ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「駆除」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「駆除」に関する情報が集まったページです。

「この虫の名は?」すぐ解決 20万匹の害虫画像を学習した、駆除を支える「クラウド×AI」がスゴい
大阪に拠点を置く、害虫駆除機器の専門商社「環境機器」が、害虫の画像を自動で取得し、名前を判定するサービス「Pest Vision」を開発。画像は、Amazon Web Services上に構築したAIを使って分析している。環境機器の担当者に、その仕組みと精度について聞いた。(2019/7/5)

ヒアリ、ウイルス感染で「拒食症」に 駆除へ応用も
体調が優れないときには食欲がなく、脂っこいものより炭水化物を食べるのは、人間もヒアリも同じらしい。(2018/10/2)

苦情殺到:
野焼きは「違法」か 農地とニュータウン混在の自治体の悩み
農家が稲わらや刈り取った草を屋外で焼く「野焼き」。病害虫駆除の役割などを果たすとして古くから行われてきたが、平成13年改正の廃棄物処理法で「農業を営む上でやむを得ない場合」を除き、全面禁止になっている。ところが……(2018/9/15)

本番はこれから:
築地移転の裏で進む“ネズミ駆除大作戦” 都は粘着シートを4万枚準備
築地市場の関係者は豊洲への移転準備を進めているが、東京都は大量に生息しているネズミを駆除する準備を専門業者とともに進めている。これまでにない規模のネズミ駆除作戦の全貌を担当者に聞いた。(2018/9/14)

鳩がベランダに卵を生んだ! 放置は公害で駆除は罰金、2万払って業者を呼んだ話に「そんなお金かかるの!?」
お金はかかれど業者に任せるしかなし。(2018/7/9)

ダークなテイスト、動物の頭蓋骨と盆栽が融合した異色の「スカル盆栽」
獣害駆除された野生動物の頭骸骨を活用しています。(2018/6/3)

トイレの虫対策のやり方、教えて!
トイレに発生しやすいチョウバエ、紙魚(しみ)の駆除方法などをご紹介します。(2018/5/3)

@ITセキュリティセミナー2018.2:
インシデント調査後になってしまう「駆除」フェーズを早期化、自動化するには――ソフォス
2018年2月15日に大阪で開催された@ITセキュリティセミナーで、ソフォスは、同社が提唱する「シンクロナイズドセキュリティモデル」の挙動と効果を解説した。(2018/4/17)

自分でできる“本気のゴキブリ対策”のやり方、教えて!
徹底的に駆除する方法を解説します。(2018/3/22)

効果があるコウモリの駆除方法は?
住居内に住み着いたコウモリの駆除方法を解説します。(2017/9/20)

Tech TIPS:
Windows 10を初期化(リカバリー)する方法
Windows 10を搭載したPCにマルウェアが感染して、駆除が難しいような場合など、Windows 10を初期状態に戻さなければならないことがある。このような場合、Windows 10の[このPCを初期状態に戻す]機能を使うと、簡単に初期状態に戻すことができる。(2017/8/18)

Alphabet傘下のVerily、「デバッグプロジェクト」で2000万匹の不妊蚊を放す計画
Google系列の生命科学企業Verilyが、ジカ熱などのウイルスを媒介する蚊を駆除する「デバッグプロジェクト」の一環で、カリフォルニア州フレズノで20週にわたって総計2000万匹の不妊蚊を放す。(2017/7/15)

アース製薬が進化型対Gウェポンを発売 スキマに潜んだゴキブリを“見ないで”退治
ひと吹きで最長2週間、ヤツを巣ごと駆除するそうです。(2017/2/10)

PR:暗号化ソフトがマルウェア対策! どういうこと?
多数の日本企業に導入されている暗号化ソフトの「秘文」が、なんとマルウェア対策を実現したというのだ。「検知するの?」「駆除できるの?」――機密情報の漏えいを防ぐ「秘文」が手にした新たな情報保護のチカラを紹介する。(2016/9/26)

マルウェアによる迷惑なポップアップ広告に慌てない
「Microsoft Edge」がブラウザハイジャックに感染、サクッと駆除するには?
ブラウザがマルウェアに感染すると、偽のウイルス警告がポップアップ表示され、必要なWebサイトにアクセスできなくなる場合がある。しかし、この厄介なマルウェアを駆除する簡単な方法がある。(2016/9/1)

未知のマルウェア検知率、99%:
PR:“変化する脅威”はAIでブロック マルウェア対策ツール「プロテクトキャット」の実力は
IT資産管理と情報セキュリティ対策で定評あるエムオーテックスの「LanScope Cat」に、未知のマルウェアなどによる外部攻撃の検知・駆除・追跡を可能にした「プロテクトキャット」が登場した。10億個以上のファイルを学習した人工知能(AI)が守る新発想の対策とは、どのようなものか。(2016/8/29)

石破茂元防衛相が「シン・ゴジラ」に言及 「ゴジラに対する自衛隊の防衛出動は理解できない」
「害獣駆除として災害派遣で対処するのが法的には妥当」との見解。(2016/8/22)

Webサイトギャラリー:
ゴキブリ、コバエ、蚊に困っているなら「害虫駆除なんでも事典」
ゲーム「キャプテン・リブキゴの最期」では一体どのような結末が待っているのでしょうか。虫が苦手な人は注意です。(2016/6/7)

Facebook、テキスト内容を理解するディープラーニングエンジン「DeepText」
Facebookは、従来の自然言語処理ではなく、ディープラーニングのアプローチでテキストの内容を理解する人工知能エンジン「DeepText」を発表した。将来的にはニュースフィード上の表示優先順位やヘイトスピーチの迅速な駆除に活用したいとしている。(2016/6/2)

マルウェア対策のベストプラクティスを伝授
「ウイルス駆除にはHDDフォーマットがベスト」は本当に正しいのか?
クライアント端末のマルウェアを駆除する際、セキュリティチームは「感染を完全に排除できたか」をどのように判断すればいいのだろうか。マルウェア駆除の手順とベストプラクティスを説明する。(2016/5/24)

nicocafeでテラフォーマーズコラボ開催中 じょうじを再現した地獄みたいなカレーに震える
駆除したい。(2016/4/22)

頼もしすぎる! 映画「テラフォーマーズ」に害虫駆除界の覇王・アース製薬が特別協賛
テラフォーマーズ駆除にこれは大きな助っ人。(2016/3/18)

害虫駆除会社がゴキブリ供養のために作った「護鬼佛理天像」がかっこよすぎると話題に
つよそう。(2015/10/30)

鳩のフンまみれでひたすら「鳩に困ったら雨宮〜」と歌う鳩駆除会社のCMが狂気に満ちてると話題に
こいついつも鳩に困ってるな。(2015/4/22)

警視庁「ネットバンキングウイルス無力化作戦」 不正送金ウイルス感染端末を特定
不正送金ウイルスに感染した端末の利用者にウイルスの駆除を依頼しています。(2015/4/10)

国内ボット端末4万台強を特定、官民で掃討作成を展開
オンラインバンキングを狙うマルウェア「VAWTRAK」の駆除を目指した作戦が総務省や警視庁、テレコム・アイザックの連携で実施された。(2015/4/10)

塩の弾丸でハエを退治する害虫駆除ガン「バグアソルト」 前モデルより威力アップした「2.0」誕生
塩の量は減らしながら威力はアップ!(2015/2/13)

Maker's Voice:
ボットの不正通信を遮断する機能、セキュリティソフトに新たな流れ
マルウェアによるネットバンキング詐欺や情報漏えいなどの被害が増えていることから、セキュリティソフト側で不正な通信を遮断する機能をESETが搭載した。同社のウイルスラボ責任者は、「従来の検知や駆除に加え、被害抑止も必要」と話す。(2014/11/28)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(2):
生産ラインにマルウェアが侵入したらこんな感じで被害が生まれます
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。2回目となる今回は「不正プログラムによって生産ラインが止まった段階」から、「不正プログラムの特定、駆除」までを、「DOWNAD」という非常に多くの感染例がある不正プログラムを例に解説する。(2014/10/28)

上野公園でデング熱感染か 蚊の駆除と注意を呼びかける
土日のイベントなどご注意を。(2014/9/19)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(5):
オンラインで駆除できないマルウェアをオフラインでやっつける
Windows PCにマルウェア対策ソフトを入れることは、PCやデータを保護するための常識です。しかし、それで全てのマルウェアを排除できるとは限りません。すでに入り込んだマルウェアが、対策ソフトを欺きながらPCに居座り続けているかもしれませんよ。(2014/8/22)

Linuxサーバ2万5000台にマルウェアが感染、攻撃加担の実態も
感染したサーバ2万5000台のうち、1万台以上はいまだにマルウェアが駆除されていないという。(2014/3/20)

FAニュース:
トレンドマイクロ、集中管理機能を備えた閉鎖環境向けウイルス駆除ツール発売
トレンドマイクロは、スタンドアロン/クローズド環境向けウイルス検索・駆除ツールの新製品「Trend Micro Portable Security 2」を発売した。(2014/1/27)

蜂の巣駆除? いいえ花粉対策です――サンコーがUSB防護フード販売
花粉をシャットアウトする防護フードが登場。頭全体をすっぽりおおい、USBファンで新鮮な空気を送り込み快適に過ごせる……が、見た目がかなり強烈だ。(2014/1/23)

伊吹太歩の時事日想:
夫を吸い尽くす「タガメ女」を駆除する米国の新しい恋愛のカタチ
サラリーマンの夫(カエル男)を搾取する専業主婦(タガメ女)を描いた書籍が売れているという。それは結婚というものに窮屈さを感じる日本人が増えているからか。では、米国はというと……。(2013/12/5)

一般的な対策ではもう限界
あなたのPCにも潜んでいる? 危険な「rootkit」を駆除するには
システムの奥深く忍び込むrootkit。標的型攻撃の手段としても利用されるrootkitは、システムの深い部分で活動するため検出が難しい。確実に発見、駆除する方法とは?(2013/9/30)

マカフィー、サーバOSの深部で動作するrootkit対策を発表
インテルと共同開発した「McAfee Deep Defender」がInto Xeon E3/E5/E7シリーズおよびWindows Server 2008 R2に対応。サーバOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になる。(2013/7/30)

塩の弾丸でハエ退治! アメリカ発の害虫駆除ガン「バグアソルト」予約中
飛び出してくるのは鉛玉じゃなくて塩!(2013/5/10)

ドイツの自治体、ワームに感染した170台のPCを廃棄処分 駆除より安上がり?
Confickerに感染したPCからワームを駆除するためには13万ユーロの経費がかかるとの試算。これはPC 1台当たりに換算すると約1000ドルに相当する。(2013/5/2)

WindowsだけでなくLinuxやSolarisもターゲット:
韓国サイバー攻撃に使われたマルウェア、MBRを上書きし起動不能に
韓国で3月20日、放送局や金融機関のPCがマルウェアに感染してコンピュータシステムが一斉にダウンした件に関連し、KISAは3月21日、専用の駆除ツールを開発し、配布を開始した。(2013/3/21)

福岡市、セアカゴケグモとハイイロゴケグモの発見マップを公開
駆除が進められています。(2013/3/12)

ハトの日なので:
【スクープ】ハトは盛り塩をモリモリ食べる
昔、ハトの駆除には盛り塩が有効と聞いたことがあったんだけど、どうやら迷信でした。(2012/8/10)

ハードウェア支援型のPCセキュリティ、マカフィーとインテルが共同開発製品を発売
OSの深層部で活動するrootkitの検出・駆除やリモートでのPCセキュリティ管理を可能にする2製品を8月に発売する。(2012/7/25)

マカフィーがDNSChanger対策ツールを無償公開、FBIの緊急措置終了までに対応を
コンピュータのDNSを勝手に書き換えてユーザーを不正サイトに誘導するマルウェア「DNSChanger」の検出と駆除、修復ができる。(2012/7/6)

カスペルスキー、「DNSChanger」の駆除ツールを無償公開
DNSの設定を書き換えるマルウェア「DNSChanger」の感染確認と駆除が行える。(2012/4/4)

ホワイトペーパー:
7つの事例に学ぶ、オフライン端末のウイルス感染の実態とその解決策
製造、医療、公共、教育の現場で発生しているウイルス感染の実態とは? オフライン端末向けウイルス検索・駆除ツール「Trend Micro Portable Security」を活用した、具体的な対処事例を紹介する。(2012/2/10)

日立製作所とKDDI、マルウェア対策の新システムを実証へ
PC上のエージェントソフトと情報通信研究機構の解析システムをネットワークで結び、未知のマルウェアの検出や駆除を行うシステムを開発した。(2011/9/14)

ブルースクリーン問題はマルウェアが原因と特定、MSが駆除ツールを開発中
セキュリティ更新プログラムを適用後にブルースクリーンエラーが発生している問題で、原因がマルウェアにあることが判明した。Microsoftが検出・駆除ツールの提供を準備している。(2010/2/18)

Facebookで相次ぐ偽のウイルス警告、詐欺ソフトへ誘導か
Facebookで表示されたウイルス駆除依頼のメッセージを検索すると、詐欺ソフトの配布サイトに誘導されてしまうという。(2010/1/29)

知能テストに見せかけた危険なワーム、BitDefenderが駆除ツール公開
BitDefenderは、知能テストに見せかけてHDDの重要データを破壊する危険なワームの駆除ツールを公開した。(2010/1/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。