ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LanScope Cat」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LanScope Cat」に関する情報が集まったページです。

セキュリティログ分析基盤活用入門(1):
セキュリティ業務における「ログ」の基礎知識――なぜ分析基盤が必要なのか
セキュリティ業務における「ログ」と、その分析基盤の活用について解説する連載。初回は、セキュリティログに関する基礎知識や分析基盤に求められることなどについて。(2019/11/14)

社員の自由な働き方を支えるために:
PR:ツールを最大限に活用して業務を効率化、価値あるシステムを提供できる情シスに――大和財託に見る「働き方改革」実践
関西圏を拠点に、プラットフォーム型の資産運用サービスを展開する大和財託が、エムオーテックスのエンドポイント統合管理ツール「LanScope Cat」とMDMツール「LanScope An」、業務自動化ツール「Syncpit」を導入し、業務効率化と生産性向上に成果を挙げている。IT戦略室リーダーの森本優氏に話を伺った。(2019/4/1)

PR:「企業のクラウド導入、不安を払拭したい」 通信回線からアプリまでワンストップ提供できる通信キャリアの強みとは?
(2018/3/15)

未知のマルウェア対策に新たな武器を
沖縄銀行はなぜ「AI活用型マルウェア対策製品」をいち早く導入したのか
2016年に創立60周年を迎えた沖縄銀行は、以前から取り組んできたセキュリティ対策を一段と強化すべく、人工知能(AI)技術を活用したマルウェア対策の導入に踏み切った。その背景とは。(2017/9/19)

AIで複雑化するサイバー攻撃、対抗できるのもまたAIか、それとも人か
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。複雑化するサイバー攻撃の現状、AI(人工知能)/機械学習、自動化、データ、人や組織体制に関するセッションを中心にレポートする。(2017/8/16)

セキュリティ対策を成功させる“必要不可欠な組み合わせ”:
PR:サイバー攻撃の85%を予防できる「5つの緩和策」とは
2016年8月に協業を発表したIT資産管理ツール「LanScope Cat」を展開するエムオーテックスと、脆弱性データベース「Secunia」を運営する米フレクセラ・ソフトウェア。両社が共同で提供していく脆弱性管理ソリューションによって、ユーザー企業にはどんなメリットがもたらされるのか? 両社のキーマンに聞いた。(2016/10/20)

未知のマルウェア検知率、99%:
PR:“変化する脅威”はAIでブロック マルウェア対策ツール「プロテクトキャット」の実力は
IT資産管理と情報セキュリティ対策で定評あるエムオーテックスの「LanScope Cat」に、未知のマルウェアなどによる外部攻撃の検知・駆除・追跡を可能にした「プロテクトキャット」が登場した。10億個以上のファイルを学習した人工知能(AI)が守る新発想の対策とは、どのようなものか。(2016/8/29)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(3):
ソーシャルエンジニアリングは予算獲得にも応用できる?
本稿では、@ITが2016年6月23日に東京・青山ダイヤモンドホールで開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートの第3弾をお届けする。(2016/7/21)

住宅・オフィス用鍵最大手の情報セキュリティ対策
セキュリティ対策で残業抑制? 美和ロックが見つけた“奇策”とは
セキュリティ対策の一環として導入したIT資産管理製品をワークライフバランス実現に生かす――。そんな取り組みを進めるのが、住宅・オフィス用錠最大手の美和ロックだ。(2015/10/29)

実践! IT資産管理の秘訣(7):
IT資産管理、ツールとベンダーの正しい選び方〜推奨機能の詳細資料も無償ダウンロード提供〜
一定規模以上の企業では必要不可欠となるIT資産管理ツール。複数のベンダーがツールを提供している中で、自社の目的に合うツールはどのように選べばいいのか? ツール選び、ベンダー選びの失敗しないチェックポイントを徹底解説する。(2015/9/16)

全国1000台超のiPad、たった2人で アニコム損保のデバイス管理を支えるMDM
全国に点在する1000台超のiPad、たった2人で管理――。アニコム損害保険のデバイス管理を支えているMDMツールとは。(2015/6/18)

エムオーテックス、利用デバイス制限セキュリティソフト「LanScope Cat」専用のUSBメモリ
エムオーテックスは、同社製セキュリティソフト「LanScope Cat」専用となるUSB 3.0対応USBメモリ「ED-S4/MOT」シリーズを発表した。(2015/5/14)

iPhoneを営業に持たせたら売上が大きく伸びた、その秘けつとは?
営業に持たせる会社貸与の携帯電話。それまでのBYODをやめてiPhoneを一斉導入したヴァンクールの場合、位置情報を駆使することで業績の改善につながったという。(2015/2/27)

エムオーテックス、無償のモバイルセキュリティツールをリリース
スマートフォンやタブレットなど紛失・紛失対策ツールを無償提供する。(2014/11/27)

ホワイトペーパー:
iOS/Android向け低価格MDM製品一覧表
機能を絞った低価格MDM製品が充実し始めている。1台当たり月額100円台以下で利用できるMDM製品も珍しくない。iOS/Android向けの主要な低価格MDM製品10種の価格を示す。(2014/10/8)

条件によっては1台1円以下のサービスも
iOS/Android端末を月額100円台以下で管理できる「格安MDM製品」10選
機能や用途を必要最小限に絞り込み、提供価格を抑えたモバイルデバイス管理(MDM)製品が充実してきた。1台当たり月額100円台もしくはそれ以下の価格で利用できる、主要な10種を紹介する。(2014/9/19)

MOTEXが「LanScope Cat」最新版、XenAppやMS RDSに対応
資産管理ツール「LanScope Cat」の最新版ではサーバベースコンピューティング方式のシンクライアントのログ管理やMac OSなどへの対応を強化している。(2013/10/25)

MOTEXとNEC、IT資産管理と不正接続防止で製品連携
MOTEXとNECは、MOTEXのIT資産管理製品「LanScope Cat」とNECの不正接続防止製品「InfoCage 不正接続防止」およびアプライアンス型センサー「InterSec/NQ」を連携させたサービスを発表した。(2013/9/18)

IT資産管理製品紹介【第4回】
変化するインフラの構成/資産情報を一元管理できるNEC「WebSAM AssetSuite」
国内シェア上位のIT資産管理製品ベンダーを取材する本連載。今回はシステム運用管理の観点からIT資産管理の機能向上を追求したNEC「WebSAM AssetSuite」を紹介する。(2013/5/17)

IT資産管理製品紹介【第3回】
セキュリティ対策とIT資産管理を統合した「SKYSEA Client View」
国内シェア上位のIT資産管理製品ベンダーを取材する本連載。今回はセキュリティ対策とコンプライアンスにフォーカスした機能群と扱いやすさで定評のある「SKYSEA Client View」を紹介する。(2013/4/18)

IT資産管理製品紹介【第2回】
IT資産管理の自動運用を見据えた「LANDesk Management Suite」
国内シェア上位のIT資産管理製品ベンダーを取材する本連載。今回は管理対象のクライアントPCが数千台規模の企業に多くの導入実績を持つ「LANDesk Management Suite」を紹介する。(2013/3/22)

IT資産管理製品紹介【第1回】
操作ログ中心の資産管理でセキュリティ対策、効率化を支援する「LanScope Cat7」
仮想化、クラウドによってシステム構成が複雑化している今、より確実かつ効率的なIT資産管理が求められている。IT資産管理ツールで国内シェア上位を占めるベンダーは、どのような支援策を用意しているのだろうか。(2013/3/15)

日ごろから端末セキュリティ状況をチェックする機能も:
ログ管理から生産管理へ、エムオーテックスがMDMサービスを強化
エムオーテックスは11月28日、Android OSを搭載したモバイルデバイスの操作ログや位置情報を管理できるクラウドサービス「LanScope An」をバージョンアップした。(2012/11/28)

モバイル端末のリスクを遠隔管理、MOTEXがMDMサービスを機能強化へ
エムオーテックスは、クラウド型モバイル端末管理サービス「LanScope An」のバージョンアップを実施する。(2012/11/28)

ホワイトペーパー:
メインフレームの画面を設定だけでWEBにRefacingしPC、IPAD、スマホへ基幹業務情報を表示
メインフレームの画面をWeb汎用型に改善しROI向上が実現できます。今あるメインフレームの業務画面を設定操作だけでWeb化しそのブラウザの中に掲示板、在席確認、Webアクセスを全てポータルで実現。スマートフォンからプライベートクラウドへのアクセスも提供。(2012/8/2)

「スマートフォン&タブレット 2012春」リポート
みずほが導入したiPad会議システムなど――スマートフォン&タブレット 2012春の注目展示
スマートフォンやタブレットの業務活用を支援する製品/サービスの展示会「スマートフォン&タブレット 2012春」。本稿は同イベントで展示されていた注目の製品/サービスを紹介する。(2012/3/14)

Japan IT Week 2011秋リポート(後編)
Android向けMDMの新サービスが相次ぐ――情報セキュリティEXPOの注目展示
IT関連の総合展示会「Japan IT Week 2011秋」。本稿は、その1つである「情報セキュリティEXPO」の中から注目の展示をピックアップして紹介する。(2011/11/11)

SNMP監視やWebの利用制限も、エムオーテックスが「LanScope Cat」の新版発売
LanScope Catの最新版では21種類の機能強化が図られている。(2011/8/24)

NEWS
エムオーテックス、より詳細な情報把握を可能にしたIT資産/ログ管理ツール「LanScope Cat6」
国内で幅広いシェアを誇るIT資産/ログ管理ツールに、SNMP対応など計21機能を追加。管理画面で「いつ、誰が、何の情報」を扱ったなどの情報を瞬時に把握できる。(2011/8/24)

今すぐ始めたいクライアント環境の最適化:
PR:節電、事業継続、コスト削減――IT資産管理ツールでPC運用の課題を乗り切れ!
夏場の節電に向けて在宅勤務の導入を検討する企業が増えている。自宅や出先で安全に業務ができるようPCのセキュリティ強化や運用支援の体制の整備が急務だ。そこで注目したいのがIT資産管理ツールの活用である。(2011/6/28)

ホワイトペーパー:
IT部門の負荷を90%削減! IT資産自動検知とハードウェア・リモコンでTCOを大幅削減
クライアントPCの管理工数、メンテナンスコストの削減は、IT部門の人員を確保できない企業において深刻な課題となっている。このような課題を、管理ツールの導入によって解決する方法を紹介する(提供:エムオーテックス)。(2010/10/5)

ここまで来た中堅・中小企業のPC資産管理【後編】
「機能よりも使い勝手」――中堅・中小企業向けPC資産管理ツールの導入条件
このところ、企業がPC資産管理をセキュリティ対策に役立てる動きが高まっている。数あるPC資産管理ツールの中から中堅・中小企業に支持されている製品を幾つか取り上げ、それぞれの成り立ちと特徴を紹介する。(2010/4/22)

Visual Studio 2010いよいよ登場、未来はコードで創られていくのか
Microsoftの統合開発環境「Visual Studio 2010」が全世界同時にリリースされた。そのビジョンは「未来はコードで創られていく」。日本でもローンチイベントが開催され、多くの開発者やSIer、ISVから熱いまなざしを向けられている。(2010/4/14)

“2010年のvPro”でビジネスの転換点をクリアせよ
2006年の登場以降、毎年新技術を導入してきたvPro。2010年で導入された新機能を米Intelの幹部がアピールする。(2010/4/7)

ここまで来た中堅・中小企業のPC資産管理【前編】
「500台未満では後回し」のPC資産管理に関心が集まる理由
無秩序に増える社内のクライアントPCの管理が大きな課題となっている。中堅・中小企業が抱えるPC管理の現状と課題、そしてPC資産管理ツールの選び方など、専門家の意見を交えながら考える。(2010/1/15)

トレンドマイクロ、資産管理ツールベンダーの協業強化
トレンドマイクロとエムオーテックス、富士通四国システムズと共同で、セキュリティ対策製品と資産管理ツールの動作検証を始める。(2009/7/21)

アナリストの視点:
「運用管理」が企業ITのエコ化を促す――ノークリサーチ
企業は多数のITプラットフォームを導入する一方、IT管理を先送りし、今まさにそのツケを払わされようとしている。解決策としての運用管理ソリューションを市場調査から読み解く。(2009/6/29)

PCログ監視システムに関するアンケート結果リポート
PCログ監視システムのユーザーは「費用対効果より機能重視」
TechTargetジャパンでは今回、PCログ監視システムに関する会員アンケートを実施した。管理・リポート機能を重視し、情報漏えい防止などセキュリティ対策としての導入効果を見込むユーザーが多いようだ。(2009/2/6)

2年目だからこそ見えてきた、内部統制の課題
コスト削減時代の効率的なJ-SOX対応
日本版SOX法が適用開始された2008年を経て、さまざな課題が浮き彫りになった。2年目以降、こうした課題をいかに低コストで解決するか。不況の今こそ、効率的な対策が求められている。(2008/10/15)

三菱電機インフォ、統合ログ収集/分析システムを機能強化
三菱電機インフォメーションテクノロジーは、統合ログ収集/分析システムをクライアント操作ログに対応させた。(2008/8/26)

NEWS
MDITがLanScope向けログ管理システム、監査や情報漏えい対策にも対応
ネットワークセキュリティ統合管理ツールが生成するクライアント操作ログなどを自動収集・保管・管理する「LogCatcher for LanScope Cat」を発売。5年間にクライアント約100台で発生する約50Gバイトのログデータを10分の1にまで圧縮できるという。(2008/8/26)

Oracle DBと二人三脚、エムオーテックスがセキュリティ製品の新版
ネットワークセキュリティツールを提供するエムオーテックスはネットワークセキュリティ製品「LanScope Cat」の最新版「Cat6」の提供を開始したと発表した。(2008/1/17)

NEWS
エムオーテックス、ネットワークセキュリティ管理ツール「LanScope」の内部統制機能を強化
ネットワークセキュリティ管理ツールの最新版「Cat6」をリリース。アプリケーションのID、パスワードのログ化を実現(2008/1/17)

「内部統制」に振り回されない賢いログ活用とは:
一挙紹介、ログ管理ソリューション(後編)
複数のアプリケーションにまたがった処理などを追いかける際には、クライアントのログや複数のソースから取得したログの統合管理が有効だ。そのためのツールを紹介しよう。(2007/5/1)

管理下にない不正PCを検出、エムオーテックスが「LanScope Cat」にオプション追加
エムオーテックスは、企業の管理下にない不正なPCの検出、遮断を行う「不正 PC検知オプション」の販売を開始した。(2007/3/26)

セキュリティ管理と生産性向上を支援、エムオーテックスが中小企業向け新ツール
エムオーテックスは、中小企業向けにセキュリティ/プロジェクト管理機能を提供する「LanScope Eco」のダウンロード販売を開始した。(2006/9/25)

エムオーテックス、社内外の人のつながりまで把握するメールセキュリティ製品
エムオーテックスは、電子メールの利用状況を監視し、ポリシーに反するメール送信をブロックするセキュリティ製品の新版「LanScope Guard2」の販売を開始した。(2006/3/6)

「LanScope」で収集した操作ログをWebブラウザで確認、アイティフォーがツール提供
アイティフォーは、セキュリティ監視ソフト「LanScope Cat5」が収集した操作ログをWebブラウザ上から確認できる「CATサポーター」を発表した。(2005/10/27)

インテック、ログの高速検索と長期保管を支援する「快速サーチャー」を開発
インテックは、セキュリティ製品が出力するログを集約し、長期保管/高速検索を可能にするログ検索システム「快速サーチャー ログ検索ソリューション」を開発した。(2005/8/18)

MOTEX、「LanScope Cat5」の最新版を発表
エムオーテックスは、ネットワークセキュリティ管理ソフトの最新バージョン「LanScope Cat5 2nd Edition」を6月27日に販売する。(2005/6/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。