ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グーパス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グーパス」に関する情報が集まったページです。

小田急、子供がPASMOで改札を通過すると親に通知するサービス
小田急電鉄は、PASMOでの自動改札機通過を保護者の携帯電話にメールで知らせる「小田急あんしんグーパスIC」を発表した。12月12日より開始する。(2007/12/3)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(11)〜ソーシャルとライフログの交差点を目指す
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。米国で大学生を中心に急成長し、会員数5200万人以上を誇るSNS「Facebook」が狙う、ソーシャルメディアとライフログの融合とそれに基づくレコメンデーションについて2回に渡り考察します。(2007/11/26)

第3回ネットKADEN大賞の一般投票、受け付け開始
経済産業省は第3回となる「ネットKADEN大賞」のノミネート事例を公開、一般投票の受付を開始した。(2007/7/30)

「FeliCa決済+ポイント・クーポン」を考えるセミナー、4月26日に開催
電子マネーやクレジット決済など、FeliCaを利用した決済の“次のフェーズ”として注目を集めるのが、決済に連動したポイントやクーポンだ。PiTaPa、マクドナルド、PASMOのキーマンが集うセミナーが開かれる。(2007/4/5)

IC CARD WORLD 2007:
2007年はおサイフケータイがライフスタイルを変える年――フェリカネットワークスに聞く
携帯向けのモバイルFeliCaについて、ソリューションや各種サービスを手がけるフェリカネットワークス。おサイフケータイビジネスの主役である同社から見た2007年、そしてIC CARD WORLD 2007の見どころについて聞いた。(2007/3/7)

Interview:
公共交通事業者が、地域社会の安心のために何かできないか――PiTaPaグーパスに聞く
児童が巻き込まれる悲惨な事件が頻発している昨今、子どもの安全を確認したいというニーズはとても大きい。半年で1890円という利用しやすい値段で親に安心を提供する「PiTaPaグーパス」は、“公共交通にできる地域の安心とは?”という思いから生まれたサービスだ。(2006/8/31)

Interview:
優れたサービスは「関西のお客さん」が育てる――スルッとKANSAIに聞く(後編)
関西の私鉄やバスで利用できる「PiTaPa」は、東京でSuicaを日々使っている身からすると羨ましいほどよくできたサービスだ。「便利に使ってもらうことで公共交通利用の促進を目指す」というその便利さはどのように生まれたのだろうか?(2006/4/12)

PiTaPaグーパス、自動改札と連動したコンテンツ配信サービス
(2004/7/27)

スルッとKANSAIとオムロン、自動改札機連動の情報配信で合弁会社設立
(2004/3/12)

グーパス、サービス開始1年で3万7000人を突破
(2004/2/17)

eビジネスが生み出すエクスペリエンス(8):
エクスペリエンス創造を成功に導く3つの条件
(2002/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。