ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「床暖房」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「床暖房」に関する情報が集まったページです。

もめ事の仲裁に入る雰囲気の猫さん、そのまま寝る セリフなしの猫あるある漫画が平和で癒される
猫のいる日常と漫画の優しい空気感にほっこりします。(2019/5/17)

「今すぐ助けるニャー!」 飼い主の子どもが壁に引っ掛かっていると思い込んで助けようと頑張る猫ちゃん
大きな愛を感じます。(2019/3/1)

蓄電・発電機器:
蓄電池に直流給電できる新型「エネファーム」、最大8日間の給電が可能
パナソニックが家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品を発表。停電時に蓄電池に対して直流給電できる機能などレジリエンス機能を強化した他、小型・軽量化も図ったのが特徴だ。(2019/2/25)

迫りくるうさぎの“お尻”……! ソファと壁の隙間を走るモフモフのうさぎが癒やしの塊
丸いしっぽが揺れるのがキュート。(2019/2/16)

「ちいさい生き物が溶ける」 猫と子どもが床暖房でくつろぐ様子を描いた漫画が心を溶かすかわいさ
まさにほっこりする日常です。(2019/1/23)

メイドインジャパンの現場力(21):
市場減少の中で勝ち残る“モノづくり”、パナソニック群馬工場の取り組み
新設住宅数着工戸数の減少が進む中で、住宅関連設備の国内市場は今後減少していくことが予想されている。厳しい環境下にありながら、数量もシェアも拡大することを目指しているのがパナソニックである。なぜそうした取り組みが実現可能なのだろうか。モノづくり面から群馬工場での取り組みを追う。(2018/11/29)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
IoT、AI、RPAなどの最新技術を活用した「攻めのIT」で新たなサービスを創出
デジタル変革の時代には、蓄積されたデータから、素早く洞察を引き出し、ビジネスの価値を生み出すことが求められる。このとき経営・IT部門のリーダーはどう向き合えばよいのだろうか。(2018/10/29)

次世代マンション:
共同住宅にも広がるIoT化の波、自宅設備を遠隔操作できるスマートマンション2020年大阪阿倍野で竣工
IoT化の波は、マンションにまで広がっている。日商エステムが大阪・阿倍野区で建設を進めるスマートマンションは、IoT技術を採り入れ、自宅内の家電や照明などの住宅設備を外出先からスマートフォンで状況確認したり、自分の声でコントロールすることが可能な次世代マンションだ。(2018/10/17)

製造業IoT:
20社30機種では不十分、家庭用IoT普及のカギを握る「ECHONET Lite AIF認証」
パナソニック エコソリューションズ社は2018年10月5日、家庭内のさまざまな住宅設備機器をインターネットにつないで連携させる住宅向け「HOME IoT」の中核機器となる「AiSEG2(アイセグ2)」のバージョンアップを行った。機器連携を拡大し、スマートスピーカーとの連携機能の搭載とともに、機器選択の自由度を高めたという。(2018/10/9)

電力供給サービス:
東急がガス販売に参入、「鉄道に続く第2の生活インフラ事業に」
新電力の東急パワーサプライがガス販売への参入を発表。中部電力と大阪ガスが首都圏でのガス販売を目的に設立したCDエナジーダイレクトと提携し、2018年10月から供給を開始する。(2018/6/1)

製造マネジメントニュース:
給湯器メーカーが見守りサービスを開始、給湯器のリモコンで
ノーリツは、無線LAN対応の風呂給湯器リモコン「RC-G001EW」を発表した。入浴者の見守り機能を搭載した同社給湯器に対応し、スマートフォンで宅内からの入浴者の見守りや外出先からの風呂操作などが可能になる。(2018/5/17)

IT活用:
話しかけるとお風呂が沸く、大阪ガスがIoTサービスを拡充
大阪ガスは、IoT(モノのインターネット)対応ガス機器を利用する顧客を対象に、スマートスピーカーを活用した風呂への給湯や、遠方に暮らす家族の見守り機能などIoTを活用したサービスを2018年4月から拡充する。(2018/2/21)

スマートホーム:
パナソニックがAI対応HEMSを販売、新築戸建市場からの脱皮を狙う
パナソニックは、スマートHEMSの中核商品「AiSEG2」をバージョンアップし、2018年3月21日より発売する。新型AiSEG2の発売によって、従来HEMSの市場だった「新築戸建&エネルギー」に加え、集合住宅やリフォーム市場の開拓を狙う。(2018/1/17)

IT活用:
IoTが生む新しいエネルギーサービス、成功の鍵は――大阪ガスのキーマンに聞く
IoT(モノのインターネット)を活用したエネルギーサービスとして、業界外からも注目されている大阪ガスの“クラウドにつながるガス機器”。サービスを開発したきっかけやその狙い、エネルギー業界のIoT活用のポイントや課題について、大阪ガスのキーマンに聞いた。(2018/1/9)

一列に並ぶ家族ニャンコ! スコティッシュフォールドの猫ちゃんファミリーがそっくりかわいい
それぞれかわいい5匹の家族猫ちゃんたち!(2018/1/3)

「タニシのように住環境を整えるよ」 → 新居に床暖やカラオケ環境を構築したソフトウェアエンジニアのDIYがプロ級
取材で聞けば聞くほどに濃密な話が。(2017/8/23)

スマートホーム:
“つながる”エネファームを全278戸に導入、スマホで外から遠隔操作も
東急電鉄、三菱地所レジデンスなどが販売する横浜市の新築マンションの全戸に、家庭用燃料電池「エネファーム」の採用が決まった。東京ガスが2017年8月から提供予定の「ネットワーク接続サービス」を利用することで、外出先でもスマートフォンアプリから風呂や床暖房、発電のオン/オフ操作などが行える。(2017/7/11)

エネルギー管理:
ガスも無線通信で遠隔操作へ、消し忘れ見守りサービスにも生かす
東京ガスと京都大学がスマートメーター用の国際標準規格に準拠した無線通信技術を世界で初めて開発した。ガスのスマートメーターと家庭内の機器を無線通信でつなぎ、遠隔監視システムから消し忘れの通報や遮断操作を実施できる。スマートメーターを使って電力と同様のサービスを提供する。(2017/3/15)

蓄電・発電機器:
“つながる"新型エネファーム、機能アップで価格は初の150万円未満に
東京ガスとパナソニックは家庭用燃料電池「エネファーム」の戸建て向け新製品を共同で開発した。インターネット接続機能や、連続運転性能など、さまざまな機能強化を図ったが、税別150万円を下回る価格を実現した。2017年4月1日から東京ガスが販売する。(2017/2/15)

スマートハウス:
CO2を排出しない生活は可能か、既存住宅で実証開始
大阪ガスと積水ハウスは既存住宅をリノベーションし、CO2排出量ゼロとゼロエネルギーの達成を目指す実証実験に着手する。実際に人が居住しながら約2年半に渡って行う実証で、太陽光発電システムや燃料電池、空調制御を活用し、省エネと快適性の両立が可能化どうかを検証していく。(2016/11/28)

「うむ、床暖房はよいな…。褒美をやろう」 ぬくもりのとりことなったねこ様がかわいい
大物感かもしだしてる(2016/11/4)

IoTビジネスはもう始まっている【前編】
大阪ガスの「エネファーム」に学ぶ、IoTマネタイズのヒント
家庭用燃料電池「エネファーム」を使ったIoTビジネスを、企画開始から5カ月で達成した大阪ガスの事例を紹介する。IoTビジネスのアイデアをどう具現化し、どんなビジネスメリットを生み出したのか。(2016/9/26)

電力供給サービス:
自由化で加熱するサービス競争、東京ガスはベンチャーと協業へ
既に始まった電力の小売全面自由化、そしてこれから始まるガス自由化に向けて、顧客獲得に向けた各社のサービス開発競争が加速している。電力小売事業で好調な東京ガスは、ベンチャー企業と組んで新サービスの開発を目指す。オープンイノベーション支援事業を手掛けるCrewwと共同で、企業アクセラレータープログラム「Tokyo Gas Accelerator 2016」を開始した。(2016/8/29)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
世界一の満足度を誇る“社員向け”サポートデスクがあるオフィス!
「打ち合わせ場所がたくさんあるのにナゼか隣同士の声が気にならない」「全世界200拠点に“同じ会議室”がある」内山信二が不思議なオフィスで初体験!(2016/7/23)

エネルギー管理:
列車の運行状況や天候に合わせて電力を制御、駅のCO2を40%削減
JR東日本は省エネ機器や再生可能エネルギーを活用した「エコステ」の新しいモデルを埼玉県の駅に整備する計画だ。天気予報をもとに太陽光発電量を予測しながら、駅構内の照明・空調を最適に制御できるシステムを導入する。列車の接近に合わせてホームの照明を明るくする機能も取り入れる。(2016/7/22)

アップルPickUp!:
Apple Union Squareが示す未来の直営店
サンフランシスコのユニオンスクエアにオープンした新しいApple Storeを見学してきた。(2016/6/21)

省エネ機器:
2016年度は国内空調需要が盛り上がる、波に乗りたいメーカー各社の切り札
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた建設需要や、増税前の駆け込み需要の増加により、2016年度の国内空調市場は活性化する見通しだ。これに向け空調機器の展示会「HVAC&R JAPAN2016 冷凍・空調・暖房展」では、国内メーカー各社が注力製品を一堂に披露した。(2016/3/2)

蓄電・発電機器:
発電効率が50%を超えた燃料電池、余剰電力の買取も4月に開始
大阪ガスは従来よりも高効率の燃料電池を搭載したエネファームを4月に発売する。発電効率はエネファームで初めて50%を超えて、最新鋭の火力発電所に匹敵する水準だ。価格は170万円台で、現行の機種から20万円以上も値下げした。家庭で使い切れない余剰電力を買い取るサービスも開始する。(2016/2/26)

部屋の保温性を上げる○○の対策
(2015/12/4)

省エネ機器:
東電の快適空調設備推奨の取り組み、シャープや三菱が参加し14社に拡大
東京電力が、一定水準以上の省エネ性に加え、快適性や清潔性などの機能を兼ね備えた空調・換気設備を推奨する取り組みへの賛同企業に、新たにシャープや三菱電機、三菱重工冷熱などが加わった。(2015/9/9)

省エネ機器:
空調設備に新たな推奨マーク、省エネ性に加え「快適・清潔性」が評価基準に
東京電力は一定以上の省エネ性に加え、快適性や清潔性などの機能を兼ね備えた空調・換気設備を「東京電力スマートウェルネス設備」として推奨していく。住設備機器メーカーと共同で行う取り組みで、推奨ロゴマークなどを活用して推奨設備の普及を図る。(2015/6/2)

工場ニュース:
欧州におけるEVOH樹脂の生産能力を増強
クラレは、ベルギーのエバールヨーロッパによる、EVOH樹脂「エバール」の生産能力増強を決定した。世界的な需要拡大に対応したもので、年産1万1000tを増強する。(2015/2/25)

スマートハウス:
住宅のエネルギー8割削減、太陽から「熱と電気」をもらう
LIXILは「屋根は資源」であり、屋根から得られるエネルギーで住宅内消費量の多くを賄うことができると考えている。2014年12月には既築戸建住宅の屋根に「高効率太陽熱光ハイブリッドパネル」を設置した実証研究の成果を発表した。冬季の2月に総消費エネルギーの約80%を賄うことができたという。(2014/12/26)

エネルギー管理:
電力使用量に応じて照明を暗くできるHEMS、空気の汚れもチェック
パナソニックが家庭向けエネルギー管理システムの「スマートHEMS」の機能を強化して、照明の自動制御や空気清浄機と連携した空気環境の管理までを可能にする。ハウスダストやニオイの情報も時間帯ごとに表示することができる。HEMSに接続できる機器は合計で20機種になる。(2014/11/21)

スマートハウス:
電気自動車を使って年間に31万円の光熱費を削減、3年間の実証結果で
2011年から奈良県で始まったスマートハウスの居住実験で、燃料電池と太陽電池、さらに蓄電池か電気自動車を組み合わせた「3電池住宅」の導入効果がまとまった。家族4人が生活した結果、電気自動車を利用した場合でも年間の電力購入量は82%削減できて、光熱費は31万円も少なくなった。(2014/7/16)

エネルギー管理:
太陽とガスとデマンドレスポンスで、夏の電力需要を58%削減
横浜市で進められているスマートシティ・プロジェクトの一環で、東京ガスが太陽光や太陽熱を活用したマンションを社宅に使って実証試験を続けている。2013年度には電力需要のピークを抑制するデマンドレスポンスを実施した結果、夏に58%、冬に49%の電力を削減することに成功した。(2014/6/12)

PR:家庭用蓄電池が生み出す2つの効果――電気料金を抑え、非常時に備える
家庭用蓄電池には、2つのメリットがある。1つは経済的な効果、すなわち電気料金が抑えられることで月々の出費が減ること。もう1つは「もしも」のときの備えを手に入れられることだ。停電時にも電気を使用でき、冷蔵庫や照明器具、テレビなど生活に必要な家電を利用できる。これらのメリットを簡単に得るには? ONEエネルギーの蓄電システムレンタルサービスを導入した2つの家庭の事例を紹介する。(2014/6/9)

実装ニュース:
パナソニックの電気カーペットの不具合、原因はリレー端子はんだ接続部の接触不良
パナソニックは、2002年7月〜2008年12月に製造したフローリング調電気カーペット「かんたん床暖」に不具合があると発表した。不具合の原因は、コントローラーケースの上が踏まれるなど上面からの局部的な繰り返しの外力が加えられると、リレー端子部に応力が加わり、リレー端子のはんだ接続部に接触不良が発生して異常過熱を起こしたためだった。(2014/4/17)

本田雅一の「男の白モノ」:
静かになった「Dyson Cool」、サーキュレーターとしても使えるか
今回のテーマはダイソンの扇風機「Dyson Cool AM06/AM07」である。その仕組み上の面白さや、従来製品との設計アプローチの違いなど、トリビア的な技術タームも含めて取り上げてみたい。(2014/3/14)

床暖房が気持ちいい……スヤア 溶けた雪だるまみたいな「ふくろう」が話題に
床暖房の偉大さ……!(2014/3/11)

発電・蓄電機器:
スマホで操作可能、新エネファームは価格を66万円引き下げ
大阪ガスは3社と共同でエネファームの新製品を開発、2014年4月に発売する。価格を引き下げ、効率を高めた他、スマートフォンから操作できるように改善した。(2013/12/24)

ホームオートメーション:
外出先からスマホでお風呂や電子錠を制御――グラモ、法人向け住宅設備機器制御装置を発売
グラモは、赤外線リモコン対応の家電をスマートフォンで制御できる装置「iRemocon」のハウスメーカー向け高機能版「iRemocon ZB」と、お風呂/給湯器や床暖房、電子錠などの住宅設備機器を制御できる「iRemoUnit IF」の販売を開始した。(2013/11/28)

ローソン寒冷地仕様、出撃する
秋田で。(2013/10/30)

冬に雪を貯蔵、夏の冷房に活用 ローソンが業界初の省エネ店舗を秋田県に
ローソンは秋田県の店舗で、冬季に雪をコンテナ貯蔵し、夏季の冷房に活用する「雪貯蔵空調連携システム」を業界で初めて採用する。(2013/10/30)

スマートハウス:
マンション全戸にエネファーム、総合地所と東急不動産が導入
都市ガスを使って電力と給湯をまかなう「エネファーム」。利用条件によっては光熱費削減に役立つため、戸建住宅での導入事例が増えている。これまではマンションで導入しようとすると設置スペースを確保できなかった。そこで、パナソニックと東京ガスが開発したマンション設置に特化する第4世代機を採用した。(2013/10/30)

スマートハウス:
全ての住戸に「蓄電池」を、川崎市に建つ高層マンションの工夫とは
三井不動産レジデンシャルは、住戸と共用部の電力に工夫を凝らした新築マンションを開発中だ。制御では日立製作所と、リチウムイオン蓄電池では日立マクセルと協力し、高度なMEMS対応マンションを実現しようとしている。(2013/9/13)

窪田順生の時事日想:
対馬に韓国資本をもちこむ「エージェント」ってナニ?
長崎県の対馬がキナ臭いことになっている。広大な森林が競売入札となり、韓国など外国の業者が買うんじゃないかとちょっとした騒ぎに。結局は対馬市が購入することになったが、問題はこれで“解決”したのだろうか。(2013/9/3)

キーワード解説:
空調効率を高める「地中熱」
東京スカイツリーも採用した地中熱。地中熱を利用すると空調の電気料金を抑えることが可能だ。どのような仕組みで動くのか、課題は何か。(2013/6/21)

スマートハウス:
「玄関ドアの鍵を掛けましたか」、トヨタが節電サービスを一歩進める
HEMSの目的は複数ある。まずは家庭内の消費電力の見える化だ。太陽光発電システムや電気自動車(EV)の充電の見える化も必要だ。次の段階が「家電の制御」である。(2013/4/15)

自然エネルギー:
太陽熱利用の給湯システムをマンション全戸に、ガスの使用量を3割削減
マンション・デベロッパ最大手の大京が東京都内に建設中の新築マンションで、太陽熱を利用した給湯システムを全戸に装備する。屋上に設置した太陽光の集熱パネルから、各戸のガス給湯システムに熱を送り、ガスの使用量とCO2の排出量を削減する狙いだ。(2013/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。