ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お墓」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お墓」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東京国立近代美術館「高畑勲展」 アニメ史に刻んだ創造の足跡
日本アニメ史に名を刻んだ巨匠がどれだけ苦悩し、新たな表現を切り開いてきたかが伝わる展示だ。東京国立近代美術館(東京・竹橋)で開催中の「高畑勲展−日本のアニメーションに遺(のこ)したもの」は、半世紀以上にわたりアニメ界を牽引(けんいん)した高畑監督の初の回顧展となる。(2019/7/11)

「驕れる者は久しからずやで」 初夏に「そうだ 京都、行こう」と誘われたのでアートと地ビールをまったり堪能してきた
あざやか新緑と「モッフモフ」な苔!! 嵐電・嵐山駅名物の駅構内ビアガーデンも始まっていました。【写真46枚】(2019/7/3)

自分を志摩リンだと思いこんだオタクが「ビーノ」に乗って行く「ゆるキャン△」ガチ聖地巡礼レポート【前編】
志摩リン仕様のビーノに「リンちゃんのサイドバッグ」を装着してゆるキャンオタが聖地巡礼にでかけた漫画。(2019/6/21)

目を背けたくなる現実:
事故物件、特殊清掃…… “死のリアル”になぜ私たちは引き付けられるのか
最近注目が集まる特殊清掃や事故物件。死から遠いはずの私たちはなぜ死に引き付けられるのか。2人のジャーナリストに問う。(2019/6/19)

葬儀市場の追い風:
伸びる「終活」 年平均26%成長の鎌倉新書のヒミツとは
継続的に二桁成長を続け、直近では売上高46%増を果たしている鎌倉新書。都市化、ネット利用者の拡大、高齢者比率増大など、さまざまなトレンドが追い風となっている同社の終活関連事業だが、今後の展開はどこか。清水祐孝社長に聞いた。(2019/6/18)

葬儀業界のプロに聞く「最期に後悔のない別れ方」ができる家族の共通点
生きているうちに、考えておくべきこと。(2019/6/16)

ゲイと腐女子の恋の結末、「QUEEN」楽曲に込められた意味とは?  攻めたNHK「腐女子、うっかりゲイに告る。」最終回
ゲイの悩みを真っ正面から取り上げた佳作だった。(2019/6/10)

『笑ってコラえて!』『恋のから騒ぎ』も作る:
テレビはなぜ“つまらなくなった”のか 日テレ『世界まる見え!テレビ特捜部』生みの親に直撃
テレビはなぜつまらなくなったと言われるのか。『世界まる見え!』『笑ってコラえて!』などのヒットメーカーに直撃した。実験しなくなったテレビ業界の実情が浮き彫りに。(2019/6/7)

1話切りした人にこそ伝えたい 「東京独身男子」があたたかく描く“今を生きる男性の悩み”
コメディータッチだけど、扱っているテーマは深い。(2019/6/1)

「世のオンナをどうしたいんだ!?」 吉沢亮、チョコを口元につけた“彼氏感”全開な動画の破壊力にファンもん絶
参った。(2019/5/24)

ゲイの悲劇をAIDS以外の方法で描いてほしかった「腐女子、うっかりゲイに告る。」4話 “ゲイバレ”に金子大地が自虐的に言い放つ「好きなんでしょ? ホモ」
「なぜ僕たちのような生き物が必要なんだ?」親友の死に絶望した純、純がゲイであると知ってしまった紗枝。(2019/5/18)

救ってあげた少女を「取り殺してやる」 背後霊がひねくれた愛を見せる漫画、結末があたたかくも切ない
悪霊のふりをしながら、生き残った女子の人生を幸せな方へ――背後霊が見せる無償の愛。(2019/5/14)

SNSがつないだ奇跡 マイケル富岡、異母妹に出会い神に感謝「運命って本当にすごい」
2017年にも、もう1人の妹と対面を果たしていました。(2019/5/8)

終了したサービスを“建立”するWebサイト「ベンチャーのお墓」
終了したベンチャー企業のサービスを「お墓」に見立てて紹介するWebサイト「ベンチャーのお墓」を、ITベンチャーのhackjpnが公開した。(2019/5/7)

どんな設計思想なのか:
ホンダの本社ビルに秘められた“本田宗一郎伝説”の謎を追う
ホンダの創業者である本田宗一郎氏は本社ビルの設計に関与していた。どのような願いを込めてどんなデザインにしていたのか。社内に伝わる“本田宗一郎伝説”の謎を追う。(2019/5/5)

幽霊になった日本兵はシベリアから帰国して何を思う? 「日本兵が帰って来る漫画」がTwitterで反響を呼ぶ
帰郷を待ち焦がれてきた者と、故郷に思い入れのない者の対比に注目。(2019/5/3)

「売ってたら即買いレベル」 リサイクル品で作られた「ディズニー・ハロウィーン」のミニチュアフロートがすごい完成度
これは欲しい。(2019/5/1)

圧倒的不審者の工房:
錆びたオノを研ぎまくってピカピカの鉄斧に → ジャイロ効果も追加した強すぎるオノが完成
ジャイロ効果ってすごいですね。(2019/5/5)

今読まれるべき「大和のこころ」:
令和の典拠『万葉集』 中西進が語る「魅力の深層」【前編】
新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の第一人者である中西進氏がその魅力を語る前編。(2019/4/18)

雑誌「AERA」がまたまたネコ化 猫飼いには避けられない“ネコの病気と老い”を徹底取材
ずっと一緒にいるために。(2019/4/4)

IT用語解説系マンガ:食べ超(160):
サイバーデセプションで御社のデータを身代わりに
古代の王が偽の墓を作って盗掘者を欺いたのが発祥といわれています。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/4/3)

「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」 「山口連続殺人放火事件」の裏側取材したルポ「つけびの村」書籍化決定
noteで公開され、大きな話題を呼んでいました。(2019/3/23)

消臭スプレーを銃のように構え「行くぞ相棒!!」「ええ!!」 掃除を“アメリカンなノリ”で楽しむ夫婦の漫画がほほえましい
Twitterで人気の「アメリカンなノリにも付き合ってくれる人と結婚したいっていう漫画」シリーズ。(2019/3/14)

特別展「三国志」が東京国立博物館で 関羽の青銅像や曹操の墓の出土品を展示 
東京では7月9日から9月16日まで開催。10月からは九州国立博物館で開催されます。(2019/2/27)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 何もないと言われた【国府津】には、祖父の思い出と「穴」があった
「国府津は何もねえよ」(2019/2/16)

「ポテト油で化粧落とすなんて」 芸人・紺野ぶるま、“元ギャル”時代と現在のビフォーアフターがまるで別人
ギャル時代のエピソードがやばい。(2019/2/15)

泳ぎたい鳥と飛びたい魚が出会ったら…… 小学生のときに書いた絵本が「深い」「これは名作」と人気集まる
最後の言葉を読んだあとにもう1回読みたくなる。(2019/2/12)

落とした単位を追悼する「単位のお墓」がワンフェスに登場 「今学期は死ぬなよ…」など弔いのコメント
就活より終活。(2019/2/7)

進化したがらないイーブイを助けてほしい 女の子トレーナーの願いを聞いてあげる漫画、ラストに涙腺崩壊
グラシデアのはなの意味も……。(2019/1/31)

気鋭の起業家たちが語る「テクノロジーと経営」(前編):
DMM亀山会長がベンチャーブームに物申す「プレゼンがうまいだけの起業家が増えている」
DMM亀山敬司会長、ジーンクエストの高橋祥子社長、Gunosy の福島良典取締役 ファウンダー、セガサミーホールディングス里見治紀社長が、テクノロジーと経営について熱い議論を繰り広げた。(2019/1/16)

月刊乗り鉄話題(2018年12月版):
列車もトークもガンガン加速 “爆速”ローカル鉄道、ほくほく線「鉄分たっぷりツアー」が楽しすぎた
久野さん&南田さんが同行。このお二人、朝からずっとしゃべっておられました。(2018/12/19)

柏木由紀子、亡き夫・坂本九のバースデーをワインで祝福 47年前の2ショットに「懐かしい一枚!」
坂本九さんが亡くなってから33年がたちました。(2018/12/10)

Googleさん:
Google墓場入りして困るもの
まだうわさ段階ですが、Googleが「ハングアウト」を2020年中に終了するようです。Googleのサービスで何がなくなると一番困るか考えてみました。(2018/12/2)

大杉漣さん所属事務所「ZACCO」が解散 息子・隼平が思いを吐露「父のお墓に伝えにいこうと思います」
2019年春には、Webサイト「大杉漣 記念館」がオープンすることに。(2018/11/30)

月刊乗り鉄話題(2018年11月版):
酒好き酔っといで〜 しなの鉄道「ろくもん」に新コース、信州の冬を楽しむ飲んべえ列車!
ほろ酔い、満腹、良い気分〜。旨飯と女性杜氏さんのお酒で酔える「雪見酒の旅」に乗ってきた。真田幸村も(たぶん)びっくり。(2018/11/15)

卒塔婆がスーパーでカジュアルに売ってる!? 静岡県東部の習慣に戸惑う人・共感する人
地元からは「当たり前すぎて、全国区じゃないとは知らなかった」といった声も。(2018/11/14)

DMMが終活サービスに参入 終活情報サイト「終活ねっと」買収で
DMMが終活情報サイト「終活ねっと」を運営するスタートアップ企業を買収。終活サービスに参入する(2018/11/12)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(前編)
白熱する捜査を一瞬離れ、温泉に繰り出すことになった「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT一行。温泉街を探検するうち、ふとした話から明らかになったメンバーの意外な過去、そしてあるメンバーの語る「お寺のDX」とは一体……?(2018/11/9)

「eスポーツで稼げることが分かれば人がついてくる」 プロゲーマー兼スクエニ社員が語る“兼業プロゲーマー”の実情
ザンギエフが嫌いすぎるゲーマー。(2018/11/4)

「やっと行けた」 GACKT、“父”緒形拳の墓参りへ 線香の煙に思いを託す
2018年10月5日で没後10年を迎えた緒形さん。(2018/10/28)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材
ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。(2018/10/13)

幻の48人目か!? 大石良雄ら赤穂浪士47人の名を冠するカスタムバイク「RONIN」に新たな限定モデルが登場
「Ronin」48種目の限定モデルが登場。(2018/9/27)

川島なお美さん、ブログでありし日の姿 鎧塚俊彦さんもFacebookでコメント
もう3年なんですね……。(2018/9/24)

心臓がギュッとなる 夢の中でしか会えなくなった父と娘を描いた漫画に「泣いた」の声
1人じゃないと教えてくれるのは、人ではないかもしれない。(2018/9/15)

誰にとってもひとごとではない「孤独死」「ごみ屋敷」 壮絶なミニチュアで知る“実情”
誰にでも起こる可能性がある。(2018/8/22)

Over the AI(24)番外編 これがエンジニアの真骨頂だ:
「シュタインズ・ゲート」に「BEATLESS」、アニメのAIの実現性を本気で検証する
前回で最終回を迎えた「Over the AI」ですが、番外編として、私がどうしても、どうしても、書きたかったコラムをお届けすることにしました。SFやアニメに登場するAI(人工知能)の実現性です。今回は、「シュタインズ・ゲート」や「BEATLESS」に登場するAIを取り上げ、エンジニアとして、それらの実現性を本気で検証してみました。(2018/8/20)

墓守として闇に生きるSLG「Graveyard Keeper」日本語対応で配信開始 農業あり埋葬ありの“暗黒牧場物語”
意思を持って闇の道を進んでいく主人公。(2018/8/17)

PR:コスプレって実は簡単!? 初心者が100円ショップで買えるものだけで精いっぱい竜騎士になってみた
安い、早い、質はそこそこ。(2018/8/10)

「お墓を持つのはぜいたく」な時代が来る? お盆前、日本の“最新墓事情”について調べてみた
お墓で土地がいっぱいにならないの?(2018/8/9)

「節子、これドロップや!」 映画「火垂るの墓」を連想してしまうかわいい“おはじき”型の和菓子がTwitterで話題に
清太もびっくり。(2018/7/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。