ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハーレクイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハーレクイン」に関する情報が集まったページです。

想像以上にヤバかった 病院に行くことを察知した猫ちゃん「ヤヴァイ、ヤヴァイ」とかわいい声で抵抗する
絶体絶命ニャ。(2019/4/28)

「海賊版サイトのブロッキングは憲法違反」「漫画村は国内から配信されている」 楠正憲さんに聞く
政府が海賊版サイトのブロッキングをISPに要請するとされる問題。ネット規制問題に長く関わってきた楠正憲さんは「海賊版サイトのブロッキングは憲法違反」だと指摘する。また、「漫画村は国内から配信されている」という。(2018/4/12)

金田バイクにデロリアン! SF映画「Ready Player One」の初トレーラー公開、80・90年代ポップカルチャーあふれる
2018年3月に全米公開。(2017/7/23)

「無料モデル」は難しい 少なくとも「物語」においては
コンテンツの「無料モデル」は成立するのか――絵本「えんとつ町のプペル」をめぐる“炎上”で改めて浮かび上がったこんな疑問を、作家の堀田純司さんが考察する。(2017/1/30)

BOOK☆WALKER、英語版を今秋スタート NYコミコンで登録受け付け
北米で出版しているKADOKAWAの英語翻訳版など700タイトルのマンガ、ライトノベルから開始する。(2015/9/25)

電子書店完全ガイド:
「コミックシーモア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第6回目はNTTソルマーレの「コミックシーモア」を紹介する。(2015/8/18)

「Renta!」の2015年上半期売上ランキング、各ジャンルトップ3が発表
ハーレクインコミックス、BL、ティーンズラブコミック、コミックシアターの各ランキングも発表されている。(2015/7/10)

電子書店完全ガイド:
「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第4回目は「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を紹介する。(2015/7/1)

メディアドゥ、米Scribdに10社1633冊のコンテンツ提供を開始
第1弾配信タイトルは、グループ・ゼロの『子連れ狼』、オフィス安井の『サインはV!』、コルクの『テンプリズム』など。(2015/6/30)

初めてのハーレクインコミックス、ジャンル別おすすめ15作
「ハーレクイン」って何? という方のために、今さら聞けないハーレクインの基礎知識と、人気ジャンル別「はじめに読みたいハーレクインコミックス」を一挙紹介。(2015/6/9)

電子書店完全ガイド:
「eBookJapan」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第3回目は「eBookJapan」を紹介する。(2015/5/29)

声優の演技が読書をもっと楽しくする、Renta!の「絵ノベル」にボイス付きコンテンツ
第1弾として、『制服の王子様 松本悠一』など3作品を配信開始。藤原啓治さんや緑川光さんらが参加している。(2015/5/26)

ハーパーコリンズ、日本に本格進出――ハーレクインは社名変更
News Corp傘下で世界第二位の一般書籍出版社であるHarperCollinsが日本進出。News Corpが買収したハーレクイン社は7月からハーパーコリンズ・ジャパンへ社名を変更する。(2015/4/17)

ハーレクイン、乙女系ノベルをコミカライズした新レーベル「乙女ドルチェ・コミックス」創刊
毎月1点〜2点を28日ごろに刊行していく予定。(2015/1/19)

電子貸本Renta! の2014年売り上げランキング、ジャンル別TOP3はこれだ
少女漫画では『百鬼夜行抄』(今市子/朝日新聞出版)が、少年漫画部門では『弱虫ペダル』(渡辺航/秋田書店)が1位に輝いた。(2014/12/24)

ハーレクイン創刊35周年記念:
浪川大輔が朗読するキャストノベル第2弾『愛の使者のために』の配信がスタート
緑川光が朗読を担当した第1弾『秘密の妻』も配信中。(2014/12/15)

朗読コンテンツ「キャストノベル」第1弾、緑川光による『秘密の妻』配信開始
人気声優・緑川光がさまざまなキャラクターを演じ分ける。第2話は9月30日に配信。(2014/9/24)

人気男性声優が小説を朗読する「キャストノベル」リリース――第1弾はハーレクイン
『秘密の妻』を緑川光さん、『愛の使者のために』を浪川大輔さんが担当する。(2014/9/9)

人気男性声優が小説を朗読する「キャストノベル」登場 第1弾はハーレクイン
緑川光さんと浪川大輔さんがハーレクイン作品を朗読する。(2014/9/9)

マンガNO.1の電子書店:
PR:マンガ10万冊突破 なぜeBookJapanだけがそれを実現できたのか
(2014/7/25)

時代は直販へ:
HarperCollins、自社サイトで電子書籍・紙書籍・オーディオブックの販売を開始
HarperCollinsが自社サイトで全商品の直接販売をスタート。出版社が直販の波は来るか。(2014/7/9)

電子書店完全ガイド2014:
NTTソルマーレ「コミックシーモア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2014年度版の第1回目はNTTソルマーレの「コミックシーモア」を紹介する。(2014/6/20)

News Corp、女性向け恋愛小説出版社Harlequinを買収
メディア大手のNews Corpが「ハーレクイン・ロマンス」などで知られるカナダの出版社Harlequin Enterprisesを約423億円で買収すると発表。(2014/5/3)

ハーレクインコミックス、日本語版・英語版のアプリを配信開始
ハーレクインコミックスの日本語版・英語版アプリの無料版と有料版がWindowsストアで配信開始した。。有料版の価格は日本語版が500円(税別)、英語版が5.99ドルとなっている。(2014/4/25)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年3月第4週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。3月第4週は書店向け“デジタルラック”や、村上春樹氏の新刊が発売前に重版などが話題になりました。(2014/3/31)

電子書店完全ガイド2013:
「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第10回目は「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を紹介。(2014/3/31)

リテールテックJAPAN 2014 リポート:
「Beacon」「NFC」「音響通信」――スマホ活用進む! 購買体験を革新する注目技術
第30回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2014」が、2014年3月4〜7日の4日間、東京ビッグサイトで開催された。本稿では“近未来の購買体験”を実現する、スマートフォンを活用した来店・販売促進の取り組みをリポートする。(2014/3/11)

電子書店完全ガイド2013:
「eBookJapan」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第7回目は「eBookJapan」を紹介する。(2014/1/28)

電子書店完全ガイド2013:
ハイブリッド総合書店「honto」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第6回目は「honto」を紹介する。(2014/1/10)

BOOK☆WALKER、「62.5%還元」のキャッシュバックキャンペーン KADOKAWA以外の全作品対象に
電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」が3周年を記念したキャンペーン。KADOKAWA以外の出版社の全作品を対象に「史上最高」という62.5%のキャッシュバックキャンペーンも。(2013/12/3)

電子書店完全ガイド2013:
「BOOK☆WALKER」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第3回目は「BOOK☆WALKER」を紹介する。(2013/10/8)

もっとキラキラした女の人生を!:
いつでも書店「頑張るすべての女性に捧げる Woman特集」開催
ベストクリエイトが運営する電子書店「いつでも書店」が、普段忙しく頑張る女性に向けて「頑張るすべての女性に捧げる Woman特集」を実施している。(2013/9/13)

ACCESS、楽天ShowTimeの電子書籍サービスにEPUBブラウザビューワを提供
ACCESSのEPUBブラウザビューワ「PUBLUS Reader for Browser」を採用。(2013/8/22)

プライム会員なら毎月1冊無料、「Kindle オーナー ライブラリー」始まる
Amazonが海外で「Kindle Owner's Lending Library」として提供している1サービスが日本でも始まった。(2013/8/21)

電子書店完全ガイド2013:
「BookLive!」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第1回目は「BookLive!」を紹介する。(2013/7/29)

eBookJapan、2013年上半期の出版社別ダウンロード数ランキングBEST20を発表――トップは講談社が獲得
イーブックイニシアティブジャパンが、2013年上半期に電子書店「eBookJapan」でもっとも読まれた出版社別ダウンロード数ランキングBEST20を発表。トップは講談社が獲得した。(2013/7/12)

東京国際ブックフェアリポート:
ブックフェア/電子出版EXPOでにぎやかだったブースたち
東京ビッグサイトで開催中の「第20回東京国際ブックフェア」。ボイジャーや楽天Koboのブースを紹介する。(2013/7/5)

「電子貸本Renta!」の中国繁体字版サイトがβオープン
パピレスが、台湾で電子書籍の配信サービスを展開している摩客網路訊息科技股?有限公司と提携し、電子書籍サイト「電子貸本Renta!」の中国繁体字版サイト「亂搭租E書網(ランター)」をβオープンした。(2013/7/1)

ドラゴンボールのフルカラー版も登場――電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/5)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/1)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(12月28日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/12/28)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――eBookJapan
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回は「eBookJapan」を紹介する。(2012/12/28)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(12月21日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/12/21)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(12月14日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/12/14)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(12月7日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/12/7)

「光BOX+」でハーレクインコミックの定額配信始まる
NTT西日本のテレビ向けセットトップボックス「光BOX+」の新サービスとして、NTTソルマーレのコミック配信サービス「定額ハーレクインカフェ」が始まる。(2012/12/3)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(11月30日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/11/30)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(11月23日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/11/23)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――BOOK☆WALKER
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回は角川グループの「BOOK☆WALKER」を紹介する。(2012/11/22)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(11月16日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/11/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。