ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヘルスメーター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘルスメーター」に関する情報が集まったページです。

Xiaomiが公式オンラインショップ「mi.comストア」オープン 事前登録で500円オフクーポンも
Xiaomi、8月19日に公式オンラインショップ「mi.comストア」をオープン。事前登録すると8月22日まで利用できる500円オフクーポンを配布するほか、50%オフになるタイムセールなども行う。(2021/8/16)

サラリーマン、プリキュアを語る(特別編):
6カ月で18キロ痩せた、実践「プリキュアダイエット」のススメ 決め手は「プリキュアカレー」と「フィットボクシング」
妄想フィットボクシング、本当にオススメですよ。(2021/8/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功者は、必ずやっている! 「しつこさ」を高める3つの法則
しつこさには、「いいしつこさ」と「悪いしつこさ」があり、大事なのは前者。いいしつこさを鍛え上げ、あなたの武器にすることを目的に、好意的な感想が多かった「TKK」の法則を紹介しよう。(2021/7/29)

高橋真麻、痩せすぎ懸念で“爆食い”を開始「ポテチもラーメンも焼肉も」 結果10日で4キロ増「太るのって簡単よね」
「太るのは簡単」、それは世界の真理。(2021/7/17)

「見た目も中身も若い!」「顔からして20代」 35歳・小池徹平、“体年齢”測定で驚きの数値をたたき出す
キレキレで公園遊びする小池さん見たいな。(2021/6/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本が誇る「トイレ」は人類を救う、本当か
海外に行くと「日本のトイレは清潔だなあ」と感じる人も多いかもしれないが、今後もトイレはどんどん「進化」しそうである。どんな製品が登場しそうかというと……。(2021/5/27)

意志力すごいな! 107キロのマック鈴木、1年で約13キロの減量に成功 さらなる目標は「体脂肪を15%」
妻の小原正子さんもつられて痩せていました。(2021/4/29)

健康管理アプリ「わたしムーヴ」終了でオムロンの一部体重計が使用不能に 理由は「初期設定時にサーバ接続が必須なため」
オムロンは自社サービスに対応する代替機種の割引販売で対応。(2021/4/22)

「わたしムーヴ」終了→オムロンの体重計、一部利用不能へ 買い換え案内にユーザー失望
「体重計が“サービス終了”するなんて」――オムロンのある告知に、ユーザーが困惑している。(2021/4/20)

「私の実年齢の半分」 小柳ルミ子、“34歳”の体年齢に感激あらわ 体重38.9キロ、体脂肪率18.3%も報告
小柳さん、68歳なの……?(2021/4/5)

Garmin、4月1日にスマート体重計「Index S2」発売 製品プレゼントキャンペーンも
ガーミンジャパンは、4月1日にアプリでデータ管理ができるスマート体重計「Index S2」を発売。対象商品を購入したユーザーの中から抽選で100人にIndex S2をプレゼントするキャンペーンも行う。(2021/3/30)

「タニタの体重計に乗った動物たち」のカプセルトイが3月登場 パンダだって体重気になるもん!
商品名は「タニタ×パンダの穴 今日は何キロ?」。(2021/3/23)

スギちゃん、8.2キロ減量した“ビフォーアフター”ショット  一回り小さくなった写真に「凄い頑張ったんだね」の声
めちゃくちゃ頑張ったスギちゃん。(2021/2/25)

スギちゃん、過去最高体重でダイエット決意 90.4キロ→82.2キロの減量に「ここまできたぜぇ」
幸せ太りかな?(2021/2/24)

スマホアプリで体温管理 Bluetoothを搭載した予測式体温計「UT-201BLE Plus」
エー・アンド・デイはBluetooth通信機能を搭載し、スマホアプリで体温を管理できる予測式体温計「UT-201BLE Plus」を発売。測定した体温データは一覧化やグラフで管理でき、医療関係者や家族と共有することもできる。(2021/2/22)

製造マネジメントニュース:
オムロンは売上総利益率が過去最高へ、ロボットとの統合制御機器で成長加速
オムロンは2021年1月27日、2021年3月期(2020年度)第3四半期の業績を発表するとともに、業績に大きく貢献する制御機器事業とヘルスケア事業の方向性について説明を行った。中国市場の期待以上の需要増とともに、制御機器事業のソリューションビジネス化、ヘルスケア事業の血圧計需要の増加などの好影響から、2020年度第3四半期(2020年4〜12月)は増益を実現し、通期見通しも上方修正を行っている。(2021/1/29)

マシーナリーともコラム:
タニタのバーチャロンの大会に出たら「もしかしたらマジで、今からでもバーチャロンってeスポーツとして定番化も夢ではないのでは?」と思った話
今からでもいいからバーチャロン流行ってくれ……。(2021/1/29)

熊田曜子、現在の体重&体脂肪率を公表 “アスリート級”の数値に「尊敬しかない」「少し心配」の声
女性で1桁は心配かも。(2021/1/23)

ガーミンが“スマート体重計”発売 アプリでデータ管理、スマートウォッチとも連携
スマートフォンアプリで計測データを管理する体重計をガーミンが発売する。Garminのスマートウォッチとも連携。体重に変化があったとき、該当する期間の運動量や消費カロリーを確認できる。(2021/1/21)

仲里依紗、ダイエット動画のはずが食欲止まらず 子どもの食べ残しつまむ姿に「なんだこの親近感」
ダイエット動画とは。(2021/1/13)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HuaweiとXiaomiの動きに注目 2021年に中国メーカーの勢力図はどう変わるのか?
2020年は、米国と中国の貿易戦争に通信業界が巻き込まれた1年だった。中国メーカーのパワーバランスもこの歴史的な大きな2つの出来事により大きく変わろうとしている。中国大手4社の2020年の動きを振り返りながら、2021年の展望を予想してみた。(2021/1/8)

「あのワンピースほしいなぁ」→砂を袋に詰め込み衝動買いする気を失せさせる 彼女の奇行に納得したりしなかったりする漫画「ぼくの彼女、ヤバにゃん」
物理的に自分を縛るしかない(2020/12/26)

LCRメーターの基礎知識(1):
交流インピーダンス測定の目的や原理
日常生活ではあまり気付かないが、交流インピーダンス測定はさまざまなところで行われている。今回の解説記事では、主に数メガヘルツまでの低周波の交流インピーダンスを測るLCRメーターについて解説する。(2020/12/14)

「簡単」「楽しい」「続けたくなる」:
そこまでやるか!? 本気すぎる“タニタ式”健康経営 社員証と活動量計を一体化
ヘルスメーターで有名なタニタは、自社の健康経営にも熱心。例えば、社員証と一体化した活動量計を全社員に持たせていて、身に付けないで出勤した社員は社屋に入れない。そこまで徹底するのはなぜか。(2020/12/4)

「細すぎません!?」 益若つばさ、35歳バースデーに“高校から変わらぬ体重”を公表 ファンから驚きの声
高校から変わらない……だと……????(2020/10/13)

日本通信、健康サービスがセットの「Wスマートプラン」 月額1580円で3GB+70分の無料通話
日本通信とFiNC、健康アプリサービスをセットにした月額1580円(税別)の「Wスマートプラン」提供開始。70分の音声通話、データ通信容量3GB、月額480円(税込)の「FiNC Plus」がセットになっている。(2020/10/9)

スマートウォッチみたいな血圧計、オムロン「HeartGuide」の実力を測る
家庭向け血圧計の中で唯一のウェアラブルタイプが、オムロン ヘルスケアの「HeartGuide」だ。見た目も利用シーンもとがった血圧計を1カ月試用した。(2020/10/6)

イノベーションのレシピ:
飲酒検査を半年でクラウド化せよ、モノづくり企業タニタが挑戦したこと
2019年、タニタが最新商品として検査システム「ALBLOクラウドサービス」を開発した。iPadに接続したアルコール検知器とクラウドを連携させることで、検査者のなりすましを防ぐ顔認証機能や、検査結果のデータベースへの送信機能を実現する。「モノづくり企業」であるタニタは、いかにしてクラウド開発を行ったのか。タニタ担当者らに話を聞いた。(2020/10/5)

PR:注目パソコン「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」と、紙の本(book)を大真面目にレビューしてみた
機械オンチのライターに、大胆にもパソコンと紙のbookを比べてもらいました。(Sponsored by レノボ・ジャパン)(2020/9/25)

ロボット開発ニュース:
複雑な間取りでも高精度マッピング、独自アルゴリズム搭載のロボット掃除機
SB C&Sは2020年9月8日、中国のロボットメーカーであるBeijing Roborock Technologyが開発した家庭用ロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」を2020年9月11日から発売すると発表した。LDSレーザーに独自の経路算出アルゴリズムを組み合わせて、複雑で広い間取りの部屋でも高精度のマッピングを実現しつつ、最短距離で掃除する。(2020/9/10)

2眼カメラとAI搭載で“ペットのふん”も認識 Roborock製のロボット掃除機が登場
中国のRoborockがロボット掃除機の最新モデル「Roborock S6 MaxV」など3製品を11日から発売する。価格は2万9800円〜7万9800円。2眼カメラを搭載することで視差を利用して3次元の距離を測定できるようになった。(2020/9/8)

「ドラクエウォーク」にタニタ監修のライフログ機能 食べてもいい食事やお菓子が分かる
スマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」にライフログ機能。消費カロリー計算はタニタが監修。消費したカロリーより低いカロリーの食べ物も紹介する。(2020/9/5)

tsumug edge:
猫向けスマートバンド!? IoT首輪「Catlog」を使って子猫の活動データを24時間記録した
おうちハックで生活は便利になるのか? 筆者ななみんが猫「3匹」(1匹増えました!)と一緒に実証していく中で、猫の生活をテクノロジーで見守る首輪型ウェアラブルデバイス「Catlog」を試してみました。(2020/9/4)

グーグルも注目 歩けば歩くだけ安くなる医療保険「歩くとおトク保険」
ヘルスケアデータを使った保険ビジネスが動き始めている。8月末には、グーグルの親会社であるアルファベットが保険事業に参入した。グーグルが集めたヘルスケアデータを基に保険商品を作成すれば、さまざまな可能性が考えられる。国内でも、保険スタートアップjustInCaseが始めたのが、前月の歩数に応じて保険料が割り引かれる医療保険だ。(2020/9/1)

レトロな銭湯グッズをフィギュア化した「銭湯 ミニチュアコレクション」が登場 大黒湯外観もミニチュア化
昭和レトロ感溢れてる。(2020/9/1)

Amazon、フィットネスバンド「Halo」発売 声による対人関係解析や体脂肪計搭載
Amazonが、メンタルヘルスも重視するフィットネスバンド「Amazon Halo」を発表した。ユーザーの声から対人関係を解析したり、ボディスキャンから体脂肪率を測る機能を搭載。価格は本体は99.99ドルで、連携するサブスクサービスが月額3.99ドル。(2020/8/28)

【受付終了】この夏買ってよかったものを大プレゼント!
この夏買ってよかったやつを5名様にプレゼント!(2020/8/18)

ユキヒョウ「飼育員さん、ばいばーい(尻尾フリフリ)」 尻尾でごあいさつを返すユキヒョウがかわいい
ユキヒョウの尻尾、ふわっふわ!(2020/7/20)

「モデルとしては小さいと言われてきた」 ローラ、165センチの身長と個性の大切さについて語る
ファン「そんなローラが大好きだよ!」。(2020/7/18)

島崎遥香、体重を初公開 AKB48時代は38キロで「栄養失調と言われたり」と苦労した時期も赤裸々告白
「体重計乗るのって怖いじゃないですか。その代わりに自分の身体を見る」と島崎さん。(2020/6/18)

1年で18キロ減! はんにゃ川島、中学生ぶりの体重を取り戻し「わーお」と感動
「だしパックダイエット」すげぇ!(2020/5/23)

「自分をさらけ出すのすてき」「親近感湧く」 仲里依紗、体重&筋肉量を告白にファン好感
すがすがしく語っています。(2020/5/18)

レオパの「トカゲちゃん」がかわいい! 松本ひで吉先生と暮らす“癒やし系は虫類”の日常漫画
静かに生きている、それだけで癒される。(2020/4/3)

「認めたくないものだな」 シャア専用体組成計(など)、出る
タニタは「ガンダム&ハローキティプロジェクト」とコラボした体組成計を発表した。アムロ、シャア、キティの声で計測結果を伝える3機種を受注生産する。(2020/4/3)

「認めたくないものだな、不摂生ゆえの過ちというものを」 しゃべるガンダム&ハローキティの体組成計がタニタから
アムロ版、シャア版、ハローキティ版の3種類がラインアップ。(2020/4/2)

オンライン診療サービス3種を比較【オンライン診療ポケットドクター編】
“赤ペン書き込み”で患者の訴えをくみ取る「オンライン診療ポケットドクター」
オプティムとMRTによる「オンライン診療ポケットドクター」は、患者・医師間の認識の齟齬を軽減する機能や、血圧計などのヘルスケア機器との連携に強みを持つオンライン診療サービスだ。その機能と特徴を説明する。(2020/4/6)

医療機器ニュース:
健康計測機器分野でタニタとエー・アンド・デイが業務提携
タニタとエー・アンド・デイは、健康計測機器分野で業務提携した。「タニタアルゴリズム」を搭載したエー・アンド・デイの家庭用体組成計「UC-421BLE」を2020年夏に発売するほか、相互にOEM供給する。(2020/3/2)

スヌーピー×ジュエルナローズのトラベルシリーズ 大好物のチョコチップクッキーを頬張るスヌーピーがキュート
トラベルグッズ一式をそろえたい。(2020/2/14)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
見える化は簡単なのかもしれないけれど……
目を背けたいような事象ほど見える化はためらってしまう。(2020/2/13)

大事なのは「見える化」:
昆布を食べて収入が4万円アップ? ゲーム開発会社が「“年収を上げる食事”提案サービス」を展開するワケ
ゲーム開発会社のシグナルトークが1月29日、“年収が上がる食事”をAIが提案してくれるサービス「WorkUp AI」を開始する。月額課金制で、価格は毎月9800円(税別)。いったいどんなサービスで、どんな狙いがあるのか?(2020/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。