ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ガンガン学割」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ガンガン学割」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ITライフch:
携帯電話の「学割」はいつ始まった?その歴史と意義とは
携帯電話業界が1年で最も盛り上がる春商戦のシーズン。春商戦の目玉となるのは、学生を主要ターゲットとした「学割」だといえます。今回は、携帯電話業界における「学割」について解説します。(2017/3/24)

春商戦へ向けて新規契約が増加、PHSも純増に――2011年2月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が発表した2011年2月末時点での携帯電話・PHS契約数は1億2191万1800件。前月比で0.6%の増加となっている。3月の春商戦へ向けて各社とも純増を増やしており、純減が続いていたウィルコムのPHSも純増に転じた。(2011/3/7)

au「ガンガン学割」を改定、ISフラットの上限が月額4935円に
auの学生とその家族向けのキャンペーン「ガンガン学割」が、3月利用分から改定される。これまでの基本料金390円オフに加え、「ISフラット」の定額料から525円が割り引かれる。(2011/2/9)

KDDI、「ガンガン学割」「auひかり de ケータイ割引」を開始
KDDIがau向けの割引キャンペーンとして、学生とその家族向けの「ガンガン学割」、およびauひかり新規契約者向けの「auひかり de ケータイ割引」を1月28日から5月31日まで実施する。(2011/1/13)

春商戦明けも各社引き続き好調――2010年4月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が5月12日、2010年4月末時点での携帯・PHS契約数を公表した。携帯電話とPHSの契約数を足した総計約数は1億1675万2400契約。(2010/5/12)

2G停波でソフトバンクモバイルが純減――2010年3月契約数
1年を通して最大の商戦期となる3月の携帯・PHS契約数は、2G(PDC)サービスを停波したソフトバンクモバイルが純減となったほかは、各社とも大きな純増を記録した。(2010/4/7)

ドコモが純増1位、KDDI、ソフトバンクも好調――2010年2月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が3月5日、2010年2月末時点での携帯・PHS契約数を発表した。総計約数は1億1568万6400件。今月は春商戦を迎え、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社がそろって10万以上の純増を記録している。(2010/3/5)

大学生も半額、適用は無期限――「新ウィルコム定額プランS」改訂
22歳以下と学生は無期限で基本料金1450円――。ウィルコムが「新ウィルコム定額プランS」の改訂を発表。携帯電話事業者が展開する学割に対抗する。(2010/2/9)

ドコモも学割 au対抗、月額390円から
ドコモがau対抗で学割キャンペーン。学生とその家族の基本使用料が3年間、月額最低390円になる。(2010/1/26)

ドコモ、「タイプシンプル学割」を発表――学生と家族の基本料金が月額390円〜に
KDDIに続き、ドコモも学割キャンペーンを発表した。「タイプシンプル学割」に申し込むことで、基本料金が最安で390円に割り引かれる。iモード契約をすれば「メール使いホーダイ」も利用できる。(2010/1/26)

auの春商戦は“スマホなき戦い”――「ほかの市場で勝負」とKDDIの小野寺氏
「スマートフォンが出遅れたのは事実。春商戦はほかの市場で戦う」――。KDDIの小野寺氏は、携帯電話の春商戦に向けた戦略をこう説明した。すでに発表済みの春モデルのほかに、新たな端末を発表する模様だ。(2010/1/25)

“学割のau”をもう一度 「ガンガン学割」月額基本料390円から、家族も対象
“学割のau”復活へ――KDDIは学生とその家族の基本使用料が月額最低390円になる「ガンガン学割」を春商戦で投入する。(2010/1/20)

「SOLAR PHONE SH002」に新色シャイニーピンク
KDDIが「SOLRA PHONE SH002」に、春商戦向けの新色、シャイニーピンクを追加した。2月上旬以降に販売する。(2010/1/20)

学生と家族、ガンガンメールの利用料が最大3年月額705円からに――KDDIの「ガンガン学割」
KDDIが2月9日から、学生とその家族を対象とする割引キャンペーン「ガンガン学割」を実施。期間中に申し込むと最大3年間、基本使用料から月額390円を割り引く。(2010/1/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。