ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Galaxy Note 5」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Galaxy Note 5」に関する情報が集まったページです。

石野純也のMobile Eye:
auとソフトバンクを圧倒するドコモの冬春モデル その狙いを読み解く
ドコモの冬春商戦向けの発表は、端末、サービス、料金と見どころが多かった。中でも注目したいのが、auやソフトバンクをはるかに上回る端末ラインアップ。その背景や戦略を読み解く。(2017/10/21)

「Galaxy Note8」の予約台数、Noteシリーズ史上最高
Samsungが米国で8月24日に予約受付を開始した「Galaxy Note8」の予約台数が、同期間のこれまでのNoteシリーズで最高だったと発表した。Note7の爆発問題を乗り越えて市場から受け入れられたようだ。Note8の販売価格は過去最高の929.99ドル(約10万円)からだ。(2017/9/10)

石野純也のMobile Eye:
熱烈なファンに応える期待の1台――「Galaxy Note8」の魅力を読み解く
8月23日(米国東部時間)、Samsung Electronicsが「Galaxy Note8」を発表した。熱烈なファンの多い「Galax Noteシリーズ」最新モデルの魅力をひもといていこう。(2017/8/26)

デザイン、カメラ、Sペン――「Galaxy Note8」の見どころを速攻チェック!
Samsungが手掛けるNoteシリーズのフラグシップモデル「Galaxy Note8」が発表された。写真で見どころをチェックしていこう。特にデザイン、カメラ、Sペンを中心に見た。(2017/8/24)

音声アシスタント「Bixby」の能力は未知数
徹底レビュー:「Galaxy S8」、“ほぼベゼルレス”な縦長ディスプレイのインパクト
Samsung Electronicsの「Galaxy S8」は最高クラスのパフォーマンスを備えている。安価ではないが、金額に見合う価値のある製品であることは間違いないだろう。(2017/5/20)

より手頃に、より持ちやすく、より使いやすく――新型「Gear 360」を写真でチェック
SamsungのVRカメラ「Gear 360」に新モデルが登場する。スペックと形状を最適化することで、よりリーズナブルな価格で手軽に360度の4K撮影を実現したことが大きな特徴だ。(2017/4/2)

手帳型スマホケース「ウォレットS」が最大78%引きで買える――Spigenの週替わりタイムセール第6弾
SpigenのAmazonストアで、シリーズ別ケースの週替わりタイムセールの第6弾が開催される。今回は手帳型ケース「ウォレットS」がセール対象で、2月17日から23日まで同ケースを最大78%引きで購入できる。(2017/2/17)

Spigenの週替わりタイムセール、第4弾は「シン・フィット」シリーズが最大75%オフ
SpigenのAmazonストアが、シリーズ別のケース週替わりタイムセールの第4弾を開催する。今回は「シン・フィット」シリーズが最大75%引きで購入できる。期間は2月3日〜9日まで。(2017/2/3)

「Chromebook Plus」「Chromebook Pro」を先取りレビュー
Androidアプリが使えるSamsung製“高級Chromebook”が登場、価格に見合う価値はある?
「Chromebook Plus/Pro」はAndroidアプリやスタイラスペンが利用できるなど機能は豊富だが、価格は450ドル以上と、300ドル前後が主流のChromebookの中では少々値が張る。その“プレミアム”さは本物か。(2017/1/21)

Spigen、Amazonストアの週替わりタイムセール第2弾を開催 「ネオ・ハイブリッド」シリーズが最大65%引き
Spigenは、全デバイスを対象としたシリーズ別ケースの週替わりタイムセールを開催。第2弾は「ネオ・ハイブリッド」シリーズで、最大65%オフで提供する。期間は1月20日〜26日まで。(2017/1/20)

Samsung、Galaxy端末に「Android 7.0 Nougat」配信開始
Samsungが、まずは「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」への「Android 7.0 Nougat」のOTAアップデートを開始した。アップデート予定の端末リストも公開した。(2017/1/20)

「Galaxy Note7」→Samsung端末交換ユーザーに、約半額で次期モデル提供へ(韓国で)
Samsung Electronicsが、韓国の「Galaxy Note7」ユーザーに対し、「Galaxy S7/S7 Edge」と交換する場合は来年発売予定の「Galaxy S8」あるいは「Galaxy Note8」を半額で購入できるプログラムを提供する。(2016/10/25)

石野純也のMobile Eye(10月11日〜21日):
「MONO」を投入する狙い/Galaxy Note7の抜けた穴は?――ドコモの冬春モデルを読み解く
ドコモ冬春モデルで特に注目を集めたのが、一括648円という破格の値段を打ち出した「MONO」。購入サポートという仕組みを使って、価格面にまで工夫が及んでいる。一方、Galaxy Note7の販売が見送りになったのは、ドコモにとっても大きな痛手といえる。(2016/10/22)

「Galaxy」シリーズの多くと互換性を確保
徹底レビュー:安価で手軽に仮想現実世界を体験、Samsung「Gear VR」2016年モデル
Samsung Electronics「Gear VR」の2016年版では「Galaxy」シリーズの多くと互換性が確保された。スマートフォンと接続するだけで本格的な仮想現実(VR)体験ができる新型ヘッドセットの実力に迫る。(2016/9/25)

USB Type-C搭載、IP68相当の防水:
Samsung「Galaxy Note 7」を分解
iFixitが、Samsung Electronics(サムスン電子)の最新スマートフォン「Galaxy Note 7」を分解した。(2016/9/2)

水中でも「Pokemon GO」ができる
徹底レビュー:進化を遂げた「Galaxy Note7」、iPhoneファンの気持ちを逆なでする機能とは
「Galaxy Note7」は、大きなディスプレイ、生産性を向上するスタイラスペンなど、「Galaxy Note」シリーズの最新機種として進化を遂げている。その実力を確かめてみよう。(2016/8/13)

初代「ポケモンずかん」そっくりのスマホケースを米企業が開発 ボール投げ用ガイド付きでポケGOが捗るぞ
オーキド博士がくれた感すごい。(2016/8/10)

美しいカーブとSペンの機能拡張に注目――「Galaxy Note7」はココが進化した
Samsungの最新ノート型スマホ「Galaxy Note7」が発表された。ディスプレイは両サイドの角が取れたエッジデザインとなり、表と裏の両面が丸みを帯びている。Sペンも大きな進化を遂げた。外観や新機能を中心に写真でレポートしたい。(2016/8/3)

Samsung、VR HMD「Gear VR」新モデルを価格据置(99ドル)で発売へ
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」で使える新しい「Gear VR」を発表した。コネクタを変えれば他のGalaxyシリーズでも利用できる。視野角が広がり、デザインもかなり変わったが価格は99ドルに据え置きだ。(2016/8/3)

本体+Sペンが防水仕様、虹彩認証にも対応した「Galaxy Note7」登場
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」を8月19日に世界で発売する(日本での発売は未定)。左右の端が曲がったエッジディスプレイ(5.7型Super AMOLED)を採用。Sペンも防水・防塵対応となったほか、ペン先がさらに細く、筆圧感知も向上した。(2016/8/3)

Samsung、「Galaxy Note7」(Note 6ではなく)を8月2日に発表へ
Samsungの次期「Galaxy Note」は6ではなく「Galaxy Note7」になる。Galaxy S7/S7 edgeと統一し、混乱を避けるためだ。8月2日の発表イベントはライブストリーミングする予定。(2016/7/19)

石井英男の「週刊Gear VR」(第1回):
据え置き機と遜色なし!「GALAXY×Gear VR」で気軽に楽しめる“VR”の世界
VR元年といわれる2016年――さまざまなVR製品が市場に登場しているが、モノが高価だったり、ハイスペックPCが必要だったりと、いわゆる“フツー”の人が遊ぶにはまだまだハードルが高いのが現状だ。そこで注目したいのがGALAXYスマートフォンと組み合わせて使う「Gear VR」である。本連載では、Gear VRで実際にどんなアプリが楽しめるのかを紹介していこう。(2016/5/6)

「Gear VR」版「マインクラフト」、Oculus Storeで7ドルで発売
SamsungがOculus VRと共同開発したスマートフォン搭載型VR HMD「Gear VR」で遊べる「Minecraft(マインクラフト)」が、Oculus Storeで6.99ドルで発売された。Oculus Rift版も間もなく登場する見込みだ。(2016/4/28)

ベンチマークテストで分かった意外な実力
徹底比較: Windows 10“最強タブレット”「Surface Pro 4」に「Galaxy TabPro S」が挑戦、勝ち目は?
Windows 10タブレットの最高峰ともいえる「Surface Pro 4」。Samsung Electronicsの「Galaxy TabPro S」は、このSurface Pro 4にどこまで追い付き、また追い越せたのか。ベンチマークで比較する。(2016/4/24)

正しく理解すれば何万円も節約できる
欲しいスマートフォンをどう探す? スペックシートの“難解単語”にだまされない方法
スマートフォン新モデルは今後も数を増す一方だ。その中から自分に最適なモデルを見つけ出すために重要な手掛かりになるのが「スペックシート」だ。その活用次第では無駄な投資を大幅に節約できる。(2016/4/10)

プライバシーを守るAppleの姿勢も強調
「iPhone SE」と9.7インチ「iPad Pro」の登場を悔しがる人々の本音
Appleが3月21日(米国時間)に発表した「iPad Pro」の新モデルと「iPhone SE」は、既に「iPad」と「iPhone」を所有しているオーナーたちを悔しがらせているというが、はたして、それほどの“モノ”だろうか?(2016/3/30)

その価格に見合う実力を備えているか
徹底レビュー:iPhoneファンも欲しがる「Samsung Galaxy S7 edge」に死角はない?
かつてiPhoneに対抗しうる数少ないAndroidスマートフォンだったGalaxyシリーズに最新モデルが登場した。そのシェアは絶対的ではなくなったものの高い処理能力と個性的なデザインは健在だ。その実力を確かめてみる。(2016/3/20)

実機レポート
ソニーの新モデル「Xperia X」シリーズ、手になじむ5インチスマホの侮れない魅力に驚く
ソニーは「Mobile World Congress 2016」で、3つの新しいミッドレンジスマートフォンモデル「Xperia XA」「Xperia X」「Xperia X Performance」を発表した。実機インプレッションを紹介する。(2016/3/6)

「3D Touch」の活用は?
あえて探した、ビジネスで使う「iPhone 6s/6s Plus」のメリットとデメリット
新しく登場した「iPhone 6s」には、「3D Touch」など他社に盗まれそうな魅力的な新機能が搭載されている。(2016/1/24)

Samsung、「Galaxy Note5」のスタイラス逆向き収納問題に物理的に対処?
「Galaxy Note5」の、「S Pen」(付属のスタイラス)を逆向きに本体に挿入すると取り出せなくなってしまう問題が、最近の端末では改善されたようだ。(2016/1/19)

スマートフォンがデスクトップPCとしても使える
徹底レビュー:Windows 10スマホ「Lumia 950 XL」の“PC変身機能”に未来を見た
スマートフォンのアプリをWindows 10に近いユーザーインタフェースで使用できる機能「Continuum」。その機能に対応した「Lumia 950 XL」の実力とは。(2016/1/17)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター山根編):
新旧勢力のせめぎ合いで盛り上がった2015年の海外スマートフォン市場
海外メーカーのスマートフォンの日本上陸が相次いだ2015年。だがグローバル市場ではまだまだ日本で知られていない製品も多い。スマートフォン各メーカーの勢力図もこの1年で大きく変わった。新たなメーカーも魅力的なモデルを次々に送り出している。(2015/12/21)

「性能は下げない、小型化も諦めない」というソニーのこだわり
徹底レビュー:「Sony Xperia Z5 Compact」、“小さな巨人”がiPhoneと比較されない理由
「Sony Xperia Z5 Compact」は、標準サイズの「Xperia Z5」に匹敵する高性能を備えながら、コンパクト化が図られている。流行の大型スマートフォンを好まない人にとっては、間違いなく選択肢に挙がる製品になるだろう。(2015/12/19)

あらゆる端末で仮想モバイルアプリを使用可能に
iPhoneでWindowsアプリを実行、瞬く間に製品が増えた「VMI」の全て
仮想モバイルアプリを使えば、端末とデータのセキュリティを強化できる。これを実現するのが、先行技術のVDIとよく似たVMIだ。(2015/12/16)

Samsungの「Galaxy S7」は「Type-C」ポートでForce Touchのような機能を搭載?
Samsungが2016年3月に次期フラッグシップ端末「Galaxy S7」と「Galaxy S7 edge」を発売し、それぞれiPhoneのForce Touchのような感圧機能と最新Nexus端末と同様のType-Cポートを備えると、Wall Street Journalが報じた。(2015/12/15)

ソフトウェアでiPhoneを凌駕できる?
サムスンは逃げるAppleの“尻尾”に触ることができるのか
韓国Samsung Electronicsは、モバイル部門のトップを交代した。彼に与えられた任務はハードウェアではなくソフトウェアでGalaxyがAppleのiPhoneを凌駕すること、というが?(2015/12/15)

「Snapdragon 820」の性能はどれだけ向上したのか?――リファレンスモデルで試した
Qualcommの次期プロセッサ「Snapdragon 820」は、CPUの性能が810と比べて2倍向上したとされているが、実際はどうなのか? 開発者向けのリファレンスモデルでベンチマークをしてみた。(2015/12/11)

サムスンが「GALAXY」冬モデルを発表――スマホはフラッグシップ不在も“IoT”に注力
スマートフォン、ウェアラブル、ヘッドマウントディスプレイ、マルチメディアデバイスを発表。GALAXYブランドでは「先進的である」「挑戦している」「遊び心のある」ことを重視し、IoTの普及に努める。(2015/12/8)

Samsung、「Gear VR」向けWebブラウザ公開 目線でも操作可能
Samsungは、11月に米国で発売したコンシューマー版VR HMD「Gear VR」向けのWebブラウザ「Samsung Internet for Gear VR」を発表した。見つめることでメニューを選択できる「Gaze Mode」や音声入力で操作し、360度/3D動画を楽しめる。(2015/12/2)

標準規格はQiか、Powermatか
次の“かっこいい”技術「ワイヤレス給電」を比較、iPhone採用はいつ?
スマートフォンで対応が進むワイヤレス給電。現時点では2つの規格が標準の座を争っている。これまでは先行するQiが優勢だったが、ここにきてPowermatもスターバックスなどを味方にして巻き返しを図っている。(2015/11/20)

携帯料金はどうなる? 端末やサービスの戦略は?――NTTドコモ加藤社長に聞く
携帯料金見直しの議論がなされている中で、ドコモはどんなスタンスで取り組んでいくのか。さらなる低容量プランは生まれるのか? また、端末やサービスはどのような戦略で取り組んでいくのか。加藤社長に聞いた。(2015/11/18)

“ぐっ”と操作してグッ!となる
iPhone 6sで「お、これ便利」と思わずいいたくなる「3D Touch」テクニック集
最新のiPhoneで新たに加わった「Peek」「Pop」。フリックだけだった2次元操作の世界から“押す”ことができる3次元操作によってiPhoneの可能性は、みんなが今思っている以上に広がるはずだ。(2015/11/14)

「Samsung Gear VR」のコンシューマー版、米国で11月20日に出荷へ
SamsungがOculus VRと共同開発しているGalaxy端末を装着して使うVR HMD「Gear VR」のコンシューマー版の予約受け付けが米国で始まった。11月20日から出荷する。価格は99.99ドルだ。(2015/11/11)

仕事に使えるiPhone 6sの機能をチェック
「iPhone 6s」の“最も歓迎すべき新機能”はこれだ
カメラ機能の強化や無線LANの高速化など、さまざまな新機能が盛り込まれた「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」。仕事に役立つ機能をチェックしよう。(2015/11/10)

“帯に短したすきに長し”をどう克服するか
iPhone 6sの「Live Photos」でクールな“動く写真”を撮影したい、失敗しないコツは?
3D TouchとともにiPhone 6sとiPhone 6s Plusの重要な新機能としてAppleが訴求する“動く写真”は、その見た目のインパクトで分かりやすいものの、使いこなすには静止画とも動画とも異なるセンスが必要だ。(2015/11/3)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
フラッシュメモリの劣化をできれば止めたい
利用場面が急速に拡大しているフラッシュメモリですが、そのメリットを享受するためには劣化に十分注意する必要があるそうです。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/10/30)

デザイン、パフォーマンス、バッテリーなど9項目を比較
徹底比較:「iPhone 6s Plus」が唯一「Galaxy Note5」に劣る点と、それでも揺るがない結論
大型スマートフォンの中で高い人気を誇る「iPhone 6s Plus」と「Galaxy Note5」。米TechTargetが主要な9項目の要件で徹底比較。どちらがより優れていたのだろうか。(2015/10/25)

石野純也のMobile Eye(9月28日〜10月9日):
カギを握るのは「Nexus」と「ミッドレンジ」――ドコモとソフトバンクの冬春モデルを読み解く
この2週間でドコモとソフトバンクが、2015冬-2016春商戦向けの新製品を続々と発表した(KDDIは未定)。今回は両者がNexusシリーズを扱ったり、ミッドレンジが増えたりと、これまでと違った特徴も見えてきた。(2015/10/10)

生体認証も充実:
「プレミアムからカジュアル、タフネスまで」ドコモ冬春モデルの狙い “Marshmallow”対応も迅速に
ドコモが冬春モデル発表会を開催し、加藤社長が「4Kスマホ」を始めとする新端末や「PREMIUM 4G」の高速データ通信をアピール。ラインアップの狙いを説明した。(2015/10/2)

「Android 6.0 Marshmallow」は10月4日の週にリリース
Googleが、次期モバイルOS「Android 6.0 Marshmallow」を10月4日の週からまずNexus端末でのOTAアップデートを開始すると発表した。主な新機能を紹介する。(2015/9/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。