ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お寺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お寺」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

彼氏が化け物の姿になってもポジティブ! 世間体を気にしないカップル漫画に心が浄化される
類は友を呼ぶとはこのことか?(2019/7/16)

7時間で100万円も……大手企業、クラウドファンディングで資金調達のわけ
食品や日用品の大手メーカーが、インターネット上で不特定多数の人から事業資金を募る「クラウドファンディング」の活用を本格化させている。大手企業が積極化させている背景には、詳細なデータ収集によるマーケティング(市場調査)への期待がある。(2019/7/10)

「驕れる者は久しからずやで」 初夏に「そうだ 京都、行こう」と誘われたのでアートと地ビールをまったり堪能してきた
あざやか新緑と「モッフモフ」な苔!! 嵐電・嵐山駅名物の駅構内ビアガーデンも始まっていました。【写真46枚】(2019/7/3)

御朱印帳がかわいい 京急に乗って神社巡り「夏詣」はいかが?
御朱印を受けてもらえる特典も。(2019/6/26)

葬儀市場の追い風:
伸びる「終活」 年平均26%成長の鎌倉新書のヒミツとは
継続的に二桁成長を続け、直近では売上高46%増を果たしている鎌倉新書。都市化、ネット利用者の拡大、高齢者比率増大など、さまざまなトレンドが追い風となっている同社の終活関連事業だが、今後の展開はどこか。清水祐孝社長に聞いた。(2019/6/18)

「ワンピース」「NARUTO」「ナウシカ」新作歌舞伎に 漫画やアニメ原作、続々 その背景は?
世界的に親しまれている日本の漫画やアニメが相次いで新作歌舞伎になり、若者を中心に新たなファン層を獲得している。「ワンピース」「NARUTO−ナルト−」「風の谷のナウシカ」も歌舞伎化。インバウンドや海外公演も視野に入れた展開に、歌舞伎の「世界戦略」も透けてみえる。(2019/6/17)

お坊さんのIT活用を考えるイベント「テラテク!」開催 「誰も私たちの課題を解決してくれない」
freeeがお坊さんのためのIT活用イベント「テラテク!」を開催した。(2019/6/13)

台風被害から復旧中の世界遺産「醍醐寺」、クラウドファンディングを開始 お返しは限定の御朱印帳など
第一期は7月30日まで。お寺ならではリターンが魅力。(2019/6/13)

聖徳太子ゆかりの寺に「ギャグマンガ日和」のダンボール迷路が爆誕 四天王寺にコラボの経緯を聞いてみた
「本家」の太子とジャージの太子がまさかのコラボ。(2019/6/7)

「SFみたい」「カッコいい」――ネットで反響“球体ドローン”、生みの親が貫く信念
丸いボディーに映像を表示しながら飛行できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」、プロペラがなくても空を飛べる「羽根がないドローン」など、球体のドローンを手掛けてきたのが、NTTドコモの山田渉さんだ。山田さんは「SFをサイエンスにする」をモットーに掲げ、モノづくりに取り組んできた。そんな山田さんに、ドローン開発にかける思いやこだわりを聞いた。(2019/5/22)

小さな子猫からムチムチな大人ネコに! 3年越しに同じ場所で撮影されたご近所ネコの成長っぷりにビックリ
立派に成長していました。(2019/5/20)

動画の世紀:
ノートルダム大聖堂火災と9.11と陰謀論
パリのノートルダム大聖堂で起きた火災は、YouTubeで大きな騒動となった。9.11と結びつけた陰謀論である。(2019/5/7)

キーワードは:
外国人観光客を意識したホテルが相次ぐ、キーワードは?
平成30年の訪日外国人観光客数は3000万人を突破し、今後も堅調に推移する見通しだ。これに伴い都内や地方都市では、外国人観光客を意識したホテルの開発が相次いでいる。キーワードは地域文化の発信だ。(2019/5/1)

列車の中に枯山水!? ネットで話題、京都を走る阪急電鉄のすごい和モダン列車の正体とは
阪急電鉄の新型列車が「旅館みたい」「凄すぎる」と話題に。(2019/4/24)

呪われてるだけだよ! 大量の女性霊に憑かれてモテ期を噛みしめる漫画 ポジティブぶりがかわいい
ポジティブとは時として鈍感と表裏一体。(2019/4/19)

ノートルダム大聖堂が登場するゲーム「アサシンクリード ユニティ」PC版が無料配布 メーカーは再建費用の寄付も
ありし日の寺院をゲーム内で観光。(2019/4/18)

YouTube、ノートルダム寺院火災中継の“関連情報”に9.11のWikipedia アルゴリズム誤動作で
ノートルダム大聖堂の火災のライブストリームの関連情報として、YouTubeが9.11同時多発テロのWikipediaを表示し、物議を醸した。米国で提供している「情報パネル」のアルゴリズムの誤動作だったとして、現在は無効になっている。(2019/4/16)

SNSで人気の犬アカウント「がくこ」の写真集が登場 豊かすぎる表情と激しすぎるじゃれあいがクセになる
「魔除け札」が付いた限定版もあります。(2019/3/30)

そのスマホ、形見になる? 供養される? 第3回「デジタル遺品を考えるシンポジウム」レポート
故人のデジタルデータはどう扱うべきだろうか。(2019/3/21)

大和ハウスが目指す、IoTやAIを活用した居住者の健康促進を図る「スマートウェルネスシティー」
大和ハウス工業が、神奈川県藤沢市で街びらきを執り行った「セキュレアシティ藤沢 翼の丘」では、入居者の健康や住みやすい居住性を考慮し、IoTやAIを採り入れ、スマートウェルネスシティーの実現を目指している。(2019/3/18)

日中メディアから批判受け?:
日本でお花見したい中国人客、実はマナーを気にするように? SNS分析で判明
中国人訪日客に人気の「お花見」。彼らがマナーについて強く気にしているというデータが。中国向けSNSなどのつぶやきから分析した。(2019/3/12)

こういうのを待っていた! お城の御朱印の収集が捗りそうな「ポケット御城印帳」の制作サービスが開始
「御城印をどう管理するか問題」に悩んでいた人に朗報。(2019/3/1)

「国宝王国」の新たなコンテンツは“かき氷”:
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛ける理由
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/2/22)

「忍耐・協力・礼節」だけでは何も変わらない:
「組織の中で我慢」を強いる教育とは決別せよ
「固定担任制」廃止、宿題も廃止――。公立とは思えない改革を続けている麹町中学校の工藤勇一校長と、働き方改革の先頭を走るサイボウズの青野慶久社長に、これからのあるべき教育の姿や組織論を語ってもらった。(2019/2/18)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 何もないと言われた【国府津】には、祖父の思い出と「穴」があった
「国府津は何もねえよ」(2019/2/16)

ハイレベルなもてなし:
会員制ラウンジや超高級ツアー…… “エグゼなシニア”向けサービスが活況なワケ
高齢化の進行に伴って拡大するシニア市場で、豊かな資産のある“エグゼクティブ”なシニアが注目されている。現役で仕事を続けている企業の経営者や役員、医師、また弁護士や会計士などの士業が多い。多忙な毎日を送り、日常的にハイレベルなもてなしにも慣れている彼らが、今選んでいるのはどのようなサービスだろうか。(加藤聖子)(2019/2/14)

まるでリアル「千と千尋」 ランタンに彩られた長崎電気軌道の車窓にうっとり
そのまま別世界へ行ってしまいそう。(2019/2/5)

なんちゅう皿を作ってくれたんや…… 『美味しんぼ』京極が四万十川の鮎で号泣する至高の皿がワンフェスに登場
これに比べると鮎をぶっさせる機構のない皿はカスや。(2019/2/5)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 終点でよく見る【籠原】には優しさがあふれていた
知らない街を歩いてみたい。(2019/2/3)

にゃんにゃんにゃん! 2月22日の「猫の日」を記念してアニマルプラネットが猫ちゃん特集を1カ月展開
大小にゃんこの番組が盛りだくさん!(2019/1/23)

Googleマップの佐賀駅がなぜかインド北部に 「ニューデリーから車で4時間」「インドランド佐賀」
おかげで経路検索ができません。【追記】(2019/1/20)

タイムアウト東京のオススメ:
金運アップは神頼みする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/1/16)

除夜の鐘はなぜ108回鳴らすのか?
キリが悪いじゃない。(2019/1/10)

初詣にいかが? 旅好きが選ぶ神社仏閣ランキング、初登場は14社
1位と2位はいつもの「伊勢神宮」と「高野山」。(2018/12/30)

コナミのゲーム音楽がAmazonのサービスで配信開始 「メタルギア」「サイレントヒル」「幻想水滸伝」など
定額制音楽配信サービスで初の解禁。Amazon Music Unlimitedではアルバム117タイトル、prime musicでも30曲が聞けます。(2018/12/27)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
じっくり写真を撮りたい人に ちょっと大きめ中判デジカメ、富士フイルム「GFX 50R」
フルサイズよりデカい「スーパーフルフレームセンサー」を搭載したGFXシリーズ第2弾「GFX 50R」を使ってみよう。大きなセンサーがもたらす高画質を堪能できる。(2018/12/27)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(後編)
幾つもの事件を経験したCSIRTに、出会いと別れの季節がやってきた。引退や成長を経験するメンバーの姿を見守りながら、メイの率いる新生チームは、今日もインシデントに挑む――。CSIRT小説「側線」、最終話。(2018/12/21)

ここが変だよ、日本の「働き方改革」:
“ワクワク”働けない日本の働き方改革に欠落している「QoW」とは?
モノもサービスも、実際に欲しい、買いたいと思ってもらえるようにするためには提供する側の高いモチベーションが欠かせないということだ。では、そのモチベーションはどこから来るのかというと……。(2018/12/18)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」にサイバー攻撃を仕掛けた犯人の逮捕劇が終わり、CSIRTを取り巻く状況は変わり始める。メンバーの成長や別れを前にしたチームは、新たな一歩を踏み出す時を迎えた。(2018/12/14)

PR:地方でのテレワークはメリットしかない! ブイキューブの本部長が語る活用の心得とは?
「働き方改革」の掛け声の下、近年になりテレワークが脚光を浴びている。そのためのWeb会議システムにおいて11年連続で国内シェアトップを走るブイキューブは、現場を統括する管理職の地方でのテレワークも積極的に推進している。岐阜県郡上市でテレワークを体験したブイキューブ マーケティング本部本部長の佐藤岳氏に、「ITmedia ビジネスオンライン」の副編集長で、働き方改革などをテーマにした新メディアブランド「#SHIFT」を立ち上げた伏見学が、地方での実体験に基づくテレワークへの本音を聞いた。(2018/12/5)

ヘソ天寝落ちが無防備かわいい! ハイキングをはりきりすぎて寝落ちしたワンコに癒やされる
全開のヘソ天寝落ち。(2018/11/25)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(後編)
インシデント対応をいっとき離れ、温泉に繰り出したCSIRT。湯船で気分がほぐれたのか、コワモテに見えたメンバーたちが、普段は見せない仕事の本音や弱音を打ち明け始める。その中身とは一体……?(2018/11/16)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(前編)
白熱する捜査を一瞬離れ、温泉に繰り出すことになった「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT一行。温泉街を探検するうち、ふとした話から明らかになったメンバーの意外な過去、そしてあるメンバーの語る「お寺のDX」とは一体……?(2018/11/9)

相撲女子を首ったけに:
「諦めなければ夢はかなう」 豊ノ島との友情が生んだ相撲雑誌
相撲雑誌「TSUNA」が人気だ。編集長は友人の豊ノ島の雄姿に突き動かされ創刊を決めた。独学で「相撲トリビア」を詰め込んだ入門誌を発行し続けた。(2018/11/5)

晴海再開発の名称「HARUMI FLAG」に決定:
五輪選手村跡地の再開発全容、東京の“どまんなか”に5632戸・人口1.2万人の街が誕生
東京・晴海五丁目西地区で、東京オリンピック・パラリンピック大会の選手村跡地を活用する再開発計画の事業名称が「HARUMI FLAG(ハルミ・フラッグ)」に決定した。東京湾に面した都心中央部の広大な敷地13ha(ヘクタール)に、5632戸の分譲・賃貸住宅と商業施設の計24棟を建設し、計画人口1万2000人の新たな街が誕生する。(2018/11/2)

ガチャを引いてお悩み供養!? IT住職がプロジェクションマッピングで煩悩を払う法要が開催
町屋光明寺で、ユニークで幻想的な法要が開催されます。(2018/11/2)

PR:手塚治虫の全400冊が3日間限定で無料読み放題! 全部読み切れるわけがないのでオススメ作品を選んでみた
人間が72時間で400冊読み切ろうなんておこがましいとは思わんかね……。(2018/11/2)

お寺の掲示板がハロウィーンチックに!? 住職「違います“HAPPY HOWRIN(法輪)”です。仏の教えです」
10月31日に住職へ「ハッピー法輪」と言うとお菓子がもらえ……う〜ん、偶然にもハロウィーンと似た催しが(ぼうよみ)。(2018/10/29)

悩める人に寄り添う仏教目指す:
「火渡修行」にビジネス街での瞑想会 シリコンバレーのエリート社員が仏門に転じた理由
順調だった外資系会計事務所の職を捨て仏門に転じた人がいる。ビジネス街での瞑想イベントや子ども向けの“寺子屋”活動などに精力的に取り組んでいる。(2018/10/29)

盗撮の意味、知っていますか? 『アサヒカメラ』、スナップ写真の撮影・公開における法的な注意点を徹底解説
肖像権や著作権、プライバシー権など、トラブルを招きやすいポイントを弁護士が解説。(2018/10/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。