ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「富士経済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富士経済」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

からやま、疲れた時に食べたくなる「カレーからあげ」新発売 狙いは?
「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングスの子会社であるエバーアクションは、5月27日より国内の「からやま」にて「カレーからあげ」の販売を開始すると発表した。(2022/5/26)

富士経済が世界市場を調査:
パワー半導体市場、2030年に5兆3587億円規模へ
富士経済は、パワー半導体の世界市場を調査した。電動車や再生可能エネルギーの普及などによって、需要拡大が期待されるパワー半導体市場は、2022年見込みの2兆3386億円に対し、2030年は5兆3587億円規模に拡大すると予測した。(2022/5/25)

蓄電・発電機器:
リチウムイオン電池の世界市場は2025年に12兆円超え、EV向けや定置用がけん引
調査会社の富士経済は2022年5月16日、リチウムイオン二次電池の世界市場に関する調査結果を発表した。2025年の同世界市場は2020年比率1.8倍以上の12兆3315億円に成長すると予測している。(2022/5/24)

マスク緩和もパナなど対応商品 肌荒れケア、顔認証
新型コロナウイルスの感染拡大が始まって3年目となる中、長引くマスク生活に対応した新商品やサービスが電機メーカーなどから続々と登場している。(2022/5/23)

富士経済が電池関連市場を調査:
LIBの世界市場、2025年には12兆3315億円規模へ
リチウムイオン二次電池(LIB)の世界市場規模は、xEV用の需要拡大などから、2021年見込みの10兆5126億円に対し、2025年は12兆3315億円規模に拡大する。富士経済が予測した。(2022/5/18)

脱炭素:
水素由来燃料の採用増えるか、カーボンニュートラル燃料の分野別市場調査
富士経済は、カーボンニュートラル燃料の市場調査結果を発表した。2050年には、液体CN燃料市場は80兆347億円、固体CN燃料市場は11兆4573億円、気体CN燃料市場は34兆8781億円になると予測する。(2022/5/16)

太陽光:
新型・次世代太陽電池の世界市場、2035年に8300億円規模に成長
調査会社の富士経済は2022年4月20日、有機薄膜太陽電池やペロブスカイト太陽電池などの新型・次世代太陽電池の世界市場に関する調査結果を発表した。2035年の市場規模は、2021年比で22.6倍の8300億円に拡大すると予測している。(2022/4/26)

脱炭素:
産業施設におけるエネルギー消費量の実態調査結果を発表
富士経済は、産業施設におけるエネルギー消費量の実態調査の結果を発表した。最終エネルギー量の約94%を占める製造業主要20業種では、2019年度のエネルギー消費量は836万2222TJ、CO2排出量は2億8983万トンだった。(2022/4/22)

電気自動車:
大出力の急速充電器の市場調査、中国は2035年までに30倍に
富士経済は2022年4月6日、電動車向け充電器の大出力化の動向調査について発表した。(2022/4/12)

市場は1300億円にまで成長:
から揚げの天才、弁当メニューが好調 3カ月間で12万食を販売
ワタミが展開する「から揚げの天才」の弁当メニューが好調だ。1月に販売を本格的に開始し、3カ月間で12万食を販売した。(2022/3/29)

OKIとNTT Com、サプライチェーンのリスクマネジメントソリューションを共同提供
OKIとNTT Comは、製造業のDXを支援するソリューションとして、IT/OTデータを基にサプライチェーン全体にわたるリスクマネジメントを一元管理するソリューションを共同で提供する。(2022/3/11)

製造マネジメントニュース:
DXニーズ旺盛でPDM/PLM市場は前年比2桁成長、製造業の市場調査レポート
富士経済は2022年2月18日、製造業のDXに関する調査結果をまとめた「2021年版 DIGITAL FACTORY 関連市場の実態と将来展望」を公開した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を背景とするDX推進ニーズの高まりとともに、設備投資需要の落ち込みからも回復傾向にある様子などが伺えた。(2022/3/9)

「実機」に近いソリューションは目の前に:
PR:MaaS/SDV実用化を加速する、高速かつ緻密な“データさばき”で支えるNXP
100年に一度といわれる自動車業界の変革期において、MaaS(Mobility as a Service)への注目度が高まる中、NXP Semiconductorsは、MaaSの中核を担うゲートウェイに向けた包括的なソリューションの提供を強化している。大量のデータの処理に適した高性能プロセッサの他、アマゾン ウェブ サービス(AWS)との連携により構築したデモなど、具体的なユースケースを見据えた実用的なソリューションを展開することで、MaaS/SDV(Software Defined Vehicle)実現に向けた開発の加速に貢献する。(2022/3/1)

ロボットセキュリティ最前線(1):
増えるロボットの活用領域、同時に高まるセキュリティの問題
人手不足やコロナ禍などにより、産業用ロボットやサービスロボットなど、ロボットの利用領域は急速に拡大している。一方でネットワーク化が進むこれらのロボットのセキュリティ対策については十分に検討されているとはいえない状況が続く。こうしたロボットセキュリティの最前線を取り上げる本連載。第1回となる今回は、ロボット市場全般の動向とセキュリティへの意識について解説する。(2022/2/28)

製造業のDX化関連市場は2025年に6兆円超に、富士経済が予測
富士経済は、「2021年版 DIGITAL FACTORY関連市場の実態と将来展望」を発表した。同社は、2025年の世界デジタルファクトリー関連市場の規模を、対2020年比55.0%増の6兆6393億円と予測する。(2022/2/21)

中小のロボット開発支援 埼玉県が施設整備へ
埼玉県は同県鶴ケ島市のエリアに、中小企業のロボット開発を支援する施設を整備する方針を決めた。実験スペースや研究室として使う場所を提供することでロボット産業への参入を促す。(2022/2/8)

エステーペット:
エステー、ペット用品市場に参入 排せつ時の「ニオイ問題」に着目
エステーは1月25日、新ブランドの「エステーペット」を立ち上げ、ペット用品市場に参入すると発表した。(2022/1/25)

“他人の家”の車庫に停める「駐車場シェア」が人気の理由 コロナ禍で思わぬニーズ発掘も
個人宅や商業施設などの使われていない駐車場を貸し借りする「駐車場シェアリング」の人気が高まっている。借り手は事前にスマートフォンのアプリで駐車場を予約することができ、駐車料金が従来型のコインパーキングより割安になることも多い。市場参入が相次ぐ中、日本でのサービス導入の先駆け的存在である「akippa」の会員数は昨年末に250万人を突破した。車で出かけた際に目的地近くに着いてから駐車場の「空」標示を探すといったストレスを解消できるとあって、一層の市場拡大が見込まれている。ここ数年は新型コロナウイルス禍による経済活動や生活の変化も追い風になっているもようで、事業者側も思わぬニーズの発掘に驚きを隠せない様子だ。(2022/1/24)

蓄電池革命 被災地へ「電気を運ぶ船」 再エネ・EV促進 日本経済の起爆剤に
2050年のカーボンニュートラルの達成に向けて、ひときわ注目されているのが蓄電池技術だ。太陽光や風力でつくった電気をためることができるため、脱炭素化に欠かせない再生可能エネルギーや電気自動車の普及を支える重要な役割を担う。(2022/1/6)

太陽光:
太陽光の「第三者所有モデル」は2500億円規模に、一方で国内パネル市場は4割縮小か
調査会社の富士経済は2021年12月、太陽光発電システムの市場予測結果を公表。国内で太陽光発電の導入手法として広がっている「第三者所有モデル」の市場規模は、2035年度までに2020年度比で15.9倍の2553億円にまで拡大すると予測している。(2022/1/6)

電気自動車:
国内の電動車充電器は2035年に約6割増、急速充電は助成制度拡充がカギ
富士経済は2021年12月27日、EV(電気自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド車)の充電器について、日本国内市場の調査結果を発表した。(2022/1/5)

サプリ市場、初の1兆円超え コロナ禍、健康志向追い風
新型コロナウイルスの感染拡大で消費者の健康志向や免疫への関心が高まったことを背景に、サプリメントの販売が好調だ。民間調査会社によると市場規模は今年初めて1兆円を超える見通しで、食品メーカーなどは拡大する需要の取り込みへ、商品開発やプロモーションに力を入れている。(2021/12/20)

問い合わせ対応や客への声掛けを実施:
サイバーエージェント、小売店に“AIアルバイター”派遣する子会社を設立
サイバーエージェントが、小売向けにAI技術を活用した無人店舗ソリューションの提供や開発、販促支援を行う新子会社として「CA無人店舗」を設立した。(2021/12/15)

組み込み開発ニュース:
Wi-Fi 6とArmMCUが鍵に、ルネサスの産業オートメーションとモーター制御の戦略
ルネサス エレクトロニクスは「IIoT Growth Talk」と題したオンライン会見を開き、同社の産業・インフラ・IoT(IIoT)向け事業の中から産業オートメーションとモーター制御の分野にフォーカスして、市場の概況や同社ビジネスの成長ポテンシャルなどについて説明した。(2021/12/10)

FAメルマガ 編集後記:
青色レーザー加工機への期待に見る「失われていくもの」の捉え方
増えるものに目を向けることが重要です。(2021/12/10)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
パワー半導体の市場拡大に向け、投資を積極化する国内企業
盛り上がっています。(2021/11/15)

ENECHANGE、月9800円から設置できる法人向けEV充電ステーション提供サービスを開始
「数」と「場所」の拡充に期待です。(2021/11/4)

サービタイゼーション:
リモート化需要は高いが緩やかに成長か、機器設備の保守サービス市場調査
富士経済は2021年10月21日、工場やプラント、ビルといった施設における設備機器の保守メンテナンスサービス国内市場の調査レポートを発表した。2021年の国内市場規模は、2020年比で1.5%増になるとみられる。(2021/11/1)

蓄電・発電機器:
水素関連の国内市場規模、2035年度には268倍の4.7兆円規模に
調査会社の富士経済は、次世代燃料として期待される水素関連市場の調査結果を発表。2035年度の市場規模は、2020年度比268.6倍の4兆7013億円に拡大すると予測している。(2021/10/29)

燃料電池車:
日本国内の水素関連市場は2035年度に4.7兆円、2020年度比268倍に
富士経済は2021年10月19日、日本国内の水素関連市場の調査結果を発表した。水素燃料から水素の輸送、供給、利活用を含めた水素関連市場は、2035年度に2020年度比268.6倍の4兆7013億円に拡大すると見込む。水素を使うための設備の普及から燃料の販売増加にビジネスが移行することで市場がけん引される。(2021/10/21)

富士経済が蓄電用の市場を調査:
ESS/定置用二次電池、2035年に3兆4460億円規模へ
富士経済は、ESS(電力貯蔵システム)と定置用蓄電システムに向けた二次電池の世界市場を調査し、その結果を発表した。2021年見込みの1兆4428億円に対し、2035年には3兆4460億円規模になると予測した。(2021/10/11)

家電メーカー進化論:
美容家電No.1ブランド「ヤーマン」、ブランドを支える開発力のワケ
美容家電ジャンルで確かな存在感を示す「ヤーマン」。その売上高は、2021年4月期で366億円にも達する。主力商品は美顔器や脱毛器、フェイススチーマーなどで、日本市場のほか中国市場でもブランドを確立。美容家電領域で挑戦を続ける同社の戦略について、取締役でブランド戦略本部長の戸田正太氏に話を聞いた。(2021/10/1)

秘密は「快適性」と「見た目」:
「ごめん、売り切れたみたい」 5時間で完売したシャープの立体型マスクは何がすごいのか?
シャープが発売した「クリスタルマスク」が発売5時間で売り切れて、現在も品薄状態続いている。一時は高騰していたマスク市場も落ち着きを取り戻し、マスク需要も落ち着きを見せていたが、なぜここまで売れているのだろうか?(2021/9/21)

Ri Collection:
ミズノ、競泳の池江選手が監修したマウスカバー限定発売
ミズノは9月6日、競泳の池江璃花子選手がデザイン監修した「Ri Collection ミズノマウスカバー」を発売した。(2021/9/7)

市場は拡大:
アイリスオーヤマがプロテイン市場に参入 第1弾の特徴は?
アイリスオーヤマがプロテイン市場に参入する。第1弾として「デリッププロテイン女性用」を8月30日に発売。(2021/8/31)

オーラルケア市場は拡大傾向:
ライオンの美白ハミガキ、初月売り上げは想定の7倍
ライオンが2021年3月に発売した美白ハミガキが売れている。発売後3カ月で100万本突破し、初月の売り上げは想定の7倍となった。売り上げ好調の理由は? なぜオーラルケア市場が伸びているのだろうか?(2021/8/2)

スピン経済の歩き方:
実施人口は16年で2倍! 「筋トレ」を日本の成長戦略の柱に置くべき理由
コロナ禍でさまざまな業界で消費の低迷が見られたが、外出自粛による運動不足解消のため、「筋トレ」需要が増している。なぜ市場が拡大しているのかというと……。(2021/7/27)

材料技術:
自動車向け炭素繊維複合材の市場は2035年に約9倍に、環境規制強化が後押し
富士経済は2021年7月15日、炭素繊維複合材(CFRP、CFRTP)の市場調査を発表した。2035年の市場規模は2020年比2.8倍の3兆4958億円と見込む。(2021/7/19)

電気自動車:
2035年に電動車販売は合計4919万台に、2020年比8.4倍
富士経済は2021年7月9日、電動車の2035年の市場予測を発表した。(2021/7/13)

自然エネルギー:
太陽光は縮小し風力発電が拡大――再エネ設備市場は2035年に大きな構造変化も
富士経済が再生可能エネルギー発電システムの国内市場に関する調査結果を発表。2035年に再生可能エネルギー発電システム市場は1兆7651億円になるとの予測を発表した。これは2020年度の市場規模見込み1兆7986億円から微減となる予測だ。(2021/6/30)

FLOSFIAが“自社工場”で生産へ:
量産間近の酸化ガリウムSBD、評価ボードも入手可能
京都大学発のベンチャーで、酸化ガリウムパワーデバイスの開発を手掛けるFLOSFIAは、「TECHNO-FRONTIER 2021」(2021年6月23〜25日/東京ビッグサイト 青海展示棟)に出展し、酸化ガリウムを使用したSBD(ショットバリアキーダイオード)「GaO-SBD」を搭載した評価ボードなどを展示した。(2021/6/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で「銀のさら」絶好調 創業社長が語る“稼ぐ”仕組みとライバルが淘汰された背景
宅配寿司「銀のさら」が好調だ。創業社長は「ウーバーは脅威ではない」「宅配寿司が宅配ピザより難しい」と熱弁する。どういうことかというと……。(2021/6/15)

富士経済が世界市場を調査:
パワー半導体、2030年に4兆471億円規模へ
パワー半導体市場は2020年の2兆8043億円に対し、2030年は4兆471億円規模に達する見通し――。富士経済が、SiC(炭化ケイ素)などの次世代パワー半導体とSi(シリコン)パワー半導体の世界市場を調査した。(2021/6/15)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年6月)
ECサイトから顧客のニーズや嗜好に適した顧客体験を提供するための「パーソナライゼーションエンジン」が人気です。今月の国内顧客ドメイン数TOP10を前月と比較すると、「AiDeal」は横ばい、他のツールは微減しました。(2021/6/8)

週末に「へえ」な話:
キユーピーの「ゆでたまご」が、なぜ“倍々ゲーム”のように売れているのか
キユーピーが販売している「そのままパクっと食べられる ゆでたまご」が売れている。食べことも、見たことも、聞いたこともない人が多いかもしれないが、データを見る限り、消費者から人気を集めているのだ。なぜ売れているのかというと……。(2021/6/5)

船も「CASE」:
CASEは自動車以外にも、陸海空のモビリティで自動運転や電動化の市場拡大
富士経済は2021年3月25日、自動車以外のモビリティでのCASE△△(※)△△対応に関する市場調査の結果を発表した。調査対象はフォークリフトやゴルフカートなど陸のモビリティ、船舶など海のモビリティ、航空機や“空飛ぶタクシー”など空のモビリティだ。(2021/3/26)

鳥貴族、チキンバーガー専門店「TORIKI BURGER」を発表 今夏オープン
鳥貴族のDNA(チキン、均一価格、国産)を有する、新たな業態の創出・育成を目指す。(2021/3/5)

医療ITニュースフラッシュ
医師に聞く、「オンライン診療」をやめざるを得ない“切実な理由”
顔認証を使った病棟への入室管理システムの導入事例やオンライン診療システムの新製品など、医療機関のIT活用に関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/31)

コロナ禍で勝機を見いだす分野も:
半導体業界 2021年に注目すべき10の動向
2021年の半導体/エレクトロニクス業界において、注目しておきたい10の動向を挙げる。(2021/1/29)

電動システム:
車載リチウムイオン電池の市場は2024年に6.7兆円、電力貯蔵システムも需要拡大
富士経済は2021年1月22日、リチウムイオン電池の市場調査結果を発表した。2024年の市場規模は車載用が2019年比2.6倍の6兆7403億円、民生用で小型のものは同15.9%増の1兆9810億円、電力貯蔵システム向けは同2.2倍の7990億円に拡大する見通しだ。世界各国の政策が普及を後押しする電動車や、リモートワークなど家で過ごす時間が増えたことによる新たな需要喚起で2021年以降の需要拡大が見込まれる。(2021/1/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。