ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「客室乗務員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「客室乗務員」に関する情報が集まったページです。

“歌舞伎”は見納め:
ANA、機内安全ビデオをリニューアル 11月から放映開始
ANAは10月20日、機内安全ビデオを3年ぶりにリニューアルすると発表した。(2021/10/21)

きょ、教官〜! 堀ちえみさんが同乗するJALクリスマスチャーターフライト、12月18日飛行
当時のあの制服を着てくれる!(2021/10/20)

「生まれ変わったらなりたい職業」ランキング 3位「看護師」、2位「スポーツ選手」、1位は?
ビズヒッツは、生まれ変わったら就きたい職業について調査した。(2021/10/13)

ANAグループ×観光庁対談:
PR:今、日本企業にこそ「ワーケーション」が必要なワケ 導入事例で学ぶ「休む」だけじゃない効果
徐々に導入企業も出てきている「ワーケーション/ブレジャー」。興味はあるが、なかなか導入まで踏み切れず悩んでいる企業も多いのではないだろうか。そこで本記事では、以前からワーケーションに取り組んでいるANAグループと観光庁の対談を通し、「ワーケーションが企業にもたらすメリット」や成功のカギを探る。(2021/9/30)

地上と上空で「音の違い」を楽しめる 日本航空「JAL音楽チャーターフライト」実施 東京交響楽団によるヴァイオリン生演奏
上空では客室乗務員もヴァイオリンを演奏予定。(2021/9/21)

赤ちゃんが飛行機内でぐずって困っていたら……救世主のCAさんが登場! 赤ちゃんを抱っこして通路を歩く動画に思わず尊敬してしまう
赤ちゃん、すっかり飛行機を楽しんでます。(2021/9/21)

地域経済の底力:
川崎市でワイン造り、都市農業の変革目指すカルナエスト・山田貢代表の熱情
人口154万人を超える都市、神奈川県川崎市。2021年夏、この街で栽培されたブドウを使い、醸造までを一貫して行なった初の「川崎ワイン」が完成した。造り手は、農業生産法人・カルナエストの山田貢代表。地元である麻生区岡上を守るための新たな挑戦を追った。(2021/9/17)

ヒュンとくる衝撃のラスト エミレーツ航空の“CGじゃない”CM動画に震えて涼しくなった人が続出
ひぇぇぇぇ!(2021/8/12)

地域経済の底力:
創業以来初の「うなぎパイ」生産休止にもめげず、春華堂がコロナでつかんだ“良縁”
「夜のお菓子」で知られる静岡のお土産品、春華堂の「うなぎパイ」が新型コロナウイルスの影響をまともに受け、一時は生産休止に追い込まれた。そこからの立て直しを図る中で、新たな付き合いも生まれたと山崎貴裕社長は語る。その取り組みを追った。(2021/8/5)

「密告制度」に異議あり:
から揚げの天才は、なぜ最速100店舗を達成したのか
4度目の緊急事態宣言が発令された。ワタミも対象地域の直営居酒屋104店舗が完全休業となる。従業員のシフトや仕入れ、物流など店を閉めるには本来1週間は準備期間が必要だ。(2021/7/18)

社労士が解説:
テレワーク手当は、報酬と見なされるのか? 社会保険の「定時決定」「随時改定」の実務を確認する
社会保険の算定基礎届においては、テレワーク時の交通費や在宅勤務手当の費用が報酬に含まれるのか、在宅勤務手当を支給した際の随時改定はどうなるか悩むことでしょう。それらの実務を確認します。(2021/7/14)

JR北海道・JAL・JTBがタッグ 3泊4日の北海道周遊列車「HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号」2021年10月に運行
JALの客室乗務員さんも“添乗”〜!(2021/7/1)

ANA、退役機の機内カート発売→即完売 90年代から使われていた“ヴィンテージ品”
ANAが6月15日に発売した、退役機で使用していた中古の機内搭載カート45台が即完売。追加分も準備が整い次第販売するという。(2021/6/15)

うさぎ号:
国内初! JALの客室乗務員がタクシーに乗って、出雲市をガイド
JALと出雲市は、JALの客室乗務員が出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」のガイドとして出雲市内の観光業務に従事する事業を発表した。(2021/5/2)

日航、職業性差払拭へ:
カレンダーでも「ジェンダー」浸透 女性モデル縮小に「残念」の声も
企業が販売促進などにつなげる広報ツールとして活用しているカレンダーに、「ジェンダー(社会的性差)」に関する社会的な問題意識が変化をもたらしている。(2021/5/1)

出向によって社員の成長を促す JALの人事部に聞く、3つの目的
コロナ禍で、苦しい時期を過ごしている日本航空(JAL)。多くの社員を他企業へ出向させているが「人件費の削減を第一優先に置いたことはない」という。では、その目的は何か。(2021/4/28)

プロジェクト:
共有部の混雑確認や照明・空調の遠隔操作に応じたオフィスビルが神田で開業
野村不動産は、新型コロナウイルス感染症対策として、在宅勤務やローテーション勤務、サテライトオフィスの活用などが普及している影響で、オフィスの縮小移転、分散化、集約化などが進み、小規模オフィスへの需要が高まっていることを受けて、こういったニーズに応えられるオフィスビル「H1O 神田」を開業した。(2021/3/31)

あまりに怖すぎる形の自然薯(じねんじょ)が発見されてしまう 「特級呪物」「猿の手」「マドハンド」と反響
おとろおとろしい。(2021/3/1)

GLAY・HISASHI、タトゥーへの思い明かし賛否両論 「胸を張って生きています」
体の数カ所にタトゥーが入っているHISASHIさん。(2021/1/27)

就活には黒スーツ:
「ノックは2回」 謎マナーは本当に必要なのか
年も明け本格化する新卒就活。就活には黒スーツ、ノックは3回といった「作法」を知らなければマトモな社会人には成れない! とばかりにマナー講座、「社会人の常識」講座などで言われるのですが、ホントなのでしょうか。(2021/1/5)

機体に巨大ミッキー! JALのミッキー特別塗装機「JAL DREAM EXPRESS FANTASIA 80」を見てきたよ
機体も機内もミッキーたくさん。国内主要路線で活躍します。(2020/11/19)

「知らんかった」「これは分からん」 飛行機の座席にある「呼び出しキャンセルボタン」が初見殺しすぎる
勉強になりました……!(2020/10/28)

2021年度には新たに2機追加:
JAL傘下ジップエア、グループ内から100人募集 コロナ禍でも拡大路線
JAL傘下の格安航空会社(LCC)「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」が、JALグループ全社員を対象に客室乗務員約100人を募集することがわかった。本格的な旅客便運航に向け、JALグループ全体の人員配置を見直す戦略。(2020/10/22)

「背もたれを戻していない乗客」までVRで再現 JAL、客室乗務員のVR訓練を実験
JALは、航空機内を再現した仮想空間内で、客室乗務員が機内の安全確認をする訓練を実験的に行う。専用施設での訓練と異なり、乗客の姿までVRで再現可能だ。(2020/9/30)

ミッキ―&ミニーとフライト気分! ディズニーの「架空の航空会社」風トラベルグッズがドラマチックにかわいい
普段使いして非日常気分を味わうのもオツ。(2020/8/8)

【漫画】上半期、このおつまみが美味しかった! カルディ「カズチー」でお家で「銀座のクラブ」気分が味わえるんです
くんせい数の子とチーズのマリアージュ。(2020/7/17)

体当たりッ!スマート家電事始め:
「スマートブラジャー」でストレス計測、繊維メーカーが事業化へ 客室乗務員には高評価
繊維メーカーのミツフジがスマートブラジャー「iBRA」を開発。体形をスマートに見せるものではなく、着用した人の生体情報を取得し、ストレスなどを可視化するスマート(賢い)なブラジャーだ。(2020/7/17)

ベンダーロックインさせないためのインフラ整備とは:
ANAが「リアルなサンドボックス」から発信する、5Gのオープンイノベーション
ANAは、羽田空港を再現する訓練施設として設置した拠点「ANA Blue Base」にローカル5Gのインフラを敷いた。同社の構想する「ハニカム構造のイノベーション」を支える、IT部門の取り組みを追った。(2020/7/15)

「かわいすぎんか……」「2人とも変わらない」 須藤理彩、20年前の矢田亜希子との「やまとなでしこ」オフショットを公開
これはレアだ。(2020/7/14)

7月17日から:
スカイマーク、機内で110万枚のマスクを配布
スカイマークは乗客に対し、計110万枚のマスクを配布すると発表した。配布するのは、医療機関向けのサージカルマスク。(2020/7/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
窓口対応で土下座まで……「カスハラ」対策、“理不尽なおもてなし”から解放されるか
6月から職場でのパワハラ対策が大企業に義務付けられた。公務員ではパワハラ対策と合わせて、「カスタマーハラスメント」対策も進められる。“おもてなし”という言葉でごまかさずに、感情労働にはお金とケアが必要だという認識が広まってほしい。(2020/6/12)

ルフトハンザ、全乗客のマスク着用を義務化 グループ各社各便で8月末まで適用予定
「搭乗する全ての客を守るための追加策」として導入を決定。(2020/5/7)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DXでスタートアップと同じ土俵に立つには、同じ道具、文化、体制の構築が必要
デジタル変革(DX)では、テクノロジーの活用ばかりが注目されているが、本質は顧客起点で自社のビジネスを見直し、スピーディーに顧客の期待に応える取り組みである。そのためには、自社をアジャイルな組織へと変革することが不可欠となる。(2020/4/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
新型コロナで過酷さ増すトラック業界、「女性ドライバー」が期待ほど増えない理由
新型コロナで過酷さが増している業界の一つが物流だ。人手不足と高齢化を解決するために女性トラックドライバーへの期待が高まっているが、国交省が2014年からキャンペーンをやっているのに増えていない。まずは「トラガール」という呼称から見直し、男性本位の文化を変えるべきでは。(2020/4/23)

ポスト・コロナの「新たな常識4つ」
人口の95%が「ロックダウン」状態にあるアメリカだが、早くもあれこれと「コロナ後の世界」に関する予測が飛び交っている。そのうちのひとり、トロント大学リチャード・フロリダ氏の見解に大いに興味をひかれたので要約してみた。(2020/4/16)

批判殺到の「CAに防護服の縫製を依頼」は本当なのか? 編集部取材にANAは「困惑している」
「女性差別」「縫製業の専門性を軽んじている」との批判がありました。(2020/4/10)

ソラシドエア、「Slack」を全社導入 部門横断的なコミュニケーションと業務の生産性向上を促進
ソラシドエアは、業務効率化やサービス品質向上に向け、全社員800人強を対象に、ビジネス用メッセージプラットフォーム「Slack」を導入した。Slackの活用により、迅速かつオープンな情報共有や意思決定、組織的なコミュニケーション活性化を目指す。(2020/4/7)

ソラシドエア、全社に「Slack」導入 国内の航空会社で初
ソラシドエアが、「Slack」を全社に導入したと発表。全社員(計約800人)がSlackを使用し、意思疎通を効率化する。同ツールを全社に導入する例は、国内の航空会社では初という。(2020/4/6)

ANAの人材トレーニング拠点にローカル5G導入 NEC
ANAグループの教育機能を一箇所に集約した総合トレーニングセンターでローカル5Gを導入し、これまで収集できなかったデータを活用した訓練のパーソナライズ化を目指す。(2020/3/30)

「ありがたやー」「最高でした」 年に一度の激レア飛行「JAL 2020年初日の出フライト」に乗ってみた
「特別感」がすごい! 数千メートル上空で見た初日の出と富士山の様子をどうぞ〜。(2020/1/6)

「合コンをしたい企業」ランキング、トヨタや任天堂など人気 上位だったIT企業は……?
「合コンをしたい」と思う人の職種や勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。公務員やトヨタ自動車、任天堂、Google日本法人などが人気だった。(2020/1/6)

「おっさんずラブ」田中圭、千葉雄大に“恋人風”バッグハグ 撮影合間のイチャイチャにファン「鼻血が出た」
公式さんに感謝しかない。(2019/12/15)

【レポ漫画】外国人漫画家が日本でデビューする難易度が高かった話
テラスハウスやスピリッツで活躍するペッペさんと担当編集の豆野さんに取材しました。(2019/12/10)

オートモーティブ インタビュー:
材料頼みの軽量化は「限界」、重量半減の飛び道具とは
Autodesk(オートデスク) 上級副社長でクラウド&プロダクションプロダクツ、製造担当のスコット・リース氏は従来の手法の車両軽量化には限りがあり、さらなる軽量化には新しい設計手法が必要だと指摘する。軽量化の鍵を握るというジェネレーティブデザインについて話を聞いた。(2019/11/21)

CEATEC 2019:
“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅
パラマウントベッドとジャムコが、IoTの技術を活用して、乗客の睡眠状況を計測できる航空機用シートを共同開発していると明らかにした。機内食を提供する場合などに、CAが乗客を誤って起こしてしまうことを防ぐ。パラマウントベッドが6月に発売した“IoTベッド”の技術を応用している。(2019/10/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「来なくていい」と言われても不安? 台風があぶり出す“会社員という病”
大きな被害を出した台風15号。駅に詰めかけた人たちが長蛇の列を作り、混乱が続いた。これを変えるには、働く人たちの意識の問題も大きい。世の中の仕事の多くは「不要不急」。会社員としてではなく、人として「出社しない」判断ができる社会であるべきだ。(2019/9/13)

阪急交通社「観光列車」の検索数ランキングBest10発表、或る列車、ゆふいんの森などを抑えて1位に選ばれたのは!?
観光列車の種類の多さに驚きますね。(2019/8/1)

電子ブックレット(メカ設計):
トヨタが自動車整備に「HoloLens 2」を活用/AR事業を強化するPTC
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2019年4〜6月に公開したAR/VR関連のニュースをまとめた「AR/VRニュースまとめ(2019年4〜6月)」をお届けします。(2019/7/29)

スタイリッシュさと機能性向上:
JALがCAらの新制服を発表 パンツスタイル導入、2020年から
JALが新制服を発表した。2020年に着用をスタートする。CAの制服ではパンツスタイルを導入した。(2019/7/23)

機内で授乳の母親に乗務員が覆うよう指示 オランダの航空会社に批判
「他者の文化を尊重する必要がある」と航空会社はコメント。(2019/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。