ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お墓」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お墓」に関する情報が集まったページです。

東京タワーで“蝋人形”になった伝説のミュージシャンが問う、「ITはロックをコロナから救えるか」
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ブライアン・イーノ、タンジェリン・ドリームなどと深い交流を持つ伝説的ミュージシャンがコロナ禍で動いた。(2020/7/3)

6月22日はボウリングの日! ボウリングの歴史と健康メリット
(2020/6/22)

「語彙力」や「日曜日」に合掌 シュールな「墓」のカプセルトイが登場
思わず手を合わせたくなるカプセルトイ。(2020/6/13)

「デビルマンって本当につまらないの?」 駄作認定された映画を、自分の目で評価したい
つまらなかったです。(2020/6/5)

YOSHIKI、hideの命日に“墓参りの自粛”を呼び掛け 霊園に押し寄せるファンにhide運営は悲鳴をあげる
頼むぜ……。(2020/5/2)

これが石屋の職人さんの本気か……! 黒御影石で制作されたラピュタ中枢部の“動く壁”がかっこいい
ほんとうに動きそう。(2020/4/12)

大沢樹生、亡き母の五十日祭を報告 “新型コロナ”心配し「自分一人での納骨でした」
神主と大沢さんだけの納骨式だったとのこと。(2020/4/12)

「ドット来い、超常現象」「なぜベストを尽くした!?」 本日発売「あつまれ どうぶつの森」で“阿部寛”を作った人に称賛の声
何を言ってるのか分からないと思いますが、阿部寛さんを「あつまれ どうぶつの森」で作っています。(2020/3/20)

不審な電話にメール、送料1万円超でマスク販売も 「新型コロナ関連」に警戒
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、各地でウイルスの除去やマスクの配布をかたる不審な電話やメールが相次いでいる。(2020/3/16)

「ペットと一緒」も人気拡大:
「樹木葬」と「ペットと一緒に入れるお墓」の人気が上昇中 お墓の平均購入金額とは?
お墓に関する調査結果が発表。一番人気は「樹木葬」だった。最近ではペットと一緒に入れるお墓の人気も高まっているという。調査では、お墓の平均購入金額も判明した。(2020/3/9)

お土産やお香用としても人気:
ワンカップ大関やあずきバー、クッピーラムネまで 香りや形状を再現した線香やロウソクが生まれた背景
線香やロウソクを製造販売するカメヤマは3月2日、クッピーラムネを模した線香を発売した。「好物シリーズ」として、他にはワンカップ大関やあずきバーを再現したものもある。なぜこのような線香を作ろうと思ったのか(2020/3/4)

月刊乗り鉄話題(2020年2月版):
はいさーい!! 日本最南端の鉄道「ゆいレール」に乗ってきた
ゆいレール乗車+冬の沖縄を楽しむ乗り鉄的旅行ガイド。時には再建を願ってしんみりしましょう。【写真50枚】(2020/2/20)

「Unicode Emoji 13.0」決定──タピオカドリンクも遅まきながら登場
Unicode Consortiumが、2020年版の絵文字セット「Emoji 13.0」の確定を発表した。タピオカドリンクやゴキブリ、ダイバーシティに配慮したウェディングベールをかぶった男性など、62の絵文字が追加される。(2020/1/30)

立ちどまるよふりむくよ:
故人の歌声合成を、当事者視点で考える 「AI美空ひばり」は冒とくなのか
故人の歌声合成を日常的に実践しているある意味「当事者」が、「AI美空ひばり」を考えてみた。(2020/1/22)

Netflix、スタジオジブリの21作品放映権獲得(日本と北米以外で)
Netflixがスタジオジブリのほぼすべての映画作品の放映権を獲得した(ただし日本と北米以外)。28カ国語の字幕と20カ国語の吹き替えを用意し、2月から配信を世界で開始する。(2020/1/20)

お久しぶりか、初めましてか――“AI美空ひばり”に見る「デジタル故人」との付き合い方
デジタル技術を使って故人の歌声や思考パターンを再現することが実現できる世の中となってきた。そうして復元された故人と、どう向きあえばいいのだろうか。デジタル遺品や、故人とデジタルの関係を10年以上追いかけているライターが考える。(2020/1/15)

卑弥呼の墓? 箸墓古墳を素粒子ミューオンで“透視”
邪馬台国の女王卑弥呼の墓との説がある箸墓古墳について、橿原考古学研究所と名古屋大学の研究チームは、素粒子ミューオンを活用して、内部の構造を解明する科学調査を実施したと発表した。(2020/1/14)

角川文庫・ラノベ読み放題、月額760円で開始 「ハルヒ」「SAO」など1万点が対象
KADOKAWAの電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」で、ライトノベルや角川文庫の小説が月額760円(税別)で読めるサービスがスタート。(2019/12/3)

人生設計をサポート:
新しくなった東急プラザ渋谷は「アクティブシニア」に支持されるか
東急不動産は12月5日、東京・渋谷駅西口の再開発ビル「渋谷フクラス」の中核商業施設「東急プラザ渋谷」をオープン。“成熟した大人たち”を主なターゲットとして、「人生100年時代」を見据えたライフスタイルを提案する店舗を展開する。(2019/12/3)

ITはみ出しコラム:
Googleのゲームストリーミング「Stadia」はイマイチな評判 ライバルの動向は?
ついにGoogleのゲームストリーミングサービス「Stadia」がスタートしましたが、現時点での評判はイマイチのようです。強力なライバルがひしめくゲーム業界で、Googleのやり方は通用するのでしょうか。(2019/11/24)

兵士の墓に供えた花が盗まれた? 犯人が赤いポピーで作った“住まい”が荘厳で美しい
ハトが人間との絆を表現しているようです。(2019/11/14)

長さ日本一「比叡山・坂本ケーブル」の絶景やいかに 「二度びっくり」誰も降りない秘境駅では……!【写真42枚】
車窓から一望できる琵琶湖の風景も、そして紅葉も必見ですよ。もすなる。(2019/11/6)

ディズニーランドのハロウィーンをとことん楽しむ! パレード&デコレーションの見どころを紹介
ゴーストの世界に入ったみたい。(2019/10/3)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

遺品整理ってどうやって頼めばいいの? 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「現場」の話
いつ頼らなければならなくなるか、誰もわからない。(2019/9/22)

Eテレ「日曜美術館」で高畑勲特集 ゲストに片渕須直監督、「かぐや姫の物語」主演朝倉あき
9月8日9時〜9時45分に放送。(2019/9/1)

「猫の手を(非常に)借りたいときの猫とはこんなもの」 猫ちゃんのマイペースっぷりが分かる姿にほっこり
現実とはこんなもの(かわいい)。(2019/8/24)

椅子に座ったまま、布団に寝たまま、ペットを残したまま…… いつ誰に起きるかわからない「孤独死」の現場を再現したミニチュアが壮絶
孤独死はひとごとではありません。(2019/8/22)

犬・猫以外も供養できる:
ペットと一緒に入るお墓が完売するほど人気 その背景は?
ペットと一緒に入れるお墓「ウィズペット」の新区画が発売。多摩北部では初となる西教寺墓地で。犬や猫以外でも火葬した遺骨であれば供養可能。お墓はペットと一緒に入る時代に。(2019/8/20)

今日のリサーチ:
お盆の過ごし方――エイチームライフスタイル調査
お盆の時期にやっていること、食べているもの。(2019/8/15)

ホラーは「因果応報」よりも「理不尽」の方が怖い? “こわい話”を解剖する
何を怖いと思うかは、時代によって変わってくる。(2019/8/15)

孤独死したおじさんが妻と娘のお墓参りを待ち続ける お盆の漫画に「泣いた」「墓参りに行こう」と反響
お盆はお墓参りに行きませんか。(2019/8/14)

もう最終日だと……? 「夏コミ4日目」という未踏の地を行くコスプレイヤーさんを追いかけてきた
最終日もシャッター切りまくったぞい。(2019/8/12)

自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
やっぱりそうなのか……と思ってしまう部分も。(2019/7/23)

「ママの心に残っている夏休みのアニメ映画」アンケート結果発表 3位「ポケモン」2位「トトロ」
そして1位は納得の「ドラえもん」。(2019/7/21)

「驕れる者は久しからずやで」 初夏に「そうだ 京都、行こう」と誘われたのでアートと地ビールをまったり堪能してきた
あざやか新緑と「モッフモフ」な苔!! 嵐電・嵐山駅名物の駅構内ビアガーデンも始まっていました。【写真46枚】(2019/7/3)

自分を志摩リンだと思いこんだオタクが「ビーノ」に乗って行く「ゆるキャン△」ガチ聖地巡礼レポート【前編】
志摩リン仕様のビーノに「リンちゃんのサイドバッグ」を装着してゆるキャンオタが聖地巡礼にでかけた漫画。(2019/6/21)

目を背けたくなる現実:
事故物件、特殊清掃…… “死のリアル”になぜ私たちは引き付けられるのか
最近注目が集まる特殊清掃や事故物件。死から遠いはずの私たちはなぜ死に引き付けられるのか。2人のジャーナリストに問う。(2019/6/19)

葬儀市場の追い風:
伸びる「終活」 年平均26%成長の鎌倉新書のヒミツとは
継続的に二桁成長を続け、直近では売上高46%増を果たしている鎌倉新書。都市化、ネット利用者の拡大、高齢者比率増大など、さまざまなトレンドが追い風となっている同社の終活関連事業だが、今後の展開はどこか。清水祐孝社長に聞いた。(2019/6/18)

葬儀業界のプロに聞く「最期に後悔のない別れ方」ができる家族の共通点
生きているうちに、考えておくべきこと。(2019/6/16)

ゲイと腐女子の恋の結末、「QUEEN」楽曲に込められた意味とは?  攻めたNHK「腐女子、うっかりゲイに告る。」最終回
ゲイの悩みを真っ正面から取り上げた佳作だった。(2019/6/10)

『笑ってコラえて!』『恋のから騒ぎ』も作る:
テレビはなぜ“つまらなくなった”のか 日テレ『世界まる見え!テレビ特捜部』生みの親に直撃
テレビはなぜつまらなくなったと言われるのか。『世界まる見え!』『笑ってコラえて!』などのヒットメーカーに直撃した。実験しなくなったテレビ業界の実情が浮き彫りに。(2019/6/7)

1話切りした人にこそ伝えたい 「東京独身男子」があたたかく描く“今を生きる男性の悩み”
コメディータッチだけど、扱っているテーマは深い。(2019/6/1)

「世のオンナをどうしたいんだ!?」 吉沢亮、チョコを口元につけた“彼氏感”全開な動画の破壊力にファンもん絶
参った。(2019/5/24)

ゲイの悲劇をAIDS以外の方法で描いてほしかった「腐女子、うっかりゲイに告る。」4話 “ゲイバレ”に金子大地が自虐的に言い放つ「好きなんでしょ? ホモ」
「なぜ僕たちのような生き物が必要なんだ?」親友の死に絶望した純、純がゲイであると知ってしまった紗枝。(2019/5/18)

救ってあげた少女を「取り殺してやる」 背後霊がひねくれた愛を見せる漫画、結末があたたかくも切ない
悪霊のふりをしながら、生き残った女子の人生を幸せな方へ――背後霊が見せる無償の愛。(2019/5/14)

SNSがつないだ奇跡 マイケル富岡、異母妹に出会い神に感謝「運命って本当にすごい」
2017年にも、もう1人の妹と対面を果たしていました。(2019/5/8)

終了したサービスを“建立”するWebサイト「ベンチャーのお墓」
終了したベンチャー企業のサービスを「お墓」に見立てて紹介するWebサイト「ベンチャーのお墓」を、ITベンチャーのhackjpnが公開した。(2019/5/7)

どんな設計思想なのか:
ホンダの本社ビルに秘められた“本田宗一郎伝説”の謎を追う
ホンダの創業者である本田宗一郎氏は本社ビルの設計に関与していた。どのような願いを込めてどんなデザインにしていたのか。社内に伝わる“本田宗一郎伝説”の謎を追う。(2019/5/5)

幽霊になった日本兵はシベリアから帰国して何を思う? 「日本兵が帰って来る漫画」がTwitterで反響を呼ぶ
帰郷を待ち焦がれてきた者と、故郷に思い入れのない者の対比に注目。(2019/5/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。