ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「萩尾望都」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「萩尾望都」に関する情報が集まったページです。

立ちどまるよふりむくよ:
「昭和レコードスピーカー」を39年前の元ネタと比べてみた(動画あり)
タカラトミーアーツ「昭和レコードスピーカー」と、その元ネタである39年前に発売されたアナログレコードプレーヤーを比較レビューしてみた。(2019/2/25)

「贔屓は人生の灯台」オタク女が宝塚で“運命”に出会い、精神と肉体の健康を得るまで
「贔屓への思いを自覚して早4カ月、10キロ痩せた」。(2018/11/4)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【前編】:
ドラゴンボールの生みの親 『ジャンプ』伝説の編集長が語る「嫌いな仕事で結果を出す方法」
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長・鳥嶋和彦さんだ。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、「伝説」を残してきた鳥嶋さんだが、入社当時は漫画を一切読んだことがなく『ジャンプ』も大嫌いだった。自分のやりたくない仕事で、いかにして結果を出してきたのか。(2018/10/26)

漫画家・谷口ジローの魅力を総括した一冊が発売 死後発見された幻のデビュー作も初収録
『孤独のグルメ』などとは大きく異なる、『ガロ』を意識した作風の幻の作品とは。(2018/10/23)

「ポーの一族」オリジナル紅茶が宝塚劇場で販売中! ルピシア製で数量限定、東京劇場でも
欲しい……!(2018/1/13)

萩尾望都の名作漫画「ポーの一族」が宝塚歌劇団・花組で舞台化! 2018年1月から3月にかけて上演
現在、新作エピソード「ポーの一族 〜春の夢〜」が連載中。(2017/5/23)

「浦沢直樹の漫勉」シーズン4が3月放送 ゲストは清水玲子、伊藤潤二、山本直樹、ながやす功
やったぜ!(2017/2/23)

萩尾望都「ポーの一族」新シリーズ「春の夢」の続編連載が決定! 2017年1月から開始
「月刊flowers」2016年12月号(10月28日発売)で連載決定が発表されました。(2016/10/28)

「ポーの一族」続編掲載の「月刊flowers」7月号、重版&デジタル配信が決定
デジタル版は6月9日から各電子書店で配信。(2016/6/3)

漫画家・吉野朔実さんが死去
漫画家の吉野朔実さんが亡くなった。57歳だった。(2016/5/2)

教えて! 絵師さん:
一瞬より少し長く、目を奪いたい 稚野まちこさん
女の子が可愛いのは“当たり前”、もう一瞬長く、見ている人の目を奪うために――稚野まちこさんの世界はイラストだけでなく漫画にも広がっています。(2016/5/2)

エドガーとアランが40年ぶりに新作で 萩尾望都「ポーの一族」復活
アラン・トワイライトにまた会える日が来るとは。(2016/4/28)

萩尾望都「ポーの一族」の続編、40年ぶりに登場 前編40ページが「月刊flowers」7月号に掲載
エドガーはやはり不滅だったんだ(歓喜)。(2016/4/28)

萩尾望都「SF原画展」、9日から 「11人いる!」「スター・レッド」など生原稿250点以上
漫画家・萩尾望都さんの生原稿250点以上を集める「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」が武蔵野市立吉祥寺美術館で4月9日に始まる。(2016/4/8)

小林幸子、ボカロ曲との出会い語る これまでになかった音楽に「打ちのめされた」
ゲスト出演するCS映画番組の収録現場で語った。(2016/4/7)

「浦沢直樹の漫勉」シーズン2、3日から 萩尾望都、花沢健吾、五十嵐大介、古屋兎丸の仕事場に密着
人気漫画家の仕事場に潜入し、創作の現場に迫るNHK Eテレ「浦沢直樹の漫勉」シーズン2が始まる。(2016/2/29)

SMAP香取、不老不死役でテレ朝初主演 萩尾望都の「ポーの一族」モチーフのドラマ
本広克行監督とのドラマは「蘇る金狼」(日本テレビ)以来17年ぶり。(2016/2/26)

NHK Eテレで「浦沢直樹の漫勉」セカンドシーズン放送決定 萩尾望都、花沢健吾、五十嵐大介、古屋兎丸の仕事に迫る
待ってましたああああああ!(2016/2/19)

奥村勝彦“編集総長”インタビュー:
「“読者のニーズが”とか言ってるヤツを見ると、ムカッと腹立つんですよ」 20周年を迎えた「コミックビーム」が目指すもの
11月12日で晴れて20周年を迎えた「月刊コミックビーム」。これを記念して、同誌・奥村勝彦編集総長にインタビューを行いました。(2015/11/19)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(5):
6万人のメイドが“合体”!? EtherCATの通信方式
今回は、EtherCATにおける4つの通信方式を解説したいと思います。EtherCATには、マスタ(ご主人様)が、スレーブ(メイドたち)の“身上調査”を行うための「SDO通信」用に3種類、“仕事内容”を送信するための「PDO通信用」に1種類の通信方式があります。膨大な量のフレームが飛び交うEtherCAT通信の世界を、さっそくのぞいてみましょう。(2015/10/30)

eBookJapan、黄金時代をランキングで紹介した「この少女マンガがすごい!」特集
特集の公開を記念し、『ベルサイユのばら』1巻〜3巻などを期間限定で無料公開している。(2015/6/17)

第44回日本漫画家協会賞、大賞に今日マチ子『いちご戦争』、おざわゆき『あとかたの街』『凍りの掌 シベリア抑留記』
優秀賞に『ヒトコマ日和』(木南精示)、特別賞に和田誠の全作品、文部科学大臣賞に『小さな恋のものがたり』(みつはしちかこ)がそれぞれ選ばれた。(2015/5/12)

写真撮影もOK:
萩尾望都、あだち充ら24作家96点を展示するフラワーコミックス複製原画展が京都でも
会場はイオンモール京都桂川店。モール内にある大垣書店では、『みだらな熱帯魚』『その男、運命につき』の北川みゆきによるサイン会も開催される。(2015/5/1)

萩尾望都の新刊出版記念原画展が銀座で開催、カラーイラストを多数展示
複製原画などオリジナルグッズの販売も。(2015/2/9)

小学館フラワーコミックス40周年記念:
空前絶後の4日間、イオンレイクタウンでフラワーコミックス原画展開催
9月20日から23日まで。萩尾望都さん、田村由美さん、北川みゆきさん、水城せとなさんの原画も日替わりで展示される。(2014/9/18)

全国約1000の書店で展開:
東京創元社が「創立60周年フェア」を開催、中村明日美子氏や萩尾望都氏の描き下ろしイラストも
東京創元社が創立60周年を記念し、全国の書店約1000店舗で「創立60周年フェア」を開催。同社のサイト上では、帯に載っている著名人による推薦文や、漫画家によるキャラクター描き下ろしイラストを見ることができる。(2014/4/10)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/5)

別冊マーガレット2月号の付録、今度は少女マンガ界の豪華メンバーが集結
池田理代子さんや美内すずえさんら60余名が参加。少年・青年誌作家中心の1月号に続き。(2014/1/10)

「ポーの一族」「11人いる!」など12作品から名言収録 月刊YOU12月号に「萩尾望都名言手帳2014」
表紙も「王妃マルゴ」と萩尾望都づくし!(2013/10/16)

「我が家の2階から歴史的文書が」 30年前のコミケカタログが話題に
今や「鈍器」と呼ばれる厚さですが、初期は1枚の紙。しかも手書きでした。(2013/7/17)

Amazon.co.jp上にWeb文芸誌「マトグロッソ」
Amazon.co.jpからのみアクセスできる無料のWeb文芸誌「マトグロッソ」が創刊。人気作家の森見登美彦さんの新作などを連載する。(2010/5/24)

「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感
都の青少年育成条例改正案に反対するちばてつやさんや永井豪さん、里中満智子さんらは「改正案が通れば文化の根を断つことになる」と強い危機感を表明。(2010/3/15)

BLは愛です! 理解するんじゃない! 感じるんだ!――「がる★パラ!」で「腐女子カフェ」を立ち上げた腐女子たち
ガンホー・オンライン・エンターテイメントが5月にオープンした「がる★パラ!」。この中の企画「腐女子カフェ」では、BL系の書籍で有名なリブレ出版と共同で運営を開始し、「腐女子の腐女子による腐女子のためのサイト」が着々と出来上がりつつあるようだ。そこで、ガンホーとリブレ出版の担当者に「がる★パラ!」と「腐女子カフェ」について聞いてみた。(2008/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。