ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Inspiron One」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Inspiron One」に関する情報が集まったページです。

デル、動画編集PC「Dell Graphic Pro」に23型ワイド液晶一体型モデル「Inspiron 23 7000」シリーズを追加
デルは、クリエイター向けPC「Dell Graphic Pro」のラインアップに23型ワイド液晶ディスプレイ一体型モデル「Inspiron 23 7000」を追加した。(2013/9/30)

デル、動画編集PC「Dell Graphic Pro」のラインアップに23型フルHD液晶搭載の一体型モデルを追加
デルは、動画編集向けのハイスペックPC「Dell Graphic Pro」シリーズに23型フルHD液晶内蔵型の一体型PC「Inspiron One 2330オールインワン」を追加した。(2013/7/23)

他社製品を踏まえ、“勝負できる”と確信:
「XPS 12こそ、コンバーチブルUltrabookの本命」――デル、PC秋冬モデル発表会
デルが12.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載するコンバーチブルUltrabook「XPS 12」を発表した。製品発表会では、独自の回転機構を採用した理由とメリットを説明し、同製品が数あるコンバーチブル型Ultrabookの中でも“本命”だと強調した。(2012/10/23)

2012年PC夏モデル:
第3世代Core i7搭載テレパソを10万円台で――「Inspiron One 2330」
デルは、フルHD対応23型ワイド液晶ディスプレイを内蔵した液晶一体型デスクトップPC「Inspiron One 2330」を発売する。(2012/8/10)

デル、2012年夏モデルの量販店向けラインアップを発表
デルは、直販で販売している2012年夏モデルPCの量販店向けモデルを発売すると発表した。(2012/6/8)

デル、2560×1440ドット表示に対応した27型ワイド液晶一体型PC「XPS One 27」など4機種を発売
デルは、液晶一体型PC「XPS One 27」「Inspiron One 2020」などデスクトップPC計4製品の販売を開始する。(2012/5/29)

PC USER 週間ベスト10:
VAIOらしさが詰まった大画面モバイルノートとは?(2012年2月20日〜2月26日)
先週のアクセスランキングは、2012年PC春モデルの記事が多数ランクイン。1位は携帯性に配慮した15.5型ノート「VAIO S(SE)」のレビュー記事でした。(2012/2/27)

新居が1部屋なら1台どう?:
テレビと間違えるほどの使い勝手──「Inspiron One 2320」
評価用というのにすっかり自宅のリビングになじんでしまったInspiron One 2320は、名実ともに“PC機能付き”テレビとして活躍している。いや、極楽極楽。(2012/2/23)

デル、量販店向けの2012年春ノート/デスクトップPC計12モデルを一挙投入
デルは、2012年春モデルとなる量販店向けノートPC/デスクトップPC計12モデルを発表。出張修理サービスを全モデルに標準付属した。(2012/2/8)

デル、地デジチューナーの搭載にも対応する23型ワイド液晶一体型PC「Inspiron One 2320」
デルは、フルHD対応23型ワイド液晶を内蔵した一体型デスクトップPC「Inspiron One 2320」を発売する。(2011/10/7)

デル、最新版「DELL Stage」を公開
デルのタブレットデバイスや液晶一体型PC、ノートPCに導入されているユーザーインタフェースユーティリティの最新版が登場。無線LANによる自動同期が可能になった。(2011/8/10)

PC販売ランキング(2011年1月24日〜1月30日):
春の新機種、“1モデルだけ”ランクイン──新チップセット不具合による影響が心配
PC各社より春商戦向け新モデルが発売されているが、順位変動の状況は例年よりやや遅め。インテル新チップセットの不具合で発売未定・延期となったモデルも多くあり、今後の春商戦の動向にかなりの影響を及ぼしそうだ。【2011年1月第5週版】(2011/2/4)

PC販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
PCは新旧モデルの入れ替え期、売れ筋傾向に変化は?
春のPC新モデルがいくつか発売され、そろそろ売れ筋の傾向が変化してくる時期になってきた。今回はどのモデルがトップだっただろうか。【2011年1月第3週版】(2011/1/28)

PC販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
新モデル登場直前の値下げ効果か、現行モデルの上位機種に人気集まる
PC各メーカーより2011年春商戦向けの新モデルが発表され、発売日も近づいてきた。新モデル登場直前の今回は、現行モデルの上位機種が順位を上げる動きを見せた。【2011年1月第3週版】(2011/1/21)

PC販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
PC春モデルもうすぐ登場──現モデルにじわじわ“値下げ”傾向、順位変動も
年明け早々、複数のメーカーより春商戦向けのPC新モデルが発表された。それに応じて現行モデルを値引き販売する店舗もあり、ノートPCの人気傾向に若干の変動が見られた。【2011年1月第2週版】(2011/1/14)

PC販売ランキング(2010年12月20日〜2011年1月2日):
年末年始、最も売れたPCは?
福袋セールなどでPCを安く購入した人も多そうだが、年末年始休暇期間で人気だったPCは何だろうか。今回は年末と年始、2回分のランキングを掲載する。【2010年12月第4週〜1年1月第1週版】(2011/1/7)

PC販売ランキング(2010年12月13日〜12月19日):
PC冬商戦本格化、各店舗「プライベートルームの地デジ化はPCで」とアピール
12月も半ばに入り、PCの人気傾向は定まりつつあるが、量販店ではこのPC秋冬モデルの購買を促すアピールが盛んに行われている。【2010年12月第3週版】(2010/12/24)

PC販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
デスクトップPCの売れ筋は地デジ付き液晶一体型──人気は「VALUESTAR N」
2010年冬商戦期が訪れたが、今回のPC販売ランキングは大きな変きがなかった。人気モデルの傾向は半ば固定化した印象だ。【2010年12月第2週版】(2010/12/17)

PC販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
ノートPC売れ筋はA4オールインワンの秋冬モデル──中でも人気はNEC「LaVie S」
12月に入り、2010PC秋冬モデルにおける売れ筋の傾向がはっきりしてきた。同時に順位の変動もやや少なくなってきている。【2010年12月第1週版】(2010/12/10)

PC販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
家電エコポイントの駆け込み需要、PC販売状況にも“若干”タナボタも
家電エコポイントの駆け込み需要で、11月末は家電量販店がかなり賑わった。PCはエコポイントの対象ではないが、“それならば”需要がそこそこあったようだ。【2010年11月第4週版】(2010/12/3)

PC販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
PC販売状況、じわじわ活発化──ノートPCはTOP10すべてが秋冬の新モデルに
PCの売れ筋は9月〜10月にかけて発売した2010年秋冬モデル。ノートPCはランクインしたすべてのモデルが秋冬の新モデルで占められた。【2010年11月第3週版】(2010/11/26)

PC販売ランキング(2010年11月8日〜11月14日):
PCランキング、秋冬の新モデルが大多数に──MacBook ProとiMacも人気劣らず
PCの販売ランキングはすでに8割が秋冬の新モデルに移ったが、アップルのMacBook ProやiMacも変わらず高い人気を維持している。【2010年11月第2週版】(2010/11/19)

マルチタッチ+23型フルHD液晶+地デジ+HDMI入力:
これが、デルの新しい液晶一体型PCだ――「Inspiron One 2310」検証
モバイルでPCを使わず、設置場所が確保できるなら、液晶一体型PCはコストパフォーマンスが高い有力な選択肢となる。デルの新モデル「2310」も手ごろな価格で多機能だ。(2010/11/18)

2010年PC秋冬モデル:
新デザインで使いやすさを向上させた液晶一体型PC──「Inspiron One 2310」「Inspiron One 2205」
デルは、10月5日に液晶一体型PCの新モデル「Inspiron One 2205」「Inspiron One 2310」を発表した。新デザインを採用するほか、マルチタッチ操作に対応する。(2010/10/5)

2009年PC秋冬モデル:
デュアルコアCPUで6万円台スタートの液晶一体型デスクトップPC──「Inspiron One 19」
デルがエントリー向け液晶一体型PCのニューモデル「Inspiron One 19」を投入した。販売は10月22日から行われる。(2009/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。