ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハイパーコンバージドインフラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイパーコンバージドインフラ」に関する情報が集まったページです。

全てのサーバを1つのコンソールで:
PR:「データセンター規模のサーバ群」も直感的に管理 これからのITインフラ管理術
社会情勢の変化で「ニューノーマル」な働き方が求められているが、それはITインフラの運用管理も同様だ。とはいえ、データセンターなどで大量のサーバを管理している運用担当者にしてみれば「そんなことより目の前の作業」だ。運用の自動化を進め、複雑化するシステムの管理にかかる手間を減らし、運用担当者の新しい働き方を実現するためにはどういった方法があるのか。(2021/1/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウド全面移行」をやめた大学の新型コロナ対策
竜巻対策のためにHCIを採用してデータセンターを刷新したアラバマ農工大学(AAMU)。その決断は新型コロナウイルス感染症対策としても役立つことになった。同校の取り組みを追った。(2021/1/14)

TechTarget発 世界のITニュース
Nutanixが新CEOにVMwareの前COOを任命 サブスクとハイブリッドクラウドを推進
Nutanixが新しいCEOに任命したラジブ・ラマスワミ氏は、前職VMwareでCOOとして手腕を振るってきた。Nutanixが求めるサブスクリプション形式への移行やハイブリッドクラウドの推進を後押しする人選だ。(2021/1/8)

「ハイパーコンバージドインフラ」の未来予測【後編】
「クラウドベンダーのHCI」が注目されない理由と、HCIベンダーが目指す未来
クラウドベンダーも市場に参入するなど「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は企業のデータセンターの今後を左右する存在になっている。HCIの重要性が今後さらに高まるのはなぜか。注目すべき動向を紹介する。(2021/1/8)

CADニュース:
オンプレミスのIT環境を従量課金制で提供する新サービス
Hewlett Packard Enterpriseは、オンプレミスのIT環境を従量課金制で提供する「HPE GreenLake cloud services」の新サービスとパートナーシップを発表した。さまざまなリモートワーカーに対応した最適なソリューションを提供する。(2021/1/5)

「ハイパーコンバージドインフラ」の未来予測【前編】
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)とクラウドの違いは将来的になくなる?
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)には次に何が起こるのか。成熟期に入るHCIは、クラウドサービスやエッジコンピューティングに影響を与えつつある。業界関係者やコンサルタントの見解を基に動向を予測する。(2020/12/18)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【前編】
NutanixのDaaS「Xi Frame」とは? 利点と注意点を整理
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で知られるNutanixが、専業ベンダーの買収を経て提供を始めたDaaSが「Xi Frame」だ。その機能と特徴、課題を整理する。(2020/12/15)

TechTarget発 世界のITニュース
Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調
2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。(2020/12/15)

Nutanix製品は安いだけではない
移行ツールで簡単に実現 VMware製品→Nutanix AHV移行によるコスト削減
英国コンピュータ協会はVMware製品からNutanix AHVに移行してコスト削減に成功した。60以上の仮想マシンの移行は問題にならなかったのか。コスト以外のメリットとは何か。(2020/12/9)

BCPやDRにも対応:
大阪府高槻市、Nutanixでインフラ刷新 ITに詳しくない職員も運用できる環境へ
大阪府高槻市は、ハイパーコンバージドインフラ「Nutanix Enterprise Cloud OS」などを導入し、仮想化基盤をベースとしたグループウェア、ファイルサーバ環境を構築した。IT担当者が代わっても運用管理できるシンプルな環境構築とBCP/DR対策を実現した。(2020/11/25)

JBCC株式会社提供ホワイトペーパー:
高度なITスキル不要で高い可用性や拡張性を実現、「Azure Stack HCI」の実力は
Windows Serverユーザーに適したHCIソリューションとして注目される、「Azure Stack HCI」。使い慣れたWindows OSで構成された同HCIは、企業にどんなメリットをもたらすのか。運用性やコストなど多方面から、その実力を探る。(2020/11/19)

JBCC株式会社提供Webキャスト:
“Azure特化型”HCIが登場、ハイブリッド環境でのパフォーマンスと経済性は?
Microsoft Azureに特化し、ハイブリッドクラウドとの親和性の高さから注目される新たなHCI製品が登場した。RDMAの採用によるCPU負荷の軽減、仮想マシンやSDSのライセンス費用削減など、その実力の全貌とは?(2020/11/13)

HCIによる「VDI」設計のポイント【後編】
「VDI」を「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)で構築すべき4つの理由
「VDI」用のインフラとして「HCI」が有力な選択肢になるのはなぜなのか。VDIに適したインフラの要件から、その理由を探る。(2020/11/6)

クラウドだけに絞る必要はない:
PR:クラウドの運用モデルをオンプレミスへ、どちらも上手に使う方法とは?
「パブリッククラウドだけが正解」という偏った考え方は影を潜め、ハイブリッドクラウドを基本に据える企業が増えてきた。次に実行すべきなのは「クラウドとは場所の問題」という考え方を捨て、ハイブリッドクラウドを戦略的に活用することだ。これを具体的に支援してくれる取り組みとは。(2020/10/30)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
普及の進むハイパーコンバージドインフラを構成するSDSなどの技術解説と、6つのユースケース、導入における留意事項、ROIなど、ハイパーコンバージドインフラの価値を正しく理解するために必要な情報を解説した100ページを超えるe-Bookである。(2020/11/5)

作業工数の削減だけではない効果
拠点ごとの“手作業バックアップ”改善のために弥生が採用した「HCI」とは?
複数拠点でのバックアップ運用に根本的な課題を抱えていた弥生は、システム運用体制の再設計に当たりHCIを採用した。同社がHCIを採用した理由やその有効性について、担当者の話を基に解説する。(2020/10/26)

HCIによる「VDI」設計のポイント【中編】
VDI設計時に忘れてはいけない「3種のテレワーカー」とは?
在宅勤務などのテレワークのために「VDI」を設計する際は、適切なインフラ選びだけではなく、テレワークを実施する従業員の業務特性を踏まえることも欠かせない。どのようなテレワーカーを想定すべきなのか。(2020/10/23)

もうIT担当者を疲弊させない:
PR:大規模データベースのバックアップにも、ランサムウェア対策にも有効な、データマネジメント基盤とは
業務データはデータセンター内のシステムだけでなく、クラウドや各地拠点といった、さまざまな環境で管理されていることが少なくない。サイロ化したデータを確実にバックアップしつつ、それらのデータを有効活用するにはどうすべきか。(2020/10/29)

システム構築から保守までHCI専用モデルを月額料金で、NECが提供開始
NECは、HCI専用モデルをサブスクリプションサービスとして提供する「NEC Hyper Converged System ベンダファイナンスプログラム」と、「NEC Hyper Converged System クラウドバックアップソリューション」の販売を開始する。(2020/10/20)

今選択すべき“クラウド発想のHCI”とは?
どこが違う? 何が違う? 最新HCI選択の見極め方
「ビジネスを支えるIT」が「新たなビジネス価値を創造するIT」へと変化している今、企業はITインフラをどう変革すべきなのか。その変革の中で、クラウドやハイパーコンバージドシステム(HCI)は、どのように企業を支えていくのだろうか。(2020/10/21)

HCIによる「VDI」設計のポイント【前編】
「テレワーク向けVDI」の構築時に確認したい基本要件とは?
在宅勤務などのテレワークを実施する動きが広がる中、その手段として重要性が高まっているのが「VDI」だ。VDI構築時に必要なものは何か。どのように設計すればいいのか。基本的なポイントを紹介する。(2020/10/9)

VDIの“誤解”を検証する【後編】
「VDI」で“予想外”のコストがかかる原因と対処法
企業がVDIを導入するとき、当初の見積もりよりも導入や運用にかかるコストが大幅に高額になることがある。それはなぜか。VDIのコスト要因を整理する。(2020/10/6)

垂直統合型インフラにすみ分けの動き
中小企業が「HCI」を選び、大企業が「コンポーザブルインフラ」を好む理由
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンポーザブルインフラ」といった垂直統合型インフラの選択肢が充実してきた。こうした中、ユーザー企業の規模に応じた選択肢のすみ分けが起こりつつある。(2020/10/1)

「OPEX」での導入に合理性
ストレージの「サブスクリプション」「従量課金」がオンプレミスでも広がる理由
クラウドストレージの魅力の一つは、従量課金型の継続課金で導入できることだ。この料金体系は、いまやオンプレミス製品でも当たり前の選択肢になりつつある。(2020/9/18)

SCSK株式会社提供ホワイトペーパー:
従来型の仮想化基盤に比べ30%も初期コスト削減、運用管理性にも優れたHCIとは
主要な業務システム群をVMware vSphereによる仮想化基盤に集約している日本農産工業。仮想化環境の拡大に付き物のリソース不足に対応するため、同社が注目したのが高い性能・運用管理性とともに、コスト削減効果にも優れたHCIだった。(2020/9/17)

20分で使えるKubernetes環境も提供開始:
「HCIはHCIに進化」? Nutanixはどこにたどり着いたかをCEOのパンディ氏が説明
Nutanixは2020年9月9日、日本のプレス・アナリスト向けに同カンファレンスでの発表を説明した。創業者でCEOのディラージ・パンディ氏も参加して、「HCIはHCIに進化した」と説明した。退任を発表しているパンディ氏に、自身のことについても聞いた。(2020/9/10)

PR:NASはここまで進化した――QNAPの新OS「QuTS hero」が実現する圧倒的な性能とは?
QNAPのNASといえば独自OS「QTS」の存在が有名だが、エンタープライズ向け機種向けに「QuTS hero」という新たなOSが登場した。この新OSはエンタープライズに求められる機能を余す所なく引き出せることが特徴だ。(2020/9/4)

フラッシュドライブの信頼性向上【前編】
SSDの信頼性検証の歴史を振り返る
物理的破損が生じない分だけHDDよりも信頼性が高いとされるSSD。しかしSSDにもデータが破損する問題が存在した。まずはSSDの課題が検証されてきた歴史を再確認しよう。(2020/9/4)

テレワーク時代のITインフラ管理効率化の切り札:
PR:「コードを書けないITインフラ担当者に『Infrastructure as Code』は無理」が誤解である理由
ITインフラの構成自動化は「Infrastructure as Code」とも呼ばれ、近づきにくい印象がある。だが、それは誤解だ。アイティメディア @IT編集部の三木泉が、全社的にAnsible対応を推進するデル・テクノロジーズの岡野家和氏および小幡健一氏と話し合った。(2020/9/8)

自動化機能をうまく使ってらくらく運用
「HCI」は全て同じではない 検証から見えた本音とは
運用管理負荷の削減を目的にハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入しても、逆の効果が生じてしまうケースは少なくない。目的を達成できる機能を備えたHCIを導入することが重要だ。(2020/8/28)

「脱クラウド」の要否【中編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を失敗させない“2つの考慮点”
「脱クラウド」が必要だと判断したとしても、実際にクラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを移行させるのは簡単ではない。脱クラウドを成功させるには、どのような点を考慮すればよいのだろうか。(2020/8/24)

「脱クラウド」が意味するもの【第4回】
オンプレミスとクラウドを賢く使い分ける4つのポイントとは?
「脱クラウド」で考えさせられるのは、結局オンプレミスのインフラとクラウドサービスは何が違うのかという点だ。両者の間で明確に異なる点を考察する。(2020/8/18)

AWS上でオンプレミスと同じハイパーコンバージドインフラを構成可能に 「Nutanix Clusters on AWS」正式リリース
米Nutanixが「Nutanix Clusters on AWS」を正式リリース。Amazon Web Services(AWS)のベアメタルサーバ上でNutanixのハイパーコンバージドインフラを構成できる新サービスだ。オンプレミスのNutanixから簡単に、ワークロードやデータをクラウド上のNutanixへ移動できる。(2020/8/17)

プレミアムコンテンツ:
ストレージ最適化製品導入戦略ガイド
効果的なストレージ最適化の導入は、ビジネスにおける重要な要素になっている。本稿ではコスト削減、ハイパーコンバージドインフラ分野、共有ストレージの代替について取り上げる。(2020/8/15)

事業継続の「備え」としてのHCI
最新VDIは運用管理に注目──HCIを実機で詳細検証
在宅勤務をはじめとしたテレワークの需要が高まる昨今、事業継続の面からHCIをベースにしたVDIを整備、強化する動きがある。IT部門が緊急時にも耐え得る管理をするにはどのような視点で基盤整備を進めるべきなのだろうか。(2020/8/3)

“全社員テレワーク”の大本命【後編】
在宅勤務を快適にするには「VDI」を構築すべきこれだけの理由
在宅勤務などのテレワークを実践する企業が、「VDI」を導入すべき理由が幾つかある。どのような利点があるのだろうか。(2020/7/9)

Weekly Memo:
ハイブリッドクラウドだけではない、これからのHCIに期待される4つの役割とは
ハイブリッドITのインフラとして期待が高まっているHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。だが、デル幹部の話によると、さらなる新たなトレンドが追い風になりそうだ。(2020/7/6)

「HCI」混戦時代へ【後編】
HCI市場で「HPE×Nutanix」が「Dell EMC×VMware」を追い抜く日
Dell EMCとVMwareを擁するDell Technologiesは「HCI」市場で支配的な立場にある。その牙城を崩す可能性があるのが、Nutanixとの協業で市場での存在感を増してきたHPEだと専門家は指摘する。どういうことなのか。(2020/6/30)

“全社員テレワーク”の大本命【前編】
「リモートアクセスVPN」だけで在宅勤務が可能だと考えるべきではない理由
テレワーク用のITインフラとして「リモートアクセスVPN」が広く利用されている。だがリモートアクセスVPNだけでは安全性を確保できないとの声がある。それはなぜなのか。(2020/6/29)

国内ハイパーコンバージドシステム市場、2024年に765億円規模へ 新型コロナの影響は?――IDC予測
IDC Japanによると、国内ハイパーコンバージドシステム市場は急成長が続いており、2019年は前年比約130億円増の450億8300万円となった。仮想化やDXによる需要の拡大から、今後も市場拡大が見込まれ、2024年には765億円規模を見込む。ただし、新型コロナウイルスの影響で成長性に差が出てくるという。(2020/6/12)

現場のリアルに学ぶ:
PR:顧客の心をつかむB2Bマーケティング 「点」でなく「線」で考える
顧客がインターネットで自ら情報を収集する時代、デジタルを含む全接点でどのようなアプローチをすべきか。日本ヒューレット・パッカードが数ある事例から得た知見を紹介する。(2020/6/19)

アプリケーションモダナイゼーション【後編】:
DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのDBをモダナイズせよ
メインフレームだけがモダナイゼーションの対象ではない。DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのデータベースは、一体どうしたらいいのか。事例からレガシーの近代化のヒントを探る。(2020/6/10)

アプリケーションモダナイゼーション【後編】
DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのDBをモダナイズせよ
メインフレームだけがモダナイゼーションの対象ではない。DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのデータベースは、一体どうしたらいいのか。事例からレガシーの近代化のヒントを探る。(2020/6/10)

「HCI」混戦時代へ【前編】
「HCI」の好調がストレージの売上高減少の原因だった?
2019年第4四半期前後のベンダー各社のストレージの売上高は落ち込む一方、「HCI」の売上高は伸びている。市場で何が起きているのだろうか。(2020/6/5)

「HCI」や「IaC」との違いも整理
「コンポーザブルインフラ」とは何かを理解する7大基礎用語
「コンポーザブルインフラ」によってアプリケーションの実行環境の構築がどのように変わるのか。「HCI」「IaC」とは何が違うのか。それらを知るための基礎用語を解説する。(2020/5/14)

VPNを使わなくても、安全なテレワークが「必要な期間分だけ」の料金で可能に? AWSが見せる可能性
全社テレワークの環境を構築しようとする企業にとって、クラウドやVPN、仮想デスクトップといった用語はおなじみのものだろう。ただし、これらを既に導入している場合でさえ、従来とは異なるニーズに既存の仕組みが耐えられず、パフォーマンスが落ちてしまう場合もあるという。AWSの新サービスは、こうした課題を解決できるのか。(2020/5/11)

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)提供eBook
サーバ選択に役立つヒント 主要な4形態の特徴とフォームファクターの違いは?
サーバにはラック、ブレード、メインフレーム、HCIといった形態があり、それぞれ異なる特徴を持つ。どのような構造を持ち、どういった目的に適しているのか。フォームファクターはどう異なるのか。そうした疑問に対する答えをまとめた。(2020/5/7)

「DX」に適したインフラ
「コンポーザブルインフラ」とは? クラウドやHCIとの違いと類似点を解説
「コンポーザブルインフラ」は企業が文化的あるいは技術的に変化するために役立つインフラだ。具体的にどのように利用することで変化をもたらせるのかを考えてみよう。(2020/5/7)

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)提供eBook
「HCI」がVDIのパフォーマンスとコスト両方にメリットをもたらす理由
仮想デスクトップインフラ(VDI)によってテレワーク環境を整備しようと考える企業にとって、有力な選択肢となるのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。HCIでVDIを構築すると得られるメリットと、享受するためのポイントとは何か。(2020/4/27)

新型コロナウイルス対策としての「VDI」【後編】
新型コロナウイルス対策で脚光の「DaaSで在宅勤務」 メリットと課題は?
新型コロナウイルスの感染対策として在宅勤務を導入する動きが広がっている。その手段として「DaaS」を活用するメリットと注意点を解説する。(2020/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。