ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アスモ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ケーイーエス(KES)から社名変更

製造マネジメントニュース:
自動運転に合わせてワイパーも進化、日本ワイパーブレードと朝日製作所が合併
デンソーは2019年7月1日、子会社の日本ワイパーブレードと、グループの朝日製作所が2019年10月1日付で合併すると発表した。社名は「デンソーワイパシステムズ」となる。(2019/7/2)

製造ITニュース:
生産設備の予知保全システム構築ソリューション、3社連携で開発
東京エレクトロン デバイスと金沢エンジニアリングシステムズ、ウイングアーク1stは、共同開発した「IoT&AIシステム構築ソリューション」の提供を開始した。データ収集環境や設備の状態診断、可視化までを開発なしで構築できる。(2018/5/28)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(41):
石川編:「取りあえず、どこかに就職」は危険――金沢のIT企業に就職する際のポイントを、Iターンエンジニアが指南しよう
「石川県で働きたいのに、他地域に出向になった」「入社してみたら開発ではなく営業職だった」――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、石川編第1回は、地方IT業界あるあるを防ぐためのアドバイスや金沢のIT企業インタビューを、Iターンエンジニアがお届けします。(2018/5/15)

「アレルギーがあります」 誤食防ぐ“アレルギー表示テープ”、子どもや災害の備えに便利と話題 開発の経緯聞いた
テープの他、バッジ、キーホルダーなど用途によってアレルギーを周知。(2018/5/2)

製造マネジメントニュース:
デンソーが大規模な組織変更「この激動の時代を乗り切る」
デンソーは2018年4月1日付で実施する組織変更を発表した。新たな部署の設立や名称変更、再編を数多く行う大規模な内容となっている。(2018/2/20)

シンプルでコンパクトなストレートPHS「9(nine)」(懐かしのケータイ)
必要最低限の機能に絞り込んだストレート型のPHS「9(nine)」。フルブラウザの採用や高速通信が可能なW-SIMに対応していて、2台目としても、メイン端末としても活躍した製品でした。(2017/12/2)

懐かしのケータイギャラリー:
コンパクトでシンプルな折りたたみ型PHS「WILLCOM 9(WS018KE)」
(2017/7/23)

東京モーターショー2015 フォトギャラリー:
新型「プリウス」採用部品を一挙展示、ゆるキャラが魔法少女とコラボ
「東京モーターショー2015」で、各社が工夫を凝らした技術展示や、サプライヤの部品展示をフォトギャラリー形式で紹介する。新型「プリウス」の採用部品の数々や、ゆるキャラと魔法少女のコラボ展示に注目だ。(2015/11/17)

Kasperskyのウイルス対策製品、アップデートでネット接続に障害
Kasperskyは米国時間の5日までに再度アップデートを配信し、問題を修正したという。(2013/2/6)

ビジネスニュース 業界動向:
韓国のエレクトロニクスショー、注目の技術・製品トップ10
(2010/10/18)

ソニー、BD向け新型薄型光学ピックアップ「BRILL」
ソニーは、半導体レーザーと光学モジュールの組み換えが可能な集積光学ユニットを採用した、Blu-ray Disc向け薄型光学ピックアップ「BRILL」の量産を9月より開始した。(2010/9/14)

低コスト化の鍵としての可能性を探る:
車載システムを変える“スマートパワーSoC”
インドTata Motors社の低価格車「Nano」に代表されるように、自動車開発においては低コスト化が大きなポイントとなっている。筆者らは、この低コスト化の鍵を握るものとして、「スマートパワーSoC」という概念を提案したい。本稿では、このスマートパワーSoCのコスト面における優位性を明らかにするとともに、モーターやLED照明の制御に適用した事例を紹介する。(2010/8/1)

アスモのモバイル事業をネットインデックスに譲渡――レカムホールディングス
レカムホールディングスは、同社の子会社であるアスモのモバイル(PHS端末)事業を、ネットインデックスに譲渡したと発表。市場の縮小により、モバイル事業での収益拡大が困難となったため。(2009/9/30)

「9(nine)+(ウィルコム ガジェット対応版)」「WX330J」「WX330J-Z」の最新ソフト公開
アスモ製「9(nine)+(ウィルコム ガジェット対応版)」と日本無線製「WX330J」「WX330J-Z」の最新ソフトウェアが公開された。(2009/9/3)

「WILLCOM 9」に新色 ピンクとイエロー
ウィルコムは9月1日、W-SIMに対応した折りたたみ型のコンパクトな音声端末「WILLCOM 9」にピンクとイエローの新色を追加することを明らかにした。(2009/9/1)

ウィルコム、「WILLCOM 9」の最新ソフトを公開――ガジェットの安定性が向上
「WILLCOM 9」のバージョンアップ用ソフトウェアが公開された。ソフトウェア更新をすることで、ウィルコム ガジェットの動作の安定性が向上する。(2009/4/17)

ウィルコム、「WILLCOM 03」「WILLCOM 9」用のアップデートソフト公開
ウィルコムは、シャープ製のWindows Mobile端末「WILLCOM 03」「Advanced/W-ZERO3[es]」とアスモ製のW-SIM端末「WILLCOM 9」用の更新ソフトを公開した。アップデートにより、ソフトや端末動作の安定性が向上する。(2009/3/26)

ウィルコム、「9(nine)+(ウィルコム ガジェット対応版)」を発売
ウィルコムは、「9(nine)+」の機能追加版となる「9(nine)+(ウィルコム ガジェット対応版)」を12月9日に発売した。(2008/12/9)

キーレスポンスなどを改善――「WILLCOM 9」のバージョンアップ用ソフト公開
ウィルコムのPHS端末「WILLCOM 9」のバージョンアップ用ソフトウェアが公開された。キー操作やウィルコム ガジェットなどの反応速度が改善された。(2008/12/9)

「WILLCOM 9」の“ここ”が知りたい:
第2回 日本語入力機能は実用レベル?――「WILLCOM 9」
シンプルなウィルコムの折りたたみW-SIM端末「WILLCOM 9」。今回は、メール入力に欠かせない日本語入力システムや漢字変換の使い勝手と、赤外線通信などの実用機能をチェックした。(2008/10/21)

「WILLCOM 9」の“ここ”が知りたい:
第1回 小さいけれど使いやすい?――「WILLCOM 9」
シンプルなデザインとコンパクトさが目を引く、ウィルコムの折りたたみW-SIM端末「WILLCOM 9」。その小ささは、WILLCOM 9の操作性にどんな影響を与えているのだろうか。ディスプレイやダイヤルキーの使いやすさをチェックした。(2008/9/27)

「WILLCOM 9」用最新ソフト公開――コンテンツサイトの対応強化や安定性を向上
ケーイーエスはウィルコム向け端末「WILLCOM 9」の最新ソフトを公開した。「W+Book」などコンテンツ配信サイトへの対応を強化したほか、動作の安定性も向上する。(2008/8/8)

「WILLCOM 9」は“シンプル”という価値を提案する端末
ウィルコム「WILLCOM 9」は、9(nine)のシンプルさにウィルコムガジェットなどのコミュニケーション機能を強化したモデル。“D4”や“03”などの高機能モデルとともに、2008年の夏商戦に挑む。(2008/7/7)

写真で解説する「WILLCOM 9」(外観編)
「WILLCOM 9」は、“ミニマルなデザインに必要十分な機能を搭載する”という9(nine)のコンセプトを引き継いだ折りたたみ端末。新たにウィルコム ガジェットやカメラ機能、Java、デコラティブメールに対応した。(2008/7/3)

ARM11搭載、「ウィルコム ガジェット」に対応――ウィルコム、「WILLCOM 9」を発表
ウィルコムは「9」シリーズの最新モデル「WILLCOM 9」を7月18日から発売する。シンプルさはそのままに、カメラやガジェット、デコラティブメールなどの機能を追加。端末には高性能CPUの「ARM11」を搭載した。(2008/7/3)

「9(nine)」「9(nine)+」用の最新アップデータ公開
ケーイーエスが、ウィルコム向けPHS端末「9(nine)」「9(nine)+」用の最新バージョンアップソフトを公開した。マナーモード設定時の充電中に、着信鳴動をするかしないかを設定できるようになる。(2008/5/16)

「9(nine)」用バージョンアップソフト公開――自動日時補正機能を追加
ケーイーエスがウィルコム向けストレート端末「9(nine)」のバージョンアップソフトを公開した。ネットコンテンツへのアクセスが容易になるほか、自動日時補正機能を追加される。(2008/3/12)

ウィルコム、「9(nine)+」の販売再開――アップデートソフトも公開
ウィルコムは、不具合により中止していた「9(nine)+」の販売を2月8日から再開する。また、購入者向けにアップデートソフトも公開した。(2008/2/7)

「9(nine)+」に不具合、店頭販売を一時見合わせ
ウィルコムは、ケーイーエス製のW-SIM対応端末「9(nine)+」に自動日時補正機能の不具合があると発表した。販売済みの端末については預かり修理で対応するほか、修正ソフトウェアの提供も予定している。(2008/2/1)

9(nine)がリニューアル、デザインそのままに赤外線ポート新設──「9(nine)+」
スクエア&シンプルデザインが特徴の9(nine)に、赤外線ポートを新設したリニューアルモデル「9(nine)+」が登場する。W-OAM対応W-SIM、2インチQVGA液晶などの主な機能は同一。1月31日から順次発売する。(2008/1/21)

装飾メールと赤外線対応、アンテナ内蔵薄型モデルも──ウィルコム、2008年春の新機種発表
ウィルコムは2008年の新機種を発表。薄型、赤外線通信、ウィルコム版装飾メール「デコラティブメール」などに対応する音声端末、W-SIM対応PCカード型データ通信端末などを用意する。1月下旬から順次発売する予定。(2008/1/21)

CEATEC JAPAN 2007:
「ハタハタ」に「スクルド」、名前も中身も個性的なW-SIM開発環境
WILLCOMコアモジュールフォーラム(WCMF)ブースでは、SIM STYLEジャケット端末の開発環境を多数展示。参入企業へのサポートを充実させることで、柔軟に端末開発が行えるとアピールしている。(2007/10/4)

「WX320K」「9(nine)」用アップデータが公開
ウィルコムの京セラ製端末「WX320K」と、ケーイーエス製端末「9(nine)」のファームウェアアップデートソフトが公開された。WX320Kは高速化サービスに対応し、9(nine)はライトメールの接続性が向上する。(2007/9/14)

8月11日〜8月24日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
多くの企業が夏季休業中だったお盆前後はニュースも少なかったが、ノキアのバッテリーパック交換が世間を騒がせた。8月22日にはドコモの新割引サービス「ひとりでも割50」「ファミ割MAX50」がスタート。ソフトバンクモバイルのホワイトプランが700万契約を突破した。(2007/8/27)

ウィルコム、「W-VALUE SELECT」適用機種を拡大――「WX310K」や「9(nine)」も
ウィルコムは、割賦販売制度「W-VALUE SELECT」の適用機種を8月20日より拡大する。新たにWX310K、WX321J、WX220J、9(nine)が追加され、WX320TとWX320Kの新規契約時でも割賦販売を行う。(2007/8/16)

ワイヤレスジャパン2007:
Advanced/W-ZERO3[es]と次世代PHSをアピール――ウィルコムブース
ウィルコムブースの目玉は、ワイヤレスジャパン2007の期間中に発売日を迎えた「Advanced/W-ZERO3[es]」と最大通信速度20Mbpsを目指す次世代PHSの2つ。さらに音声端末の夏モデルも用意された。(2007/7/23)

9(nine)の“FCバルセロナ”コラボモデル登場
ウィルコムは、W-SIM音声端末「9(nine)」の“FCバルセロナ”モデルを8月3日に発売する。チームカラーの“ブラウ・グラーナ”をまとい、オリジナル待受や着信音などを内蔵する。予約受け付けは7月10日から。(2007/7/10)

ウィルコム、「WX320T」を7月13日、「9(nine)」新色を7月6日発売
ウィルコムは、東芝製の「WX320T」を7月13日に、「9(nine)」の新色「レッド」と「グリーン」を7月6日に発売する。(2007/7/2)

5月26日〜6月1日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
東芝が約6年ぶりに“Carrots”ブランドでPHS音声端末をリリースした今週。ドコモの新サービス「2in1」は開始2日目に一部で障害が発生。イー・モバイルは新たなエリア展開計画を明らかにした。(2007/6/3)

「9(nine)」に新色の「レッド」と「グリーン」
ウィルコムは、W-SIM対応ストレート型端末「9(nine)」の新色として「レッド」「グリーン」を投入する。販売開始は7月上旬を予定。(2007/5/31)

ケーイーエス、「9(nine)」のバージョンアップソフトを公開
ケーイーエスは4月5日、「9(nine)」の動作改善や機能の追加を行うバージョンアップ用ソフトウェアをリリースした。(2007/4/5)

ウィルコム、9(nine)に新色の「ピンク」を追加
ウィルコムは、同社のW-SIM対応ストレート型端末「9(nine)」に、新色の「ピンク」を追加した。販売開始は3月27日からで、ウィルコムストアでは3月23日から予約を受け付ける。(2007/3/19)

ウィルコム「9(nine)」レビュー 後編:
快適なレスポンスが魅力のメールとブラウザ――「9(nine)」
「9(nine)」レビューの後編は、本体デザインとその操作性をチェックした前編に続き、注目のEメールとWebブラウザ、日本語入力まわりを検証。「これで十分」との呼び声が高い9(nine)の実力とは。(2007/1/15)

Interview:
喜久川社長が振り返るウィルコムの2006年、そして2007年
音声定額という“ホームラン”に続き、“W-ZERO3”“W-SIM”というヒットを重ねながら、堅実に純増数を伸ばすウィルコム。ウィルコムにとって2006年はどのような年だったのか、ジャーナリストの神尾寿氏が、喜久川政樹社長にインタビューを行った。(2006/12/26)

「9(nine)」開発者インタビュー
「赤耳」とARM9がもたらすサクサク感――開発陣に聞く「9(nine)」
シンプルなデザインに通話・メール・Webブラウズと割り切った機能を搭載する「9(nine)」。このシンプルさにはどのようなこだわりが込められているのが、ウィルコムの開発担当者に話を聞いた。(2006/12/8)

「9(nine)」のLEDはこんなふうに光ります
いよいよ12月14日に発売されるスタイリッシュな音声端末「9(nine)」。まずはそのボディ背面にあるLEDの光を見てみよう。(2006/12/7)

最大通信速度204kbpsのストレート端末「9(nine)」、12月14日に発売
ウィルコムは、高度化通信規格の「W-OAM」に対応したストレート型PHS「9(nine)」を12月14日から発売する。これに先立ち、ウィルコムストアでは12月11日から予約を受け付ける。(2006/12/7)

10月14日〜10月20日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ウィルコムがW-OAM対応「W-SIM」搭載の音声端末「9(nine)」を発表。12月中旬に発売する。イー・モバイルは、新しいロゴマークの詳細や来春から始めるデータ通信事業などの説明を行った。(2006/10/20)

ウィルコム、W-OAM対応「W-SIM」搭載の音声端末「9(nine)」を12月中旬発売
ウィルコムは10月18日に開幕した「WPC TOKYO 2006」のMobileXStyle!パビリオンで、WILLCOM SIM STYLEに対応したケーイーエス製の音声端末「9(nine)」を展示している。(2006/10/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。