ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キリンビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「午後の紅茶」のリアル店舗が期間限定で登場! 午後ティーを使用したキラキラな映えメニューがかわいくておいしそう
午後ティーの映えメニュー。(2022/7/1)

リスクモンスター調べ:
「この企業に勤める人と結婚したい」ランキング トヨタやグーグルをおさえた1位は?
与信管理サービスを提供するリスクモンスター(東京都中央区)は、「この企業に勤める人と結婚したいランキング調査」を実施した。(2022/6/23)

店内にいる人のLINEに広告配信「LINE POP Media」 ローソンなど導入へ
LINEユーザーが実店舗に来店した際、LINEのトークリスト最上部にメーカー企業の広告を掲載できる「LINE POP Media」スタート。ローソンやサンドラッグなど22社、約2万4000店舗での導入が決まっているという。(2022/6/16)

「午後の紅茶 ミルクティー」がジャンボシュークリームになっちゃった!? 銀座コージーコーナーで期間限定発売
紅茶を飲んだようなシュークリーム。(2022/6/13)

ビール「値上げの秋」に 酒類販売回復に逆風懸念
ビールに値上げの動きが広がっている。大手4社ではアサヒビール、キリンビール、サントリーホールディングスがすでに10月からの値上げを公表、残るサッポロビールも近く値上げを発表予定としている。家庭用ビールの値上げは平成20年以来、約14年ぶり。気温の上がる夏はビール類の販売が伸びることから、各社は価格改定時期を秋としているが、相次ぐ値上げは新型コロナウイルス禍で落ち込んだ酒類販売の回復に水を差す懸念もある。(2022/5/30)

6月11日に実施:
京急、「走る居酒屋!キリンビール列車」を運行
京急アドエンタープライズは5月10日、「走る居酒屋!キリンビール列車」を6月11日に実施すると発表した。(2022/5/11)

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリン、新商品開発に活用
キリンビバレッジが、商品開発にAIを導入する。熟練開発者の思考パターンを基にした専用ツール「アセスメントAI」の開発に成功し、4月から試験運用を始めた。開発工程のDXで、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリンビバ、新商品開発に活用
開発工程のデジタルトランスフォーメーション(DX)で、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

就寝前のスマホは禁物:
新生活の始まりに「不調感じる」社会人7割に GW明けに心身を崩す例も
キリンホールディングスは社会人1200人に「新生活期の体調に関する調査」を実施。新生活が始まる時期に不調を感じたことがある社会人は71.1%に上ることが判明した。(2022/4/18)

「味が薄い……」を救う、すごい箸:
減塩食の「塩味を1.5倍」にする箸型デバイス、キリンと明大が開発
キリンホールディングスと明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の宮下芳明研究室は、減塩食品の味わいを増す、電気刺激を用いた箸型のデバイスを開発した。減塩食を食べたときに「感じる塩味が1.5倍程度に増す」ことを世界で初めて確認したという。(2022/4/12)

減塩食を“しょっぱく”感じる箸型デバイス、明大とキリンが開発 電気で味覚を操作
明治大学とキリンホールディングスは、減塩食品の味わいを増強させる箸型デバイスを開発した。減塩食を食べたときに感じる塩味が1.5倍程度に増強されることを世界で初めて確認したという。(2022/4/11)

ブランドは1日にしてならず:
緑茶リニューアル対決 シェアトップの伊藤園が、"定番"でも変化し続ける理由
お〜いお茶』に15年以上に携わってきた伊藤園マーケティング本部 緑茶飲料ブランドマネジャーの安田哲也氏に、緑茶界の”横綱”伊藤園『お〜いお茶』のマーケティング戦略と、22年の新たな挑戦を聞いた。(2022/4/7)

サプライチェーン×DX:
NTTデータが提言 サプライチェーン強靭化には「デジタルツイン」が重要
コロナ禍、甚大化する自然災害、米中貿易摩擦、サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃――。これまでの環境に最適化されたシステムの見直しを余儀なくされるような変化が起こる中、サプライチェーン強靭化のために何が必要か。IT技術はそのためにどのような貢献ができるのか。(2022/3/25)

酒税改正を見据えて:
キリンビールの「本麒麟」が好調 敏腕マーケターに聞く「売れ続ける理由」
キリンビールのビール類の販売量が減っている中、気を吐いているのが新ジャンル(第3のビール)の「本麒麟」だ。マーケティング本部の松村孝弘ブランドマネージャーに開発コンセプトを聞いた。(2022/3/18)

担当者に聞いてみた:
「甘い」が8割を占める紅茶市場で、「甘くない」午後の紅茶の新商品 商機はあるのか?
キリンビバレッジは、4月5日に「キリン 午後の紅茶」から新商品「キリン 午後の紅茶 ミルクティー 微糖」を全国にて発売する。紅茶市場は「甘い」商品が8割を占めるという。そんな中で微糖商品は生き残れるのか? 担当者に聞いてみたところ……(2022/3/16)

キリンビール社長 堀口英樹さん クラフトなど新たな酒の楽しみ提案
消費の二極化が起き、楽しみを求めて高い商品にもお金を支払う意識が見られる。(2022/3/9)

売却益は390億円:
キリンHD、中国の清涼飲料事業から撤退へ 中国系投資ファンドへ約1150億円で売却
キリンホールディングスは現地企業と合弁で展開していた中国での清涼飲料事業から撤退すると発表した。キリンHDが保有する全株式を中国系投資ファンドに総額1150億円で譲渡する。これに伴い、キリンHDは2022年12月期連結決算に約390億円の売却益を計上する。(2022/2/16)

女性のキャリア形成:
キリン、女性の“早回しキャリア形成”を実施 活躍推進に向けて
キリンホールディングスは「女性活躍推進長期計画2030」を策定した。多様な従業員が最大限に強みを発揮できる環境を整備し、新たな価値創出を目指す。女性の早回しキャリア形成による育成を実施予定。(2022/2/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「転職は裏切り」と考えるザンネンな企業が、知るべき真実
「お前はどこに行っても通用しない」「転職は裏切りだ」──会社を去ろうとする若手社員に、そんな言葉を投げかける企業がいまだに存在する。そうした時代遅れな企業が知らない「新入社員の3割が辞めてしまう理由」や、「成長企業できる企業の退職者との向き合い方」とは?(2022/2/10)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
避けては通れぬ脱炭素、情報発信が増えるか
脱炭素に業界横断で取り組む事例がどの程度増えるか注目です(2022/1/11)

脱炭素:
ビール工場の排水から出るバイオガスで発電、アサヒグループが進める脱炭素化
グリッドは2021年12月2日、物流や産業設備における脱炭素化の取り組みをテーマとしたウェビナー「社会インフラが目指す脱炭素化社会」を開催した。本稿では同ウェビナーに登壇したアサヒグループホールディングス Sustainability マネージャーの原田優作氏による、同社の脱炭素化に関する取り組みの講演内容を抜粋して紹介する。(2021/12/27)

森進一&マイファスHiro、親子初共演のスペシャル映像を公開 “初サシ飲み”で父から子へ「無理しなくていい」
2人にとって初の“サシ飲み”とのこと。(2021/12/2)

キリンビールは熟練者のワザをどう伝承するか? AI活用でノウハウの属人化を回避
キリンビールとNTTデータが、AIを活用してビール類製造の仕込、発酵工程の最適な「仕込・酵母計画」を自動的に立案するシステムを開発した。属人化せずに熟練技術を伝承することで、年間1000時間以上の業務時間削減を見込む。(2021/11/30)

「業務時間を年間1000時間以上削減する」:
キリンビールが「仕込」「発酵」に関する職人技を再現するAIシステムを開発
キリンビールとNTTデータは、AIを活用して、ビール類製造の「仕込」「発酵」工程の最適な「仕込・酵母計画」を自動的に立案するシステムを開発した。熟練技術を確実に伝承できるようにすると同時に、年間1000時間以上の時間削減を見込んでいる。(2021/11/30)

ビール醸造の全行程にAI導入 キリン、脱属人化と4000時間の削減に3.3億円投資
キリンビールはNTTデータと共同で、ビール醸造の仕込と発酵の工程を効率化するAIの試験導入を始めた。技術の属人化を防ぐとともに、年間4000時間以上の削減を目指す。(2021/11/29)

“チャレンジできる社風”作り:
「指示待ち」「官僚的」な社風が一変 湖池屋の好業績の陰に“人事改革”あり その中身は?
湖池屋の業績が伸びている。もとは「指示待ち」「官僚的」だった社風を改革したことが、要因の1つのようだ。組織の文化や風土の変革など、湖池屋を変えた人事改革に迫った。(2021/11/25)

キリン、缶コーヒー約90万本を自主回収 中身が変質の恐れ
キリンビバレッジが、缶コーヒー「キリン ファイア 関西限定ミルクコーヒー 245g缶」を自主回収すると発表した。(2021/10/29)

「この企業に勤める人と結婚したい」ランキング トヨタ自動車、任天堂をおさえての1位は?
「この企業に勤める人と結婚したいランキング調査」。1位は「地方公務員」(28.6%)だった。(2021/10/23)

まんが「免疫のひみつ」、キリンと学研プラスが共同制作 学研キッズネットで無料公開
キリンホールディングスは小学生向け学習教材「免疫のひみつ」を学研プラスと共同制作したと発表した。全国の小学校や図書館などに寄贈する他、ネットで無料公開する(2021/10/12)

キリン、ビールの製造計画をAIで立案 年3000時間以上を削減 まずは「ろ過計画」から
キリンビールが、AIを活用してビール類の製造を効率化するシステムを開発し、仙台工場など全9工場で運用している。タンクに貯蔵した麦汁をいつろ過し、どのタンクに移し替えるかという計画を自動立案するもので、年3000時間以上の業務削減が見込めるという。(2021/10/11)

連載・2021年、役員改革が始まった:
取締役の能力を一目瞭然にする「スキル・マトリックス」とは? 取締役会に迫る“改革の圧力”
東証の市場再編、CGコードの改訂によって、取締役会への改革の圧力が加速している。取締役のスキル・マトリックスの開示に関して、原則を実施するか、実施しない場合は理由を説明することが求められる。(2021/10/5)

太陽光:
キリンビールが全工場に太陽光発電導入へ、足元の再エネ使用率は30%台に
キリンビールが新たに3つの自社工場に太陽光発電を導入。キリンビール全体の使用電力の再生可能エネルギー比率を現状の約28%から約30%に高める。(2021/9/29)

仕掛け人を直撃:
商品名に「パーフェクト」ってどうなの? 「パーフェクトサントリービール」担当者が社内を説得できた理由
今年4月にサントリーが発売した「パーフェクトサントリービール」。発売から3カ月で年間計画の5割を達成する好調な滑り出しを見せている。同社初の糖質ゼロビールはどのようにして開発されたのか。(2021/9/29)

ウェアラブルニュース:
キリングループの工場で作業者向け安全見守りサービスの実証実験を開始
ユビテックは、キリングループの工場で、作業者向け安全見守りサービス「Work Mate」の実証実験を開始した。スマートウォッチを着用した作業者から脈拍などのデータを収集して分析し、作業者の安全、健康状態を検知する。(2021/8/30)

コロナ禍がきっかけ:
キリン、グループ本社を22年6月にリニューアル ソロワークスペースを縮小して受付を無人化
キリンホールディングスは8月23日、国内グループ会社の本社組織を集約しているキリングループ本社(東京都中野区)のオフィスを2022年6月にリニューアルすると発表した。どのような変更をするのか。(2021/8/23)

参加費は1人500円:
キリンビール、工場見学を有料化 「過度な飲酒リスクを低減」する狙い
キリンビールは、これまで無料だったビール工場の見学ツアーを1人500円にする。加えて、新たに2種類のオンラインビール工場見学を開始する。「ニューノーマル時代に適した新たな工場見学の体験価値の向上と、過度な飲酒につながるリスクを低減する」狙いだという。(2021/7/30)

生誕20年:
キリン「氷結」、6月に過去最高売り上げを記録 ビールユーザーの獲得を狙う
キリンビールの「氷結」が好調だ。6月は過去最高売り上げを達成した。氷結の好調を支えた要因は?今後の戦略についても見ていこう。(2021/7/13)

FAニュース:
キリンビールがIoTで工場の設備管理と遠隔監視を実施、前川製作所と協業で
キリンビールと前川製作所は2021年7月7日、キリンビールの工場において、ビッグデータ活用による設備管理とIoT(モノのインターネット)を活用した冷凍機の遠隔監視を実施すると発表した。(2021/7/8)

環境に配慮:
エステー、ガラス容器の「消臭力」発売 返却・再利用でプラごみゼロを目指す
エステーが、ガラス製の容器を採用した消臭芳香剤の「消臭力 クリアビーズ イオン消臭プラス」を発売する。使い捨てされていた一般消費財容器などを耐久性の高いものに替え、再利用(リユース)する取り組みの一環(2021/5/19)

「夏のレモンミックス」発売:
キリンの「氷結」生誕20周年 2021年1〜4月に過去最高を記録
キリンビールは、氷結ブランドの1〜4月の販売数量が、2001年の発売以来過去最高となる1310万ケースを記録したと発表した。(2021/5/18)

週末に「へえ」な話:
キリンVS. アサヒ 自宅の「あわ」を制するのは、どっちか
2021年上半期の流行語大賞は「あわ」ではないか。そう感じさせられるほど、キリンとアサヒがビールの「あわ」にこだわっているのだ。どういうことかというと……。(2021/4/24)

「必要ない」の声も:
コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
コロナの影響で会社関係の飲み会が中止になっている。収束後、徐々に復活すると考えられる。一方で、「ないままでいい」飲み会を聞いたところ……。(2021/4/22)

電気自動車、音声SNS……21上半期のマーケティング・消費・技術のトレンド予測、注目のキーワードは?
2021上半期は、どんなキーワードが注目されたのか。前回調査と比べて将来性スコアが最も伸びたのは?(2021/4/20)

キリンが生ビールのサブスク「キリン ホームタップ」を展開 専用ビールサーバーで「一番搾り」が楽しめる
月額8250円から。(2021/3/10)

エントリー動画をAIで解析:
キリンHD 新卒採用にAIを活用する実証実験 選考にかける時間を3割削減
キリンHDは、Web面接サービスを開発、販売するZENKIGENと共同で、2022年卒の新卒採用のエントリー動画をAI(人工知能)で解析する実証実験を行う(2021/3/5)

新サービス開発などを担当:
キリンが副業人材を公募 IoT、富裕層マーケティングの知見を活用、新規事業育成へ
キリンホールディングスは、同社として初めて副業人材の公募を始めた。新規事業の立案や育成に関わる人材を受け入れる。IoT領域とマーケティング領域を担うエグゼクティブ・アドバイザーをそれぞれ1人程度募集する。(2021/2/18)

コロナ禍で拡大した需要とは:
10〜12月は5割増 キリン「一番搾り」缶を急伸させた“ビールで糖質ゼロ”の潜在ニーズ
コロナ禍で業務用を中心にビール類の販売が落ち込む中、キリンビール「一番搾り」は家庭用の缶商品が好調。新商品「一番搾り 糖質ゼロ」のヒットが貢献している。ビールで初めて糖質ゼロを実現し、幅広い層の新たなニーズを獲得。存在感を強めている。(2021/2/17)

生茶ブランド20周年:
最後発なのに発売3週間で2000万本突破 「キリン 生茶 ほうじ煎茶」が好調なワケ
キリンビバレッジが9月に発売した「キリン 生茶 ほうじ煎茶」が売れている。発売から3週間で販売数量が2000万本を突破。同社が2017年からの3年間で発売した新商品の中で最速の記録だという。その理由は……(2020/12/15)

全ての工場で製造体制の自動化へ キリンがIoT基盤を開発、試験運用を開始
キリンは、キリンビールの滋賀工場とキリンビバレッジの滋賀工場で、NTTデータと共同開発したIoT基盤の試験運用を開始した。これまで生産設備ごとに確認していた製造現場の様子を、工場内外からリアルタイムで確認できるようになる。(2020/11/25)

製造IT導入事例:
キリンホールディングスにDX基盤を導入、顧客データを一元管理
NTTデータが、キリンホールディングス向けに「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。事業部門ごとのコミュニケーションツールを統合し、顧客データを一元管理することで、SNS活用の新施策などを迅速に実行可能になる。(2020/11/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。