ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「五反田電子商事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「五反田電子商事」に関する情報が集まったページです。

iPad活用のアンケート実施から集計までをワンストップで――「ミライタッチQuick」が集計ソフトと連携
iPadを利用したアンケートシステム「ミライタッチQuickアンケート」が集計ソフトと連携。アンケートの作成からサンプル取得、集計までをワンストップで行えるようになった。(2012/11/14)

五反田電子商事のiPad用アンケートシステム、導入企業が500社突破
五反田電子商事の「ミライタッチQuickアンケート」導入企業が500社を突破。新たなオプション機能が1年間使い放題になるキャンペーンを実施する。(2012/9/5)

iPadでクール・ビズのアンケート――大丸松坂屋9店舗で展開
大丸松坂屋百貨店が、iPadを活用した店頭アンケートを実施。9店舗で展開するもので、五反田電子商事のアンケートアプリを採用した。(2012/4/25)

iPadでアンケート、手書き入力が可能に――「ミライタッチQuick」
五反田電子商事のiPad対応アンケートアプリが手書き入力に対応。MetaMoJiとの協業で実現した。(2012/4/17)

カタログ、アンケートに“iPadならでは”の付加価値を――五反田電子商事の「ミライタッチQuick」
ビジネス用途のタブレット活用でニーズが高い、カタログとアンケート。この2つのアプリに、“iPadならでは、通信対応ならでは”の機能を盛り込んだのが、五反田電子商事のクラウド型サービス「ミライタッチQuick」だ。(2012/3/22)

Mobile IT Asia タブレットセミナーの登壇者決まる
3月14日に開幕するビジネスイベント「Mobile IT Asia」で、タブレット端末のセミナーが開催される。幅広い分野の導入事例を紹介しながら、効果的な活用方法や今後の課題を探る。(2012/2/27)

洋服の商品カタログをiPad対応に――「ミライタッチQuickファッションカタログ」
五反田電子商事が、iPadを店頭のデジタルカタログとして活用するためのアパレル企業向けiPadアプリをリリースした。(2011/9/12)

iPadで動画を見ながらExcelを学習――PC教室のアビバがアプリをリリース
五反田電子商事が、PC教室のアビバとiPad向け学習アプリを開発。PC上の操作を動画で見ながらExcelの関数やグラフ作成を学べる。(2011/9/9)

「ミライタッチ for iPad」に店頭でSKU在庫数が確認できる新アプリ
iPad向けタッチパネル対応店舗販促ソリューション「ミライタッチ for iPad」の新機能として、店頭で各商品の店舗別SKU在庫数を確認できるiPadアプリが追加された。(2011/3/10)

iPadでリアルタイム集計のアンケートを 五反田商事のサービスが仏で採用
繊研新聞社が、iPadでリアルタイム集計のアンケートを行える五反田商事のASPサービスを採用。仏で開催されたイベントで好評を博したという。(2011/2/21)

iPadで現場の“生きたノウハウ”を共有――リアル店舗の新たなIT活用の姿
五反田電子商事の店舗販促ソリューション「ミライタッチ for iPad」の新サービスは、iPadを活用してリアル店舗における“店員間のノウハウ共有”を簡単に実現するものだ。Twitterのような感覚でリアルタイムに情報共有ができるという。(2010/12/9)

Androidに対応した接客支援ソリューション「ミライタッチ for Android」
五反田電子商事は、Androidアプリの企画・開発から運営までをトータルに行うAndroid向け接客支援ソリューション「ミライタッチ for Android」の提供を開始した。(2010/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。