ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヒノキ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヒノキ」に関する情報が集まったページです。

2019年BUILT年間記事ランキング:
全国で進む再開発に注目が、フルハーネスなど法令動向にも高い関心が集まる
2019年を振り返りますと、同年8月に発生した大雨や同年10月19日に発生した台風19号などの大規模災害が思い出されます。建設業界の方々にとっては、耐震、耐風を踏まえた設計や施工、BCPを考慮した施設管理にについて考えさせられた1年になったのではないでしょうか。そんな中、BUILTで2019年に公開された記事の中から、1年間の閲覧ランキングトップ10を紹介します。(2019/12/30)

CLT:
晴海に隈研吾氏が監修した「CLTパビリオン」が誕生、1年後には産地の真庭市へ移築
東京都中央区晴海に国産材活用のシンボルとなるパビリオンが誕生した。CLTを680立方メートル使用した木の現しが特徴的な建物は、隈研吾建築都市設計事務所がデザイン監修したもので、これまでCLTの一般的な用途だった壁や床ではなく、梁として使用されている。解体後に移設・再築が可能な構造で設計されており、1年間の運用後には、木材が生産された岡山県真庭市で建築物として第2の人生を送るという。(2019/12/6)

東京コミコン2019:
ヒーローもヴィランもみんな最高! 東京コミコン2019のコスプレイヤーさんを激写してきた
(2019/11/25)

シンプルにみんなすげぇ! 「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」全力フォトレポート 「鬼滅の刃」コスや銀髪ケモ耳の宇垣美里が話題
行けなかった人も満足できる超絶ボリュームでお届け!(2019/10/27)

2020年春の花粉飛散量は全国的に少なめとの朗報 信じていいの? 信じちゃうよ?
やったあああああ。(2019/10/3)

タイムアウト東京のオススメ:
フィンランド大使館のサウナに潜入する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/10/1)

大阪で銭湯が激減のピンチ 全国最多から陥落した背景
知る人ぞ知る銭湯王国の大阪で、昔ながらの公衆浴場が急速に姿を消している。平成30年度の調査ではついに東京に抜かれ、全国トップの座から陥落した。(2019/9/24)

耐震:
大和ハウス、拘束材に木質材料を使用した座屈拘束ブレースを開発
大和ハウス工業は、大規模な商業施設や事務所に適用可能な耐震部材「木鋼ハイブリッドブレース」を開発した。「日本初」(同社)となる拘束材に集成材を使用した座屈拘束ブレースである。(2019/9/18)

世界よ、これが夏コミだ! 猛暑に負けない、キャラ愛あふれるコスプレイヤーさんを汗だくで全力レポート
かわいいお姉さんからネタ系までいっくよー!(2019/8/10)

「出汁」の味がするお酒!? かつおぶしやしいたけで作ったエッセンシャルリキュール、誕生の背景を聞いた
出汁の味がするお酒「旨味ビターズ」の製造元にいろいろ聞いてみました。(2019/7/31)

イノベーションのレシピ:
岐路に立つJDI、“B2C”の新規事業は起死回生の一手になるか
厳しい経営状況に直面するジャパンディスプレイ。同社は起死回生の一手として2018年4月に新規事業プロジェクト「JDI Future Trip Project」を立ち上げ、2019年度内にB2C製品を販売開始する予定だ。同事業で部長を務める井戸靖彦氏を始め、JDIの起死回生を担うメンバーたちに新規事業と製品にかける思いを聞いた。(2019/7/24)

耐震:
木造耐震設計建築システム「耐震構法SE構法」に韓国の施工店が海外初登録
エヌ・シー・エヌは、韓国のヘガシップ建築を自社が提供する木造耐震設計建築システム「耐震構法SE構法」の登録施工店としたと発表した。海外初の登録施工店だ。(2019/7/17)

改元後初の新駅! 新元号を冠する「令和コスタ行橋駅」、8月24日開業
駅舎デザインは水戸岡鋭治氏!(2019/7/2)

あおぐと上品な香りがふわり 京扇子老舗がフレグランスつき扇子「うつし香」をクラウドファンディングで販売
香りの付け直し、骨組みの修理サービスで長く楽しめる(2019/6/28)

タイムアウト東京のオススメ:
ヒノキ風呂でくつろぐ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/6/26)

東京おもちゃショーで“カンナ掛け”してきた! ヒノキの香りがたまらない清水建設の体験展示がすごい
いい香りで超爽快。(2019/6/17)

広範囲で花粉飛散ピークに 5月上旬までには花粉シーズン終了、北海道ではGW中に本格化の可能性
今年は例年よりピーク到来早く、期間も長かったようです。(2019/4/12)

「竹取物語」ならぬ「杉狩物語」 翁と姫の引き継がれる花粉症の苦悶を描いた漫画が謎の疾走感で話題
ついでにヒノキとブタクサも滅してくれ。(2019/3/22)

CLT建築:
CLTで“循環型社会”を実現!隈研吾×三菱地所×真庭市の「CLT 晴海プロジェクト」始動
三菱地所と隈研吾建築都市設計事務所、岡山県真庭市の3者は2019年2月14日、東京・晴海地区で、CLT(Cross Laminated Timber/直交集成板)を用いて、国産材の利用促進と地方創生を目的とした「CLT 晴海プロジェクト」を始動させた。プロジェクトでは、真庭市で伐採されたスギ・ヒノキをCLTに用い、東京五輪開催に合わせたイベント施設を晴海に建設する。2020大会終了後には、生産地・真庭市の国立公園へと施設を移築し、地域のランドマークとして再生させる。(2019/2/15)

木材利用の促進:
内・外装に“178m3”の木材を使用しながら、耐火にも優れる構法・部材とは?
清水建設は、名古屋市内で計画中の4階建て集合住宅に、中大規模の耐火建築を対象として開発したハイブリッド木質構法「シミズ ハイウッド」と木質耐火部材「スリム耐火ウッド」を初適用した。(2019/1/11)

沖縄・名護で2週間:
「ワーケーション」ってどうなの? 家族で体験したビジネスマンに聞いてみた
「ワーケーション」という言葉をよく耳にする。ワーケーションとは、「Work」(仕事)と「Vacation」(休暇)を組み合わせた造語だ。働き方改革の一環として政府などでは推進しているが、実際どうなのだろう? 沖縄で2週間体験したビジネスマンに話を聞いた。(2018/12/13)

サンって“山犬の娘”なのに人っぽい仮面を着けてるのおかしくない? 「もののけ姫」の仮面を全力で分析した
スタジオジブリ「もののけ姫」のサンは山犬の一族の娘なのに、タタラ場に攻めるとき人間に似た仮面を着けるのはなぜだろう――。(2018/10/26)

憎きアイツがやってくる 2019年春の花粉飛散量は「例年並み」か「やや多い」予測
特に東海地方は注意が必要とのこと。(2018/10/5)

6年ぶりの大量飛散:
来春の花粉は今年の2.7倍に 6年ぶりの大量飛散
ウェザーニューズの予想によると、花粉飛散量が少なかった2018年に対し、2019年は2.7倍に達する見込み。夏の猛暑により、スギやヒノキ花粉の発生源である雄花の生育が活発だったため。特に東日本を中心に大量飛散の恐れがある。(2018/10/1)

飛島建設ら3社が“木材活用”の地盤補強工法で、日本建築センターの評定を初取得
飛島建設、住友林業、ミサワホームの3社が共同開発を進める「丸太打設軟弱地盤対策&カーボンストック工法(LP-SoC工法)」が2019年度にも実用化されそうだ。同工法は、自然の丸太を地中に打設することにより、軟弱地盤の補強と炭素の貯蔵を同時に施すもので、地球環境対策や国産材の利用拡大につながると期待される。(2018/8/20)

神戸風月堂「ゴーフル」を木で彫ってみた結果がすごい サクサクッと食べられそうな見た目が本物と間違えそう
木彫りでもこれなら食べられるんじゃないかな……?(2018/7/22)

いつまでも働き続けたい:
ファンケルの「アクティブシニア社員」は会社に何をもたらすのか?
労働人口が減少する日本において、いち早くシニア世代が活躍する場所を作ろうとする企業が出てきている。化粧品と健康食品メーカーのファンケルでは65歳以上の社員が柔軟な勤務体系で働き続けられる「アクティブシニア社員」という制度を打ち出した。そこで活躍する社員に実際の話を聞いた。(2018/6/19)

なぜ花粉の飛散量は毎日こんなに変わるのか 「1週間で500倍」の地域も
スギやヒノキの本数自体は、そこまで増減しないはずなのに。(2018/4/6)

犬や猫って花粉症にかかるの? 動物病院「身体がかゆくなる症状も」
春がつらいのは、人間もペットも一緒。(2018/4/4)

かわいいが止まらない! AnimeJapan 2018を彩るコスプレイヤーさん勢ぞろい
最終日、いっくよー!(2018/3/25)

俺たちの対策を超えてくる“ヤツら”の恐怖 今年の「花粉の破壊力」を描いた漫画に共感の声
人類に勝ち目はないのか……。(2018/3/18)

女性と子どもの不安解消が鍵:
花粉症商戦本格化 トレンドは“やさしさ”
今年も花粉症商戦が盛り上がってきた。年々拡大する花粉症マーケットを取り込むために各社は知恵を絞っている。(2018/2/17)

東京含む1都6県で花粉の飛散が基準超える 花粉シーズン突入へ
つらい時期になりました……。(2018/2/16)

こういうの待ってた! Twitterに投稿された漫画「男子高校生を養いたいお姉さんの話」が「尊い」と大絶賛
あなたは養いたい派? 養われたい派?(2018/1/27)

BIM/CAD:
「逆さ富士」を実現した施工BIM、成功の鍵は設計データの精査
2017年12月に完成した「富士山世界遺産センター」。「逆さ富士」を表現した木格子が目を引く同センターの施工にはBIMが導入された。複雑な意匠を表現するために、どのようにBIMを活用したのか。施工を担当した佐藤工業とシンテグレートに聞いた。(2018/1/18)

ふぃぎゅらぼ:
「雪ミク」figma&ねんどろいど発売決定、今年のテーマはタンチョウ巫女
幸運のシンボル「タンチョウ」がベースのデザインです。(2018/1/17)

枡なのに新しい:
「枡」だけで売り上げ4倍 伝統を守りながら伝える“面白さ”
岐阜県大垣市にある枡の専門メーカー、大橋量器は、ユニークな商品開発などの取り組みを経て、売り上げを伸ばした。日用品として使われることが少なくなった枡の需要をどのように拡大したのだろうか。(2018/1/12)

薪クラスタ「うおおおおお」 24時間薪を燃やし続けるニコニコ生放送が復活
ユーザーコメント次第で10種類の薪を投入。(2017/12/16)

雑誌『建築知識』建築基準法をまさかの擬人化 売れ行き3倍、編集部は「間取りも擬人化してみたい」
建築の未来を感じる。(2017/11/23)

風呂釜の掃除ってどうやるの?
追いだきなどで汚れた配管の洗浄方法を解説します。(2017/11/16)

池袋ハロウィンコスプレフェス2017:
台風に負けないコスプレ熱! 「池ハロ2017」2日目を盛り上げたコスプレイヤーまとめ
あの雨風の中、キャリーバッグを引く後ろ姿かっこよすぎる。(2017/10/29)

忙しい人への入浴剤ガチャ レバーを回して「バブ」をゲットできる「巨大バブサーバー」が日本5大都市に現る
疲れを感じる水・木曜日はバブるが吉。(2017/10/5)

よっしゃああああああああ!! 来春の花粉飛散量が平年の65%になる見込み 関東では約1/4まで少なくなる地域も
2017年に大量飛散 → その影響などで今年は少なめに。(2017/10/3)

宇宙開発:
人工衛星は輸出産業になれるか、NECが「ASNARO」に託した願い
日本の人工衛星開発を支え続けてきたNECが、宇宙事業の拡大に向けて開発したのが小型衛星「ASNARO(アスナロ)」だ。同社は、ASNAROを皮切りに、宇宙事業の国内官需依存からの脱却だけでなく、宇宙ソリューションビジネスの立ち上げをも目指している。(2017/9/15)

自然エネルギー:
バイオマス燃料の木質ペレット、輸入増で国内自給率が低下
林野庁の調査によると、2016年の木質ペレットの国内生産量は前年比で0.5%増加した。一方、海外からの輸入量の増加によって、自給率は、前年比8.3ポイント減の25.7%に下落している。(2017/9/1)

参りました! 将棋上手な猫ちゃんが賢くてかわいい
王手ニャ!(2017/7/5)

魔王が現世に転移して社長になる漫画がアツい 魔物を束ねる統率力でブラック企業をホワイトに改革
“ダークネス企業”どころかめっちゃ白い。(2017/6/27)

ITライフch:
登山愛好者必見!スタンプラリーアプリ「ヤマスタ」で尾瀬散策スタンプラリーを実施!
登頂記念スタンプラリーアプリ「ヤマスタ」は、10月22日まで尾瀬の人気スポットをめぐる「尾瀬散策スタンプラリー」を実施する。条件クリアで「尾瀬国立公園10周年記念」特製ピンズや尾瀬の特産品の抽選に応募できる。(2017/6/13)

キリンビールの「ゆっくり届くボタン」に込めた思い 「人間、ずっと頑張るってできない」
忘れたころに商品が届く、キリンビールのキャンペーン企画「スローボタン」。企画担当者に意図を聞いた。(2017/5/25)

「うまい棒498本分で買えちゃうんですか!?」 もしTOKIOが通販番組やったらのパロ漫画が納得の展開
これぞTOKIO。(2017/5/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。