ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「資材」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「資材」に関する情報が集まったページです。

“令和オイルショック”か 原油、ガソリン価格高騰 納豆メーカーやクリーニング店も悲鳴
 令和のオイルショックは来るのか。原油価格が年初から約7割も上昇し、7年ぶりの高値水準となった。これに伴いガソリン価格も値上がりが続いているが、納豆メーカーやクリーニング店など生活に密着した事業者も対応に苦慮している。(2021/10/21)

凸版印刷 ZETag、ZETagDRIVE:
遠距離通信が可能な資材管理向けアクティブタグ
凸版印刷は、遠距離通信が可能な資材管理向けアクティブタグ「ZETag」と、100万個以上のZETagの位置情報を管理できるクラウド型システムプラットフォーム「ZETagDRIVE」を発表した。物流における資材管理業務の効率化を支援する。(2021/10/20)

FAニュース:
ファイバーレーザー発振器搭載の3次元レーザー加工機、鋼材加工の生産性向上
ヤマザキマザックは、ファイバーレーザー発振器を採用した3次元レーザー加工機「FG-220」の販売を開始した。鋼材加工の生産性を向上するとともに、省エネ化に貢献する。(2021/10/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
列車が来なくとも、「駅」は街のシンボルであり続ける
京阪電鉄中之島線「なにわ橋駅」のコンコースに「アートエリアB1」という、産・学・NPOによる協創コミュニティーがある。ここで11月20日から22年2月27日に「鉄道芸術祭」が開催される。鉄道芸術祭のプレイベントで、筆者が鉄道芸術祭に参加するアーティストに向けて話した、駅の面白さを紹介する。(2021/10/17)

貧困農業国支援に向け:
樹液発電センサーでスマート農業を、立命館らが実証実験
立命館大学とDegas、エイブリック、浅井農園は2021年10月13日、樹液発電を用いたワイヤレス植物モニタリングセンサーシステムの実証実験を行うと発表した。無電源農地が多いガーナなどの貧困農業国において持続可能な農業を実現することを目指しており、実証実験は、同国の季候に近い沖縄県宮古島市で行う。(2021/10/14)

リノベ:
築年数50年の建物でブレースの使用や建て替えを行わずに耐震補強を実現
三井不動産は、2016年に青木茂建築工房と業務提携契約を締結して以降、建て替えと比較した工期の短さや新築時と比較して90%以上の賃料を取れる点などをPRポイントとし、青木茂建築工房が独自開発した耐震補強手法「リファイニング建築」を既築マンション向けに展開している。(2021/10/13)

“売れる商品リスト”入り 「メルカリ入門キット」セブン-イレブンで発売
メルカリの始め方を解説したテキストとクッション封筒などをセットにした「メルカリ入門キット」がセブンで発売。198円。(2021/10/11)

視点:
建設DX有力スタートアップ破綻からの示唆――旧来型産業DXのワナとカギ
ゼネコンなど旧来型の建設プレイヤーだけでなく、新たなビジネスモデルを打ち立てる異業種企業やスタートアップも、この領域で活発な動きを示している。まさに建設業は大変革期に突入し始めているといえよう。(2021/10/11)

産業用ネットワーク技術解説:
産業向けで導入進む「HD-PLC」、通信の困りごとを解決する“第3の道”を目指す
パナソニックは電力線を通信線として利用する「HD-PLC」技術を利用した事業の拡大を進めている。HD-PLC事業の取り組みについて紹介する。(2021/10/7)

無人搬送車:
日立のAGV「Racrew」が躍進、サントリー最新工場の自動化も担う
製造業や物流業を中心に需要が高まるAGV(無人搬送車)。日立はこのAGV市場で2014年から「Racrew」を展開。サントリーグループのサントリー<天然水のビール工場>京都とサントリー天然水 北アルプス信濃の森工場の2工場が、このRacrewを採用して自動化を推進している。(2021/10/6)

もっと大きなことをしたい 独自性は堅持する――FCCL大隈社長インタビュー
2021年4月、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の社長が交代した。FCCLの発足以来社長を務めてきた齋藤邦彰氏からバトンを受け継いだのは、Lenovo出身の大隈健史氏だ。PC USERでは、大隈社長にインタビューする機会を得た。その模様をお伝えする。(2021/10/5)

PR:衛星通信で変わるIoTの未来 低コストで企業のIoT活用を加速させるGlobalstar
(2021/10/5)

ヤフーがヤマト運輸と「梱包せずに商品を発送できる」実証実験 「ヤフネコ!パック」で
ヤフーが提供する「ヤフオク!」や「PayPayフリマ」で利用できるヤマト運輸の匿名配送サービス「ヤフネコ!パック」で、ヤマト運輸が梱包を代行する実験を始めた。東京の6拠点が対象で、ユーザーは商品をそのままPUDOステーションや宅急便センターに持ち込んで発送できる。(2021/10/1)

商品持ち込むだけでヤマトが梱包代行 「ヤフオク!」「PayPayフリマ」で実証実験、都内6カ所で
ヤフーは、「ヤフオク!」と「PayPayフリマ」で商品の梱包代行サービスの実証実験を始めると発表した。ヤマト運輸の都内6拠点で受け付ける。(2021/9/30)

作業時間7割減 ロボットで変わるブドウ農園
草刈り、農薬散布、運搬、全てリモコンひとつで。ブドウ栽培が盛んな大阪府太子町で、農作業へのロボット導入や機械化が進んでいる。山の斜面を利用した農園では一年中、重労働を強いられるが、導入により作業時間の7割削減という効果も表れた。(2021/9/30)

オンプレミスERPでは不可能
オンプレミスERPからクラウドERPへの移行を決断させた「破滅的な危機」
サプライチェーンサービスプロバイダーのVallen Asiaは、ある大型契約を受注したことで重大な危機を経験した。これを契機に、同社はクラウドERPへの移行を決断した。(2021/9/30)

作業時間7割減 ロボットで変わるブドウ農園
草刈り、農薬散布、運搬、全てリモコン一つで。ブドウ栽培が盛んな大阪府太子町で、農作業へのロボット導入や機械化が進んでいる。山の斜面を利用した農園では一年中、重労働を強いられるが、導入により作業時間の7割削減という効果も表れた。国もロボットやAIを活用したスマート農業の導入を進める中、太子町の取り組みも注目を集めている。(2021/9/29)

導入事例:
手ぶらで現場に来ても次世代の施工管理が実現する分電盤デバイス、清水建設が“未来のヒルズ”新築工事に導入
清水建設は、2023年3月の竣工時に日本一の高さとなる虎ノ門・麻布台プロジェクトのA街区新築工事で、施工管理を効率化する分電盤タイプのデジタルデバイスを計127台導入し、施工管理の効率化をはじめ、超・超高層エリアでのWi-Fi網構築による自動搬送ロボットの自律運行や現場動画の送受信などに役立てている。(2021/9/27)

COVID-19:
建設業へのコロナの影響を調査、最も深刻な時は減収企業率が84.6%に
東京商工リサーチは、建設会社などを対象に、2020年2月〜2021年3月にわたり新型コロナウイルス感染症の影響について調査した。リサーチの結果によれば、前年の同じ月と比べて売上高が減少した「減収企業率」は、緊急事態宣言下の2020年5月が最も深刻で84.6%の建設会社が減収となり、収益が半減した会社は33.0%に達した。(2021/9/27)

ワークマン、空気で保温するエコ防寒着「ポンプウェア」に新製品投入 2900円から
同社は地球温暖化対策のため、地球環境への負荷が少ない事業モデルと製品開発を強化する。(2021/9/22)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第47回):
部屋の二酸化炭素濃度を測定しよう ラズパイでCO2センサーを作る
ラズパイを使ってCO2を計測し、部屋の換気をする目安にしてみましょう。(2021/9/18)

GIS:
「PLATEAU」が新たな実証4件を開始、デジタルツインで自動運転や工事車両シミュレーションなど諸課題を解決
国土交通省が進めているフィジカル空間の都市をサイバー空間に3次元で再現する都市空間情報プラットフォーム「Project PLATEAU」は、2021年度の新たな実証実験として、社会的要請も高い自動運転やカーボンニュートラルの新テーマに加え、エリアマネジメントの可視化や工事車両の搬入経路シミュレーターといった合計4件のプロジェクトを選定した。(2021/9/18)

相次ぐ:
原料値上げ、PB価格悩むスーパー
国内の食品メーカーは、食用油や小麦粉といった食品価格の値上げを相次いで値上げを発表した。原料費の高騰のほか、物流費や資材費が上昇しているためだ。一方、消費者により近い小売り企業には……。(2021/9/16)

ICT:
飛島建設とJCBが協業、「e-Stand」で資材通販の各業者への支払いを一本化
飛島建設とジェーシービーは、建設現場の統合プラットフォーム「e-Stand」を用いた協業を開始した。今後は、e-Standを利用する事業者に対して、JCBが法人向けパーチェシングカードを発行することで、資材購入に関する業者への支払いを一本化し、精算業務の効率化を目指す。(2021/9/16)

Go AbekawaのGo Global!〜崔 国編(後):
カインズのCTOに、俺はなる!
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もカインズの崔国(サイ・コク)氏にお話を伺う。英語も覚えたいし、MBAも取りたい。やりたいことが止まらない崔氏は次に何を望むのか。(2021/9/29)

ガシャポン、空のカプセルを回収しリサイクルへ 業界初「リサイクルエコカプセル」を市場投入
年間400万個相当の空カプセルを回収し再資源化する。(2021/9/11)

プロジェクト:
延べ約2.7万m2のBTS型物流施設が福岡県小郡市で着工、プロロジス
プロロジスは、福岡県小郡市で2022年6月末の竣工に向け、BTS型物流施設「プロロジスパーク小郡」の開発を進めている。プロロジスパーク小郡は竣工後、日本ロジテムのグループ会社である福岡ロジテムの専用施設となる予定だ。(2021/9/14)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(8):
厳格な「棚卸し」は経営改善につながり、工程管理に現場監督者の活躍は欠かせない
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第8回は、まず「棚卸し」についての説明を行った後、連載の締めくくりとして、工程管理における現場監督者の役割と活躍の重要性について解説する。(2021/9/9)

EE Times Japan/EDN Japan/MONOist読者調査:
半導体・部品の供給不足、値上げと納期遅延が深刻に
EE Times Japan、EDN Japan、MONOistのアイティメディア製造業向け3媒体は「第2回 半導体・電子部品の供給状況に関するアンケート」を実施した。調査期間は2021年7月29日〜8月16日で、有効回答数は327件。(2021/8/30)

プラ製品削減を義務化 12品目、有料化などで
環境、経済産業両省は23日の有識者会議で、ストローやスプーン、ヘアブラシなど使い捨てプラスチック製品12品目を多量に提供する事業者に対し、使用削減を義務付ける方針を示した。有料化のほか、受け取り辞退者にポイント還元を行って利用しないよう促したり、再生素材に転換したりといった、具体的な取り組みの実行を求める。コンビニエンスストア各社などは今後、具体策の立案を進める。(2021/8/24)

駄菓子「ビンラムネ」が復活! アニメ「だがしかし」でも話題になった粉末ラムネをストローで吸うお菓子
待望の復活です。(2021/8/22)

30以上の専門店が出店:
ビバホーム、大阪府堺市に大型商業施設「ビバモール美原南インター」を開業
ビバホームは9月4日、大阪府堺市に「ビバモール美原南インター」第1期をオープンする。「生活に密着した新しい商店街」をコンセプトに、ホームセンター「スーパービバホーム」やペットショップ、薬局、飲食店など30を超える専門店で構成する。(2021/8/22)

日米限定販売:
Googleがお手頃5Gスマホ「Pixel 5a (5G)」を8月26日発売 防水・防じん対応で直販価格は5万1700円
Googleが、手頃な価格のミドルレンジスマートフォン「Pixel 5a (5G)」を発売する。基本スペックは「Pixel 4a (5G)」とほぼ同等だが、画面の大型化、防水・防塵(じん)対応、バッテリー容量の向上など改良を加えつつも直販価格を8800円引きとした。Googleによる直販の他、ソフトバンクでも販売される。(2021/8/18)

モノづくり最前線レポート:
DXは「Why」から始めよ、購買調達プロセスの改革成否を握るポイント
購買/調達部門向けのクラウド型見積もりサービス「RFQクラウド」を展開するA1Aは2021年8月5日、購買調達のDX推進におけるポイントなどを紹介するセミナーを開催した。(2021/8/16)

vsCOVID-19:
建設業界がデジタル技術で新型コロナを克服するための道筋、IDC Japanの独自レポート調査から
新型コロナウイルス感染症の拡大により、建設業界でも事業環境が悪化し、いまだに脱出の糸口を見つけ出そうと模索する企業は少なくない。その一方、コロナ禍の副産物として、これまでなかなか浸透しなかったBIMや現場管理ツールなどといった業務効率化をもたらすDXが急速に普及しつつある。こうした国内の建築/建設業を取り巻く環境が様変わりするなかで、オートデスクと市場調査会社のIDC Japanは、コロナ禍で苦境に立たされた建設業が業績回復までに至る道筋を示したウェビナーを開催。IDC Japanの独自調査から浮かび上がってきたCOVID-19を克服するためのキーワードとオートデスクが提供するクラウドソリューションの有効性を説き、いかにしてネクストノーマルに備えるべきかを提言した。(2021/8/11)

小寺信良のIT大作戦:
故郷が「帰ってくるな」という夏休み、「バーチャル帰省」はアリ?
「帰ってこいよ」ではなく「帰ってくるな」と故郷は言う。ではどうすればよいか。(2021/8/10)

製造IT導入事例:
AIによる豆腐の自動検品システムを開発、導入
日本IBMは、四国化工機が導入した豆腐の割れや欠けなどを自動判定するAIラインピッキングシステム「STI-ALPS」の開発を支援したと発表した。2021年6月から稼働を開始している。(2021/8/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
半導体不足や部材高騰、物流停滞など、製造業を襲う“不透明感”の嵐
半導体だけではなく樹脂や銅、木材なども不足が深刻化しています。(2021/8/5)

製造マネジメントニュース:
トヨタの営業利益率はコロナ禍でも12.6%、ホンダは販売減を体質強化でカバー
トヨタ自動車とホンダは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の連結業績を発表した。トヨタ自動車は販売台数がコロナ禍前の2019年4〜6月期の水準まで回復。営業利益は4〜6月期としては過去最高を達成した。ホンダも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた前年から販売、業績ともに回復を見せた。(2021/8/5)

製造マネジメントニュース:
パナソニック1Q決算、13年ぶりの好結果も半導体不足や物流停滞で通期は慎重姿勢
パナソニックは2021年7月29日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の連結業績を発表した。営業利益はリーマンショック以前の2009年3月期(2008年度)第1四半期以来の1000億円を超え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を色濃く受けた前年度同期からの回復ぶりを示した。(2021/7/30)

もうIT機器調達でミスらない:
PR:経験不足のIT担当者でも望み通りのサーバが手に入るオンラインストア、その秘密を探る
IT機器を新規調達する際には、自組織の運用スタイルとビジネス、技術要件などを照らし合わせて組織にフィットするものを選定しなければならない。しかし、それには経験とノウハウが必要だ。(2021/7/29)

圧倒的な配送スピードと抜群の成長スピード:
PR:桁違いの量と段違いのスピードを支える、AmazonのOpsTech ITの業務とは
Amazonの迅速な配送を確実に実現するために、エンジニアたちは日々奮闘している。ときにはほこりまみれになりながら!(2021/7/28)

「PayPay」ミニアプリからPCR検査キットを購入可能に
「PayPay」のミニアプリから、ヘルスケアテクノロジーズが販売する新型コロナウイルス感染症の唾液PCR検査キット「PCR検査キット」が購入可能に。ヘルスケアアプリ「HELPO」で結果を確認できる。(2021/7/27)

Japan Drone2021:
林野庁のドローン活用事例、森林面積の計測・災害対応・資材運搬を効率化
林野庁では、森林保有者への補助事業で、2020年4月に従来の規定を改訂し、森の位置図と施業図の作成や現地写真の取得、現地の調査でドローンを使えるようにして業務を効率化した。(2021/7/27)

製品動向:
BuildeeとLINE WORKSが連携、LINEのチャット機能追加の効果を大成建設らが解説
建設現場向けの施工管理サービス「Buildee」を提供するイーリバースドットコムと仕事用のLINEとして知られる「LINE WORKS」を展開するワークスモバイルジャパンが協業を開始した。今回の協業で、BuildeeとLINE WORKSが連携し、BuildeeからLINE WORKSのチャットが使えるようになる。(2021/7/27)

狙われる日本の技術 民生品が軍用ドローンへ
ドローンなどの部品に転用できる電子部品を国の許可を得ず中国企業に輸出しようとしたとして、電子機器製造会社が外為法違反の疑いで警視庁に摘発された。輸出されたモーターは民生品として幅広く製造・使用されてきたものだが、実際に中東で軍事転用されていた形跡も確認されている。(2021/7/26)

今日のリサーチ:
B2Bサイトのコンテンツコミュニケーション力ランキング第1位は「村田製作所」――トライベック調査
自社のオウンドメディアを通じて顧客の購入検討に有益なコンテンツを豊富で魅力的に提供している企業が上位に入りました。(2021/7/20)

物流のスマート化:
ZMPが3種の走行方式を複合化した「Hybrid SLAM」対応AGVを量産化
ZMPは2021年7月15日、複合的な走行方式機能「Hybrid SLAM」に対応した物流支援ロボット「CarriRo」の量産版モデル受注を開始したことを発表した。(2021/7/20)

スマホアクセサリー購入ガイド:
ハードに使っても大丈夫? 耐衝撃性ケースの選び方とオススメ製品
スマートフォンを使う上で欠かせないのが、万が一落下したときのための対策だ。「耐衝撃」をうたうケースは数あるものの、実用に耐える製品の基準は「MIL規格」に準拠しているかどうかだと考える。複数のメーカーから5つのブランドを厳選して紹介しよう。(2021/7/18)

不正取引の検出は人工知能にお任せ
コロナ支援金も標的に? 「EC詐欺」のひど過ぎる手口
新型コロナウイルス感染症拡大を受けてECが活性化している一方、ECの盲点を突いた詐欺行為も目立っている。どのような手口があるのか。身を守るための対策は。(2021/7/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。