ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マクニカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マクニカ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

飯能駅から2.5キロ:
西武バス、営業路線を使って自動運転バスの実証実験を開始
西武バスは、遠隔監視システムを活用した自動運転の大型バス運行の実証実験を2月に実施すると発表した。(2021/1/7)

AIアプリケーション開発:
PR:AI開発のハードルは低い、コロナ禍に対応する混雑検知システムの開発に学べ
注目を集めるAIだが、その開発は容易ではないイメージが強い。しかし、実際にはオープンソースソフトウェアやさまざまなツールを活用することにより、複雑なプログラミングなどを行わなくてもAIアプリケーションを開発できる環境は既に整っている。技術商社のマクニカが開発した「コロナ対策混雑検知システム」はそのことを端的に示す事例になっている。(2020/12/14)

PR:「社内だけ守ればいい」では不十分 ブランドも傷つくWebサービスへの攻撃を防ぐために守備範囲の拡大を
(2020/10/29)

電子ブックレット(製造マネジメント):
IBMの量子コンピュータ計画/マクニカがAI活用を容易にする
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年7月から9月にかけて掲載された、IBMによる量子コンピュータのビジネス化計画を紹介した記事など、注目の製造業向けITニュースをまとめた「製造ITニュースまとめ(2020年7〜9月)」をお送りします。(2020/10/12)

スマート工場:
PR:コロナ禍の中で一歩先行くスマート工場を実現、AIの困りごとに全て応える
日本の製造業がIoTやAIを活用したスマート工場への取り組みを強化する中で発生した新型コロナウイルス感染症の感染拡大。工場でも作業者の安全と健康を守るシステムの導入が急務だが、そこでもIoTやAIといったデジタル技術が大いに役立つ。半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス/ソリューションプロバイダーのマクニカは、スマート工場向けに提案してきた多彩なデジタル技術を基に新型コロナ対応ソリューションの展開を始めている。(2020/10/5)

自動運転技術:
国内初の自律走行バスが走る、羽田空港跡地のスマートシティーが本格稼働
羽田みらい開発が手掛ける大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」が2020年9月18日、本格稼働を開始した。「先端」と「文化」の2つをコア産業に位置付けており、これらのうち「先端」を意識したスマートシティー関連の取り組みとなる、モビリティやロボティクスの実証実験を積極的に行う“場”としても期待を集めている。(2020/9/23)

定常運行を開始:
羽田イノベーションシティーで運行する「自律走行バス」に乗ってみた
東京都大田区の羽田イノベーションシティー(HICity)で9月18日から定常運行を始めた自律走行走行バス。乗り心地はどうなのか、実際に乗ってみた。(2020/9/19)

製造ITニュース:
AIの導入から運用までを最短1カ月に、マクニカが障壁を下げるサービスを用意
マクニカは2020年9月11日、AIの導入から運用までの負担を軽減し活用までを短期化できるサービス「Re:Alize.macnica.ai」の提供を開始すると発表した。(2020/9/14)

来訪者なら無料で乗車できる:
羽田イノベーションシティー、自律走行バスの定常運行を実施
羽田みらい開発は羽田イノベーションシティー内で、自律走行バスの定常運行を9月18日に開始する。毎日午前10時半〜午後4時半まで定期的に巡回し、来訪者であれば誰でも無料で乗車できるという。(2020/9/11)

顧客サポートや「国産SaaSとの連携」が今後の鍵か:
IDaaSの注目ベンダー、Oktaが満を持して日本法人を開設 その戦略と展望を探る【前編】
2020年6月にITmedia エンタープライズに対して日本進出の計画を明かしていたOktaが、ついに日本法人Okta Japanを立ち上げた。多様なクラウド環境やSaaSの普及が進む日本市場での具体的な戦略と勝算は? 前編では、日本のIDaaS市場にOkta Japanがどう展開するか、同社の渡邉社長に聞く。(2020/9/11)

自動運転技術:
自動運転はなぜ大変か、必要な技術の幅広さと実証実験の難しさ
マクニカとマクニカネットワークスは2020年7月2〜3日と9〜10日の4日間、シンポジウム「Macnica Networks DAY 2020+macnica.ai」をオンライン形式で開催した。本稿では、マクニカ SIGモビリティソリューション事業部 プロダクトマーケティング1部部長の大竹勉氏による「自動運転の仕組みと活用〜施設内や私有地のモビリティ支える自動運転車はこうして作られる〜」の内容を紹介する。(2020/8/20)

製造現場向けAI技術:
進まぬ製造現場のAI活用、AIベンダー側とユーザー側のそれぞれの事情
マクニカとマクニカネットワークスは2020年7月2〜3日と9〜10日の4日間、シンポジウム「Macnica Networks DAY 2020+macnica.ai」をオンライン形式で開催した。本稿では、マクニカイノベーション戦略事業本部カスタマーサクセス部課長の本村健登氏による「製造業はAIごときで立ち止まるな〜Industrial DXを実現した企業の5つの秘密〜」の内容を紹介する。(2020/7/27)

スマートファクトリー:
AI分析用の生データをエッジで前処理、工場設備の状態基準保全に必要なもの
マクニカは2020年7月2〜10日にかけて、ユーザーイベント「Macnica Networks DAY 2020」をオンラインで開催した。本稿ではCBMにおけるエッジコンピューティングの活用事例を紹介したセッションを抜粋して紹介する。同セッションではCBMでのAI分析に先立って実施する前処理工程の重要性や、それをエッジコンピューティングで実現する「SENSPIDER」を紹介した。(2020/7/21)

製造マネジメントニュース:
製造業向けでIoTデータを用いた保険を提供、IoT関連ソリューションと合わせて
マクニカ、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメントは共同で、IIoT関連ソリューションの一括提供と、それらのデータおよび技術を用いた保険開発、最適な保険を提案する新サービスの提供を開始する。(2020/6/18)

新型コロナで16社が通期予想を見送り:
2020年3月期通期 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:21社)の2020年3月期通期業績は、米中貿易摩擦の激化や新型コロナの影響などから、12社が前年同期比減収となった。(2020/6/10)

AI人材育成:
PR:製造業のAI人材育成には何が必要か、座学では学べない“ハンズオン”の効用
多くの製造業が活用を目指そうとしているエッジAI。しかしそこで課題になっているのがAI開発を主導できる技術力をもった人材の育成だ。多くの製造業では担当分野が細分化しており、目の前の開発も手いっぱいで、新たにAIの専門知識やスキルを習得するのは容易ではない。そうした中で注目したいのが、マクニカが注力している、AIレースカー「JetRacer」などを使ったハンズオンセミナーだ。(2020/6/1)

FAニュース:
スマート工場化をモジュール化で簡単・短期間に実現、マクニカが提案開始
マクニカは2020年4月27日、製造業のスマートファクトリー化をモジュールの組み合わせにより低価格、短期間で実現するソリューション提案を体系化し「Digital Synergy Factory(デジタルシナジーファクトリー)」として展開することを発表した。(2020/4/28)

Go AbekawaのGo Global!〜Nicolas Modrzyk編(後):
“Be Hungry-ous” フレンチエンジニアは全てを楽しむ
フランス出身のNicolas Modrzyk(ニコラ・モドリック)氏は持ち前の人懐っこさとユーモアを武器に、OSSのイベントや書籍出版などさまざまなチャレンジをする。そんな同氏がエンジニアに送る「Be Hungry-ous」の意味とは。(2020/4/28)

GTC Digital:
エッジAIを加速する「Jetson」、次モデルは「Nano Next」と「Orin」に
NVIDIAは「GTC Digital」の講演で組み込みAI開発プラットフォーム「NVIDIA Jetson」を紹介した。AIコンピュータの他、各種SDK、NVIDIAのパートナー企業の解説を行った。(2020/4/22)

第4回 ロボデックス:
ロボットで人手不足を解消できる? アシストスーツからバリスタ、原発廃炉のロボまで登場
少子高齢化、労働人口の減少の問題を解決する方法の1つとして注目されているのがロボット活用。その最前線を展示会で見てきた。(2020/2/13)

自動化に注力した新倉庫も建設中:
「ネット商社の重要性高まる」、日本でも好調なマウザー
半導体/電子部品のディストリビューターMouser Electronics(以下、Mouser)の日本法人マウザー・ジャパンは2020年2月4日、記者説明会を開催し、2019年の業績について説明した。(2020/2/5)

製造マネジメントニュース:
顧客課題に応じて最適なAIを提供、AI研究の専門組織を設立
マクニカがAI研究の専門組織「AI Research and Innovation Hub」を新設した。同組織の構成メンバーはITとOTの両方の知見を持ち、ヒアリングから得た顧客の課題に応じて実務に適用できる最適な技術、手法を選定して提供する。(2020/1/16)

イスラエルVayyar Imaging:
“命を救う”ミリ波3D画像センサー、日本市場に本格投入
3D(3次元)イメージング用のレーダーセンサーを手掛けるイスラエルのVayyar Imaging(バイアー・イメージング)は2019年11月28日、シリーズD投資において120億円を調達し、日本市場での製品展開を強化すると発表した。(2019/11/29)

14社が減収、増収増益は4社のみ:
2020年3月期上期 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:22社)の2020年3月期上期業績は、長引く米中貿易摩擦や中国経済の減速などの影響で、14社が前年同期の売上高を下回る減収になった。【訂正あり】(2019/11/20)

組み込み開発ニュース:
FPGAアクセラレーターソリューションの検証用プラットフォームの無償提供開始
マクニカ アルティマ カンパニーは、「インテル FPGA PAC」を使用したソリューションの導入支援のため、検証用プラットフォーム「FPGA アクセラレーション・ラボ」の無償提供を開始した。(2019/11/18)

スマートファクトリー:
マクニカとアルベルトがスマート工場向けで資本業務提携、100億円規模目指す
マクニカとALBERT(以下、アルベルト)は2019年11月6日、製造業向けにAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用したスマートファクトリー化提案を進めるため、資本業務提携の契約を締結したことを発表した。(2019/11/7)

大山聡の業界スコープ(23):
マーケティングオートメーションが半導体商社を危機に追い込む現実
Texas Instruments(以下、TI)は、長年にわたり販売代理店として提携してきた半導体商社との販売特約店契約の終了を相次いで発表している。長年、半導体商社との連携を重要視してきたはずのTIが、なぜこうした代理店リストラを実施しているのか。今回は、この辺りの事情と今後の見通しについて考えてみたい。(2019/11/7)

製造マネジメントニュース:
マクニカとKudan、モビリティソリューション開発に向けて業務提携
マクニカは、モビリティ分野での新たな付加価値ソリューションの開発に向け、先進人工知覚技術を開発するKudanと業務提携を実施する。両社の技術の相乗効果により、自動運転用の高精度地図などにおける技術的な課題解決に取り組む。(2019/10/2)

製造マネジメントニュース:
AIやIoTを活用したスマート工場向けのサービスを提供
マクニカは、シーメンスの「MindSphereパートナープログラム」にゴールドパートナーとして参加し、AIやIoTを活用したスマートファクトリーの実現を支援する新サービスの提供を開始する。(2019/9/25)

産業オープンネット展2019:
産業用ネットワークに新たな波、「TSN」が最前線へ
「産業オープンネット展2019 東京」では、次世代の産業用ネットワーク規格として注目を集めている「TSN」関連の展示が幾つかあった。本稿ではTSN関連の展示の中から、図研エルミック、B&R、マクニカの展示内容を紹介する。(2019/8/21)

医療機器ニュース:
日本医療機器開発機構が8社を引受先とする第三者割当増資を実施
日本医療機器開発機構は、8社を引受先とする第三者割当増資を実施した。資金調達により、既存の医療機器の開発促進、新規案件の発掘、販路の拡大などを実施し、事業を加速させる。(2019/7/25)

AIでリアルタイムの空き状況確認と持ち物管理 介護施設むけアプリの実証開始
マクニカとユニマット リタイアメント・コミュニティは、AI(人工知能)を活用した介護のショートステイ向けアプリとして「予約管理アプリ」と「持ち物記録アプリ」を共同開発している。2019年7月から持ち物記録アプリの実証を始める。(2019/6/24)

増収増益の商社は半数以下に:
2019年3月期 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:22社)の2019年3月期業績は、2018年後半からの中国経済の減速などの影響を受けて、半数近くの商社が前年売上高を下回る減収になった。(2019/6/13)

Interop Tokyo 2019速報:
Interop Tokyo 2019のBest of Show受賞製品が決定
2019年6月12日に開幕したInterop Tokyo 2019で、同日午前、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2019/6/12)

Smart Sensing 2019:
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案
マクニカは、「Smart Sensing 2019」で、インダストリアルIoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)をキーワードに、データ収集やシステム開発向けのセンシングソリューションを提案した。(2019/6/11)

Smart Sensing 2019:
マウザー、マクニカと連携し「モノづくり」支援
Mouser Electronics(マウザー エレクトロニクス)は、「Smart Sensing 2019」で、マクニカと共同運営する半導体・電子部品の通販サイト「マクニカ・マウザー」の概要を紹介するとともに、関連するサプライヤーがセンサー製品などを展示した。(2019/6/10)

Mouserが都内で記者説明会を開催:
業績は右肩上がり、倉庫増設でロボット導入も
Mouser Electronics(マウザー エレクトロニクス、以下Mouser)は2019年5月23日、東京都内で記者会見を開催し、同社の業績や戦略について説明した。(2019/5/28)

組み込み開発ニュース:
IEC62443による産業制御セキュリティ向けソリューション強化、マクニカが協業で
マクニカ テクスター カンパニーは、産業制御システム領域における端末セキュリティソフトウェアのプロバイダーであるMocanaと、セキュリティアセスメントなどを行うSpirent Communications(以下、Spirent)とパートナー契約を締結し、産業制御システムセキュリティ領域での提案を強化する。(2019/5/15)

組み込み開発 インタビュー:
ソフト開発未経験でもカッコいいアプリを――IoTへの挑戦を支援するベンチャー
優れたデザインのIoTアプリを簡単に開発できる「conect+」は、ソフト開発の知見が不足しIoTプロジェクトのPoCに悩む製造業から注目を集めるサービスだ。同サービスを提供するconect.plus社長の坂井氏にサービスの概要や目指す今後の姿を聞いた。(2019/4/25)

第8回 IoT/M2M展 春:
ADI、振動計測や侵入検知を具体的事例で紹介
アナログ・デバイセズ(ADI)は、「第8回 IoT/M2M展 春」で、MEMS加速度センサーを応用した「振動計測レファレンスソリューション」など、ユーザー事例を含む最新ソリューションのデモ展示を行った。(2019/4/11)

いまさら聞けないOPC UA入門(3):
OPC UAの技術進化、Pub-Sub通信やセキュリティ技術など実用面強化
スマート工場化など工場内でのIoT活用が広がる中、注目度を高めているのが「OPC UA」である。本稿では、OPC UAの解説を中心に工場内ネットワークで何が起きようとしているのかを紹介する。第3回となる今回は、セキュリティや新たな技術など、OPC UAの機能面での先進動向を解説する。(2019/3/15)

いまさら聞けないOPC UA入門(2):
インダストリー4.0で波に乗る、OPC UAの普及動向
スマート工場化など工場内でのIoT活用が広がる中、注目度を高めているのが「OPC UA」である。本稿では、OPC UAの解説を中心に工場内ネットワークで何が起きようとしているのかを紹介する。第2回となる今回は、OPC UAの市場動向と普及状況について紹介する。(2019/2/21)

急成長のWebサーバ「NGINX」、日本市場に本格参入 東京にオフィス、サポート体制を強化
NGINX社が東京にオフィスを開設。日本語でのサポート体制を強化する。(2019/2/7)

「AI関連売上を5年で10倍に」 半導体のマクニカがAIに本気な理由
半導体商社のマクニカが、AI(人工知能)事業を本格展開すると発表。関係会社化したインドのCrowdANALYTIXが抱えるデータサイエンティストのリソースをフル活用する。(2019/1/25)

製造業IoT:
AI関連の売上高10倍を目指すマクニカ、センサーからデータ処理までを包括提供
技術商社のマクニカは2019年1月24日、AI領域における統合ブランド「macnica.ai」を立ち上げることを発表した。AIソリューション関連の売上高は現在の30億円から5年後には300億円規模を狙うとしている。(2019/1/25)

ビルメン用ロボット:
本社ビルの実証・実演で判明した三菱地所がビル管理業務に“ロボット”を導入した理由
三菱地所は2019年1月22日、本社が入る東京・大手町の「大手町パークビル」で、清掃ロボットや警備ロボットなどの実演デモや実証実験を行った。(2019/1/23)

ET2018獣道レポート:
ET展で組み込みAIはなぜ盛り上がらないのか
2016年、2017年に引き続き、エレクトロニクス/組み込み分野に詳しい大原雄介氏による「ET2018/IoT Technology 2018」の“獣道”レポートをお送りする。中国発の注目のArmチップや新たなLPWA規格などの展示があったものの、組み込みAI関連の展示は盛り上がらなかったようで……。(2018/12/5)

CEATEC 2018:
個性豊かなシリコンバレーのスタートアップ、モビリティ向け技術をアピール
米国大使館は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、幕張メッセ)のカンファレンスで、「米国テクノロジー最前線- Society5.0に向けたMobilityの可能性」と題するキーノートセッションを主催した。(2018/11/26)

製造業IoT:
PR:PoCのその先へ、「プラットフォーム×業務別テンプレート」がIoT活用を成功に導く
PoCから先の実用化へのステップがIoT導入のハードルとなっている。ソフトバンク・テクノロジーは、この負担を軽減し、拡張性と導入コストの最適バランスを取りつつ、モノやサービスとIoTを連携するプラットフォームサービス「IoT Core Connect」を開発。「プラットフォーム×業務別テンプレート」により、製造業をはじめとする企業のIoT導入を後押ししていく。(2018/11/20)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
俺の相棒はロボット? 関西国際空港で自動清掃ロボット大戦がはじまる
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットと共に5千人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏が、関西国際空港で本格運用が始まった最新型自動清掃ロボットをレポートする。(2018/10/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。