ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iTunes U」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iTunes U」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「iTeachers」はどのようにITを活用しているか
タブレットからロボットまで IT推進校のデジタル教材活用法は?
学校教育の中で、プログラミング的思考や英語のスピーキング力の育成が課題となりつつある。授業にITを積極的に取り入れる学校は、これらの課題をどのように解決しているのか。3校の取り組みを紹介する。(2018/6/7)

Macの「iTunes 12.7」でiOS端末アプリストアなくなる
Macの「iTunes」アプリがバージョン12.7にアップデートし、「ミュージック、ムービー、テレビ番組、Podcast、およびオーディオブックに重点」を置いたアプリになった。最も大きな変更は、iOSアプリの購入・ダウンロードができなくなったことだ。(2017/9/13)

「iTeachersカンファレンス 2017」レポート【第1回】
「Pepper」活用から「海外MOOC」翻訳まで――教育IT先進校は今、何をしているのか?
教育活動にいち早くITを生かしてきた教育者チーム「iTeachers」。そのメンバーが挑む、IT活用の具体的な事例をピックアップして紹介する。(2017/6/22)

iOS 10でとまどったこと、よかったこと
iPhoneとiPadに届けられた新しいOS、iOS 10。ざっと触れてみた感じをレポートする。(2016/9/14)

iTunes Uでハーバード大学教授の授業を聞こう!
(2016/3/11)

特集:フレッシュマン企画:
無料でプログラミングが学べる三大動画学習サイト+α
プログラミングを学べる動画サイトを紹介。それぞれに特色があるので、自分に合ったサイトを見つけて、スキルや知識を向上させよう。(2015/4/21)

週間記事ランキング
「セーラー服とiPad」、教育ITの新たなシーンとは
女子高校生自らが明かす、私物iPadを利用した「反転授業」体験とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2015/4/10)

iTunes Uを使った技能継承にも挑戦
“放置iPad”はなぜ生まれ、どう解消したのか――大阪教育大学附属平野小学校に聞く
授業だけでなく、ベテラン教員から若手教員への技術継承にもITを生かす大阪教育大学附属平野小学校。導入したはずの「iPad」を眠らせていた時期もあった同校が、“IT活用先進校”へ変貌したきっかけとは?(2014/12/10)

すべての人が、好きな学びを――ITが変える教育サービス5選
テクノロジーで“学び”はもっと自由に、楽しくなる。(2014/11/26)

発想が変われば世界も変わる――スプツニ子!さんが語る、“デザイン+物語”の力
見た人に強い印象を残す作品を発表し続けるアーティスト、スプツニ子!さん。その作品づくりの背景には、彼女が信じる、とある「デザイン」の考え方があった。(2014/11/21)

淡路市立北淡中学校のiPad活用事例も紹介
“iPadのばらまき”に終わらせない――淡路市が先生にiPadを託す理由
自治体レベルのタブレット導入はモデル校や実証校を決めて製品を配布する形が一般的だ。だが兵庫県淡路市では、教員に必要な機材一式を貸与する形で進めている。その中身とは?(2014/11/19)

週末アップルPickUp!:
iPadで自分の講義を配信しよう
学習コンテンツ配信アプリ「iTunes U」がバージョンアップし、コースの管理がより手軽になりました。(2014/7/11)

教育ITニュースフラッシュ
日本大学が「Google Apps」に満足できなかった理由
近畿大学附属高等学校が生徒に聞いたオンライン授業の効果から、米Appleが発表した「iTunes U」の機能強化まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/7/4)

早稲田大学の講義を無料公開「WASEDA COURSE CHANNEL」 動画1000本公開へ
早稲田大学の教材や講義動画などを集約したWebサイトがオープン。3月末には動画を1000本に拡充し、その後も増やしていく。(2014/2/25)

“iPadと学ぼう”:
Apple、日本でも電子教科書「iBooksテキストブック」の提供を開始
iPadでiBooksストアからダウンロード購入できるインタラクティブな電子教科書「iBooksテキストブック」が日本でも購入できるようになった。(2014/1/22)

ゆとり世代が問う「好きなことをやって何が悪い!」(2):
スーパー女子中学生エンジニアが、日本の教育を斬る
2月17日、Life is Tech ! 主催「Edu×Tech Fes 2013 U-18」が開催された。そこで行われた「驚異のプレゼンテーション」をレポートする。(2013/3/15)

iTunes Uの電子教科書、10億ダウンロードを達成
iTunes Uの教育コンテンツのダウンロード数が10億を突破。電子教科書の活用が進んでいる。(2013/3/12)

Apple、無料講義コンテンツ「iTunes U」のダウンロードが10億突破と発表
AppleがiTunes Storeで公開している各種教育機関による無料教材コンテンツ「iTunes U」のダウンロード数が10億件を突破した。また、同社は世界の教育機関に累計800万台以上のiPadを販売したことを明らかにした。(2013/3/1)

ユーザーへのリーチはますます困難に:
人気アプリの独占状態続く――海外調査でひもとくスマホアプリ事情
スマートフォンユーザーの増加に伴い、活況を呈した2012年のモバイルアプリ市場。アプリストアの双壁をなすApp StoreとGoogle Playの動向から、2012年の市場の傾向と課題をまとめた。(2012/12/21)

広田稔のMacでいぎだいッ(6):
新しいiPadと一緒に使いたい! 定番アプリ30選(後編)
前回に引き続き、「新しいiPad」で使いたいアプリ30選の後編をお届けします。今回は電子書籍、教育・学習、ゲームの3カテゴリからオススメアプリをピックアップ!(2012/5/11)

イースト、AppleのiTunes UとiBooks Author向けソリューションを提供
イーストは、Appleの提供する「iTunes U」と「iBooks Author」向けソリューションを提供開始。第1弾として、EPUB電子書籍「東大発2012」制作を担当した。(2012/4/17)

安藤幸央のランダウン(61):
こんなに充実!Webで学べるIT系学習講座20選まとめ
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2012/3/23)

春――入学の季節ですね:
「schoo」は知的娯楽に飢えた社会人を救うか!? Webに生まれた学校の新しいカタチ
「schoo」はWeb上の学校。答えのない1つのテーマで授業を開き、ライブ配信している。生まれたきっかけは「日本の社会人が皆学生だったら面白いのに」という思いつきだ。(2012/3/22)

東京大学「理想の教科書」、Qlippyとの連携でソーシャルリーディング機能を追加
京大学 大学総合教育研究センターが運用する電子教科書システム「理想の教科書」にSpinningWorksの電子書籍向けソーシャルSDK「Qlippy Platform」が採用された。(2012/2/8)

Apple決算、売上高純利益ともに過去最高 iPhone販売台数は3704万台
Appleの10〜12月期決算は、iPhone、iPad、Macがそれぞれ過去最高の販売台数で、四半期ベースで過去最高の売上高、純利益となった。(2012/1/25)

PC USER 週間ベスト10:
やっぱりMacBook Airは強かった(2012年1月16日〜1月22日)
先週のアクセスランキングでは、Mac新連載がいきなりの1位を獲得しました。Androidタブレットや薄型軽量ノートPCの注目機種も上位にランクインしています。(2012/1/23)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(1月20日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/1/21)

ねっと知ったかぶりβ版(1/16〜1/20):
お姉さん祭りは戦場だった 「東京オートサロン2012」撮影裏話
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はau春モデルの発表と株式会社ハドソンの解散が話題になりました。東京オートサロン2012の撮影裏話もあります。(2012/1/20)

Apple純正電子書籍制作ソフト「iBooks Author」は期待以上?
Appleは、教育業界向けに電子教科書制作/配信プラットフォーム構想を発表、無料の関連ツール群をリリースした。中でも電子書籍制作ソフト「iBooks Author」はその使い勝手から人気が出そうだ。(2012/1/20)

Apple、電子書籍作成ソフト「iBooks Author」を無料公開
iPad向け電子書籍作成ソフト「iBooks Author」を無料公開。インタラクティブな電子書籍を簡単に作成できるという。(2012/1/20)

電子書籍作成ツールまで無料:
今度は“教科書を再発明”――Apple、「iBooks 2」「iBooks Author」「iTunes U」アプリ発表
Appleが電子教科書対応の「iBooks 2」、電子書籍作成ツール「iBooks Author」、そして「iTunes U」アプリを発表した。いずれも無料でダウンロードできる。(2012/1/20)

iTunes Store担当者に聞く:
「すばらしい邦画作品を“発掘”して、映画産業に貢献したい」
日本国内におけるiTunes Storeでの映画販売開始や新型Apple TVについて、米Appleのピーター・ロウ氏に話を聞いた。(2010/11/12)

touch、nano、shuffle、どれを買う?:
2010年のクリスマスを飾る“最強”の布陣――新型「iPod」ファミリー徹底レビュー
iPodファミリーがラインアップを一新し、一体どれを買えばいいのか迷っている人も多いはず。新旧モデルと比較しながらそれぞれの特徴を詳しく見ていこう。(2010/9/8)

iTunes Uに日本の大学が参加、東大、早、慶、明治
8月25日、アップルのiTunes Uに新たに日本の大学が参加した。参加大学は、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス、明治大学。iTunes Uは、世界中の大学から講義映像など、35万を超えるコンテンツを配信している。(2010/8/30)

東大など、講義をiTunes Uで公開 「ハーバード白熱教室 in Japan」も
大学の講義などを無料でポッドキャストするサービス「iTunes U」に東大など日本の大学が加わった。ハーバード大マイケル・サンデル教授の東大特別講義「ハーバード白熱教室 in Japan」も配信予定だ。(2010/8/25)

5分で分かる、先週のモバイル事情――9月5日〜9月11日
8月の携帯電話の契約数は、ソフトバンクモバイルが純増トップの座を奪還。KDDIはiidaの新モデルを発表した。AppleはiPhone OS 3.1の提供を開始。iPhoneの出荷台数は全世界で3000万台に達したという。(2009/9/18)

アプリのお勧めやiTunesでのホーム画面管理を実現──iPhone OS 3.1が登場
Appleが現地時間の9月9日にサンフランシスコで開催したスペシャルイベントで、iPodの新ラインアップと「iTunes 9」を発表。第3世代「iPod touch」の発表に合わせ、iPhone OS 3.1の配信が即日始まった。(2009/9/10)

WWDC 2009:
高速化した「iPhone 3G S」、6月26日発売──OS 3.0は6月17日配信
米Appleは6月8日(現地時間)、iPhone OS 3.0の概要と、新OSを搭載した「iPhone 3G S」を発表した。iPhone 3G Sは6月19日から出荷を開始、日本では26日から販売を開始する。OS 3.0のアップデートは6月17日から提供する予定だ。(2009/6/9)

iPhoneアプリの作り方講座、スタンフォード大学が無償公開
「iPhone Application Programming」講座のビデオやスライドをオンラインで公開する。(2009/4/3)

Apple、iTunesのアクセシビリティ向上の取り組みを発表
Appleは視覚障害者団体、マサチューセッツ州政府と協力し、iTunesのさらなるアクセシビリティ向上に取り組む。(2008/9/30)

リビングでどう見える?:
“Apple TVでYouTube”を試してみました
初のソフトウェアアップデートにより、「Apple TV」に「YouTube」対応機能が追加された。視聴できるYouTube動画の数は、6月26日現在で約1万6500個。リビングの大画面テレビというリッチ環境でYouTubeはどう見えるのか?(2007/6/26)

Apple、大学の公開講義ポータルをiTunes Store内に設置
米名門大学の講義を無料で聴講できる「ポッドキャスト留学」が、より使いやすくなった。(2007/5/31)

カリフォルニア大学バークリー校が「iTunes U」で講義をポッドキャスト公開
コンピュータサイエンスや社会科学など、8分野の授業をiTunesでダウンロードし、無料で聴くことができる。(2006/4/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。