ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キリンビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

メカ設計メルマガ 編集後記:
工場見学ですっかりファンになってしまいました……さて、何の工場?
人から直接説明を聞き、そして体験できることも大切ですね。(2024/5/28)

「味が変化するスプーン」をキリンHDが商品化 電気で感じ方、減塩食でも“満足”
電気で味の感じ方が変化する「電気味覚」効果を活用しており、減塩食に満足できない人々の食習慣改善に貢献することが期待される。(2024/5/21)

キリン、電気で「しょっぱくなる」スプーン発売 開発に5年、減塩食の物足りなさ解消へ
キリンホールディングスは5月20日、食器型デバイス「エレキソルト スプーン」(1万9800円)の市販化を発表した。同商品はスプーンの先端から微弱な電流を流すことで、食品の塩味を約1.5倍に増強する機能を搭載している。「減塩食は薄味で物足りない」「減塩の大切さは分かるが続けにくい」といった声に着目し、約5年の開発期間を経て市販化に至った。(2024/5/21)

電気の力で塩味増強 「エレキソルトスプーン」発売 キリンの新事業
電気の力で減塩食品の塩味やうま味を増強するという食器型デバイス「エレキソルト スプーン」をキリンが発売へ。(2024/5/20)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
プッチンプリンの販売遅延が示す「2025年の崖」の影響
同様の問題に今後多くの製造業が直面するかもしれません。(2024/5/20)

Innovative Tech:
“ビールは冷やす”となぜうまい? 中国の研究者らが調査 アルコール度数と温度の関係に迫る
中国科学院や中国の白酒メーカーである五粮液などに所属する研究者らは、異なるアルコール度数や温度によって味わいなどが変化するメカニズムを解明するために検証した研究報告を発表した。(2024/5/15)

グリコ、通期業績予想を下方修正 営業・経常ともに約50億円減 システム障害の影響で
江崎グリコは、システム障害により4月からチルド食品の出荷を停止している影響で、2024年12月期通期の連結業績予想を下方修正すると発表した。2月に発表した期初の予想に対し、営業利益を140億円(同50億円減)、経常利益を160億円(同55億円減)などに修正した。(2024/5/8)

グリコ「プッチンプリン」など出荷再開の目途立たず 目標としていた5月中旬をさらに延期
キリンビバレッジから販売を受託しているチルド商品も同様。(2024/5/1)

グリコ、チルド食品の出荷停止を延長 5月中旬→「未確定」に
江崎グリコは1日、システム障害によって出荷業務を停止しているチルド食品について、停止期間が延びると発表した。再開時期は「未確定」という。(2024/5/1)

「プッチンプリン」など出荷停止さらに長期化、理由は?
江崎グリコは1日、基幹システムの切り替えに伴うシステム障害の復旧が、当初の計画からずれ込む見通しであると発表した。(2024/5/1)

「トロピカーナ」なども出荷停止 江崎グリコのSAPトラブル、キリンビバにも飛び火
江崎グリコは基幹システム障害により「プッチンプリン」などほぼ全てのチルド食品の出荷を停止したことを発表したが、その影響が業務提携先の他社にも広がっていることが分かった。(2024/4/24)

スピン経済の歩き方:
スバル、山崎製パン、キリン……相次ぐ“事故” 問題の根っこに何がある?
2月にはスバルや山崎製パン、4月にはキリンビールの工場でも、事故死が発生している。なぜ今、「工場死」が相次いでいるのか。(2024/4/24)

「また変わったのか」 キリン「生茶」発売24年でデザイン変更「18回」 定番なのに“イメチェン”繰り返す理由
以前は緑色中心のパッケージでした。(2024/4/20)

「NB緑茶」戦国時代:
「綾鷹VS.伊右衛門」の仁義なき戦い サントリー、トレンド逆張り“濃さ”で勝負をかけるワケ
PB商品の成長を受け、「NB緑茶」が戦国時代に突入した。「NB緑茶は少なくとも2番手までしか棚に残れなくなる」と危機感を見せるサントリーは、飲料トレンドと逆行し“濃さ”で勝負。勝算はあるのか……?(2024/4/5)

復権進む従来ビール、理由は? 大手4社の競争が活発化
令和8年のビール系飲料の税率一本化に向け、税率が引き下げられる従来のビール(狭義のビール)を巡り、大手4社の需要獲得競争が活発化している。(2024/4/3)

FAインタビュー:
迫りくる物流の2024年問題、荷役効率化に向けた無人フォークリフト活用
三菱ロジスネクストは代表取締役社長の間野裕一氏の合同インタビューに応じた。(2024/3/29)

キリンビバレッジ、AIで自販機を管理 ソフトバンク提供のサービスで人手不足などに対応
今年の10月以降、キリンビバレッジのグループ会社が管理する自動販売機に順次導入され、来年の9月までに全国約8万台の自販機に拡大させていく。自販機ビジネスのデジタルトランスフォーメーション(DX)により、人手不足や廃棄ロス削減などの課題を解決することが狙いだ。(2024/3/14)

遺伝子レベルの情報で商品選び 花王がコーセー、キリンなどと企業共同体設立
花王は11日、皮脂から取り出した遺伝子レベルの情報から肌や体の状態を解析する独自技術「皮脂RNAモニタリング」による新たな商品・サービス選びの仕組みづくりなどに幅広い企業と共同で取り組むコンソーシアムを設立したと発表した。(2024/3/13)

材料技術:
皮脂のRNA情報を用いて商品とサービスの開発を支援するコンソーシアムを設立
花王とアイスタイルはRNAの情報を用いて一般消費者の商品探しを支援する「RNA共創コンソーシアム」を共同で設立すると発表した。(2024/3/13)

「高齢者は集団自決すればいい」 キリン、発言物議の成田悠輔起用の広告取り下げ 「何で起用したの」「不快感しかない」
キリンが実施しているチューハイ「キリン 氷結無糖」の新キャンペーン。(2024/3/12)

キリンHD、Snow Man・目黒蓮さんと直接広告契約 「問題に関与ないタレントに活躍の機会が与えられないこと」の悪影響懸念
SMILE-UP.、STARTO ENTERTAINMENTが関与しない形で直接契約しています。(2024/3/8)

「ボトル緑茶」のシェア争い激化、差別化は?
大手飲料メーカーが、「ボトル緑茶」を巡ってシェア争いを激化させている。(2024/3/7)

IIFES 2024:
検査機を軸に食品/飲料産業のモノづくりをDX、Catena-Xとの接続デモも
オムロンは「IIFES 2024」において、同社のモノづくり革新コンセプト「i-Automation!」に基づいた、制御技術やAI、現場データ活用などを駆使した各種のソリューションを展示した。(2024/2/26)

「ストロング系酎ハイ」撤退の動き キリンとサントリーはどうする?
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。(2024/2/19)

花王、茶カテキン飲料「へルシア」事業をキリンビバレッジに譲渡
国内初の茶系飲料トクホ。(2024/2/1)

スプリングバレーブルワリー東京:
キリンHD、体験型のブルワリー併設店舗がリニューアル 来場者数は?
キリンホールディングス関連会社のスプリングバレーブルワリーは、体験型ブルワリー併設店舗「スプリングバレーブルワリー東京」を今春リニューアルする。(2024/1/16)

社員がリスキリングしてくれない IBM、キリン……成功企業はどうしているのか
リスキリング教材を用意したのに、社員が活用してくれない。そんな悩みを抱える企業が多いようだ。社員が積極的にリスキリングに取り組み、効果を上げるためにはどんな工夫が必要なのだろうか――?(2024/1/23)

ビール需要増取り込みへ、各社でブランド刷新相次ぐ 令和6年事業方針
ビール大手4社の今年の事業方針が11日、出そろった。令和8年にビール系飲料の税率が一本化するのを見据え、手ごろになる狭義のビールの需要増を取り込む熾烈(しれつ)な競争が今年も続きそうだ。(2024/1/12)

リサイクルニュース:
キリンがPETを低温かつ短時間で分解できる技術を開発
キリンホールディングスは、PETのケミカルリサイクルに関する2つの新技術を発表した。PETを短時間で分解する「アルカリ分解法」と「電気透析法」によるモノマー精製法を組み合わせ、環境への負荷を抑制しつつ効率的にPETをリサイクルする。(2024/1/10)

「AIペルソナ」を導入:
キリンビールが生成AIをマーケティングに実装へ 商品開発の高速化に向けた具体的な活用方法とは?
キリンビールがマーケティングに生成AIを活用する実証実験を始めた。「AIペルソナ」を構築することで商品開発の高速化を目指す。(2023/12/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日本製鐵のUSスチール買収、円安なのになぜ? 「数千億円の損失」リスクも
日本製鐵のUSスチール買収のニュースは、日本のみならず米国の一般市民やバイデン大統領さえ懸念を隠さないほどの衝撃をもたらした。しかし、今の為替レートは数十年ぶりの歴史的な円安だ。同社はなぜ今、買収に踏み切ったのか。(2023/12/22)

酔わなくてもゴクゴク幸せ ノンアル飲料市場グイグイ拡大
ノンアルコール飲料の需要が堅調に伸びている。各社がビールだけでなく、ワイン、ハイボール、チューハイなど多種多様なジャンルで酔わずに“お酒”を楽しめる商品を打ち出しており、ノンアルコール専門のバーも登場した。(2023/12/20)

「段ボールに傷が」ムダな返品、どうなくす? 日本人の美意識とAIの挑戦
商品自体に問題はなくても、外箱の梱包段ボールに擦り傷があるだけで全て返品・廃棄される――こうした無駄をなくそうと、飲料大手のサントリーと富士通がAIを用いた物流DXに挑んでいる。(2023/12/20)

日本のワイン消費数量、40年間で8倍増 メルシャン調査
キリンホールディングス傘下のメルシャンが日本国内のワイン消費数量に関する調査データを発表した。(2023/11/17)

はじまったスポンサーの「ジャニーズ離れ」 長年の「忖度」の反動はどこまで拡がるか
(2023/9/27)

「電気味覚」の明大・宮下教授らがイグ・ノーベル賞受賞 電気を使って“味を変える”研究とは?
ユニークな研究に贈る「イグ・ノーベル賞」の2023年の受賞者が発表され、明治大学・宮下芳明教授と東京大学・中村裕美特任准教授が栄養学賞を受賞した。微弱な電気を食器などに流すことで、飲食物の味を変える「電気味覚」研究が評価された。(2023/9/15)

スピン経済の歩き方:
トヨタはセーフで日産はアウト! 「ジャニーズリスク」と大企業はどう向き合うか
契約を打ち切ったら「いじめ」と叩かれて、継続をしたらしたで「人権意識がヤバい」と叩かれる――。ジャニーズの問題で、頭を抱えている企業の担当者も多いはず。いわゆる“ジャニーズリスク”と企業はどう向き合えばいいのか。(2023/9/12)

3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」発売 背景はビール類酒税の一本化
アサヒビールは10月11日、アルコール分3.5%にした「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」を発売する。アルコール分に多くの選択肢を用意し、ビール需要の獲得を狙う。(2023/9/1)

リサイクルニュース:
リサイクル工程のみで剥がれ個別デザインに対応するPETボトル印刷技術を開発
キリンホールディングスのパッケージイノベーション研究所は、リサイクルに対応する技術としてPETボトルに直接印刷できる「PETボトル ダイレクト印刷技術」を開発し、PETボトルリサイクル推進協議会に申請したと発表した。(2023/8/31)

ペットボトルのラベル剥がしを不要に キリン、リサイクルできる直接印刷技術を開発
キリンホールディングスは29日、リサイクルに対応したペットボトルの直接印刷技術を発表した。実用化されると消費者はゴミ分別でフィルム状のシュリンクラベルを剥がす手間がなくなる。(2023/8/29)

医療機器ニュース:
菌株レベルまで解析できる腸内細菌検査サービスが本格展開
キリンホールディングスは、腸内細菌を最小単位の菌株レベルまで解析できる、腸内細菌検査サービス「MicroBio Me」の本格展開を開始した。ショットガンメタゲノム解析を採用しており、菌の種や株レベルまで分析できる。(2023/8/3)

ハンガリーの家庭料理“冷製フルーツスープ”がおいしそうで食べてみたい 「あまりにもおいしい苺ミルク(塩気ゼロ)」
日本の夏にもピッタリかも。(2023/7/28)

物流のスマート化:
AIによる商品外装ダンボール破損判定基準統一に向けた共同実証実験を実施
富士通を含む5社は、「飲料配送研究会」の基準を使用した富士通のAIシステムを活用し、商品外装ダンボールの破損レベル判定の統一を目指した共同実証実験を実施する。(2023/7/24)

あれだけたくさんあったのに…… キリン「世界のKitchenから」シリーズはなぜ「1フレーバー」だけ生き残った? 理由を聞いた
終売品を懐かしむ声も。(2023/7/16)

広末涼子ナレのプラネタリウム作品、来場者に“赤文字”注意喚起「広末涼子氏が出演しています。」
NHK朝ドラには出演継続と報じられています。(2023/6/22)

思わぬ余波:
「PR大使」退任、CM削除...... 広末さんと鳥羽シェフ“W不倫”、対応に追われる企業・自治体
広末涼子さんと鳥羽周作シェフがW不倫の関係にあると報じた記事が、自治体や企業の広報活動に影響を及ぼしている。埼玉県戸田市は鳥羽さんが「とだ PR大使」を退任すると発表。広末さんを起用した企業もCMを削除した。(2023/6/15)

1100人に聞いた:
ビールCMの出演俳優ランキング 3位「阿部寛」、2位「二宮和也」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で、ビールのCMに出演した人気俳優ランキングを発表した。その結果1位は、大泉洋さん(パワースコア37.2ポイント)だった。(2023/5/28)

6月23日に:
「午後の紅茶」風味のエクレア、銀座コージーコーナーが発売 人気コラボ第5弾
キリンビバレッジは、銀座コージーコーナーとコラボした「エクレア(午後の紅茶ストレートティー)」を、6月23日から全国の銀座コージーコーナー生ケーキ取り扱い店舗にて期間限定で販売する。午後の紅茶ブランドを好む30〜40代女性への訴求を狙う。(2023/5/25)

操業50周年:
キリン「新・午後の紅茶ツアー」6月スタート 湘南工場をリニューアル 体験型を強化
飲料メーカー大手のキリンビバレッジは、湘南工場(神奈川県寒川町)の見学施設を一部リニューアルし、体験型の「午後の紅茶ツアー」を6月6日からスタートすると発表した。人気ブランドの世界観を五感で楽しめる施設に改装し、来場客への提供価値向上を図る。(2023/5/12)

香りは甘め:
人気の“無糖”紅茶 アサヒは「国産茶葉」100%で午後ティーに対抗
アサヒ飲料は5月2日、リニューアルした「和紅茶 無糖ストレート」を発売した。同商品は鹿児島県産茶葉を100%使用。気分転換や一息つきたいリラックスシーンを想定し、改良を加えた。(2023/5/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。