ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キリンビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

音楽、動画から美容室、ラーメンでも 広がる「定額サービス」
商品やサービスが一定期間、定額で使い放題になる「サブスクリプション(サブスク)」型のビジネスが広がっている。デジタル分野だけでなく美容室や飲食店などでも取り入れられ、さらに市場規模が広がるとの見方もある。(2019/6/18)

平日の仕事終わりに:
月2496円で1日1杯 ビールの「サブスクリプション」サービスの狙い
スプリングバレーブルワリーは6月17日から、月額制で1日1杯ビールを提供するサブスクリプションサービスを開始。東京・銀座の1店舗で実施する。(2019/6/13)

プラごみの“元凶”ペットボトル リサイクルや削減でしのぎ
国内飲料メーカー各社が、ペットボトル容器による環境負荷低減に、しのぎを削っている。(2019/6/12)

PR:真島ヒロ先生の神業! KIRINの幸せのシンボル「聖獣麒麟」を15分で描いたイラストが見事すぎる
見てるだけで目が幸せ。(2019/5/24)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

イノベーションのレシピ:
キリンの新規事業は乳酸菌で「医と食をつなぐ」、20億円投資して新工場も建設
キリンホールディングス(キリン)が、「プラズマ乳酸菌」を使用した食品や飲料を展開するブランド「iMUSE」を中核とするヘルスサイエンス事業の戦略について説明。同事業の売上高は2018年に55億円を達成しており、今後は2021年に約2.7倍の150億円、2027年に4倍超となる230億円を目指す。(2019/4/25)

潜在ニーズ掘り起こし:
「BOSS」なのに紅茶、「天然水」から緑茶 サントリーの狙いは?
飲料メーカー各社が相次いで新商品を投入する春だが、今年はペットボトル飲料で、ちょっとした異変が起きている。サントリー食品インターナショナルが、コーヒーの「ボス」から紅茶を発売するなど、ブランドの持つカテゴリーを越える新商品を続々と投入するからだ。同社のこうした試みは「商品カテゴリーだけでブランドを見ない」という考え方がある。(2019/4/11)

スピン経済の歩き方:
なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか
「自虐」を前面に押し出すことで、世間の関心を集める「自虐マーケティング」が盛り上がっている。「じゃあ、ウチもさっそくやってみよう」と思いたったマーケティング担当者がいるかもしれないが、気をつけていただきたいことがある。それは「地雷」があることだ。(2019/3/26)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
男女雇用機会均等法の「第1期生」 キリンで子会社社長に上り詰めた女性に学ぶ仕事術
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/3/14)

新時代の潮流を映す鏡:
GAFA、サブスク、ユニコーン…… 新たなIT用語知ってる?
経済本部のデスクを拝命して約2年半。最近、後輩の原稿を読むと、違和感を覚えることが多くなった。見慣れないビジネス用語やIT用語がふんだんに登場するようになったからだ。単に筆者が年を取っただけなのか、時代の変化のスピードが速すぎるのか…。(2019/3/7)

PR:三代目JSB、岩田剛典さんが30代の抱負を語る! 新しい「本麒麟」完成披露会
「30歳の誕生日が来ても、変わらない自分がいるんだろうな」。(2019/2/25)

好調「クラフトボス」に新商品:
なぜBOSSに「紅茶」なのか コーヒーの枠を超えた“働く人のニーズ”
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズに「無糖紅茶」が加わる。なぜコーヒー以外の飲料をBOSSブランドで出すのか。そこには、クラフトボスの“強み”と「働く人の相棒」というブランドコンセプトを生かした試みがあった。(2019/2/25)

キリン、「午後の紅茶」や「キリンレモン」など一部商品を値上げへ
915ml以上のペットボトル容器商品が対象で、1本あたり20円(税別)の値上げに。(2019/1/28)

ブランドの“老朽化”防ぐ:
湖池屋スコーンは「若者のスナック離れ」にどう立ち向かうのか
湖池屋がスナック「スコーン」を2月に刷新。商品自体を改良するほか、高校生に的を絞りマーケティングする。若者のスナック離れを食い止め新規顧客を開拓。(2019/1/3)

今日のリサーチ:
日本のテレビCMはグーグルで年を越しユーキャンで新年を迎える――サイカ調査
年末年始にテレビCMの出稿が増える企業とは?(2018/12/28)

ネット炎上はなぜ起こるのか?:
マーケターが「知らない」では済まない炎上対策、プロのネットウォッチャーが語る
ネットウォッチャーとして知られるおおつねまさふみ氏が、WOM(口コミ)マーケティングのイベントで「炎上」について語った。(2018/11/19)

「家計を応援」:
西友、飲料など約200品目を平均9%値下げ 19年1月頭までの期間限定
西友が飲料など約200品目を2019年1月6日までの期間限定で平均約9%値下げする。同社の値下げは18年に入り5回目。今後は「プライスロック」を11月後半に始める予定という。(2018/11/9)

午後の紅茶を花やハーブでアレンジ! 渋谷ストリームに期間限定ポップアップショップがオープン
午後の紅茶×ニコライ バーグマン フラワーズ&デザイン!(2018/11/6)

スマホで撮るだけで店頭の棚割データを自動作成――NECが画像解析技術を使ったサービス
商品の陳列(棚割)状況を自動で解析し、データ化する「店頭棚割画像解析サービス」の販売を開始。棚割データは、新棚提案やAIによる売り場分析などに活用できる。(2018/9/28)

ソルティライチに次ぐ商品に:
コーヒーとお茶のあいだに“新しい飲み物”を 「麦のコーヒー」は定着するか
キリンビバレッジが7月に発売した「世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」。スペインの食文化をヒントに開発した、麦を使った飲み物だ。日本になじみのない文化をあえて取り入れ、提案するのはなぜだろうか。(2018/8/29)

キリンビールは9年ぶり増収増益:
キリンHD、1〜6月事業益は4.3%減 ビール類販売計画は上方修正
キリンホールディングスの18年1〜6月期連結業績のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益が前年同期比4.3%減の860億円になった。(2018/8/7)

名は体を表す:
サッポロ第三のビール「LEVEL9」、謎のレベル設定で売れた深い訳 
サッポロビールの高アル系第三のビール「LEVEL9」が好調だ。このジャンルで最高のアルコール度数「9」の数字をプロモーションで強調したほか、ターゲットである中年男性がゲーム世代のためRPGで出てくる「レベル」を商品名に入れた。(2018/7/30)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「ネットはなぜネガティブなのか」を謝罪マスターと考える 竹中功×おおつねまさふみ対談第3回
ネット炎上対策専門家とリアル謝罪の専門家がネットとリアルの問題について話し合う対談3回目。(2018/7/23)

セブン‐イレブン一部店舗で「生ビールサーバー」試験導入 Sサイズ税込み100円のお手頃価格!
7月17日より都内の一部店舗で試験導入予定。(2018/7/14)

防犯カメラ内蔵の「みまもり自動販売機」 西新井警察署管内に今夏から設置 商品サンプルに小型カメラ
キリンビバレッジバリューベンダーと西新井警察署が「防犯活動に関する覚書」を締結し、今夏から小型カメラを内蔵した「みまもり自動販売機」の設置を同警察署管内で進める。(2018/7/4)

「夏はこれくらい、大胆にいかないと!」 さらし姿の白石麻衣、和太鼓をドコドコたたく姿が粋すぎる
ドコドコドコ。(2018/7/3)

英国スコットランドの香り:
キリン、スコッチウイスキー「ホワイトホース」のハイボール発売
キリンビールがスコッチウイスキー「ホワイトホース」を使ったハイボールを発売する。スコッチのスモーキーな香りに着目し他のウイスキーは混ぜずに仕上げた。(2018/6/20)

8月末まで返金対応:
「キリンシティ」運営元に措置命令 料理に黒ビール使用せず
飲食店「キリンシティ」で提供する料理で黒ビールが使用されているかのようなメニュー表示をしていたが、実際には黒ビールを使用していなかったとして、消費者庁は6月13日、同店を運営するキリンビール子会社「キリンシティ」に対し景品表示法違反(優良誤認)で措置命令を出した。(2018/6/14)

水曜インタビュー劇場(殺到公演):
キリンの月額制ビールは大人気なのに、なぜ再開できないのか
キリンビールが展開している「キリンホームタップ」が人気を集めている。専用サイトで申し込むと、月額6900円で自宅用のビールサーバーを借りられるわけだが、現在は受け付けを中止している。なぜこのような事態になったのか、担当者に聞いたところ……。(2018/6/6)

Tokyo International BarShowが開催:
働く女性にジンをアピール お酒の世界もボタニカルがブーム
都内で開かれたアルコール・バー業界の世界的なイベント「Tokyo International BarShow 2018」では出展ブースの多くがジンをアピールした。(2018/6/1)

キリンビールが不審メールに注意喚起 偽の「キャンペーンに当選しました」「モニター募集」が発生中
心当たりのない当選メールには注意しましょう。(2018/5/28)

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(19):
人工知能が絶対にできないこと――AI研究の難問「フレーム問題」を考える
「データがあれば人工知能は正しい判断をしてくれる」。そう思う人は多いですが、一方で人工知能ができないこと、苦手とすることもあるのです。今回は、人工知能を扱う上で重要な難問である「フレーム問題」についてお話しします。(2018/5/24)

“Wいのりん”で尊さ2倍! 水瀬いのり×キリンレモン「まっすぐに、トウメイに。」MVがカワイイの極み
最初のフレーズからかわいい。(2018/5/17)

90周年を機に変わったロングセラー:
「キリンレモン」に学ぶ、成功するリニューアルの鉄則
90周年を迎えたロングセラー炭酸飲料「キリンレモン」のリニューアルが好調だ。リニューアルを手掛けたキリンビバレッジの女性マーケターに、「成功するリニューアルに欠かせないもの」を聞いた。(2018/5/14)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
謝れば済む話 しかしネットでは逆効果
ネット炎上対策会社MiTERU代表取締役おおつねまさふみ氏による連載第2回。今回はネット炎上と「人狼ゲーム」の関係について。(2018/5/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
あの大企業も大炎上 「しかるべき手続き」の落とし穴
キリンビバレッジがTwitterで発信し、炎上した「午後ティー女子」。社内で「しかるべき手続き」が行われたはずなのに、なぜ間違ってしまったのか。(2018/5/11)

キリン公式Twitter「午後ティー女子」が「女性蔑視」と炎上→削除 「不快な思いかけた」
キリンビバレッジが公式Twitterに投稿した「午後ティー女子」のイラストが、「女性蔑視」などと批判を集めていた問題で、同社は5月1日、このイラスト入り投稿を削除し、謝罪した。(2018/5/1)

「モデル気取り」に「仕切りたがり」 キリンビバレッジ、“午後の紅茶”のPRツイートイラストが女性蔑視と炎上→削除・謝罪へ
キリンビバレッジに批判が集まった投稿の意図を聞きました。(2018/5/1)

一口サイズのサンドクッキー:
シュゼットが「キリンレモン」とコラボ “東京の新土産”で狙う「駅ナカ駅チカ」
「アンリ・シャルパンティエ」などで知られるシュゼットが「キリンレモン」とコラボ。「東京百年物語 キリンレモン サンドクッキー」を5月21日に発売する。(2018/4/19)

全国2500店を突破:
映画館やブックカフェにも キリンのクラフトビール戦略が好調
キリンビールが提案するクラフトビール用サーバ「タップ・マルシェ」が好調だ。2017年に首都圏の1000店舗以上に導入。3月に全国展開を開始し、すでに全国2500店舗に広がった。自由に楽しめるクラフトビールの成長によって市場活性化を目指す。(2018/4/11)

商品棚をスマホで撮影、自動で棚割データ化――キリンビール、NECの「店舗棚割画像解析システム」を導入
キリンビールが、スマホなどで撮影した商品棚の画像から商品を自動で識別し、陳列状態をデータ化するNECの「店舗棚割画像解析システム」を導入する。棚割データは棚割管理ソフトや分析ツールなどと連携させて、棚割提案や売上分析などに活用できるという。(2018/3/6)

「ブランドのコラボは何をもたらすか」:
「“表面的な女子っぽさ”の女子向け商品」からの脱却 午後の紅茶×ポッキーの4年間
「女性向けの商品やサービスをヒットさせたい」――そんな担当者必読の本が「ブランドのコラボは何をもたらすか 午後の紅茶×ポッキーが4年続く理由」。キリンとグリコのコラボプロジェクトから、女子向け商品のマーケティングについて学ぶ。(2018/3/5)

「スカッと酔いたい」に対応:
ストレス抱えるおじさんに照準 キリン、アルコール9%の新チューハイ
キリンビールは、高アルコール缶チューハイの市場に新ブランドを投入する。4月、アルコール度数9%の「キリン・ザ・ストロング」を発売。刺激的で飲みごたえのある味わいで、「スカッと酔いたい」ニーズに対応する。(2018/2/28)

“バレンタイン明け”の恒例に:
「おじさん禁止」を貫く 「午後ティー×ポッキー」コラボ開発の裏側
キリン「午後の紅茶」とグリコ「ポッキー」のコラボ商品第4弾「午後の紅茶 アサイーヨーグルティー」「ポッキー<バナナブラン>」が2月20日に発売される。企画から営業に至るまで、女性だけでプロジェクトを担当できた理由とは……?(2018/2/14)

高アルコールが人気:
キリン「のどごし STRONG」 1週間で2000万本販売
キリンビールの「キリン のどごし STRONG」が発売から1週間で2000万本を販売。好調の理由は?(2018/1/30)

特集「超営業力」:
契約が白紙になりそうになったとき、スゴい営業マンは何をしたのか
「営業の成績がなかなか上がらないなあ」と悩んでいる人も多いだろう。「営業の達人」と呼ばれる人は、これまでどのような経験をしているのだろうか。大きな壁にぶちあたって、そこから這い上がったエピソードを紹介する。(2018/1/22)

ビールは1986年並みの水準:
昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位
ビール各社が発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減だった。(2018/1/16)

「旅する氷結」もヒット:
11年ぶり過去最高 キリン「氷結」が超えた壁
缶酎ハイのロングセラーブランド、キリン「氷結」。2017年の販売数量は11年ぶりに過去最高を更新。新商品「旅する氷結」も好調だ。強さの理由を聞いた。(2018/1/15)

17年は6%減:
キリン、苦戦の新ジャンルに新商品 攻勢で立て直し急ぐ
キリンビールは、苦戦する新ジャンルカテゴリーに新商品「本麒麟」を投入。ビール市場全体の縮小傾向が続く中、低価格商品の立て直しを急ぐ。(2018/1/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。