ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「gooメール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「gooメール」に関する情報が集まったページです。

「gooメール」無料版終了 有料版に一本化
「gooメール」の無料版が来年3月10日に終了。有料版に一本化する。(2013/9/5)

gooIDで不正ログイン発生、約3万アカウントに被害の疑い
運営元のNTTレゾナントがログインロックを実施し、ユーザーにパスワード変更を呼び掛けている。(2013/4/3)

「gooメール」にログインできない状態、約13時間で解消 人為ミスでサーバ停止が原因
「gooメール」で1月15日正午ごろから起きていたログインできない障害は、16日午前1時18分ごろ解消し、ログインできるようになった。[update](2013/1/16)

「gooメール」全機能が利用できない障害
「gooメール」で1月15日正午ごろから、ログインやメール送受信などすべての機能を利用できない障害が発生している。(2013/1/15)

ドコモ、「ドコモwebメール」を8月下旬に終了
ドコモは、iモードユーザー向けに提供していた無料のWebメールサービス「ドコモwebメール」を8月27日に終了すると発表した。送受信したメールの保存方法については、別途案内されるという。(2012/3/5)

gooメール不具合、1カ月以上続く 6月中の解消目指す
gooメールで3月末のリニューアル以来、さまざまな不具合が報告されている。6月中にすべての不具合を解消したいという。(2010/5/10)

ドコモ、iMenuに「乗換」「テレビ」「本・雑誌」「webメール」を追加
NTTドコモが4月14日、ポータルサイト「iMenu」に新たなボタンを追加した。「乗換」「テレビ」「本・雑誌」「webメール」の4つのサービスにダイレクトにアクセスできる。(2010/4/14)

複数PCメールを一括管理、着信通知はiモードメールで――ドコモ、無料のwebメール提供
ドコモが4月14日から、Gooメールを活用した無料のWebメールサービス「ドコモwebメール」を提供。iモードメールとPCメールを一括管理でき、PCメールの着信はiモードメールで通知される。(2010/3/29)

PCとドコモ携帯で無料Webメール 「ドコモwebメール」
PCとドコモ携帯から送受信できる無料のWebメールサービス「ドコモwebメール」がスタート。「gooメール」のプラットフォームを活用した。(2010/3/29)

今後、iPhone版/Android版も:
Google参入「ウェルカム」──「一太郎+ATOK 2010」の“日本語表現力”はどこにも負けない
ジャストシステムは、2010年度版一太郎、ATOKを含む新製品群を発表。Google日本語入力を“歓迎”するとし、今後、iPhone版やAndroid版ATOKの投入も予定する。(2009/12/8)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第19回 「モバイルGmail」を使ってPCメールをケータイで利用する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第19回では、PCメールをケータイで確認する方法として「モバイルGmail」を紹介する。(2009/3/10)

Webブラウザでデスクトップ環境を擬似的に実現――gooラボで実験
ネットワーク上のデスクトップ環境をAjaxを用いてWebブラウザ内に擬似的に実現する「ウェブデスクトップ」の共同実験が、gooラボで始まった。(2007/3/15)

達人の仕事術:
「明日できることは今日やるな」2ちゃんねる管理人・西村博之さん
最近では1日1億5000万前後のPVを誇る巨大掲示板「2ちゃんねる」。その管理人・ひろゆきさんの知られざる仕事術に迫る。(2006/7/7)

goo、大容量Webメールやブログなど有料サービス「gooアドバンスパッケージ」
NTTレゾナントは、ポータルサイト「goo」で、大容量のWebメールやブログサービス、携帯電話による楽曲検索サービスなどの有料パッケージの提供を今日から開始した。(2004/12/15)

Blog付加価値の新たな方向性、gooブログがアドバンスサービスを開始
gooブログのNTTレゾナントは15日、大幅な機能拡張を行った「gooブログアドバンス」を月額290円で開始。3カ月間無料のキャンペーンも行う。(2004/12/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。