ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「販売促進」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

医療機器ニュース:
神経再生誘導チューブを米国市場へ積極展開
東洋紡は、同社が開発した「神経再生誘導チューブ」を、人工神経の世界市場の約7割を占める米国市場へ積極展開する。Synovis Micro Companies Allianceと連携し、米国で開催する学会を通じて販促活動を推進する。(2022/5/12)

流通小売向け販促支援サービス:
店頭POPやWebサイトなどの販促情報をSaaSで一元管理 凸版印刷が「PROMO CORE for cloud」を提供
流通小売業の効果的な営業活動を簡単かつ安価に実現する。(2022/4/4)

気象に連動した商品やコンテンツなどを配信:
気象連動型デジタルサイネージによる販促DX支援 ルグランとビーティスが提携
ビーティスが提供するデジタルサイネージ向けコンテンツ配信システムと連携。(2022/3/25)

今日のリサーチ:
コロナ禍の販促予算、「Web」より伸びた「DM」「商談用資料」――ラクスル調査
販促活動を最大化させるため、オンラインとオフラインを組み合わせた施策が求められています。(2022/3/23)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「マーケティング・販促関連ツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/2/28)

スーパー・百貨店、コロナ後の集客は 試食や実演販売困難 新手法を模索
スーパーや百貨店の食品・雑貨売り場で試食や実演販売などを手掛けてきた販促支援会社が、「アフターコロナ」に向け新たな取り組みを始めている。(2021/12/24)

問い合わせ対応や客への声掛けを実施:
サイバーエージェント、小売店に“AIアルバイター”派遣する子会社を設立
サイバーエージェントが、小売向けにAI技術を活用した無人店舗ソリューションの提供や開発、販促支援を行う新子会社として「CA無人店舗」を設立した。(2021/12/15)

Retail Dive:
出品者の販売促進へ Amazonが無料のデータ分析サービス発表 戦略に物議も
Amazonに商品を出品する企業が消費者の検索データを分析することで販売を強化できる――。Amazonがそんな無料ツールをリリースする。一部で物議を呼びつつ、豊富なデータを武器に事業者とのつながりを深める戦略とは。(2021/11/26)

2度目のコラボ:
『鬼滅の刃』との限定モデル登場 ソニーのウォークマンとノイキャンイヤフォン 「ファンへの販促の一環」
ソニーマーケティングは、アニメ『鬼滅の刃』とコラボした限定ウォークマンとワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォンを販売すると発表した。同日からオンラインストアと直営店での受け付けを始めたほか、23日からは店舗でも数量限定で販売する。(2021/11/11)

事前シナリオにもとづいてクーポン送信 au PAYマーケット出展者に新サービス
 auコマース&ライフ(東京都渋谷区)は10月28日、運営する総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」において、新たな販促メニュー「自動販促オプション」の提供を開始すると発表した。(2021/11/1)

テレビCMやPR施策の効果を可視化:
テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースとした「人流データ」の掛け合わせで販促効果分析を実施可能に。(2021/10/20)

LINE活用で目指すもの:
P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタルと店頭を連携する販促キャンペーンの内容や成果を紹介する。(2021/9/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道新幹線「のぞみ」のビジネスパーソン向け「S Work車両」とは何か
JR東海は10月1日より東海道・山陽新幹線「のぞみ」号の7号車を「S Work車両」とし、9月1日より販売を開始した。期間は2022年3月31日まで。ビジネスパーソン向けの指定席として、座席通話、PCの打鍵音などを相互に許容し合う車両となる。ビジネスパーソンへの販促策だが、背景には乗客の多様化がある。(2021/9/3)

顧客が選べるギフトに勝機あり:
PR:激変するマーケティングに「デジタルギフト」という一手 「贈って」顧客接点を作り、育む効果とは?
コロナが生んだ「会わない、触らない」という新常識、そしてサードパーティーCookieの規制による個人情報保護など、マーケティング業界は今、一大転換期を迎えている。今までの常識にとらわれることなく、顧客接点を拡大し、売り上げにつなげるためには何が必要なのか? 「デジタルギフト」という新しい切り口で多くの集客・販促施策を支援するギフティに聞いた。(2021/8/31)

LINE、NFTを活用したデジタル景品の実証実験 ヤフオクでのNFT売買も予定
LINEは8月31日から、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTを活用したデジタル景品の実証実験を開始する。企業は販促施策として、NFTを使ったデジタル景品をLINEユーザーに配布できるようになる。(2021/8/24)

デジタルサイネージ活用:
ファミマ、デジタル広告を「新たな成長戦略の柱」に ウォルマートに続けるか
ファミリーマートと伊藤忠商事は8月19日、デジタルサイネージを活用したメディア事業を始めると発表した。全国のファミマ店内に大画面のデジタルサイネージを複数台設置。ファミマ商品の販促に加え、外部に広告枠を売り、収益を得るビジネスモデルだ。エンタメやアート、ニュース、地域情報なども音声付きで配信する。(2021/8/19)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIは当面、LINEMO「3GB990円」対抗策は打ち出さず――まずは「でんきセット割」のUQモバイルに注力
ソフトバンクがLINEMOで「3GBで月額990円」というプランを打ち出した。KDDIはpovoなどでそれに対抗……すると思いきや当面の間はしないという。代わりに、UQ mobileにおける販売促進に注力するようだ。(2021/8/6)

デジタル販促戦略の現在:
「おジャ魔女どれみ」とコラボで“想定以上の効果” 第一三共ヘルスケアが、制約だらけの医薬品で挑むデジタル戦略
『おジャ魔女どれみ』とコラボレーションした動画配信を軸に、口内炎の市販薬「トラフル」の売り上げ増を実現したのが、OTC医薬品(一般用医薬品)メーカーの第一三共ヘルスケアだ。成功の要因は、インターネット上だけでコラボ動画を配信し、TwitterやInstagramなどのSNSで拡散するデジタル中心の販促戦略にあった。(2021/7/19)

デジタル販促戦略の現在:
ココカラファインが仕掛けるデジタル販促戦略 オンラインとオフラインの連携で増やす顧客とのタッチポイント
コロナ禍の影響によって、SNSを活用したデジタル販促やECへの対応は多くの企業にとって主要な経営課題となっている。そんな中、オンラインとオフラインを融合した独自の取り組みで成果を上げているのが、ドラッグストア・調剤薬局大手のココカラファインだ。(2021/6/18)

デジタル販促戦略の現在:
湖池屋が仕掛けるデジタル販促戦略 28日間で1日平均3.4万リツイートを達成したキャンペーンの要点は?
湖池屋は、Twitterを活用した新商品の販促に力を入れている。「湖池屋プライドポテト」のプレゼントキャンペーンでは、テレビCMとTwitter、Webを連動させて、28日間で1日平均3.4万リツイートを達成し、売り上げにも貢献した。マーケティング本部広報部広報課の堀崎知穂氏にデジタル販促の戦略について聞いた。(2021/6/17)

小売業のマーケティング支援:
BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始
3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。(2021/6/9)

プロジェクト:
入居する飲食店の販促を効率化するシステムを導入した商業施設が竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区宇田川町で開発を進めていた商業施設「HULIC &New UDAGAWA」を2021年3月12日に開業した。(2021/5/31)

人海戦術のファイルサーバ管理は限界
オムニチャネル戦略の土台を支える「デジタル資産管理」はなぜ必要か
オムニチャネル戦略の裏側では、販促コンテンツの管理の手間が課題となっている。「ECサイトの製品画像」や「ブランドストーリーの動画広告」など、多種多様なデジタル資産の効率的な管理方法について考察してみる。(2021/5/21)

あの「呼び込み君」が音声付きカプセルトイに 「ポポーポポポポ♪」のメロディーでおなじみの販促用端末
アオシマから発売予定です。(2021/5/17)

広告配信と併せてインセンティブ施策も実施可能:
NTTドコモ、「dポイント」を通じてメーカーと消費者をつなぐ販促支援型広告サービスを提供開始
「dポイント」および「d払い」加盟店が保有する購買データを活用した広告出稿と「dポイント」によるインセンティブ施策をパッケージとした販促支援型広告サービス「ドコモ広告 セールスプロモーション PKG」を提供開始。(2021/4/27)

ドコモがdポイント/d払い加盟店向け「スーパー販促プログラム」を1月28日から提供
NTTドコモが導入を表明していたdポイント/d払い加盟店向けの販売促進支援プラットフォームの稼働開始日が1月28日に「決まった。同プラットフォームを通したユーザーへのクーポン配信は2月1日から始まる予定だ。(2021/1/27)

営業のデジタル販促 反応をヒートマップですぐに可視化 富士通の新ツール
富士通は、メールやSMS、メッセージングアプリなどのデジタルチャネルを通じて送付した販促物に対する顧客のコンテンツ閲覧状況を可視化、分析する新サービス「Finplex eXgrow」を提供開始した。顧客の興味を可視化し、デジタルな非対面営業を支援する。(2021/1/19)

ゼーレの「モノリスお面」データ公開 講談社「エヴァンゲリオンステッカーブック」販促で
「ゼーレ」を再現した「モノリスお面」の画像データを講談社が公開。「SOUND ONLY」の表示もリアルに再現した。(2021/1/15)

すき家の福袋は1500円で1500円分のクーポンがついてくる! レアグッズも入った「SMILE BOX 2021」発売
没ポスターが見られる「販促カレンダー」もアツい。(2020/12/22)

今日のリサーチ:
製造業界の営業・販促 回答者の4割がオンライン展示会に「出展したことがある」――マーケライズ調査
オンライン展示会への出展状況と今後の出展意向を聞いています。(2020/12/16)

【大人だけど子ども向けアニメファンインタビュー】玩具を売る気がない玩具販促アニメ『人造昆虫カブトボーグ V×V』が定期的に見たくなる
2007年放送終了。もう令和ですが、今でも非公式ファンイベントが行われているとか。(2020/11/30)

組み込み採用事例:
駅ナカコンビニで有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始
JOLEDは、JR東日本リテールネットと共同で、有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始した。JR東日本エリアの駅ナカ店舗に有機ELディスプレイを設置し、その特長を生かして省スペースで見やすい広告、販促表示に利用する。(2020/11/17)

店舗から顧客にクーポンやメッセージを配信 dポイント&d払い加盟店向け「スーパー販促プログラム」
NTTドコモは、2021年1月下旬に「dポイント」「d払い」加盟店の販売促進活動を支援するマーケティングプラットフォーム「スーパー販促プログラム」を提供開始。加盟店の効果的な販売促進活動をサポートする。(2020/11/5)

NTTデータ、AIで保険販売を支援するサービス 受注されやすい提案をタブレットの操作ログから分析
NTTデータが、保険販売員のタブレット端末の操作履歴をAIを使って解析するサービスを10月1日から提供する。資料の閲覧時間などから契約を獲得できた要因を分析し、得られたデータを販売促進に役立てる。(2020/9/30)

遠隔で従業員が操作:
売り場でアバターが接客 伊藤園「日本茶の日」に合わせ新しい販促活動を実施
伊藤園は遠隔操作で動くアバターを活用した店頭での販促活動を実施する。10月1日の「日本茶の日」に合わせた企画で、売り場に人が立つことなく客と対話することができる。(2020/9/29)

スーパーマーケットから店員が消える? バーチャル接客が生む意外なメリットとは
「スーパー木田屋」を運営する木田屋商店は、スーパーの接客において、デジタルサイネージを利用したコミュニケーションツール「T-Concierge」を導入したと発表した。バーチャルな接客から生まれる販促効果とは。(2020/9/24)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
なぜ「原価率300%」の料理を出すのか? コロナ後の飲食店に求められる「メニューの会計力」
コロナ後の飲食店に求められるのが、メニューを会計的に見直す力「メニューの会計力」だ。この力を高めてコロナ後を乗り切っていくことが必要になる。メニューに会計的視点を取り入れて、「広告宣伝費的な視点」「接待交際費的な視点」「販売促進費的な視点」によって、話題を作り、再来店を促し、回転率を上げて来客を促し、顧客を開拓するのだ。(2020/7/23)

「IQOS 3 DUO 数量限定新色 “涼”モデル」世界先行発売 アーティストとのコラボで販促
フィリップ モリス ジャパンは6月30日に、「夏に向けた3つの新製品・プロモーション戦略」第2弾として、夏の涼を感じさせる限定カラーの「IQOS 3 DUO 数量限定 “涼” モデル」を発売した。(2020/7/2)

グッズ販売を支援する「クリエイターECグッズサポート」開始 イベントやライブ中止で収入が激減するクリエイターを支援
グッズ・ノベルティ企画製作サービス「販促ワールド」を展開するメイドバイジャパンは、アーティストやクリエイターが簡単にグッズ製作・販売できる新サービス「クリエイターECグッズサポート」を開始した。(2020/6/23)

サイバーエージェント、マーケティングのDX専門組織を設立 店舗の販促などにAI活用
サイバーエージェントは、従来の広告活動に限定しない、マーケティングのDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進する組織「DX Opportunity Cente」を設立した。(2020/5/18)

Xiaomi、プロモーション動画で「思慮に欠けた表現があった」と謝罪
Xiaomiが、海外で発表した新製品のプロモーション動画で「思慮に欠けた表現があった」として謝罪した。社内に監査委員会を立ち上げ、「今後全ての販促資料を慎重に作成し、審査する」という。同社は「世界中の方々およびあらゆる文化を尊重する」としている。(2020/5/8)

発注業務の効率化や廃棄ロス削減を支援:
キンコーズ、フランチャイズ向け資材管理「鬼ラク!クラウド」を開始 
キンコーズは、フランチャイズビジネスを展開する企業向けに、資材管理サービス「鬼ラク!クラウド」の提供を開始した。加盟店で必要になる販促物の発注、承認、リアルタイム在庫管理などを一元管理でき、業務効率化や廃棄ロス削減を図ることができる。(2020/4/14)

道路使用許可なし、警察の職質シーンも――富士フイルムのカメラ販促動画炎上、削除までの一部始終
富士フイルムがYouTubeで公開したカメラのプロモーションビデオがTwitter上で「盗撮を推奨しているようだ」と指摘され、炎上した。PVの企画意図から配信停止までのいきさつを同社に聞いた。(2020/2/7)

東京本社で業務:
ドミノ・ピザが日給100万円の最高チーズ責任者を募集 動画販促の強化
ドミノ・ピザが最高チーズ責任者を募集。日給は100万円で雇用形態は執行役員。動画を通して「ウルトラチーズ」の販促を行う。(2020/1/31)

「X(クロス)インテリジェンス・センター」を本格稼働:
DXのためのデータ活用でコンサルティング提供、ITベンダーの役割を模索する日本マイクロソフト
日本マイクロソフトは2020年1月23日、デジタルトランスフォーメーションのためのデータ活用で、専門部隊が企業に対しコンサルティング/アドバイスを提供する日本独自のプログラム、「X(クロス)インテリジェンス・センター」の本格稼働を開始した。一般的なコンサルティング/販促活動とは異なる方向性を模索しているようだ。(2020/1/24)

AIカメラで来店客を識別し、最適な広告をリアルタイム配信――凸版印刷が自動販促プラットフォームを実用化
凸版印刷は、店舗内での来店客の行動や特性に合わせて広告を最適化できる自動販促プラットフォームを開発した。実証実験を経て2020年1月から新規サービスを展開予定だ。(2019/11/29)

戦場はテレビからヨーグルトへ:
ソニーから森永乳業に転じたエリート女性マーケッターがつかんだ「販促の勝ち筋」
マーケッターの勝ち筋は一筋縄ではいかない。ソニーから森永乳業に転じ機能性ヨーグルト販促に奮闘したとある女性担当者は、どう立ち向かったのか。(2019/9/26)

PR:販促キャンペーンでユーザーが一番欲しいのは現金 現金の送金を簡単にする送金サービス「CASH POST」
販促キャンペーンでのインセンティブとして、金券やプレゼントなどを想定しがちだが、ユーザーが最もほしいのは実は「現金」だ。しかし、現金でのキャッシュバックは、実施しようとすると、社内での業務負荷が大きいだけでなく、個人情報を明かさなければならないユーザー側の不安も大きい。イーコンテクストの「CASH POST」(キャッシュポスト)を使えば、従来の送金方法と比較して業務負荷をほとんどかけずに送金が可能となる。(2019/9/25)

経産省、スマートホーム事業者に“販促”補助金 割引キャンペーン実施を後押し
経済産業省が、IoT機器を活用したスマートホーム向けサービスを展開する事業者に補助金を与える制度「LIFE UP プロモーション」を10月1日から始める。(2019/9/24)

TmallとJD.comに対応:
独身の日に向けた中国デジタル販促支援サービス「種草 W11」、イーライフが提供開始
中国人消費者にとって影響力の高い日本人消費者の口コミコンテンツとターゲティング広告で出品場所に誘導。(2019/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。