ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「I/O仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
仮想化 − TechTargetジャパン

高効率データセンターを救う技術か
東芝がNVMe SSDで攻める新製品、ストレージ管理「KumoScale」とは?
東芝グループは、NVMeのラインアップに新しいSSDを追加し、NVMe SSDをストレージ本体にプールして共有できる新しいソフトウェア「KumoScale」を発表した。その狙いとは。(2018/3/29)

Enterprise IT Kaleidoscope:
OSレベルで脅威を防ぐWindows10のDevice Guardとは?
Windows 10 Th2から新たに搭載されたマルウェアや高度なサイバー攻撃などをOSレベル防ぐ仕組みを解説しよう。(2015/12/8)

エンドユーザーのQoE向上が目的:
富士通がSDNに基づいた新アーキテクチャを発表、第1弾はDC向けネットワーク仮想化製品
富士通は5月8日、「SDN」の概念に基づいた新アーキテクチャ「FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architecture」を発表した。データセンター、広域ネットワーク、スマートデバイスなど、特性の異なる3つの領域を連携させ、エンドユーザーのQoE向上を目指す。(2013/5/8)

低TCOで大注目の新世代サーバ:
PR:Cisco UCS、価格も身近なら買わない理由はない
シスコのサーバ、「Unified Computing System」は、サーバの常識を覆す革新的な仕組みがTCO低減に直結することから、大きな注目を集めてきた。しかし同社は、より多くの組織にUCSの良さを実感してもらうため、「SmartPlay」というキャンペーンを展開。思い切った価格で入手できるチャンスがきた(2013/5/13)

Windowsユーザーグループの会長に聞く
IT管理者が知っておくべきWindows Server 2012の4機能
Windows Server 2012には多数の新機能が搭載されている。中でも運用管理面でポイントとなる4つの機能について、ロッキーマウンテンWindowsテクノロジーユーザーグループの会長 デニス・マーティン氏に話を聞いた。(2012/11/27)

「ストレージI/Oの仮想化」用語集(後)
多ストレージプロトコル間の接続が容易な「仮想I/Oゲートウェイ」
ストレージI/Oの仮想化手法の1つである「仮想I/Oゲートウェイ」は、複数のサーバ間で単一のインタフェースカードを共有でき、接続性やリソースの最適化、将来的なアップグレードの影響を受けないなどのメリットがある。(2012/11/22)

「ストレージI/Oの仮想化」用語集(前)
インフラ全体で仮想I/O管理を共通化できる「スイッチによるI/O仮想化」
ストレージI/Oの仮想化手法の1つである「スイッチによるI/Oの仮想化」は、ネットワーク全体で特定のVMに対して一定レベルのパフォーマンスを保証でき、さらに故障時の可用性対策にも有効だ。(2012/11/2)

増える代替サポートの利用が背景か
Oracleがかつてのパートナーに脅し? サポートを巡って訴訟が相次ぐ
OracleがCedarCrestoneに知的財産権を侵害されたとして提訴した。サードパーティーによるメンテナンスを提供させないため、脅しをかける狙いがあると専門家はみる。(2012/10/29)

データセンタースイッチの新製品を発表:
日本HP、ブレードスイッチにも仮想シャーシ対応製品投入
日本HPは、仮想シャーシ機能「IRF」を同社スイッチの大部分に搭載してきていることを、同社の差別化ポイントとしてきた。今回、シャーシ型スイッチに加えてブレードサーバ用スイッチについてもIRF対応の新製品を投入、あらゆるレイヤでの対応をアピールした。(2012/10/26)

Windows Server 2012 パートナーインタビュー:
PR:日本HPがWindows Server 2012のポテンシャルを最大限に引き出すプラットフォームを提供できる理由とは
日本ヒューレット・パッカードは、ワールドワイドでマイクロソフトと密接なパートナー関係を築いており、業界唯一の「フロントラインパートナーシップ」を結ぶ両社のその歴史は長期にわたる。その成果の最たるものといえる「HP ProLiantサーバー Generation 8」やWindows Server 2012の有力なソリューション「HP BladeSystem」の肝であるI/O仮想化テクノロジー「HP バーチャルコネクト」について担当者に聞いた(2012/10/10)

仮想化のI/Oのボトルネックを解消する――メラノックスがVMware対応ドライバをリリース
仮想環境の性能確保でボトルネックとなるI/Oをどう改善するか。米Mellanoxは、I/Oを仮想化するVMware対応のドライバを新たに提供する。(2012/9/13)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第1回 Windows Server 2012の概要
オンプレミスからクラウドまで幅広くカバーする、機能強化が進んだ新サーバOS、Windows Server 2012の連載開始。(2012/9/6)

SunやVirtual Ironの二の舞になるか
OracleのI/O仮想化ベンダー買収にユーザーからは懸念の声
米Oracleは2012年7月にI/O仮想化アプライアンスベンダーの米Xsigo Systemsを買収。Xsigoのユーザーの間には、製品の今後や価格設定、サポートをめぐり懸念が広がっている。(2012/8/30)

「HP Discover 2012」をラスベガスで開催:
米HP、ビッグデータ活用基盤製品を強化。「原点回帰」を強調
(2012/6/6)

NECもPAN採用へ、クラウド基盤自動化でじわじわとPAN Everywhere構想が進む
NECがクラウド基盤の自動化・効率化を実現するPAN Managerを採用する。デル、富士通、HPに次いで4社目。異機種の仮想環境を一元的に操作できる単一のコンソールを目指す米Egeneraの構想が次第に実現に近づいている。(2011/10/19)

XenClient 2技術プレビュー版レビュー
大規模運用を実現するクライアントハイパーバイザー「XenClient 2」誕生
米Citrix Systemsは2011年5月末、クライアント向けベアメタル型ハイパーバイザーの新バージョン「XenClient 2」の技術プレビュー版をリリースした。対応ハードウェアを拡大すると共に、企業利用に必須の管理サーバ機能を拡充している。 (2011/7/5)

真のDRをどう実現する?:
ユーザー主導の基幹系クラウド、実現にまた一歩近づく
ユーザー系IT企業3社が立ち上げたクラウド同盟では、基幹系システムにも耐え得るクラウドの標準化を進めている。イージェネラの仮想化ソリューションがHPにも対応したことで、実現にまた一歩近づいた。(2011/4/26)

NEWS
日本HP、クラウド型統合に向けたブレードサーバ新機種を発表
日本HPはインテル Xeonプロセッサ搭載ブレードサーバ製品群の新機種を発表。I/O仮想化を実現するモジュールに対応し、より柔軟なITインフラ統合を実現する。(2010/10/14)

salesforce.comも導入済み:
シーゴシステムズ、I/O仮想化コントローラの新製品を発表
シーゴシステムズはイーサネット対応のI/O仮想化コントローラを発表した。(2010/9/21)

イマドキのイタモノ:
「Crosshair IV Formula」でAMD 890FXの実力を知る
AMDから「Phenom II X6」と同時に発表された「AMD 890FX」チップセット。その機能と性能をASUSのハイエンドマザーボードでチェックする。(2010/5/21)

Weekly Memo:
HPの新UNIXサーバにみるクラウド戦略の真意
日本HPが先週発表したミッションクリティカルシステム向けのUNIXサーバ新製品には、同社のクラウド事業にかける強い思いが込められているようだ。(2010/5/6)

三菱東京UFJ銀行、仮想化AIXのサーバ統合基盤を運用へ
三菱東京UFJ銀行は、仮想化技術を採用するAIXのサーバ統合基盤の運用を始めた。将来的に行内クラウド化も視野に入れているという。(2010/2/23)

PR:VMwareやHyper-Vに加え、Virtage――それはクラウドを見据えたサーバ仮想化技術
景気の逆風をむしろ追い風にして普及するサーバ仮想化技術。多くのサーバベンダーがVMwareやHyper-VによるIAサーバの仮想化に取り組む中、高性能/高信頼というメインフレームのDNAを受け継いだサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」を加え、ソリューション展開を図るのが日立製作所(以下、日立)である。(2010/2/15)

自動管理機能の進展にも期待
2010年のサーバ仮想化──関連5分野の動向
バックアップ技術、管理ツール、ネットワークなど、サーバ仮想化のポイントになる5つの分野の動向を見ていこう。(2010/2/8)

Amazon EC2に真っ向勝負
動き出した日本のパブリッククラウドサービスはサポートで差別化
長年の仮想化サービスのノウハウと日本のデータセンターを活用する、米Amazon EC2対抗のパブリッククラウドサービスが登場。最大の売りは、国内の安心感とEC2にないサポートだという。その中身とは?(2009/11/25)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノが上から下まで──IDFで公開された2010年のロードマップと「動く!」Larrabee
IDFのキーノートといえば、欠かせない存在だったパット・ゲルシンガー氏がIDF 2009直前にIntelを去った。彼に代わって登場したマロニー氏は何を語るのだろうか?(2009/9/24)

VMware vSphere 4徹底解剖(2):
VMware vSphere 4のネットワーク機構
主要サーバ仮想化ソフトウェアであるVMware Infrastructure 3の後継バージョン、「VMware vSphere 4」が登場した。「クラウドOS」をうたい、基本機能を大幅に強化するとともに、重要な機能追加を行った。本連載では、このvSphere 4の主要機能を解剖する。(2009/8/18)

今年夏にもサービス事業者が登場?:
イージェネラ、共同利用型ディザスタリカバリを検証
(2009/3/13)

SoCでもマルチコア化は進むのか?
サーバー機器向けのプロセッサは、1つのチップに複数のプロセッサコアを搭載する方向に進化している。この流れはしばらく継続することになりそうだ。では、これと同じ流れが、組み込み機器向けのSoCにも適用されるのだろうか。本稿では、SoCの進化の方向性について考察する。(2009/2/1)

目指せ! ネット時代の幸せな管理者(12):
まだ始まっていない本当の仮想化運用管理
仮想化技術を導入する企業が増えているようだ。では、仮想化の運用管理は従来のそれと比べて楽になるのか。その点を解説する。(2008/11/27)

IT投資で経済危機を乗り越える:
「ポスト金融クライシス」を見据えるHPの新サーバソリューション
経済危機が企業を直撃する状況だが「企業のIT投資マインドは冷え込んではいない」と見る日本HP。同社の2009年サーバビジネスを占うキーワードは「省電力」と「ストレージ/ネットワーク仮想化」になりそうだ――。(2008/11/27)

元麻布春男のWatchTower:
AMD、45ナノ“Shanghai”Opteron発表──Denebは「Phenom II」に
AMDのCPUがようやく45ナノプロセスルール世代に到達した。“Shanghai”世代Opteronの特徴とこの先のロードマップを紹介する。(2008/11/13)

NEC、「ExpEther」普及へコンソーシアム発足
PCI ExpressとEthernetを統合したシステムハードウェア仮想化技術としてNECが開発した「ExpEther」の普及に向け、ユーザーコンソーシアムが発足した。(2008/11/13)

ハコから出してすぐつながる:
サーバネットワークのトレンドはI/Oの仮想化
管理者にとってネットワークの設定は煩雑なもの。ブレードサーバにおいてはI/Oの仮想化という手段で管理負荷軽減のアプローチが取られている。(2008/9/4)

PAN Managerソフトウェアを採用:
米Dell、Egeneraの技術でサーバ仮想化を強化
米Dellはサーバ仮想化関連の製品とサービスを大幅に強化する発表を行った。(2008/5/8)

新興のMokaFive、「サービスとしての仮想デスクトップ」を発表
NSFとスタンフォード大学の研究チームによって設立されたMokaFiveは、急成長中のデスクトップ仮想化市場にターゲットを据えている。(2008/4/8)

トラフィックはかえって増える?
仮想化の次なる課題はネットワーキングか
仮想化に伴うネットワーキングの問題として、NICの大量利用、ネットワークトラフィックの増大、物理スイッチと仮想スイッチ間の通信の問題などを解説する。(2008/2/29)

仮想化の達人:
仮想化技術のボトルネックはどこにある?
仮想化の導入を失敗させないための想定問答集。今回は、仮想化技術のボトルネックとして注意すべきポイントを紹介する。(2007/9/20)

仮想化市場の現実と展望
仮想化市場は今空前の盛り上がりを見せている。しかし、それらの技術を今本当に導入すべきなのかどうかは判断が難しいところだ。ただ、幾つかのポイントを押さえることで、導入のタイミングを図ることはできる。(2007/9/6)

I/Oの仮想化は仮想化技術に欠けていた最後のピースか?
「現在の仮想化技術には1つ欠落している部分がある。それがI/Oの仮想化だ」――Xsigo Systemsのビノット氏はこう語り、最近とみに注目される仮想化技術に欠けた部分を補う自社ソリューションを説明してくれた。(2007/7/9)

シーゴ、I/O仮想化コントローラの接続を拡張するサーバスイッチを発表
シーゴシステムズ・ジャパンは、5月に発表したI/O仮想化コントローラ「Xsigo VP 780」の接続を拡張するサーバスイッチ「Xsigo IS24」を発表した。InfiniBandを24ポート搭載する。(2007/7/4)

NEC、サービスの拡張に強いマルチレイヤ仮想化技術を開発
NECは、サービス稼働後のソフトウェアやハードウェアの拡張ができる「マルチレイヤ仮想化技術」を開発した。NGN(次世代ネットワーク)に対応した運用管理ができるようになっている。(2007/6/11)

NEWS
NEC、サービス稼働後も拡張可能なマルチレイヤ仮想化技術を開発
サービス基盤の拡張性・信頼性向上と運用管理容易化を目指す(2007/6/11)

Interview
ヴイエムウェア製品の次なる進化の方向
ヴイエムウェアの仮想化プラットフォームが今後どのように強化されていくかを同社の製品マーケティング担当ディレクターにインタビューした。(2007/5/24)

シーゴシステムズ、I/O仮想化コントローラ「VP780」を発表
シーゴシステムズ・ジャパンは、サーバのI/Oリソースの仮想化を実現するI/O仮想化コントローラ「Xsigo VP780」を発表した。仮想化市場におけるI/O仮想化の重要度が伺える。(2007/5/15)

必勝態勢で日本の仮想化市場に臨むXenSource、SCS、CTCの3社
先月、米XenSource、住商情報システム(SCS)、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の3社が戦略的協業を発表した。単なる仮想化製品の提供で終わらないことが予想され、日本における仮想化市場に大きな影響を与えると見られるこの発表の裏側に迫った。(2007/5/7)

I/O仮想化コントローラーのシーゴシステムズ、日本市場に参入
(2007/4/26)

インテル、クアッドコアと仮想化の高い親和性をアピール
インテルは、クアッドコアのXeonプロセッサ5300番台とVMwareの仮想化ソフトウェアを組み合わせた事例を紹介し、仮想化と親和性の高い同社のクアッドコアプロセッサを売り込んだ。(2007/2/22)

HP×インテル 特別対談
PR:広がる顧客やパートナの支持、さらにアクセルを踏み込むインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリ
2006年、オープンなインテルアーキテクチャのフラグシップ、インテル® Itanium® 2 プロセッサ ファミリがIHV、ISV、そして多くの顧客らの支持を受け、大きな飛躍を遂げた。7月にはインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリでは初となるデュアルコア製品であるインテル Itanium 2 プロセッサ 9000番台が登場し、さらに拍車がかかっている。1990年代半ば、その開発段階からインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリに取り組んできたヒューレット・パッカード(HP)も、Riscからデュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサ ファミリへの移行を進めており、消費電力当たりの性能が従来製品と比べ2.5倍に引き上げられた新しいデュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサ ファミリを幅広く採用していくという。インテルやHP、そしてパートナらのエコシステムが生み出す価値について日本ヒューレット・パッカードのエンタープライズストレージ・サーバ統括本部長、松本芳武氏とインテルのマーケティング本部長、阿部剛士氏に話を聞いた。(2006/12/19)

仮想マシン環境最新事情(1):
NECはサーバ仮想化技術開発で何を狙うのか
システムベンダなどが、自ら仮想マシン環境を開発する動きが広がっている。これを追う新連載の第1回として、NECにおける自社製仮想マシン環境開発に関する戦略を取り上げる(2006/9/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。