ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Interlagos」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Interlagos」に関する情報が集まったページです。

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

仮想マシンの集約率をいかに最適化するか【前編】
仮想マシンの過密集約に注意、vSphere新ライセンスの意味
仮想マシンの集約率の策定は極めて難しい 。利益のために集約率を高め過ぎれば不具合の原因になる。では、多くのITマネジャーはどのような集約率を採用しているのだろうか。(2012/7/2)

ビジネスニュース 市場動向:
Intelのサーバ向けプラットフォーム、データセンター市場に変革を起こせるか
Intelのハイエンドサーバ向けプラットフォーム「Romley」の投入で、10GbEがいよいよ本格的に普及するとみられている。今後はデータセンター市場に大きな動きが起こる可能性がある。(2012/2/9)

頼りにするのは“Piledriver”と“Streamroller”:
「第2世代FXは2012年。28ナノプロセスは2013年」──AMD、2013年までのロードマップを公開
AMDは、2月2日(現地時間)に米国で「AMD Financial Analyst Day」を行い、2012〜2013年におけるロードマップを明らかにした。(2012/2/3)

高密度と優れたコストパフォーマンス:
PR:最大16コアのAMD Opteron 6200シリーズを搭載したデルの最新のサーバが登場
AMD Opteronプロセッサを搭載するデルの「PowerEdge」サーバの新モデルが発表された。新CPUの特長を最大限に生かしたPowerEdgeサーバは、ユーザーに優れたパフォーマンスとコストメリットを提供するという。日本AMDとデルの担当者がその魅力に迫る。(2011/12/12)

AMD、Bulldozer世代のサーバ向けCPUを出荷開始
AMDは、9月7日に“Bulldozer”アーキテクチャを採用したCPUの出荷を開始したことを明らかにした。(2011/9/7)

元麻布春男のWatchTower:
2011年のAMDは“APU”で総攻撃
AMDが2010年のFinancial Analyst Dayを開催した。金融アナリスト向けだが、最新ロードマップと“決意”を示す重要な機会。今回はどんな決意を示しただろうか?(2010/11/15)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

元麻布春男のWatchTower:
“Magny-Cours”Opteronで4ソケットサーバに価格破壊を!
インテルとAMDが新世代のサーバ向けCPUを続けて発表した。しかし、両社が新製品で目指すのは逆方向。まずはAMDが“12コア”CPUに託したメッセージを読み解こう。(2010/5/7)

AMD、最大12コア搭載の4P対応「Opteron 6100」シリーズ発表
日本AMDは、3月29日にOpteronの新シリーズ「Opteron 6100」シリーズを発表した。2P、4Pシステムの構築が可能で、上位ラインアップでは12コアを搭載する。(2010/3/29)

イスタンブールは前倒しの6月デビュー:
AMD、サーバ向けCPUのロードマップを発表
Opteron誕生6周年を迎え、AMDが2011年までのデータセンター向けプロセッサ製品のロードマップを発表した。(2009/4/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。