ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「お墓」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お墓」に関する情報が集まったページです。

雨の公園、傘も差さずに座る不気味な女…… ヤバそうな何かを目撃した体験談に震える
自分にしか見えない、不気味な存在。(2022/6/28)

アントニオ猪木、短期に“3度の病魔”で手が動かない状態に 医師も「今回はダメかなと」「復活したんでビックリ」
完全復活を願っています。(2022/6/22)

市川海老蔵、小林麻央さんの命日に家族で墓参り 「あの日から5年」愛する妻に思いはせる
手を合わせる勸玄くん、麗禾ちゃんの写真も公開。(2022/6/22)

中村玉緒、夫・勝新太郎さんの命日に“私も綺麗なとき”な2ショット 麗しの2人に「スターは永遠です」
キラキラしている2人。(2022/6/22)

Internet Explorer終了でネットに追悼の声 愛なのか怨嗟なのかよく分からない複雑な思いが入り交じる
それは追悼なのか……?(2022/6/16)

ありがとう、Internet Explorer Twitterで飛び交う“はなむけの言葉”
米Microsoftは6月15日(現地時間)、Webブラウザ「Internet Explorer(IE) 11」のサポートを終了した。その衝撃は大きく、16日のTwitterでは「Internet Explorer」が日本トレンド入り。多くのユーザーがさまざまな“はなむけの言葉”を贈っている。(2022/6/16)

Twitterでハッシュタグ「何ひとつ良いことが起きない映画」が話題に 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「風が吹くとき」など選りすぐりの悲惨な物語が集まる
面白いけど心にクるやつがいっぱい。(2022/6/15)

祖母と孫の絆をつなぐ“シャネルの真っ赤な口紅の話”に3万いいね 「涙が止まらない」「おばあちゃんに会いたくなった」と感動の声
1本の口紅があれば、笑顔にできる。(2022/6/8)

本当に怖い「墓参りは1人で行かないほうがいい理由」
季節の変わり目は気をつけないと(物理的な意味で)。(2022/6/8)

かわいいだけじゃない!:
「ネコですが、立派な社員」 3匹の“役職ネコ”が、会津鉄道に与えたチャンス
2007年1月、和歌山電鐵線貴志駅に、日本の民営鉄道初のネコの駅長として「たま駅長」が誕生したことをきっかけに、全国各地で同様の動きが出ている。会津鉄道の芦ノ牧温泉駅でも、現在は3匹のネコが働いている。ネコが地方の鉄道ビジネスにもたらした変化とは。担当者に話を聞いた。(2022/5/28)

ピラミッドとキリストの墓!? 日本一“日本じゃなさそう”な行き先を表示した看板がTwitterで話題
本当に日本なのか……?(2022/5/5)

赤いシャムネコ・将来の終わりが語る:
劇場版「名探偵コナン」が25作目でたどり着いた新境地! コナンファンが語り倒す「ハロウィンの花嫁」
今年のコナンもすごかった!(2022/4/29)

中川翔子、没後28年の父・勝彦さんを母子で墓参 そろって墓前へ手を合わせる姿に「なんて良い孝行娘!」
仕事休みには頻繁に訪れるそうです。(2022/4/26)

Googleさん:
「グッドモーニング! このサービスはまもなく廃止されます」 消えて分かる、そのちょっとした便利さ
あまり使われていないサービスは潔く切り捨てるGoogleさん。最近では、Googleアシスタントの「スナップショット」が廃止されました。ショッピングリスト、どこいった?(2022/4/24)

「コンクリっぽいところを風景に馴染ませる」 職人さんの技術に「神業ビフォーアフター」と驚きの声
4時間半でこの仕上がり。(2022/4/18)

市原隼人、大河「鎌倉殿の13人」で演じる八田知家の墓参りへ 掃除する姿に「本当に尊敬」「素晴らしい志」
真面目な人柄が伝わってくる。(2022/3/16)

吉田沙保里「3月11日は私にとっても特別な日です」 父逝去から8年目の思いつづる「天国から見守っていてね」
2014年にくも膜下出血で急逝していた父・吉田栄勝さん。(2022/3/11)

亡き父がダイヤモンドになる 遺骨で作った「メモリアル・ダイヤモンド」の投稿に反響 サービスが生まれた思いを聞いた
日本法人設立のきっかけも「死後はダイヤモンドとして妻に」。(2022/2/22)

ペンライトの応援で化け物を除霊しろ! 斬新すぎるホラーゲームが正式リリース目指しクラファン開始
オタ芸で化け物と一緒に盛り上がろう!(2022/1/25)

1日に4600人が亡くなる:
「遺体ホテル」に「マンション坊主」 2040年の多死社会は、葬儀ビジネスをどう変える?
日本は2040年に多死社会を迎える。1日に約4600人、年間に約168万人が亡くなる計算だ。そんな状況下で「葬儀ビジネス」はどう変わっていくのか? また、多死社会が終わり、縮小し始める市場で、事業者たちはどうするべきなのだろうか?(2022/1/12)

大和田美帆、亡き母・岡江久美子さん眠るお墓へ 1年を振り返り「たくさん泣くことができました」
2020年4月に急逝した岡江さん。(2021/12/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
俳優・寺田農の朗読の旅。漢文調の明晰な文章が持ち味、森鴎外の「最後の一句」を読む
声に出して本を読むという“朗読”は、読み手にとっても聞き手にとっても耳に入りやすく頭に残りやすいもの。今回は1961年から60年にわたって俳優として活躍している名優 寺田農氏が森鴎外の短編小説「最後の一句」を朗読。森鴎外の人生や作品について語る。(2021/12/15)

梅宮アンナ、父・辰夫さんの三回忌を報告 「キチンと、受け入れて、キチンと整理をして」
この2年の心境の変化も明かしています。(2021/12/13)

PFUの熱いユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」で語られたこと
発売から25周年を迎えた2021年、PFUがユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」を開催した。熱烈なファンが集う会で何が話されたのか、レポートをお届けする。(2021/12/13)

柏木由紀子、坂本九さんとの“金婚式”を報告 墜落事故から36年「いつも見守ってくれる主人に感謝」
亡くなっても思いは永遠。(2021/12/9)

君は『ハリー・ポッター』伝説の挿絵「トム・リドルの墓」を知っているか? 日本語原作を完全再現した粘土細工があまりにシュール
見れば見るほどじわじわくる。(2021/11/26)

薬丸裕英、岡江久美子さんの月命日に墓参り 「お供え物は岡江さんが好きだったお花とハイボール」
岡江さんが亡くなって1年7カ月。(2021/11/24)

死んだ兄が道路の向こうから手招きを…… 「化けて出た」かと思いきや暖かい気持ちになる独特なホラー漫画
そっちは危ないからこっちへ来なよ。(2021/11/20)

「未だに踏ん切りがつかない」 戸田恵子、“ドキンちゃん”役の鶴ひろみさん命日に今なお癒えぬ思いを吐露
2017年11月16日に57歳で逝去。(2021/11/17)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Tesla乗りだけが感じ取れる「ファントムブレーキ」の怪異を知ってるか? オートパイロットの快適さと限界
まるで幽霊にでも出会ったような……。(2021/11/12)

「夫や親族を次々と亡くしても泣かない」「気味が悪い」――悪評の立つ婦人に金を借りに行く漫画が胸に刺さる
“或ル婦人”が無礼に振る舞う理由とは。(2021/11/11)

梅宮アンナ、ロバート秋山との父・辰夫さんの墓参を報告 「秋山君の父への想いは、今もなお生きております」
辰夫さん公認だった秋山さんの“体モノマネ”。(2021/11/6)

2022年の年末年始は帰省する? 帰省派は21年より増加
NEXERは「年末年始」に関するアンケートを実施した。年末年始に帰省したいと考えている人は2021年10月時点で37.9%だった。帰省する予定の人、帰省しないと考えている人の理由をそれぞれ聞いた。(2021/10/16)

川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
鎧塚さん「毎日が法要と思い女房への感謝の気持ちを伝えていきたい」。(2021/9/26)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(14)STEM教育(2):
“手作りのラズパイ教室”に見るプログラミング教育の縮図
今回は、“手作りのラスパイ教室”を運営するお母さんたちへのインタビューから、プログラミング教育について考えてみます。赤裸々に語っていただいた本音から見えてきたのは、「新しいプログラミング教育の形」でした。(2021/8/23)

柏木由紀子、2人の娘たちと坂本九さんの墓参り 事故から36年「家族みんな笑顔でこうして生きていることに感謝」
当時は「笑顔になれる日がくるのか」との思いがあったようです。(2021/8/13)

小学校の裏がお墓だった! 「学校の怪談」全盛期、最恐のロケーションで「花子さん」を試した実話漫画
ちなみに最近は学校にまつわる怖い噂話自体が珍しいそうで。時代ですね……。(2021/8/3)

【Kindleセール】KADOKAWA合本版が30%オフ! 『金田一耕助事件ファイル』『リング』『天地明察』『魔界転生』などがセールに
セール期間は7月23日〜8月5日まで。(2021/7/27)

「乳歯を埋めなければ何かが起こる」 ある地方に伝わる“奇妙な風習”、もしも破ってしまったら…… 言い伝えを基に描かれたホラー漫画
どこまでが本当で、どこまでが脚色なのでしょうか。(2021/7/12)

【Kindleセール】KADOKAWAのベストセラー小説が30%オフ! 『天気の子』『日本沈没』『犬神家の一族』などがセールに
セール期間は6月25日〜7月8日まで。(2021/7/5)

妻の命日と誕生日を間違えていた 墓から“産まれた”妻を抱きかかえる夢の漫画が切なくて余韻が残る
「誕生と死の反転だ」。(2021/7/5)

月3000枚の墓石写真を自動で名前消し “AIに無関心”だった元石材屋の社員がエンジニアと業務AIを作るまでの一部始終
これまでITとのかかわりが薄かった元石材屋の女性がWeb企業に転職。エンジニアと協力してAIを開発し、墓石情報サイトの業務削減を実現した。「AIに関心なかった」と話す女性が業務改善できた理由とは。(2021/6/24)

「たまごっち」が大流行した時代、母が起こした“生き返りの奇跡” 忘れられない思い出と教訓を描いた漫画
親になって思い出す母のエピソード。(2021/6/23)

市川海老蔵、妻・小林麻央さんの命日に家族で墓参り 「色んなこと思い出しながら」と“最愛の人”を思う1日に
もう4年か……。(2021/6/22)

大沢樹生、長男と父母のお墓参りへ 息子から直々の申し出に感動も「気持ちが嬉しいね」
なんてグッとくる光景。(2021/6/16)

キャシー中島、29歳で死去した娘を「毎日思い出さない日はありません!」 亡き長女・七奈美さんとの約束明かす
もうすぐ13回忌。(2021/6/9)

「会員制バーチャル墓地」、東京芸大発ベンチャーが発表 虹彩由来のアートをブロックチェーンに記録
東京藝術大学発のベンチャーeach toneは5月20日、会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)を開始すると発表した。会員が虹彩データから作ったアート作品を他界後にバーチャル空間に展示する。(2021/5/20)

「そっちはどうだい」 元競泳選手・田中雅美、姉の三回忌を迎え姉妹2ショット公開 墓参かなわず思いをつづる
コロナ禍のため帰省は断念。(2021/5/8)

長野県の方言「たたる」ってどんな意味?【マジで方言じゃないと思ってた言葉】
悪霊などが関係するアレではない。(2021/5/19)

市場は拡大:
元女性サッカー選手がエンディングビジネスで起業 墓選びで最適なプランを提案
実業団のサッカーチームで活躍を夢見た選手が、身内の死をきっかけに「終活」に目覚め、起業して「貴方にふさわしいお墓の在り方」を提案するコンサルタントビジネスを展開している。納得のいく墓選びをするためのビジネスを「供養のカタチ」というブランドで始めた石原千晶代表に狙いを聞いた。(2021/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。