ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「京セラドーム大阪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「京セラドーム大阪」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

こんなにうれしそうなYOSHIKI見たことない! “人生変えた”バンドKISSとの共演、歓喜のXポーズも披露
YOSHIKIのロックの扉を開いたKISSの音楽。(2019/12/12)

京セラドーム大阪で「メルペイ」コード決済が利用可能に 200円引きキャンペーンも
メルペイは、8月16日に大阪シティドームが運営する「京セラドーム大阪」の飲食売店や売り子販売で提供を開始。同日から対象商品が200円引きになるなどの特典を受けられるキャンペーンも行う。(2019/8/19)

「京セラドーム大阪」でメルペイ導入 売店や売り子販売に
「京セラドーム大阪」でスマホ決済サービス「メルペイ」が導入された。売店や売り子販売でコード決済を利用できる。(2019/8/16)

8月15日のKAT-TUNの公演が中止 台風10号接近の影響
さまざまな公演が中止になっています。(2019/8/14)

8月15日の乃木坂46の公演が中止に 台風10号の影響で
無念。(2019/8/14)

「タイムリー過ぎる笑」 ナイツ、“吉本興業”と“ジャニーズ”に切り込んだ時事ネタ漫才がネットで話題に
マセキ芸能社の公式YouTubeチャンネルで公開されています。(2019/7/24)

月刊乗り鉄話題(2019年6月版):
「オイ変な電車が来たぞ〜!!」「何この珍車?」 阪神電鉄線を走る近鉄特急に乗ってきた
超レアな「阪神×近鉄 直通運転10周年」の特別記念列車! 赤福&モー太郎弁当も食べてきました。(2019/6/12)

一球5万円! バファローズ戦始球式で投げられるレアなバイト募集中
直筆サイン入りユニフォーム、試合観戦チケットプレゼントなどビックリ厚待遇。(2019/5/10)

「これが公開処刑ってやつか」 益若つばさ、人気モデルに囲まれた“身長差ショット”にすがすがしい自虐
小さくてもかわいいよ!(2019/3/20)

これは妖精 益若つばさ&中村里砂が“双子ドールランウェイ”、「神秘的な美しさ」など話題に
漏れなく全員妖精。(2019/3/18)

悪意なく広める人も:
中高生の3割がフェイクニュース見破れず 「地震で京セラドームに穴」「フラッシュでマグロ死亡」など信用
中高生の26.3%が「フェイクニュース」にだまされた経験があることが、MMD研究所の調査で判明。「タレントのスマイリーキクチさんは凶悪殺人事件の犯人である」「沖縄・美ら海水族館で、カメラのフラッシュのせいでマグロが死亡した」などを信じた人もいた。(2019/3/13)

西野七瀬、卒コン後にInstagram開設 初投稿で“アイドル人生”を振り返る「メンバーと出会えてよかった」
開設から1日たたずしてフォロワーは25万人を突破。(2019/2/26)

Twitterやテレビで情報入手:
大阪府北部地震後にデマ拡散 6割以上が「箕面市全域の断水」信じた
調査会社のサーベイリサーチセンターが「大阪府北部地震」発生後に拡散したデマに関する調査を実施。「箕面市全域の断水」など一部のうわさ・デマを多くの人が事実として捉えていたことなどが明らかになった。(2018/10/15)

次から次へと:
ハラスメントを招いてしまう要因は「甲子園」と「水戸黄門」
次から次へと現れるスポーツ界のハラスメント。 一般社会がこれだけコンプライアンスにうるさくなっているにもかかわらず、とどまるところをしりません。スポーツ界だけが腐っているのか? それとも……。(2018/8/23)

「みんなに元気な姿を見せたい!」 事故で両足麻痺の「仮面女子」猪狩ともか、4カ月ぶりにアイドル復帰へ
復帰の第一歩。(2018/8/14)

「会話や写真が韓国の会社に見られる」などLINEの「トークルーム情報」についての誤解広まる
不用意な拡散に注意。(2018/7/17)

「そのような事実は把握していない」:
豪雨被災地で「レスキュー隊装った窃盗団出現」などデマ拡散 広島県警が注意喚起
西日本豪雨の発生を受け、「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入った」などのデマが拡散。広島県警は「そんな事実は把握していない」とうわさを否定し、注意を喚起した。(2018/7/9)

「未確認の情報むやみに拡散しないで」大阪府が地震デマに注意喚起 「シマウマ脱走」など悪ふざけも
明らかに悪意を持って拡散していると思われるデマも。(2018/6/18)

熊本地震では「ライオン脱走」で逮捕者:
大阪の地震で「シマウマ脱走」などデマ拡散、大阪府が注意喚起「事実と異なる」
大阪府での地震発生を受け、Twitter上ではさまざまな情報が飛び交っている。具体例は「シマウマが逃げた」「『京セラドーム大阪』の屋根に亀裂が入った」など。だが、大阪府はこうした情報は事実ではないとし、公式Webサイト上で注意を呼び掛けている。(2018/6/18)

大阪地震の影響で「京セラドーム」の屋根にヒビ? 事実誤認のツイート拡散に注意
拡散する前に事実確認を。(2018/6/18)

「たてない。声でない。これがまさか」 ワンオクTakaに立ちはだかる壁、ファンから励ましの声
まだまだこれからだ(2018/4/7)

「美人さんになって帰ってきた」 元AKB48奥真奈美、約7年ぶりの復帰にファン大喜び
2011年に学業専念のため、グループ卒業と芸能界を引退していました。(2018/3/5)

なんてバブリー! フレッシュネスバーガー、1キロ120万円相当の白トリュフを使用した超高級バーガーを限定販売
1個1万円のところ……なんと1992円。(2017/12/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神の藤浪は、“未完の大器”で終わってしまうのか
4月4日、阪神・藤浪が投じた直球がヤクルト・畠山の左肩を直撃した。両軍ベンチから全員が飛び出し、ド派手な乱闘劇へと発展したわけだが、心配なのは藤浪である。「未来のエース」として期待されながら、このまま未完で終わってしまうのだろうか。(2017/4/7)

ヴィレヴァン福袋、社名が「ヴァングラード」になる誤植 → それに合わせてオンラインストアTwitterが改名する謎の事態に
ミスしても、このノリっぷり。(2017/1/4)

こだわりのアイスが大集合! 「アイスクリーム万博」京セラドーム大阪で1月5日より開催!
レアものや大阪初登場のアイスも。(2016/12/21)

道端アンジェリカ骨折! 手術が必要となる重傷で18日の関コレ出演はキャンセルに
「この度は誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しています。(2016/9/17)

日ハムファイターズの16連勝かけた試合 テレビ北海道が初のサブチャンネル放送
相手はバファローズ。バファローズポンタの動向も気になります。(2016/7/12)

あの歌姫が甲子園に 水樹奈々が阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を歌う
西川アニキのバージョンもあるよ!(2016/7/2)

全日本肉汁グランプリ GWに京セラドーム大阪で開催! 肉汁にまみれる9日間
じゅるりん。(2016/4/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
過去の汚名を背負いながら戦うファイター・秋山成勲という男
総合格闘家の秋山成勲が、再びリングに立つ。桜庭和志戦の“ヌルヌル事件”をきっかけに、すっかり「ヒール」になってしまったが、秋山の経歴を追いながら人物像に迫ってみると波乱万丈な半生が見え隠れする。(2015/9/17)

ついに読売巨人軍と「進撃の巨人」がコラボ 特典付きシートなど7月の4試合で展開
オリジナルマフラータオルのプレゼントやクイズラリーも。(2015/4/8)

R25スマホ情報局:
チケット、ナビetc.「スマホ×プロ野球」最前線
横浜スタジアムで開催されるベイスターズのホームゲームチケットが、「スマホ化」したという。プロ野球観戦をさらに便利に、快適にするアプリをご紹介します。(2015/4/6)

どのアイドルを思い浮かべる? 6色展開の「アイドルトート」が話題に
ももクロ、関ジャニ、うたプリ?(2015/3/5)

球団ビジネス変革の裏側(後編):
「科学」と「アナログ」の融合でファンを急増させたオリックス・バファローズ
オリックス・バファローズが運営する公式ファンクラブ「BsCLUB」は、この1年間で1万人以上も会員数を伸ばしている。そのわけとは――。(2014/9/29)

球団ビジネス変革の裏側(前編):
オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか
シーズン序盤からの快進撃そのままに、ついには2014年のパ・リーグ優勝に迫りつつあるオリックス・バファローズ。チームの成長に足並みをそろえるかのように球団事業も改革を進めて大きな成果を上げている。そこに至る背景を取材した。(2014/9/26)

今年は本&ゲーム&報酬の組み合わせがアツい? 注目したい2つの動き
電子書籍を単なるプリントレプリカで終わらせない取り組みが、国内外から生まれている。そんな注目の動きを2つ紹介したい。(2014/9/24)

野球場で売り子のおねえさんを指名できるぞ! アプリ「野球場ナビ」で俺たちの夢が広がる
無駄にハイテク。(2014/9/4)

京セラドーム、売り子さんをスマホで呼べる新サービス開始 iBeaconを活用
京セラドームで野球観戦中、ビールの売り子さんを呼び出せるアプリが登場した。(2014/8/25)

組み込みニュース:
京セラドームで座席から「ビールの売り子さん呼び出し」、アプリックスのBeacon利用
野球場で応援しながらスマホアプリでビールの売り子さんを呼び出せる――そんなシステムが京セラドーム大阪に導入された。(2014/8/25)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
プロ野球のオールスター戦が、つまらなくなった理由
「昔のオールスター戦は面白かったのに、最近はつまらなくなった」――。そう感じている人も多いのでは。セ・パの一流選手が集まって対戦する貴重な試合のはずなのに、なぜつまらなく感じてしまうのか。その理由は……。(2014/7/24)

道頓堀のグリコの看板がリニューアル、5代目看板の最終点灯は8月17日に
100日前からカウントダウン企画を実施する。(2014/5/8)

電気料金を安くする5つのステップ:
もっとスマートに節電しよう!(5)代替エネルギーを導入
電力会社から購入する量を減らせば電気料金は確実に安くなる。そこで注目を集めているのが電気の代わりにガスを使うことだ。ガス料金はかかるが、電気よりも安く済む場合が多い。火力発電所で電力を作るよりもエネルギーの変換効率が高く、そのぶんコストが低くなるためである。(2013/10/3)

PR:今こそ電気から「ガス冷暖房」へ、電力のピークが30%も下がる
企業や自治体の節電対策として「ガス冷暖房」に注目が集まっている。特に夏の昼間は電力の約半分を冷暖房機器が消費するが、ガス冷暖房に切り替えると電力のピークを30%以上も引き下げることができる。オフィスビルから商業施設、学校、病院、工場まで、さまざまな場所にガス冷暖房が広がってきた。(2013/7/1)

スマートショップ:
ガスコージェネと太陽光発電を導入、ショッピングモールで40%のCO2削減と防災対策
太陽光発電の導入を積極的に進めるイオンが、大阪市に開業するショッピングモールを防災対応型の店舗にするために、大型のガスコージェネレーションを導入した。太陽光とガスを組み合わせたシステムも併用して、災害や天候の影響を受けにくいエネルギー供給体制を実現する。(2013/5/22)

スマートショップ:
省エネ率50%のエコストア、高効率空調や太陽光発電で実現
流通大手のイオングループが2020年度までにエネルギー使用量を50%削減する計画の一環で、次世代エコストア「スマートイオン」を拡大中だ。新店舗が4月12日に千葉県内にオープンする。高効率の空調機器や冷凍・冷蔵機器をはじめ、太陽光発電と蓄電池、LED照明を全面的に採用した。(2013/4/11)

増税サバイブ術:
消費税の仕組みを考えよう
2014年4月から消費税が8%、2015年10月から10%になる予定――ということは、多くの読者が知っているだろう。では昨年、2012年に自分が所得税、住民税、消費税をいくら納めたか知っている人はどれくらいいるだろうか。(2013/1/28)

電力供給サービス:
コージェネと系統電力を併用、ガス会社が電力事業に参入
大阪ガスは、子会社が京セラドーム大阪周辺の再開発地区で電力事業に参入することを明らかにした。コージェネレーション・システムを利用して、周囲の5施設に電力を供給し、不足分は系統の電力を利用する。電気事業法の要件緩和後初の例となる。(2012/11/30)

KDDIの4G LTE対応エリア拡大――名古屋/大阪市営地下鉄と福岡市交通局の駅を追加
auのiPhone 5で利用できるLTEサービス「4G LTE」の対応エリアがさらに拡大。名古屋市営地下鉄と大阪市営地下鉄が追加されたほか、福岡市交通局も新たにカバーした。(2012/11/1)

球場経営、リーグビジネス……楽天が変えたプロ野球の仕組みとは
かつて日本では絶対的な人気を誇っていたものの、娯楽の多様化や地上波放送の回数減などで変化が生じているプロ野球。そのビジネスも変わりつつあるが、その変化をけん引している東北楽天ゴールデンイーグルスの井上智治オーナー代行が球場経営やリーグビジネスの考え方など、楽天が変えたプロ野球の仕組みについて語った。(2011/9/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。