ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「虐待」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「虐待」に関する情報が集まったページです。

下水道の穴に落ちた犬 保護主の愛情でかみつくほど威嚇→甘えん坊に変化する姿に心があたたまる
表情が全然ちがう!(2020/11/21)

戦慄かなの、NPO法人への出資金に関するうわさを否定 “私的利用の事実は一切ない”
説明文には出資金の用途の他、活動報告が止まっていたことについても記されています。(2020/11/19)

華原朋美、“号泣謝罪”以来のSNS更新 穏やか笑顔ショットに「顔色良いですね!」「朋ちゃんおかえり」と安堵の声
たのしく たのしく やさしくね。(2020/11/10)

「お金と心に余裕がない人は飼わないで」 ペットと暮らす現実を訴えた漫画に共感の声が集まる
「かわいい」だけでは済まない、大切なこと。(2020/10/15)

日本を含む7カ国、エンドツーエンド暗号化コンテンツへの公的接続を可能にするよう要請する国際声明
いわゆるファイブアイズと日本、インドが、IT企業に向けた共同声明を発表した。犯罪捜査のため、エンドツーエンド暗号化(E2EE)コンテンツに法執行機関がアクセスできるようにという要請だ。(2020/10/12)

「真実を語りたい気持ちを押さえるのが大変」 高嶋ちさ子、華原朋美の“謝罪動画”に口閉ざす真意を説明 「時期が来たらお話します」
直接の連絡もあえて取っていないとのこと。(2020/10/7)

「不倫相手と子作りしている」と平気で言ってしまう夫、それでも離婚したくない相談者に加藤諦三の言葉が刺さる 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
夫「オレはどっちも好きだから、どっちとも別れる気はない」。(2020/10/5)

風呂で毎日聞かされる「娘の妄想の話」を図解したイラストが面白い 巨人、リボン紀、人間の洗脳など……壮大なSF設定に
親御さんによる図解イラストが見ていて楽しい!(2020/10/5)

猫が好きじゃなかった男性、1匹の子猫を保護したことをきっかけに600匹以上の猫を救う!
1匹の子猫に人生を変えられた男性の話。(2020/10/5)

3本足の猫・しじみちゃんが脱走――飼い主、どうする……!? 確保したときの様子を描いた漫画にドキドキ
無事にお家に戻りました。(2020/9/24)

「私の勘違い」「虐待ではありません」 華原朋美、高嶋ちさ子に号泣謝罪 尋常でない様子の動画に心配の声やまず
どうしてこうなった。(2020/9/23)

「目が見えない少女」と「言葉が分からないロボット」、傷ついた2人が得たものは……? 心温まる絵本のような漫画
言葉は理解できなくても心があるロボットのおはなし。(2020/9/20)

夫婦生活を拒絶された相談者に今井通子が鋭い一言「テクニックがないまましようとしてるでしょ?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
衝撃のコメントと、さらに衝撃の相談者の返事……!(2020/9/14)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国は空前の猫ブーム。中国ネコノミクスが生んだ、利回り10%の「エア猫投資詐欺」
猫による経済効果は、日本では2016年に2兆円超との試算があったが、中国は空前の猫ブームで、日本よりはるかに大きな中国版ネコノミクスが形成されている。猫SNSや猫ゲーム、デジタルコンテンツ市場に加え、今年8月には大規模な「エア猫投資詐欺」が発生。今回は、この投資詐欺の全貌と背景をお伝えしたい。(2020/9/10)

虐待を受け、殺したいほど憎んでいる母親を介護する相談者「どこかでまだ認めてもらいたいと思っている」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
人の気持ちって、なかなか整理がつかないもの……。(2020/9/7)

「なるべく早い段階で『正しく知っておく』ことはとてもとても重要」 鈴木えみ、早期の性教育に一家言 親子で学べる絵本を紹介
子どもが自分の身を守るために。(2020/8/25)

「こんな目で見つめてくれる猫ちゃんって余りいない」 慈愛に満ちた地域猫ちゃんの表情が優しくてあたたかい
あたたかい気持ちになります。(2020/8/23)

意味がわかると怖い話:「いないはずの男の子」
忘れていたあのころの記憶。(2020/8/16)

IT活用で変化する自治体の今:
児童虐待防止の最前線をつなぐクラウド――京都府南丹市の取り組み
(2020/8/8)

虐待を受けてボロボロになった少年が悪魔との契約で願ったことは―― 漫画「たったひとつの願い」に涙腺崩壊
みんな幸せになれますように。(2020/8/8)

「妻は発達障害なんじゃ?」妻と離婚寸前の相談者、それでもモラハラの自覚がない 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
ちゃんとしたしゃべり方に反して、とにかく的外れな受け答えが印象的。(2020/8/3)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(4)量子コンピュータ(4):
1量子ビットを制御してみよう
本当に難しい話になってきました……。が、めげずに続けます。今回のテーマは「1量子ビットを制御する」です。それに関連して、量子シミュレーションやレーザー冷却方式にも触れたいと思います。(2020/7/31)

コロナ禍でFAX・Excelから脱却 感染者データをクラウドで管理 ITで変わる自治体の今
役所では、紙とファクスを使った情報共有などの文化が根強く残っている。だが、新型コロナウイルスの感染が拡大し、地方自治体にもスピード感ある情報共有が求められるようになった。この状況に対応するため、クラウドを活用する自治体も現れつつある。その活用法はどんなものか。(2020/7/31)

意味がわかると怖い話:「蛇神様の贄」
その村には「蛇神様」がいるという。(2020/7/28)

虐待で前足を失った3本足の猫「しじみちゃん」 飼い主との愛あふれる日常漫画に心あたたまる
相思相愛です。(2020/7/15)

映画「MOTHER マザー」レビュー 長澤まさみが共感度ゼロな毒親になる、もはや実写版『連ちゃんパパ』な暗黒映画
「MOTHER マザー」は長澤まさみが共感度ゼロの毒親になってしまう、もはや実写版連ちゃんパパと呼んでも差し支えない“暗黒映画”だった。(2020/7/4)

スピン経済の歩き方:
なぜ「NiziU」は注目されているのか 背後に世界的プロデューサーの話術
9人組ガールズグループ「NiziU」(ニジュー)が人気を集めそうだ。ソニーミュージックとJYP Entertainmentによるオーディションプロジェクトで誕生したグループだが、筆者の窪田氏は世界的プロヂューサーのJ.Y. Parkに注目している。どういうことかというと……。(2020/6/30)

「いつ虐待で通報されるか冷や冷や」 第1子出産の八田亜矢子、沐浴中の“ギャン泣き”に不安募らせる
全身全霊のギャン泣き。(2020/6/28)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(3)量子コンピュータ(3):
量子ビットを初期化する 〜さあ、0猫と1猫を動かそう
今回のテーマはとにかく難しく、調査と勉強に明け暮れ、不眠に悩み、ついにはブロッホ球が夢に出てくるというありさまです。ですが、とにかく、量子コンピュータの計算を理解するための1歩を踏み出してみましょう。まずは、どんな計算をするにも避けて通れない、「量子ビットの初期化」を見ていきましょう。(2020/6/23)

人権を尊重しつつ個人情報を収集するには:
「新型コロナ接触確認アプリ」検討会委員が語るデータ利活用の概念、APPAとは
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止につながることが期待される「接触確認アプリ」。その有識者検討会に委員として参加する世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターの藤田卓仙氏が、アプリの要件や今後、社会的合意形成を進ませる、APPAという概念を紹介した。(2020/6/16)

AIで児童虐待を予測するシステム 自治体や相談所の早期対応を支援
AI開発のFRONTEOが、寄せられた相談を基に、AIが児童虐待の予兆を検知するシステムの提供を始めると発表した。早期に適切な相談対応を取れるよう支援する。(2020/6/12)

IT活用で変化する自治体の今:
行政にアジャイルなITプロジェクトは実現可能か? 市川市・高山市の「窓口改革」から学ぶポイント
連載第3回となる本稿では、自治体の主要業務でもある「窓口業務」「行政手続」の改革に、内製の手法で取り組んでいる事例を紹介したい。(2020/6/12)

男性ベビーシッターの一律活動停止に批判の声 ベビーシッター手配サービス「キッズライン」、性犯罪への対応に波紋
キッズラインは内閣府の割引券取扱事業者でもありました。(2020/6/5)

逆境の最中、斬新な試み:
このままでは潰れる! 小規模ホテルが挑む「シェルター事業」とは
新型コロナの感染拡大を受けて、ホテル業界が苦戦している。そんな中で、斬新な取り組みをしている会社がある。株式会社CHILLNNだ。同社が始めた、自宅にいることが安全でない人々に向けた「ホテルシェルター」とは……?(2020/5/29)

非常事態が問うもの:
コロナ禍で露呈 あなたは「人間性を疑う」上司やパートナーと居続けるべきか
コロナ禍で社会を見る目が根本的に変化。中でも筆者は人間関係の問題が暴かれたと指摘。コロナ後も「人間性を疑う」レベルの上司や伴侶とあなたはつるむのか?(2020/5/21)

虐待で前足を失った3本足のネコ 迎え入れた家族と人懐っこいネコの出会いを描いた漫画が温かい
ステキな家族ができてよかった。(2020/5/12)

auじぶん銀行、子ども虐待防止へ1000万円を寄付 au PAYチャージ額などに応じた寄付も
auじぶん銀行は、児童虐待防止全国ネットワークが行う「新型コロナウイルス感染症対策下における子ども虐待防止のための支援強化策」へ1000万円を寄付。さらに、6月30日までauじぶん銀行での取引金額に応じた寄付も行う。(2020/4/30)

新型コロナで増えるDV被害 一律10万円の給付金「世帯主一括受給」の問題点と、「もしかしてDV?」の相談窓口まとめ
「これDVかな……」と思ったらすぐに相談を。(2020/4/21)

「一緒に旅行しませんか」 旅先で知らない女性に声をかけられ―― “逆ナン”から始まる漫画に引き込まれる
(2020/4/18)

感染リスクで家に帰りづらい人と防護服完備の空きホテルをマッチング 京都のスタートアップが開発
新型コロナの影響で宿泊客が減っているホテルと、感染リスクが高い仕事に従事していて自宅に帰りづらい人のマッチングサービス開発を京都のスタートアップが始めた。(2020/4/16)

「お袋の貯金は兄妹で分ければいいよな?」借金1億円を母親に肩代わりさせた兄の発言に相談者激怒「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「遺留分」の強さよ……。(2020/4/13)

「養育費を減らされると思っているのでは?」再婚を報告しない元妻を疑う相談者に飛ぶ厳しすぎるアドバイス 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
さすがに厳しすぎるのでは……!?(2020/4/6)

DV被害者支援団体、新型コロナの影響で児童虐待やDVの悪化懸念 国に対策を求める
夫の在宅ワークで暴力やモラハラが発生したケースも。(2020/3/31)

先回りしすぎな相談者のマリッジブルー。生まれていない子どもの転校や、まだ元気な親の介護に心配募らす 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
ちょっと先回りしすぎかも!?(2020/3/30)

摂食障害に生活保護、その上、知人に1000万円を使い込まれた相談者。原因は家庭環境!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
そもそもどうして金庫を預けていたのか!?(2020/3/23)

「命に関わる児童虐待」AIで早期発見 児童相談の記録から解析 FRONTEOと練馬区が実験
AIベンチャーのFRONTEOと東京都練馬区が、AIを活用した児童虐待を早期発見するシステムの実用化に向けた実証実験を4月から行う。(2020/3/17)

定年退職後、生活費を妻に渡さず好き勝手に金を使うDV夫「早くしないと退職金なくなっちゃうから!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「は、はやく逃げて……」と言いたくなる相談。(2020/3/16)

母親から虐待を受け続けてきた相談者が訴える「母は人をふたり殺しているんです」!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
先週は「スペシャル・毒母〜娘と母の物語」特集。(2020/3/9)

娘の夜泣きでボロボロのママ 逃げるように入った喫茶店の思い出を描いた漫画に「泣いた」「誰かが作ったごはんって幸せ」
ちょっとした言葉で救われる。(2020/3/7)

あなたの組織はどのパターン?:
「残業=絶対悪」なのか 良い残業、悪い残業 それぞれを生み出す組織の4パターン
「残業好き」の記事を書いた筆者。反響は大きかったが、そのほとんどはネガティブなものだったという。果たして「残業=絶対悪」なのか? 良い残業というものは存在するのか? 組織のパターンごとに分析する。(2020/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。