ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハイパーコンバージドインフラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイパーコンバージドインフラ」に関する情報が集まったページです。

オンプレミス「新主役」 HCIの利点は?
“運用しやすいオンプレミス”を夢から現実へ「HCI」という選択肢
クラウドサービスの普及とともにオンプレミスのインフラの良さが再認識され、システムによって両方をうまく使い分ける動きがある。特に注目されているのは「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)だ。HCIの利点は何か。(2022/5/18)

Gartner Insights Pickup(250):
モダンなインフラのよくある5つの誤解を認識し、解消する
インフラの優れた選択肢が出てきているが、CIO(最高情報責任者)はより大きな不確実性とさらなるリスクおよび大げさな主張に悩まされている。(2022/3/25)

VMwareから来たNutanix CEOが考えていること(2):
「クラウドの巨人」の進撃が続く中、Nutanixが提供する価値とは何か
「ハイパースケーラー」と呼ばれる超大規模クラウド事業者が勢いを増している。Nutanix CEOインタビューの後編では、こうしたクラウドの巨人たちの間で、Nutanixは企業にどのような選択肢を提供できるのかを聞いた。(2022/3/22)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【後編】
ROBOでVMを動かすなら「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)を検討すべし
ROBOでVMを稼働させようとしている企業のIT担当者が、管理負荷の軽減に活用できる製品分野には何があるのか。主要な製品分野を整理する。(2022/3/22)

「VMware Cloud on AWSで“クラウド破産”」の傾向と対策【後編】
「脱クラウド」で“クラウドの呪縛”から解放される方法
熟慮の末にクラウドサービスへ移行したにもかかわらず、想定外の問題に直面して「脱クラウド」に踏み切らざるを得なくなった企業は、どうすればよいのか。スムーズなオンプレミス回帰のポイントを説明する。(2022/3/21)

2カ月でエッジサーバのインフラ導入
三井化学がエッジサーバのインフラにHCIを導入した理由とは
複数拠点から集まるデータを処理する企業でDXを進める場合、データセンター一元化はデータ転送量やBCPの観点から望ましくない場合がある。エッジコンピューティングを検討すべきだろう。三井化学が導入したITインフラの事例を紹介する。(2022/3/17)

出社再開のための「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)チェックリスト【後編】
ファン不具合でサーバ加熱も 止めていた「HCI」の再稼働時に注意すべきこと
オフィス出勤再開とともに取り組みたい「HCI」のチェック。セキュリティを含めたソフトウェア更新から細かいパーツの動作確認まで、チェック対象はさまざまだ。IT管理者のやるべきことをまとめた。(2022/3/10)

VMwareから来たNutanix CEOが考えていること(1):
ハイブリッド/パブリッククラウドにNutanixはどう関わっていくのか
ハイブリッド/パブリッククラウドの時代がいよいよ来ようとしている。ハイパーコンバージドインフラで成長してきたNutanixは、これにどう関わっていくのか。CEOのラジブ・ラマスワミ氏に直接聞いた。(2022/3/2)

出社再開のための「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)チェックリスト【前編】
コロナ禍で止めていた「HCI」を再び安全に動かす方法とは?
コロナ禍の収束を見込み、企業は徐々にオフィス出勤を再開。従業員が自宅で働いていたとき“眠っていた”「HCI」は大丈夫なのか。HCIの状態をチェックするポイントを紹介しよう。(2022/2/24)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【後編】
クラウド推進の空港が明かす、脱オンプレミス困難な「空港特有のシステム」とは
ベルファスト・シティー空港は各種アプリケーションのクラウドサービス移行を進める一方で、一部のシステムはオンプレミスインフラに残さざるを得ないと判断している。そのシステムとは何か。移行が難しい理由とは。(2022/1/31)

HCIをビジネスの足かせにしないために
仮想化基盤として最適なHCI、ユーザー企業がメリットを最大化するポイントは?
オンプレミスでもクラウドのような高い拡張性と柔軟性をもたらすHCIは、ITインフラの在り方を考える上で重要な選択肢の1つだ。ユーザー企業がそのメリットを最大に引き出すためのポイントを、2人の専門家に聞いた。(2022/1/25)

PR:導入費用や運用が負担――“オンプレ”の課題を解決 JECC/シスコのクラウドライクな「オンプレミスIaaS」とは?
(2022/1/11)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
インフラ刷新の好機、Windows Server 2012サポート終了をプラスに変えるには?
Windows Server 2012のサポート終了を迎えるまでに、人材や予算が不足する企業は、どんな手順でITインフラをモダン化すべきか。急速に変化する市場環境に対応し、事業を拡大していくために、より柔軟なシステムを構築する方法を探る。(2021/12/13)

工場におけるクラウド活用:
PR:工場のスマート化支えるエッジコンピューティング、考慮すべきデータの置き所
工場のスマート化の進展により、工場内でもデータの蓄積や活用が加速している。この中で関心が高まっているのが、エッジコンピューティングだ。工場内でのクラウド活用におけるデータの置き所と処理の仕組みの在り方について解説する。(2021/12/1)

クラウドファーストを転換するケースも
“クラウドスマート”なHCIの狙いとは オンプレミスを再重視した三井化学の意図
「HCI」は製品の機能追加とともに、使われ方も多様になっている。クラウドサービスの利用が広がる中で、どのような点に注目すべきなのか。三井化学の事例を交えて紹介する。(2021/12/9)

6つのバックアップツールを比較【後編】
バックアップツール“4種”を比較 Commvault、Acronis、Cohesity、Veritasの違いは?
バックアップツールは一見すると似た機能を提供しているが、特徴的な違いがある。主要な4つのツールを紹介する。(2021/11/24)

変わるHCIとベンダーの考え【後編】
「HCI」に迫る2つの流れ Dell、Nutanix、HPE、Ciscoもたどる同じ道
ITベンダーが注力しているのが製品をサービス化することだ。その点は特にHCIの分野で分かりやすい。その他にも昨今の動きとして注目すべき点がある。HCIを軸にしてポイントをまとめる。(2021/11/22)

コンテナ活用に新たな波:
PR:近い将来“コンテナと仮想化の混在”が標準に――複雑化する環境の「バックアップ」を効率化する一手とは
コンテナ環境は二極化が進み、これから「後追い組」がコンテナ活用を進めていく――企業におけるテクノロジー投資状況やデータ保護に対する取り組みはこれからどうなっていくのだろうか。有識者にコンテナ環境の現在、そして将来を伺った。(2021/11/29)

変わるHCIとベンダーの考え【中編】
HCIの“基本”が崩れた 「拡張しにくいHCI」を変えた“あの発想”
「HCI」はコンピューティングやストレージのリソースを個別に拡張できないことが基本だったが、その基本が変わりつつある。どのようなHCIが市場の中心になるのか、直近の動きを追う。(2021/11/15)

「VM」のコストを算出する方法【第3回】
仮想マシン(VM)を1時間動かすために必要なメモリ、プロセッサのコストは?
IT部門がVMの稼働に必要なコストを見積もる場合、どのような計算をすればよいのか。VMを動かす物理サーバのリソースに注目し、適切な計算方法を説明する。(2021/11/12)

変わるHCIとベンダーの考え【前編】
Nutanix、VMware、Dellを「新HCI」が追う 今後のメインストリームは?
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)市場に注目すべき変化がある。NutanixやVMwareの動きに加えて、主要ベンダーを追う注目ベンダーの動向をまとめる。(2021/11/8)

医療ITニュースフラッシュ
産婦人科もない、小児科もない村がITで実現した「無料オンライン相談」とは?
牧田総合病院の「ThinkPad」などのLenovo製品導入事例や東京都医師会の「curon typeC」採用など、医療ITに関する主要なニュースを紹介する。(2021/10/29)

将来を見据え、今選ぶべきITインフラの形
DXへの最短距離を見定める、HCIを活用したITインフラ運用の整理術
DXに向けた「あるべき姿」を組み込んでシステムを再構築するならば、HCIは有効な選択となる。将来的なクラウド環境の構成を見据えて、まず目の前のレガシーインフラをモダナイゼーションする際に、どのような観点で選ぶべきか。(2021/10/19)

限られた予算で「HCI」を構築【後編】
「自作HCI」が「構築済みHCI」より“安い”とは言えないこれだけの理由
HCI導入を計画する際に十分な予算を確保できないときは、HCIを自前で構築することも選択肢になる。ただしその場合はメリットとデメリットを十分に踏まえておこう。落とし穴には注意が必要だ。(2021/9/17)

限られた予算で「HCI」を構築【前編】
「自作HCI」と「構築済みHCI」の違い 予算化ではCPUやメモリの何を見るべきか?
HCIを導入する場合、事前に構築されたHCIアプライアンスを選ぶのではなく自前で構築することでコストを抑制できる可能性がある。その場合に検討すべきポイントとは。(2021/9/10)

自社の「HPC」構築に必要な視点【中編】
「ハイパフォーマンスコンピューティング」(HPC)の利用可否を考える3つの要件
HPCが自社に適しているかどうかを判断するには、どのような要件を検討すればいいのだろうか。ハードウェア、ソフトウェア、施設の3つの視点で考える。(2021/9/2)

ロイヤル・オペラ・ハウスの事例に学ぶ「クラウドじゃない」選択肢の価値【後編】
クラウドの約半額? ロイヤル・オペラ・ハウスが試算した「HCI」のコスト
クラウドサービスへの全面移行計画を白紙にしてNutanixの「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を導入した英国のロイヤル・オペラ・ハウス。決定の理由は「コスト」だ。実際にどのくらい削減できるのか。(2021/9/1)

ロイヤル・オペラ・ハウスの事例に学ぶ「クラウドじゃない」選択肢の価値【前編】
あの名門歌劇場がクラウド全面移行をやめて「HCI」を選んだ“なるほどの理由”
英国のロイヤル・オペラ・ハウスはクラウドサービスへのシステム移行を検討していたが、ある理由で「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の採用を決定した。その理由は何か。HCI採用に至った経緯を追った。(2021/8/25)

プレミアムコンテンツ:
「クラウド全面移行」をやめた大学の新型コロナ対策
竜巻対策のためにHCIを採用してデータセンターを刷新したアラバマ農工大学(AAMU)。その決断は新型コロナウイルス感染症対策としても役立つことになった。同校の取り組みを追った。(2021/8/20)

資源探査のデータを守るバックアップ
住友商事系の資源会社が「Veeam×VMware」から「HYCU×Nutanix」に乗り換えた訳
Summit Exploration and ProductionはVeeam Software製品とVMware製品で構築していたバックアップシステムを、HYCU製品とNutanix製品を組み合わせたシステムに移行させた。選定理由は何だったのか。実感した利点は。(2021/8/5)

PR:クラウドファースト時代、複雑化するハイブリッドインフラで現場は疲弊…… 解決の具体的なヒントはどこにある?
(2021/7/28)

柔軟性もアジリティもここまで変わった
HCIを進化させる3つのトレンド、コンテナやエッジで活用するためには何が必要?
仮想化基盤に加え、ハイブリッドクラウドやコンテナ基盤、エッジ領域など幅広い分野で採用され始めているHCI。中でも定番となっているHCI製品は、最新技術への対応をどのように実現しているのか。3つのポイントを軸に解説する。(2021/7/16)

コンピュテーショナルストレージ最新動向【前編】
コンピュテーショナルストレージの最新技術動向
データをCPUに転送することなくストレージで処理するコンピュテーショナルストレージ。その定義と技術動向を紹介する。(2021/7/7)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウドサービスを比較【後編】
「Azure Stack」「Azure Arc」とは? Microsoftのハイブリッドクラウド製品
Microsoftは「Microsoft Azure」のサービス群を複数のインフラで実行できるようにするために、「Azure Stack」と「Azure Arc」を提供する。これらはそれぞれ何に役立つのか。(2021/7/6)

国内ハイパーコンバージドシステム市場、コロナ禍でも好調 2025年に783億円規模へ
IDC Japanによると、国内ハイパーコンバージドシステム市場はコロナ禍にあっても順調に拡大が続いている。今後も仮想化やDXによる需要拡大などが影響し、2025年には783億円規模に達する見通しだ。(2021/6/23)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【前編】
Google「Anthos」とは? マルチクラウドでKubernetesコンテナを実行
GoogleとAWS、Microsoftは、自社のクラウドサービスの機能を複数のクラウドサービスまたはオンプレミスのインフラで実行するための製品群を提供する。その中から、Googleの「Anthos」を説明する。(2021/6/16)

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品の比較に有効
HCIの主要コストがすぐ分かる「TCO計算チェックリスト」
「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入を検討する企業は、各製品のTCOを比べると、自社に適した製品を選びやすくなる。TCOを計算するにはどうすればいいのか。まず確認すべきチェックリストを示す。(2021/5/14)

コンバージドインフラからハイパーコンバージドインフラ(HCI)に移行
ベンダー営業担当の説明は真実か? HCI導入の鉄鋼会社が取った確認方法とは
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を導入した鉄鋼会社Harrison Steel CastingsのIT担当者は、HCIベンダーの営業担当者による製品説明の真偽を確かめるべく、ある行動に出た。その行動とは。(2021/5/13)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第4回】
Google「Anthos」を利用できるHCIは? Kubernetesをハイブリッドクラウド化
「Kubernetes」と「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)の組み合わせはハイブリッドクラウドにも広がっている。Googleのハイブリッドクラウド構築サービス群「Anthos」を取り入れるHCI製品を紹介する。(2021/4/27)

コロナ禍でも成長し続ける秘訣とは:
PR:デジタルシフトを阻む「3つの課題」を一気に解決する方法
ビジネスのデジタル化では、データを有効活用できる仕組み作りが要だ。だが、データがオンプレミスとパブリッククラウドに散在しているため、必要なデータを検索できず、データ自体にアクセスできない場合がある。その現実的な解決策とは。(2021/4/26)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第3回】
Nutanix、Red Hat、NetAppの「HCI×Kubernetes」は? マルチクラウドも視野
「Kubernetes」がさまざまなHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品で利用できるようになってきた。本稿はNutanix、Red Hat、NetAppの取り組みを紹介する。(2021/4/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
IDCの調査で見えたCI/HCIの実力、コストやアプリの性能に与える影響とは?
IT変革の阻害要因の1つである、サイロ化したデータセンターインフラ。これを改善する方法として注目されるのが、コンバージドインフラ(CI)とハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入だ。IDCの調査結果を基に、効果の実態を探る。(2021/4/13)

富士通株式会社、富士通Japan株式会社提供Webキャスト:
Windows Serverだけで始められるHCI、導入の容易さだけではないメリットとは?
情報システム部門を悩ませる人手不足を解消し、最新技術を取り入れていくには、ITインフラ運用管理の効率化が欠かせない。その実現策となるHCIの中でも、Windows Serverを利用したアプローチが注目を集めている。その理由は何だろうか。(2021/4/6)

コンテナネットワークの基礎知識【第7回】
Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは
オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。(2021/4/21)

VMware、マルチクラウドの料金支払いを一本化する「VMware Cloud Universal」発表
米VMwareが、共通通貨を介して複数のクラウドサービスの支払いを行うことで、請求を一本化する「VMware Cloud Universal」を発表した。(2021/4/2)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)

クラウドニュースフラッシュ
資生堂が「Dynamics 365」を日本とタイに導入した理由とは?
資生堂が国内やタイの拠点に「Dynamics 365」を導入した事例やIaaS/PaaS市場の調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/3/31)

「オンプレミス回帰」の国内動向【後編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で選ばれる製品とは? IDC Japanに聞く
パブリッククラウドからのオンプレミス回帰を計画する企業は、どのような製品を選択すればよいのか。オンプレミスのインフラとパブリッククラウドを使い分ける視点と併せて、IDC Japanのアナリストに聞いた。(2021/3/31)

仮想化、VDI、HPCなどの性能とコストの問題を一掃:
PR:インフラを変え、ビジネスを変えるAMDの「第3世代EPYC」プロセッサ、その実力は?
ハイパフォーマンスとコスト効率で2019年の発表以来、多くの企業で採用されてきたAMDのサーバCPU「第2世代EPYC(エピック)」。2021年3月、「第3世代EPYC」が発表され、さらなる進化に注目が集まっている。では、具体的にどのような成果が期待できるのか。日本AMDの中村正澄氏とデル・テクノロジーズの岡野家和氏に話を聞いた。(2021/3/22)

サーバ&ストレージに関する読者調査レポート
クラウドやHCIの導入状況は? 「脱クラウド」「オンプレミス回帰」は4割以上に
サーバ&ストレージ製品の導入状況や投資計画に関する読者調査を実施した。クラウドサービスやHCIの導入が広がりつつあること、「脱クラウド」「オンプレミス回帰」に前向きな組織が4割を超えることなどが分かった。(2021/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。