ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「虐待」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「虐待」に関する情報が集まったページです。

イーロン・マスク氏、「Twitterの買収が完了したらトランプ氏の永久凍結を解除する」
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏はインタビューで、トランプ氏のアカウント永久凍結は間違えだったと語った。買収が完了したらトランプ氏のアカウントを復活させるとも。(2022/5/11)

Clearview AI、顔認識技術の米国での販売停止へ ACLUなどとの訴訟和解で
米人権団体のACLUは、顔認識技術を手掛ける米Clearview AIを提訴した2020年の訴訟で和解したと発表した。Clearviewは米国の民間企業や個人への顔認識データベースの販売を永久に停止する。(2022/5/10)

子役殴打、小林勇貴監督が謝罪 「心の傷を残すことになったことは間違いございません」
Instagramに謝罪文を掲載しました。(2022/4/28)

過去の映画の「子役を殴る演出」に批判殺到 映画監督・小林勇貴さんのクレジットが映画「激怒」から削除
「まったくもって言語道断であり、容認できようはずもありません」と「激怒」のプロデューサーはコメントしています。(2022/4/25)

だいたひかる、“虐待疑い”で通報された写真公開 指摘には真摯に謝罪「何も知らなくて、すみません」「以後、気をつけます!!」
通報レベルなのか……。(2022/4/22)

だいたひかる、虐待の疑いで通報される 警察の訪問受け「アンチが多い事もお伝えしておきました」
だいたさん「私は虐待していませんが心配させない、通報されない、子育てを目指します」(2022/4/21)

検閲は解決にならない
ネットの科学的誤情報の削除に英国王立協会が「ノー」 その科学的理由
ネットは科学的コンセンサスに反する誤ったコンテンツであふれている。これらを削除し、拡散する人や組織のアカウントを凍結すべきだという意見もある。だが英国王立協会はそれに反対している。(2022/3/15)

「遺体引き取りに来て」「いやです」―― 3万いいね集めた壮絶漫画「毒親の喪主をバックれた話」作者に聞く“毒親を捨てる”勇気
毒親サバイバーの体験談を紹介しています。(2022/3/10)

虐待で神経障害を負った保護犬、飼い主の深い愛情にふれ…… 幸せそうな表情に「真実の愛だ」と称賛の声 米
飼い主「この子がいない人生は考えられない」(2022/3/8)

過去の虐待で人を信用できない保護犬、優しい里親が愛情を注ぎ…… 無邪気に甘える姿にグッとくる【米】
もう一度人間を信じてみよう。(2022/3/8)

BNPL市場はどうなる? “脱法”後払いビジネスの闇に米国政府が監視を強化
後払いサービスは手元に資金がなくてもチャンスを逃さず買い物ができる便利なサービスとして普及しつつある。市場が盛り上がり、さまざまなプレーヤーが参入する中、このサービスのスキームそのものに「脱法」疑惑が持ち上がっている。(2022/2/17)

コーヒーを飲むだけで動物愛護:
ダレノガレ明美プロデュース JR東が新大久保駅に「ねこのいない、ねこカフェ」を開いた理由
JR東日本が「ねこのいない、ねこカフェ」を2月27日までの期間限定で営業している。プロデューサーにはダレノガレ明美氏を迎えた。この取り組みのビジネス的な狙いを追う(2022/2/11)

英国の「.uk」ドメイン取り締まり事情【前編】
“悪質ドメイン”減少の訳は? 「.uk」ドメインの停止件数が過去最少に
英国のドメイン管理組織Nominetの報告から、同国でのサイバー犯罪に対する取り組みが功を奏していることが明らかになった。効果の概要とその要因を解説する。(2022/1/20)

だいたひかる、出産した息子の姿に「垢抜けた!?」 目鼻立ちくっきりしたお顔に「イケメン」「めっちゃくちゃ男前!」
将来が楽しみ!(2022/1/19)

行動監視の是非【後編】
「Amazon Echo」「Spotify」を悪用した“ネットストーカー”の恐ろしい実態
ネットストーキングの加害者は、ストーカーウェア(行動追跡アプリケーション)に加えてさまざまツールを駆使してストーカー行為に及んでいる。その実態とは。(2022/1/18)

行動監視の是非【前編】
「浮気っぽければ監視して当然」が8割 「ネットストーキング」を正当化する人々
パートナーのオンライン行動の監視に対する英国人の考え方が、Kaspersky Labsの調査で明らかになった。調査結果から見えてきた“驚きの実態”とは。(2022/1/11)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2021年アニメ”ランキングTOP20! 『バック・アロウ』『ゲキドル』ら快作を抑えた1位は?
映画部門には意外な作品もランクイン。(2021/12/29)

柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 2021年にねとらぼ生物部アカウントで【バズった記事トップ5】をご紹介
バズった編です!(2021/12/28)

【漫画】感情的に叱らない、ダメと言わない…… 「理想の育児」の難しさに悩むママが導いた“結論”に共感の声
「救われた気がします」という人も。(2021/12/25)

【漫画】冬なのに半袖、路上で号泣……理由を周りの人に説明できたらいいのに! 2歳児ママの「声に出して言ってみたいこと」に共感が止まらない
お疲れ様です……。(2021/12/18)

独自予算でAI活用、学校で子供支援 神戸市が全国初
福祉的な支援が必要なのに見過ごされている子供の存在をAIを使って可視化し、具体的な支援につなげる取り組みが神戸市でスタートした。支援が必要とされた子供については専門職が集まる「チーム会議」で検討し、知恵を出し合う。(2021/12/15)

PR:データ分析にAIを使うメリットを解説 “データサイエンティストいらず”の専用ツールを活用事例と一緒に紹介
データ活用を始めたいが考え方やツールが分からない――こんな悩みに、ベストセラー書籍「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏が答えます。登場したのは、データサイエンティストの仕事の8割を自動化するツールでした。日本のDXについて語る特別対談の後編です。(2021/12/15)

「もって1日か2日」と言われた大ケガの子猫を保護 後遺症を負いながら、先輩猫に見守られ1歳を迎えた姿に涙
たくさん幸せになってほしい。(2021/12/14)

仏で動物愛護に関する法案が可決、ペット店での犬猫販売・水族館のイルカ飼育が禁止に 動物愛護団体と水族館の反応を取材
動物愛護に関する法案が可決されました。(2021/12/1)

スピン経済の歩き方:
「俺らの時代は」を繰り返す“ノスタルジックおじさん”が、パワハラ上司になりやすいワケ
突然だが、「ノスタルジックおじさん」をご存じだろうか。いや、知らないはず。なぜなら、筆者(窪田氏)の造語だからだ。その「ノスタルジックおじさん」が、パワハラ上司になりやすいと指摘しているが、どういう意味なのか。詳しく見てみると……。(2021/11/30)

「日本での認知度はほぼゼロ」「虐待経験がある保護犬が付けることも」 黄色いリボンは“そっとしておいて”のサイン――イエロードッグプロジェクトの現実と未来を聞いた
ひとりひとりが少しずつの思いやりとやさしさを。(2021/11/26)

「不快で悲しすぎる」「そんな人間がいる現状」 中川翔子、猫の虐待動画が目に入って傷心
本当にどうにかならんものか……。(2021/11/23)

スピン経済の歩き方:
「日本を代表するコンテンツ」温泉むすめが炎上! 美少女萌えとタバコ規制の微妙な関係
全国の温泉地を美少女萌えキャラに擬人化して、魅力を発信している「温泉むすめ」が炎上した。「性差別・性搾取」だと批判されたわけだが、この動きは今後、どうなっていくのだろうか。筆者の窪田氏は、タバコ規制と同じような動きをするのではないかと見ていて……。(2021/11/24)

虐待・事故で大部分の皮膚を失った猫たちを保護 人への信頼を失わず、懸命に治療に励む姿に涙
2匹とも幸せになってほしい。(2021/11/23)

この頃、セキュリティ界隈で:
不正侵入からスパイ活動まで、闇社会で台頭する「雇われハッカー」ビジネス
闇社会で、さまざまなサイバー攻撃を請け負う「雇われハッカー」ビジネスが台頭している。Void Balaurという組織では、電子メールやSNSアカウントのハッキングサービスを展開しており、被害に遭った組織や個人は世界で3500を超す。(2021/11/17)

ブリトニー・スピアーズ、39歳にして自由の身! 13年間の成年後見制度が終了し「今までで最高の日」
たくさんの人たちに応援されて得た自由。(2021/11/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パワハラを「禁止」できない日本 佐川、守るのは加害者のみか
パワハラによる自殺事件が後を絶たない。佐川急便では、パワハラの内部通報があったにもかかわらず、十分な対策が取られなかった。パワハラ防止法が施行されているのに、なぜこのような事件はなくならないのか──?(2021/11/12)

トヨタ販売店、佐川急便でも:
部下を自殺にまで追い込んでしまう「叱責妄信型」上司が犯している3つの過ち
トヨタ販売店や佐川急便など、上司による叱責を苦にして部下が自殺する事件が後を絶たない。こうした背景には、「叱責妄信型」の上司という存在があると筆者は指摘する。なぜ、こうした上司が生まれてしまうのか。そして叱責妄信型上司が犯している3つの過ちとは。(2021/11/10)

「非実在児童ポルノ」めぐる日本共産党の政策紹介ページが議論呼ぶ 「誤った社会的観念を広める」
一定の規制に前向きな内容。(2021/10/18)

愛猫が飼い主の枕の匂いをかいだら…… まさかの“フレーメン反応”にショックを受ける漫画がちょっぴり切ない
泣いた。(2021/10/7)

大東駿介、中学時代のネグレクトで「普通の人じゃなくなった」 自己否定のあまり鏡に何度も「殺すぞ!」
両親については「許せたというか、関心がなくなったに近い」。(2021/10/5)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(15)STEM教育(3):
STEMを取り入れた「夏休みの自由研究」型パッケージ教育のすすめ
今回は、STEMを取り入れた新しい教育を提案します。併せて、プログラミング教育×STEM教育の方程式から導き出せる、「理系日本人補完計画」という壮大な妄想(?)を語ってみます。(2021/9/29)

デジタル庁の有識者会議 伊藤穣一氏もメンバーに
デジタル庁の有識者会議の構成員に、伊藤穣一氏など11人が就任。伊藤氏は「デジタル監」候補だったが、過去の不祥事から就任が見送られていた。(2021/9/8)

Apple、児童ポルノ検知機能追加を延期 プライバシー抗議受け
Appleは、8月に発表した児童の性的虐待対策機能のiCloudとiMessageへの追加を延期すると発表した。ユーザーやプライバシー保護団体からのフィードバックを受けての決定。当初は米国で年内追加の予定だった。(2021/9/4)

ブリトニー、後見人裁判支えてくれた12歳年下の恋人に感謝 「次のスター候補」と超人気映画シリーズへ売り込み
次作とその次も決まっているぞ。(2021/8/26)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(14)STEM教育(2):
“手作りのラズパイ教室”に見るプログラミング教育の縮図
今回は、“手作りのラスパイ教室”を運営するお母さんたちへのインタビューから、プログラミング教育について考えてみます。赤裸々に語っていただいた本音から見えてきたのは、「新しいプログラミング教育の形」でした。(2021/8/23)

「一週間後に車にひかれて死ぬ」 災難を予知して他人に移せる少女と死を予言された少年、2人の選択描いた漫画が刺さる
誰かを身代わりにして災難を逃れられるとしたら?(2021/8/23)

人ではない生き物に変わってしまった姉は「以前と同じ姉」なのか? 凄惨な過去と姉妹の絆を描いた漫画に「尊い」「感動した」の声
非常に古くから伝わる、難しい問題です。(2021/8/21)

山に捨てられていた骨折した子猫を保護、今では…… 同居猫に囲まれ、飼い主のおなかの上で眠る姿に癒やされる
見事な猫団子。(2021/8/21)

物議をかもすiPhone内の“児童ポルノ画像検知”にAppleがFAQ公開 「メッセージは見ない」「他の写真は検知しない」
Appleが児童性的虐待コンテンツ(CSAM)対策として米国でiOS/iPadOS 15から実施すると発表した新機能が物議を醸している。Appleはそれらの懸念に応えるFAQを公開した。(2021/8/10)

デジタル庁事務方トップに伊藤穣一氏を起用か MITメディアラボ元所長、性的虐待疑惑の富豪から資金提供受け辞任の過去も
デジタル庁の事務方トップである「デジタル監」に、実業家の伊藤穣一氏を起用する方向で政府が調整に入ったと、テレビ朝日などが8月5日に報じた。伊藤氏はインターネット関連の実業家として実績を持つが、性的虐待疑惑のあった米富豪からの資金提供を巡り、MITメディアラボの所長などを辞任した経歴も。(2021/8/6)

Apple、児童保護目的でユーザーの「メッセージ」とiCloudの「写真」の画像検出を実施へ
Appleは児童保護の目的でユーザーのコンテンツを検出する機能を追加する。「メッセージ」とiCloudの「写真」が対象。まずは米国で年内に開始する計画だ。(2021/8/6)

「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」レビュー。(2021/7/25)

杉並区、被虐待児の出欠確認アプリをノーコード開発 早期発見に活用
東京都杉並区がノーコード開発ツール「kintone」を活用し、虐待を受けているとみられる児童の保育園や学校における出欠状況を自動集計するアプリを開発した。まずは区立保育園37カ所で導入。私立保育園や学校にも導入を進める。(2021/6/15)

Facebook、トランプ前米大統領のアカウント停止は2023年1月7日までの期限付きに
Facebookは停止中のドナルド・トランプ前米大統領のFacebookページとInstagramアカウントについて、停止期間を無期限ではなく2年間に変更した。「監督委員会」の提言を受けたもの。期限の時点でリスクを再検討する。(2021/6/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。