ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「販売促進」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ドコモがdポイント/d払い加盟店向け「スーパー販促プログラム」を1月28日から提供
NTTドコモが導入を表明していたdポイント/d払い加盟店向けの販売促進支援プラットフォームの稼働開始日が1月28日に「決まった。同プラットフォームを通したユーザーへのクーポン配信は2月1日から始まる予定だ。(2021/1/27)

営業のデジタル販促 反応をヒートマップですぐに可視化 富士通の新ツール
富士通は、メールやSMS、メッセージングアプリなどのデジタルチャネルを通じて送付した販促物に対する顧客のコンテンツ閲覧状況を可視化、分析する新サービス「Finplex eXgrow」を提供開始した。顧客の興味を可視化し、デジタルな非対面営業を支援する。(2021/1/19)

ゼーレの「モノリスお面」データ公開 講談社「エヴァンゲリオンステッカーブック」販促で
「ゼーレ」を再現した「モノリスお面」の画像データを講談社が公開。「SOUND ONLY」の表示もリアルに再現した。(2021/1/15)

すき家の福袋は1500円で1500円分のクーポンがついてくる! レアグッズも入った「SMILE BOX 2021」発売
没ポスターが見られる「販促カレンダー」もアツい。(2020/12/22)

今日のリサーチ:
製造業界の営業・販促 回答者の4割がオンライン展示会に「出展したことがある」――マーケライズ調査
オンライン展示会への出展状況と今後の出展意向を聞いています。(2020/12/16)

【大人だけど子ども向けアニメファンインタビュー】玩具を売る気がない玩具販促アニメ『人造昆虫カブトボーグ V×V』が定期的に見たくなる
2007年放送終了。もう令和ですが、今でも非公式ファンイベントが行われているとか。(2020/11/30)

組み込み採用事例:
駅ナカコンビニで有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始
JOLEDは、JR東日本リテールネットと共同で、有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始した。JR東日本エリアの駅ナカ店舗に有機ELディスプレイを設置し、その特長を生かして省スペースで見やすい広告、販促表示に利用する。(2020/11/17)

店舗から顧客にクーポンやメッセージを配信 dポイント&d払い加盟店向け「スーパー販促プログラム」
NTTドコモは、2021年1月下旬に「dポイント」「d払い」加盟店の販売促進活動を支援するマーケティングプラットフォーム「スーパー販促プログラム」を提供開始。加盟店の効果的な販売促進活動をサポートする。(2020/11/5)

NTTデータ、AIで保険販売を支援するサービス 受注されやすい提案をタブレットの操作ログから分析
NTTデータが、保険販売員のタブレット端末の操作履歴をAIを使って解析するサービスを10月1日から提供する。資料の閲覧時間などから契約を獲得できた要因を分析し、得られたデータを販売促進に役立てる。(2020/9/30)

遠隔で従業員が操作:
売り場でアバターが接客 伊藤園「日本茶の日」に合わせ新しい販促活動を実施
伊藤園は遠隔操作で動くアバターを活用した店頭での販促活動を実施する。10月1日の「日本茶の日」に合わせた企画で、売り場に人が立つことなく客と対話することができる。(2020/9/29)

スーパーマーケットから店員が消える? バーチャル接客が生む意外なメリットとは
「スーパー木田屋」を運営する木田屋商店は、スーパーの接客において、デジタルサイネージを利用したコミュニケーションツール「T-Concierge」を導入したと発表した。バーチャルな接客から生まれる販促効果とは。(2020/9/24)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
なぜ「原価率300%」の料理を出すのか? コロナ後の飲食店に求められる「メニューの会計力」
コロナ後の飲食店に求められるのが、メニューを会計的に見直す力「メニューの会計力」だ。この力を高めてコロナ後を乗り切っていくことが必要になる。メニューに会計的視点を取り入れて、「広告宣伝費的な視点」「接待交際費的な視点」「販売促進費的な視点」によって、話題を作り、再来店を促し、回転率を上げて来客を促し、顧客を開拓するのだ。(2020/7/23)

「IQOS 3 DUO 数量限定新色 “涼”モデル」世界先行発売 アーティストとのコラボで販促
フィリップ モリス ジャパンは6月30日に、「夏に向けた3つの新製品・プロモーション戦略」第2弾として、夏の涼を感じさせる限定カラーの「IQOS 3 DUO 数量限定 “涼” モデル」を発売した。(2020/7/2)

グッズ販売を支援する「クリエイターECグッズサポート」開始 イベントやライブ中止で収入が激減するクリエイターを支援
グッズ・ノベルティ企画製作サービス「販促ワールド」を展開するメイドバイジャパンは、アーティストやクリエイターが簡単にグッズ製作・販売できる新サービス「クリエイターECグッズサポート」を開始した。(2020/6/23)

サイバーエージェント、マーケティングのDX専門組織を設立 店舗の販促などにAI活用
サイバーエージェントは、従来の広告活動に限定しない、マーケティングのDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進する組織「DX Opportunity Cente」を設立した。(2020/5/18)

Xiaomi、プロモーション動画で「思慮に欠けた表現があった」と謝罪
Xiaomiが、海外で発表した新製品のプロモーション動画で「思慮に欠けた表現があった」として謝罪した。社内に監査委員会を立ち上げ、「今後全ての販促資料を慎重に作成し、審査する」という。同社は「世界中の方々およびあらゆる文化を尊重する」としている。(2020/5/8)

発注業務の効率化や廃棄ロス削減を支援:
キンコーズ、フランチャイズ向け資材管理「鬼ラク!クラウド」を開始 
キンコーズは、フランチャイズビジネスを展開する企業向けに、資材管理サービス「鬼ラク!クラウド」の提供を開始した。加盟店で必要になる販促物の発注、承認、リアルタイム在庫管理などを一元管理でき、業務効率化や廃棄ロス削減を図ることができる。(2020/4/14)

道路使用許可なし、警察の職質シーンも――富士フイルムのカメラ販促動画炎上、削除までの一部始終
富士フイルムがYouTubeで公開したカメラのプロモーションビデオがTwitter上で「盗撮を推奨しているようだ」と指摘され、炎上した。PVの企画意図から配信停止までのいきさつを同社に聞いた。(2020/2/7)

東京本社で業務:
ドミノ・ピザが日給100万円の最高チーズ責任者を募集 動画販促の強化
ドミノ・ピザが最高チーズ責任者を募集。日給は100万円で雇用形態は執行役員。動画を通して「ウルトラチーズ」の販促を行う。(2020/1/31)

「X(クロス)インテリジェンス・センター」を本格稼働:
DXのためのデータ活用でコンサルティング提供、ITベンダーの役割を模索する日本マイクロソフト
日本マイクロソフトは2020年1月23日、デジタルトランスフォーメーションのためのデータ活用で、専門部隊が企業に対しコンサルティング/アドバイスを提供する日本独自のプログラム、「X(クロス)インテリジェンス・センター」の本格稼働を開始した。一般的なコンサルティング/販促活動とは異なる方向性を模索しているようだ。(2020/1/24)

AIカメラで来店客を識別し、最適な広告をリアルタイム配信――凸版印刷が自動販促プラットフォームを実用化
凸版印刷は、店舗内での来店客の行動や特性に合わせて広告を最適化できる自動販促プラットフォームを開発した。実証実験を経て2020年1月から新規サービスを展開予定だ。(2019/11/29)

戦場はテレビからヨーグルトへ:
ソニーから森永乳業に転じたエリート女性マーケッターがつかんだ「販促の勝ち筋」
マーケッターの勝ち筋は一筋縄ではいかない。ソニーから森永乳業に転じ機能性ヨーグルト販促に奮闘したとある女性担当者は、どう立ち向かったのか。(2019/9/26)

PR:販促キャンペーンでユーザーが一番欲しいのは現金 現金の送金を簡単にする送金サービス「CASH POST」
販促キャンペーンでのインセンティブとして、金券やプレゼントなどを想定しがちだが、ユーザーが最もほしいのは実は「現金」だ。しかし、現金でのキャッシュバックは、実施しようとすると、社内での業務負荷が大きいだけでなく、個人情報を明かさなければならないユーザー側の不安も大きい。イーコンテクストの「CASH POST」(キャッシュポスト)を使えば、従来の送金方法と比較して業務負荷をほとんどかけずに送金が可能となる。(2019/9/25)

経産省、スマートホーム事業者に“販促”補助金 割引キャンペーン実施を後押し
経済産業省が、IoT機器を活用したスマートホーム向けサービスを展開する事業者に補助金を与える制度「LIFE UP プロモーション」を10月1日から始める。(2019/9/24)

TmallとJD.comに対応:
独身の日に向けた中国デジタル販促支援サービス「種草 W11」、イーライフが提供開始
中国人消費者にとって影響力の高い日本人消費者の口コミコンテンツとターゲティング広告で出品場所に誘導。(2019/9/12)

物流のスマート化:
PR:段ボールも自社で自由に作る時代! 物流現場の人を生かす「オンデマンド段ボール」
100年以上にわたり梱包資材や店頭販促物などの開発や製造に携わってきたタナックスが、段ボールと梱包の常識を変えるべく取り組んでいる。規格品をたくさん仕入れて倉庫にストックしておくものだった段ボールだが、実はオンデマンド化できる技術が既にある。数個〜小ロットの製品、長尺・異形の製品、多数のラインアップを取り扱うようなメーカーや通販事業者を悩ませていた梱包や物流の問題が、これで一気に解消する。長い歴史で積み重ねた技術を生かしつつも、これまでのやり方にはこだわらない、タナックス流の製品とは。(2019/9/2)

ゲーム「メタルウルフカオス」主人公機の精巧な紙模型が無料公開 「組み立て目安約80時間」の難しさがフロムらしい
さすが高難易度ゲームでおなじみフロム・ソフトウェア、販促物でも心を折ってくる。(2019/8/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
完敗としか言いようがない日産の決算
ズタズタの決算内容だった日産。一つの要因は、北米で販売促進費用(インセンティブ)をつぎ込んで売り上げを伸ばそうとしたことにあるのではないか。対策として、22年にはモデルラインアップの半数を電動化車両にするというがバッテリー供給は大丈夫か。20車種の新型を出すというのも、短期間で作られる新車は大丈夫なのか?(2019/5/20)

ラストワンマイルの販促で売り上げ向上と省人化を実現:
サイバーエージェント子会社、イオン九州と棚前デジタルサイネージの「広告視聴率」計測実験
商品棚前の消費者の「広告視聴率」と「視聴時間」を計測。サイネージ販促による来店客当たりの購買単価の変化と、売り上げ向上に効果的な販促動画広告のクリエイティブのパターンを検証する。(2019/4/26)

今日のリサーチ:
B2B企業の広告・販促施策、Web広告が中心に――東京アドエージェンシー調べ
東京アドエージェンシーは、B2B企業の広告活用実態調査を実施しました。(2019/3/14)

ディズニー傘下の動画やコンテンツが見放題、使い放題――「Disney DELUXE」始動 月額700円で3月26日スタート
ディズニー傘下の「ディズニー(Disney)」「ピクサー(Pixar)」「マーベル(Marvel)」「スターウォーズ(STAR WARS)」ブランドの動画やコンテンツが見放題、使い放題となる定額サービスが3月26日にスタート。認証や決済、販売促進面でNTTドコモがサポートする。【更新】(2019/3/7)

ヤフー、PayPayを新ビジネス創出にも活用 狙いは販促市場の取り込み
ヤフーの川邊健太郎社長が決算説明会で今後のヤフーの方針を発表。モバイル決済サービス「PayPay」と同社のオンラインサービスを掛け合わせて、新しいビジネスの創出を狙う。(2019/2/5)

広告から統合マーケティングソリューションへ:
PayPay活用で15兆円の販促市場取り込みへ、ヤフー川邊 健太郎社長が今後の成長見通しを語る
ヤフーが2018年度第3四半期の決算説明会を開催。ここでモバイルペイメントを含む各事業の進捗(しんちょく)と今後の成長に向けた戦略が明らかにされた。(2019/2/5)

廃棄問題でゆれる:
恵方巻きという「伝統」を作ったのは誰か 販促キャンペーンの死角
華々しい宣伝の一方、廃棄問題にも揺れる恵方巻き。本来は大阪の一部の風習にスーパーやコンビニが目を付けキャンペーンで全国区に。(2019/1/31)

製造マネジメントニュース:
IoTソリューションの共同開発・販売促進で協業
NECとウフルは、IoT関連ソリューションの共同開発と販売促進で協業する。ウフルのIoTオーケストレーションサービス「enebular」とNECのIoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」を連携させ、ユーザーのデータ活用型の新事業創出を支援する。(2019/1/24)

グルメサイト頼み、変える:
ワタミが“ビッグデータ集客”に挑む深い理由
ワタミがビッグデータを活用した集客実験を開始した。予約システムのIT化を図りデータを集積。グルメサイトばかりに依存しない販促を模索。(2018/12/21)

CMの効果てきめん:
ファミマの焼き鳥が“香取慎吾効果”で中年女性の心を鷲づかみ
ファミマが8月に看板メニューである「炭火焼きとり」をリニューアルした。販促のために香取慎吾氏を起用したCMを流したところ、客層に大きな変化があったという。(2018/9/12)

特集「第6回 店舗販促EXPO 夏」:
POPや店舗什器など販促市場でも進むデジタル化、「店舗販促EXPO 夏」レポート
2018年販促・マーケティング総合展 夏 内の「第6回店舗販促EXPO 夏」が2018年7月4〜6日、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された。(2018/7/12)

応募と同時にシェアで認知獲得にも貢献:
LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューとして、即時抽選ができるキャンペーンプラットフォーム「LINEインスタントウィン」を提供開始した。(2018/5/18)

ショーケースのガラスに透過映像を映し出せる「透明サイネージ」
impactTVは、透過映像の表示機能を備えた店頭販促用サイネージ「透明サイネージ」を発表した。(2018/4/9)

東急電鉄がモバイル決済サービス「.Pay」提供 カード不要でクレジット決済
東急電鉄が、新たなモバイル決済サービス「.pay(ドットペイ)」を開発。4月から法人向けに販売する。企業や店舗が提供する販促やクーポンのアプリに、クレジット決済機能を搭載できる。(2018/3/14)

リテールテックJAPAN2018:
ローソンも検討中のIoTデジタル販促サービス、「Kinect」をTOFセンサーに変更
SBクリエイティブは、「リテールテックJAPAN 2018」の日本マイクロソフトブース内において、インストア向けのIoTデジタル販促サービス「インテリジェント・ラベル」のデモを披露した。ローソンが次世代コンビニと位置付ける「オープンイノベーションセンター」での取り組み事例になる。(2018/3/13)

「後日、会見で詳細明かす」:
HISが格安スマホ市場参入か 「旅行」とセットの独自プランも
HISが格安SIM市場に参入すると一部が報道。旅行商品とセットにした独自色の強い料金プランを打ち出すという。日本通信と提携し、販売促進を担う新会社の設立も検討中という。(2018/2/6)

カード会員向けに新アプリ:
東北のドラッグストアチェーン、歩数計アプリで販促
東北地方でドラッグストア239店舗を展開する薬王堂が会員向けに新たなスマートフォンアプリ「歩いてマイル」を提供する。店舗での商品購入を促したい考えだ。(2018/1/15)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
KPI設計は「販促指標」と「投資指標」の両面から考える
通販業界一筋20年以上、ダイレクトマーケティングのエキスパートとして知られる著者が、デジタル時代のマーケターに向けてEC・通販の本質を伝授します。(2017/12/28)

Audi A4セダンの販促キャンペーンを支援:
モバ―シャル、アウディジャパン販売のキャンペーンにおいて168通りの「パーソナライズド動画広告」を実施
モバーシャルはアウディジャパン販売の販促キャンペーンにて、ユーザーセグメント別に168通りの動画パターンの生成から広告の設定まで全自動で行う「パーソナライズド動画広告」を実施した。(2017/12/27)

販促シナリオの設計を自動化:
日立製作所、AIを活用した「マーケティングオートメーションサービス」を提供開始
日立製作所は、AIを活用し販促シナリオの設計を自動化する「マーケティングオートメーションサービス」を提供開始した(2017/11/1)

目にした商品を欲しいと思ったその瞬間に購入:
凸版印刷、カタログのQRコードで即時決済できる物販支援決済サービスを提供
凸版印刷は、販促媒体に商品紹介と合わせて専用のQRコードを掲載することで商品販売を実現する物販支援決済サービスの提供を2017年11月1日に開始する。(2017/10/23)

販促領域の支援強化に新組織:
サイバーエージェント、「次世代ブランド戦略室 販促部門」および「販促革命センター」を設置
サイバーエージェントは、インターネット広告事業において、企業の販促支援を強化するとともに、専門部署を新たに設置したと発表した。(2017/9/15)

GMO TECHとアクアビットスパイラルズが実証実験:
海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。現地で担当者に聞いた。(2017/8/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。