大河原邦男らが勝利のポーズで祝福
大河原邦男さんのお気に入りのヤッターメカは意外なあのキャラ。(2017/4/23)

無茶しやがって…… アニメ「彼岸島X」最終話で山寺宏一さんが全50キャラクターを演じる
なんという無茶ぶり……!(2017/3/25)

赤と黒のコントラストがもたらす美しさ! 女性もハマる「御朱印集め」の楽しさとは
「御朱印ガール」という呼び名もあるそう。(2017/2/2)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「彼岸と此岸を行き来」「結界を越える」 意外にファンタジーな獅子舞の世界
この時期に赤と緑のカラーリングと言えば獅子舞しかないですね。一択です。(2016/12/25)

21日掲載の「彼岸島」が神回 ケーブルカーに丸太をくくりつけ吸血鬼を一掃する爽快丸太アクションがさく裂
いい感じの丸太が転がっている島。(2016/11/25)

「きさま、みているニャ……?」 コタツの中に潜む深淵が撮影される
日常の風景を異界へと変貌させるひと手間があるというわけよ。(2016/11/24)

オバケ? 妖精? りゅうちぇるがTwitterに投稿した写真が“ガチの心霊写真”と話題に
これはアカンやつや……。(2016/11/17)

PR:創業66年「質屋おぢさん」のWebサイトを“デザイン素人”がBiNDでリニューアル! まさかの「今風オウンドメディア」に!?
(2016/10/31)

「彼岸島にはすべてがある」 “リアル・ヴァンパイア”栗原類と柳ゆり菜のコンビ、映画のできにハァハァ?
「雅は今でも僕とは真逆のような存在」と語る栗原類さん。またもねとらぼの取材に答えてくれました。(2016/10/13)

行くぞォ!! 「彼岸島」師匠のお面製造現場にアーティスト・PALUと行ってみた
みんな、丸太は持ったな!(2016/10/12)

「彼岸島」のLINEスタンプが登場 「丸太」「ハァハァ」など名シーンだらけじゃねェかちくしょう!
でかした!(2016/10/6)

家庭用マッチの国内最大手が撤退 「桃」「燕」「象」などの商標を譲渡
事業の縮小により現在は淡路工場での製造を残すのみとなっていました。(2016/9/28)

「桃」「燕」「象」のマッチ最大手が撤退 製造機が老朽化
「桃」「燕」「象」などの箱で知られる家庭用マッチのメーカーが撤退。(2016/9/28)

週刊「調査のチカラ」:
天皇陛下の「お気持ち表明」、Twitterで主に反応したのは20代男性
天皇陛下の「お気持ち表明」にリオデジャネイロオリンピック開幕など、旬の話題にまつわる調査データをピックアップしてご紹介します。(2016/8/13)

「映画だからこそ」がある 白石隼也×栗原類が語る「彼岸島 デラックス」はここがすごい!
10月公開の映画「彼岸島 デラックス」から主人公・明を演じる白石隼也さんと、明の最大の敵・雅を演じた栗原類さんにお話を聞きました。(2016/8/19)

ポケモンサン・ムーンでナッシーのとんでもない新形態が公開され一瞬でクソコラグランプリが開催される事態に
魔境・アローラ。(2016/8/2)

悪ふざけが始まった…… 彼岸島公式、“松本光司先生サイン入り丸太”が賞品の謎大会「丸太杯」を開催
ファンに丸太を送りつける公式(病気)。(2016/7/22)

ついに師匠が! 丸太が! 「彼岸島 デラックス」予告映像“師匠編”が解禁に
声優は石橋蓮司!(2016/7/6)

なんでハァハァ推しなんだちくしょう! 映画「彼岸島」正式タイトルは「彼岸島 デラックス」に決定
10月15日より公開予定。(2016/5/18)

ネット死語:削除動画をしのぶ「お墓参り」
(2016/3/13)

山形県の金山町が30万円のふるさと納税で“丸太”を配布中 みんな丸太は持ったな!!
彼岸島へ行く際は手に入れておきたい。(2016/2/23)

青年向けだこれ! マンガアプリ「comico PLUS」がリリース
comicoから移行する9作品のほか、35のオリジナル作品を加えた44作品でスタート。「レンタル券」を使用した作品閲覧システムも。(2015/12/17)

師匠も丸太を持って参戦! 「彼岸島」が新ドラマ化&実写映画化! 
主演は同じく白石隼也さん、鈴木亮平さん。(2015/11/30)

沖縄で30度超え、連続真夏日 関東でも遅い夏日に
沖縄では昨日に続き気温が30度超え。関東も4年ぶりに遅い時期の夏日となりました。(2015/11/17)

あのキャラに花束を:
サイコホラーだこれェ! 「がっこうぐらし!」がゆるふわ学園モノだと思っていた時期が私にもありました【PR】
ここには夢がちゃんとある?(2015/8/17)

2015年の「入梅」は6月11日 「梅雨入り」との違いは?
暦の上では今年の「入梅」は6月11日だそう。「梅雨入り」との違いはあるのでしょうか。(2015/6/11)

「完結マンガ大賞2014」が決定、1位は新章もスタートしたあの人気作
2014年に完結した漫画から読者投票で選ぶ「完結マンガ大賞2014」が決定。ノミネート21作品から上位10位が発表となった。(2014/12/16)

12時間限定! ニコニコで『彼岸島 最後の47日間』の全16巻読み放題がスタート
伝説の丸太回も読めるぞ!(2014/12/4)

みんな丸太は持ったな! 「彼岸島 最後の47日間」全16巻がニコニコ静画で12時間限定無料読み放題
「あったよ! 読み放題が!」「でかした!」(2014/12/1)

ご一緒に“おでん”いかがですか:
気温の変化で、コンビニではどんなモノが売れるのか
ほとんどの人は「暑くなったのでアイスを食べたいなあ」「寒くなってきたのでおでんを食べたいなあ」と感じると思うが、気温の変化によってコンビニの売れ筋は変わるのだろうか。(2014/10/7)

北海道旭岳で初冠雪 関東は真夏日
北ではもう雪が。(2014/9/16)

ペットボトルをゴミ箱にシュゥゥゥーッ! 講談社のキャンペーン動画がいろいろとおかしい
『ヤングマガジン』『ベストカー』が共同で、単行本や自動車などが当たるプレゼントキャンペーンをスタート。キャンペーン動画も公開中だが、内容がちょっとおかしなことになっている。(2014/9/8)

妻の3人に1人は「夫とは別の墓に入りたい」
「夏」といえば、故郷に帰省してお墓参りに行く人も多いだろうが、自分のお墓を準備している人はどのくらいいるのだろうか。40〜60代の男女に聞いた。アイリックコーポレーション調べ。(2014/8/15)

『進撃の巨人』も『東京喰種』も:
人気のマンガを毎日更新、「LINE マンガ連載」がスタート
約100作品を掲載。各作品の詳細ページでは、早くも次週の更新を待ちわびるコメントも。(2014/8/13)

平成生まれの「ゆとり」女子、30年前のマナー本を読んでみました
現代とは違う30年前のマナー。そのマナーをあえて知ることで見えてくることもあるかもしれません。1984年発行の、『礼儀作法 これだけ知っていれば十分』の内容を紹介します。(2014/6/3)

結局、飯野賢治は何を遺(のこ)したのか? 「飯野賢治とWarp展」5月17日まで開催中
飯田和敏氏による「ゲーム菩薩」パフォーマンスも。(2014/5/1)

『聖☆おにいさん』お坊さんの感想は?
書籍『お坊さんが教える「悟り」入門』で、わたしたちの身近な悩みに対して現職のお坊さんならではの答えを示してくれる長谷川俊道さん。今回はご本人にお話をうかがいました。(2014/4/30)

林信行氏オススメの展示イベント:
最先端のテクノロジーが作り出す風景
プロジェクションマッピングからデジタルアート、医療の歴史、新版画まで、春休みに必ず見ておきたい注目展示を林信行氏が一挙紹介。(2014/3/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。