ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マンダム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マンダム」に関する情報が集まったページです。

「Matsukiyo Ads」もスタート:
マツモトキヨシのデジタル戦略、オムニチャネルを加速し広告の世界をも変える
マツモトキヨシが生み出すデータが同社のビジネスのみならず、取引先であるメーカーのブランディング施策にまで貢献し始めている。同社が実践する最先端の取り組みについて幹部が語った。(2019/10/28)

今日のリサーチ:
出会う前に相手のプロフィールをSNSで確認、20代の6割が恋愛における「第0印象」を重視――マンダム調べ
20代の独身男女441人を対象にした調査で、実際に会う前の写真や動画での「第0印象」が「重要だと思う」とした人はほぼ8割でした。(2019/5/29)

ギャッツビーが“脇の臭い”擬人化アニメ「ワッキーセブン」公開 テーマソングにオーイシマサヨシ
「スパイス=シュウ」とか 「カビ=シュウ 」とかキャラ名のセンス。(2019/4/25)

PR:あなたのイメージは会う前から決まっている!? 就活のカギは「第0印象」! 内定をゲットするための身だしなみ術に迫る
20代男子の55%が写真を加工する時代、写真の加工にNGを出す採用担当者は86.9%。(2019/3/14)

メカ設計ニュース:
人間工学に基づいた使いやすい制汗デオドラント剤の容器を共同開発
パナソニックとマンダムは、マンダムが発売する「制汗デオドラント剤ロールオン」の容器を共同で開発した。使用シーンや使用行動などにおけるマンダムの知見と、人間工学などのパナソニックの知見を融合させた。(2019/3/1)

イノベーター列伝:
躍進の秘訣は7年越しのブランド愛――マンダム 陳 佩蓉氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2018/12/27)

今日のリサーチ:
平成世代の約7割が「他者の視線にストレスを感じたことがある」――マンダム調べ
マンダムは「視線耐性とデジタルコミュニケーションに関する調査」を実施しました。(2018/10/30)

ギャツビー、「鬼太郎」の「ぬりかべ」をスキンケアでイケメンに→少女漫画の世界に放り込む狂気の宣伝
“圧”も強くなってる気がする。(2018/10/26)

LINEなどデジタルコミュニケーションが影響?:
他人の視線が「怖い」ーー平成生まれの7割が視線にストレス
恋人と別れ話をするにもLINEを使う平成世代。デジタルコミュニケーション全盛の昨今だが、その反面で「人の目が怖い」と思う人も増加しているようだ。(2018/10/3)

今日のリサーチ:
平成男子の約6割がSNSに載せる自身の顔写真を「加工」――マンダム調べ
マンダムは、出会いとデジタルコミュニケーションに関する調査を実施しました。(2018/10/3)

PR:ネットで知り合った異性とリアルで会うのはもう常識! 「“視線耐性”座談会」でわかった若者世代の本音
女性が初対面で見ているのは○○だった! スマホ世代の実態と、低下する「視線耐性」を強くする方法とは?(2018/9/21)

「ガチ」の人はかっこいい:
「今どきの若者はやる気がない」大人の4割 若者の6割はこれに反発
大人世代の4割が「今の若者はやる気がない」と思っているのに対し、6割の若者はこれに賛同していない──こんな意識のズレが、男性向けコスメブランド「ギャツビー」を展開するマンダムが実施した意識調査で浮かび上がった。(2018/6/15)

スピン経済の歩き方:
体臭ビジネスが盛り上がると日本人がおかしくなるのは本当か
臭いで周囲を不快にさせてしまう「スメルハラスメント」への関心が高まり、「体臭ビジネス」が盛り上がっている。しかし、「不快な臭い」が全て排除される環境には危険性もあるのではないか。なぜかというと……。(2017/9/26)

「キメるときはこれだな」 GACKT、久々のオールバックにファン「CM出るのかと思った」
CMとかきそう。(2017/9/25)

「蓄膿だからかな?」 指原莉乃、ファンの“体臭問題”に見解「ほぼない」
誰も傷つかない優しい世界。(2017/8/30)

SKE48松村香織の“ファン体臭問題”直訴に「マンダム」が出陣 「かおたん効果スゴい」
広がるもんだなあ。(2017/8/28)

週刊「調査のチカラ」:
「インサイト」が全て――生活者の本音を探ってみると
社会問題への関心から40代ミドル男性の身だしなみに対する意識まで、調査データから最近の生活者心理を探ります。(2017/3/18)

スピン経済の歩き方:
「ワキ汗」ビジネスがこの1〜2年で拡大している秘密
ここ数年、制汗剤市場が拡大している。その中でも「ワキ汗」のカテゴリーが一気に拡大しそうな気配である。「そんなのオレには関係ないよ」「興味ないなあ」と思われた男性も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「対岸の火事ではない」と指摘する。その理由は……。(2016/7/12)

40代の男性が人から言われて最も傷つく言葉は?
40代の男性が人から言われて最も傷つく言葉は内面よりも、外見に関すること?(2016/6/1)

クックロビン音頭の準備はいいか! 「パタリロ!」が7枚組DVD-BOXで登場
80年代の名作が再び! これは「翔んで埼玉」アニメ化機運の高まりっ……!(2016/4/11)

「パタリロ!」「翔んで埼玉」でおなじみ! 魔夜峰央、若さゆえのあやまち自選集「う〜ん、マンダム。」発売
デビューから30年以上たつ今も色あせない、読者の心を揺り動かす作品ばかりです。(2016/3/29)

加齢による口臭! 改善のポイントは○○な食事
臭いは年齢を重ねるほど増すといわれていますが、中でも加齢による口臭はどのように予防すればいいのでしょうか?(2016/2/8)

車内でフルメイクから着替えまでできる「ピンクのBifesTAXI(ビフェスタクシー)」運行決定
パーティーの前に便利そう!(2014/11/4)

クールビズシーズンの「スメハラ」に注意 6割が「ニオイが気になって仕事に集中できない」
職場の身だしなみで「どうにかして欲しいこと」1位は“体臭”とのこと。(2014/6/3)

視点:
多極化する世界市場で勝てるブランドをつくる
なぜ日本企業は世界で勝てるブランドを確立できていないのだろうか。かつての「成功モデル」から脱し切れていないことがある。グローバルで勝つ7つの処方箋とは。(2013/8/19)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
マーケティングの工夫が成功の鍵 食品メーカー
「日本の食べ物は美味しい」日本人ばかりでなく、海外から日本に訪れた外国人の多くが共通に持つ日本での感想である。しかし、日本の食品メーカーの海外売上高比率は決して高くない。(2012/12/3)

20代の間で、“ロールキャベツ女子”が増えている?
自分は肉食系だと思いますか、それとも草食系だと思いますか? 20代の女性に聞いたところ「肉食系(どちらかというとを含む)」と答えた人が32.9%に対し、「草食系(どちらかというとを含む)」は43.5%であることが分かった。マンダム調べ。(2011/10/5)

それゆけ! カナモリさん:
マンダムVS. 資生堂 スタイリング剤ガチンコ勝負はどこへ行く?
キムタクが出演するマンダム「GATSBY」の新CMが9月20日にオンエアされ、資生堂「uno」も8月27日から新CMシリーズを開始している。宿命のライバルが壮絶な火花を散らしているのだ。(2010/10/6)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(前編)
大前研一氏に強い日本企業をつくる上でのヒントを聞く。中国など新興発展諸国の登場でグローバル展開が新たな局面を迎える中、日本企業は大いなる覚悟で進む必要がありそうだ。アンビション(野心、大志)の欠落が危険だと大前氏は指摘する。(2009/11/9)

「失恋休暇」を取ってみたい:
2008年は福利厚生で社員のやる気を引き出す
珍しい福利厚生制度で社員のやる気を引き出すIT企業が増えてきた。2008年は士気を高めることで競争力アップを図ろうとする企業がさらに増えると見込まれる。各社のユニークな「サービス」を取材した。(2007/12/22)

D2C、モバイルマーケティングセミナーと第6回モバイル広告大賞贈賞式を開催
(2007/7/5)

“ギャツビー”をカッコよく演出するリミックスコンテスト、7月2日に開始
(2007/6/15)

D2C、「第6回モバイル広告大賞」の受賞企業を発表
(2007/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。