ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「健康診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「健康診断」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

光上せあら、長女の1歳バースデーを報告 「あなたの存在がママの生きたい理由」「愛してるを何度伝えても足りない」
深い愛を語った光上さん。(2021/9/24)

がん闘病の桑野信義、スマートな姿でテレビ復帰 “痩せた”の指摘には「元に戻ったんだよ!」
健康的に見える。(2021/9/21)

SpaceX、初の民間人宇宙旅行Inspiration4 無事地球に帰還
民間人だけでは初の宇宙旅行「Inpiration4」の4人が無事に地球に帰還した。9月15日に打ち上げられた宇宙船「Crew Dragon」は3日間の軌道周回後、18日午後7時6分にケネディスペースセンター沖に着水した。(2021/9/19)

「総務」から会社を変える:
社員の「心」と「体」をどう守る 総務が考えるべき「健康経営」のカギ
昨今話題の「健康経営」だが、コロナ禍で社員の健康に危機が迫っている。果たして、総務としてどうすればいいのか。(2021/9/17)

ミュージックビデオで市職員募集 切り札は「ヘヴィメタ」と「ジョジョ」
街の危機を救ったのは、ヘヴィメタルと「ジョジョ」だった。滋賀県北東部に位置する長浜市では、市職員の採用試験受験者が年々減少し、2019年度はわずか75人に落ち込んだ。優秀な若者の注目をどう集めるか、職員が考えた末の結論は「目立たないと意味がない」。全国初の「ヘヴィメタルと漫画で職員募集」に乗り出し、見事受験者数はV字回復。その軌跡とは。(2021/9/13)

でんぱ組・古川未鈴、息子のお宮参りに行けず写真スタジオへ プロの撮影に驚き「手慣れすぎていてすごかった、、!」
撮影されているかわいらしい息子の様子も公開。(2021/9/12)

おへそを診察中の赤ちゃんコーギー “バンザイ”ポーズが「お腹に顔を埋めたい」「かわいいポンポン」と話題に
ポンポンおなかがたまらない……!(2021/9/9)

ちょっとした設定ミスが不正アクセスのターゲットに:
PR:クラウドのセキュリティ診断で本番環境、開発環境の脆弱性を洗い出し、安全な活用を支援
テレワークの広がりとともに、場所を問わずに利用できるクラウドサービスの活用が一段と加速した。ただその際、ちょっとしたミスや油断で、本来公開すべきではない情報が公開され、不正アクセスを受けてしまう事件が増えている。これを防ぐには、専門的な知見やツールを生かした脆弱性診断が有効だ。(2021/9/9)

看護師さんの優しい対応につい甘えちゃう……! 健康診断中に幼児退行しかける漫画に共感
心は子ども、肉体は年相応。(2021/9/6)

餅田コシヒカリ、体重100キロ到達で“ガチダイエット”決意 体脂肪率43%の健康体で「何か1個やり切りたい」
餅田さん「痩せた先も自分は自分」(2021/9/3)

第1子妊娠中の舟山久美子、臨月のおなかの中を動く“胎動ちゃん”へ「ウニョウニョって動き方に人を感じます」
おなかの中で問題なくすくすく育ってるそうです。(2021/8/31)

世界初:
水害被害を“リモート”で推測 小型衛星で日本進出したフィンランド「ICEYE」の可能性
8月は豪雨による被害が多かったが、現地の被害状況把握に役立てられている新技術がある。フィンランドを拠点とする宇宙ベンチャー「ICEYE」は、自社で開発した小型人工衛星により地表を撮影、そのデータをもとにタイムリーな被害推定データを保険会社に提供している。(2021/8/30)

【がんに気付くまで】いつもよりツラい生理「気が付くと床に倒れていました」 “生理中の失神”で子宮体がんが発覚した……というお話
3年前にがんが見つかって治療→現在は普通に仕事、生活しているという方の体験談。(2021/9/21)

保険の査定業務を「最短3分」で完了 エヌエヌ生命が推進するインシュアテックの中身
DataRobotは、エヌエヌ生命保険に対して、AIを活用した、人手を介さない査定業務の導入支援を開始した。従来、人の手によって実施していた査定業務にAIを導入し、大幅な業務効率化と手続きの迅速化を図る。(2021/8/23)

医療技術ニュース:
将来の認知症発症リスクを高精度に予測するツールを開発
九州大学は「久山町研究」の追跡調査の成績を用いて、10年後の認知症発症リスクを予測するためのツールを開発した。健康診断で測定可能な因子と喫煙習慣や日中の活動量、生活習慣病などから、10年後の認知症発症確率を高い精度で予測できる。(2021/8/23)

木下ほうか、かわいすぎる謎の原付「チャピィ」を入手 ボロボロ旧車、これホントに動くの……?
子犬のようなかわいいバイク〜。(2021/8/22)

「心の体重は順調に増え」 杉山愛、娘の1カ月健診を報告 腹や背中の肉は出産後も「そう簡単に減ってくれない」
一方で「心の体重」は順調に増えているとのことです。(2021/8/18)

舟山久美子、妊活中の検査結果にショック「骨年齢が60歳。。」 10代当時の過激ダイエットが原因に
無理なダイエットはダメ。(2021/8/17)

生後2日の子猫を保護→遊びつかれると飼い主の足にくっついて…… スヤァと寝落ちする姿に「可愛さにもだえた」の声
くっつき寝はホッとするのかな。(2021/8/15)

おじさんが魔法少女に選ばれた!? おじさん以外出てこない漫画『魔法少女全員おじさん』でおじさんがゲシュタルト崩壊しそう
女性もいるはずなのになぜかおじさんしか見えない……!(2021/8/8)

舟山久美子、出産準備で15年間つけ続けていたネイルを外し“素爪”を公開 「子供の為なら1ミリも気にならない」
出産準備の忙しさを楽しむ舟山さん。(2021/7/29)

舟山久美子、大きくなったおなかでマタニティーフォト撮影 夫が寄り添った夫婦ショットで幸せ笑顔
もうすぐ3人家族に!(2021/7/23)

たんぽぽ白鳥、出産間近でオリンピックの交通規制を体感 「陣痛きた時だったらどうしよう!」と不安吐露
白鳥さん「朝からどんよりしてしまいました」。(2021/7/22)

第2子妊娠中の光上せあら、逆流性食道炎による体重2.4キロ減を告白 「食べた後必ず吐きそうになる」
59キロ→56.6キロに。(2021/7/21)

「目ですよ鼻ですよと言われても」 だいたひかる、第1子のエコー写真に不安膨らむ 医師の説明にも「えっ!? どこ!?」
だいたさん「顔平ら疑惑が出てきました」(2021/7/15)

吉井怜、“セカンドバースデー”に白血病の定期検診卒業 2000年に急性骨髄性白血病を発症してから21年
骨髄移植してから20年の節目とのこと。(2021/7/12)

産休や育児からの仕事復帰 早期希望は5割にとどまる
保育研究プロジェクト「子ねくとラボ」を運営する明日香(東京都文京区)は、「育児後の仕事復帰と自治体の産後支援に関する意識調査」を実施した。仕事にできるだけ早期に復帰したいと思うかは、早期希望は5割にとどまった。(2021/7/12)

妊娠8カ月の光上せあら、体重が“人生MAX”の59キロに 「どすこい!!」「二重顎!!」な妊婦姿も公開
出産後はちゃんとダイエットすると宣言しています。(2021/7/11)

不正経費検知システム「Stena Expense」リリースキャンペーン実施 1年分の診断無料
AIを用いた自動不正ユーザ検知システム「Stena Expense」(ステナ エクスペンス)のリリースキャンペーン開始。1年分の経費不正利用と異常経費利用をまとめて検知する、健康診断プラン(通常10万円)が無料となる。(2021/7/7)

「総務」から会社を変える:
灯台下暗し? 「目指せDX」と息巻く総務が陥りがちな、大きな勘違い
DXの機運が高まり、総務の現場でもテクノロジー・ツールの活用が進む。もちろん、これまでにない効率化が進むのはよいことだが、その裏には危険な誤りもあると筆者は指摘する。(2021/7/6)

「1000万が見えてきそう」 第1子妊娠のだいたひかる、2年半の“不妊治療”に掛かった総額明かす
保険適用、実現してほしい。(2021/7/5)

「不安は大きかった」 光上せあら、夜中に激しく泣き叫ぶ0歳長女を脳検査 薬で“お酒に酔った人みたい”になった娘を心配
結果は1週間後。(2021/7/2)

ここが変だよ! 日本の営業:
「トップセールスに頼りすぎ」 駅で気絶するまで働いた元モーレツ営業マンが挑む、“営業プロセスの再構築”
「日本の営業は、トップセールスの一子相伝となっていることが多い」──そう話すのは、営業・マーケティング組織作りの支援などを行うUNITE(東京都港区)の代表取締役社長、上田啓太さんだ。働き過ぎて駅で倒れた経験もあるという上田さんは、自身のキャリアから、日本の営業組織がどのように変わるべきだと考えているのか。話を聞いた。(2021/7/2)

3万円で高機能:
2年で3万台が売れた! スマホ操作の聴覚サポートイヤフォンが好調なワケ
聴覚サポートイヤフォン「Olive Smart Ear(オリーブ スマート イヤー)」の売り上げが好調だ。約2年で3万台ほど売れたというが、どういった特徴があるのだろうか。製造・開発元のオリーブ ユニオンに、取材したところ……。(2021/6/30)

病院に気付いたデカもふワンコ、「いやだよ〜!」と全力拒否! 抱っこで強制連行される姿が応援したくなる
体は大きくても、怖いものは怖いワン!(2021/6/19)

応募企業数は2523社に:
経産省、48社を「健康経営銘柄」に認定 7年連続の企業は?
経産省が健康経営を推進する企業の取り組みを紹介する「健康経営優良法人2021」を発表した。なかでも特に先進的な取り組みを行う企業48社を「健康経営銘柄」として認定した。15年から認定を開始したが、21年まで7年連続で取得している企業はたったの6社。コロナ禍で健康の重要性が見直され、今後も健康経営の動きは加速していくとみられる。各社の動きに注目したい。(2021/6/18)

光上せあら、夜中に泣き叫ぶ長女に“夜驚症”などを疑い脳神経内科へ 「ストレスがあるのかも」 「とにかく繊細で敏感、神経質な子」
幼少期から人一倍敏感だったという長女。(2021/6/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
産業医の有効活用のススメ――健康経営に対する1ドルの投資で3ドルのリターンも
健康リスクが高まっている現在、企業で健康管理を行うことは重要な取り組みの一つ。もし少しでも健康リスクを感じた場合、産業医を上手に活用することが有効になる。(2021/6/16)

Apple Watchで心臓病予防 脳梗塞前の心房細動を見つけるきっかけに
不整脈にはさまざまな種類があり、その一つに「心房細動」がある。ありふれた病気だが、放置すれば重篤な脳梗塞につながる。心房細動を発見するきっかけとして、Apple Watchが活躍する場面が増えつつあるという。(2021/6/14)

パーソナルデータ利活用の“現実解”:
個人が同意を動的に設定可能 日立、クラウド管理型の個人情報管理基盤サービスを発表
日立は、データ利活用に取り組む企業や自治体向けに、個人の同意に基づいたセキュアなデータ流通を実現する「個人情報管理基盤サービス」を提供する。パーソナルデータの利活用を妨げる要因と、同サービスの3つの特長とは。(2021/6/14)

外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない
外出によって保たれていた健康。(2021/6/14)

犬の肉球から心電図測定 AIがその場で心臓病を解析
AIシステムを開発するHACARUSと動物用医薬品を製造するDSファーマアニマルヘルスは6月10日、動物の肉球(足裏)から心電を測定し、AIで心臓の異常を解析するシステムを開発したと発表した。(2021/6/11)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

都心初の地上36階建て:
富裕層向け老人ホームが西麻布に 食事は帝国ホテルが提供
高級老人ホームが2024年秋に開業予定だ。ラウンジやライブラリー、スパ、フィットネスなどの施設は当たり前。プライベートガーデンやお茶や軽食が楽しめるティーパビリオン配置まで計画しているという。食事は帝国ホテルと連携する。今後も盛り上がりが期待されるシニア市場に乗り出す富裕層向け老人ホームの気になる内装や設備とは。(2021/6/9)

ブラックじゃないけどつらい:
“グレー職場”って何だ!?  社員の声から見る“あるある”風土とは?
働き方改革や法的な残業上限規制、コロナ禍によるリモートワークの導入など労働時間マネジメントが推進されていますが、ブラックと言われるほどひどくなくても、なんらかの問題を抱えている“グレーなもの”は職場単位では数多く存在しているのではないでしょうか。ここでは、ブラックではないけどホワイトになり切れない、グレー職場について迫ります。(2021/6/8)

浜田翔子、“不妊治療の卒業”を幸せ報告 夫・YouTuberカブキンと体外受精で第1子授かる
おめでとうございます!(2021/6/3)

だいたひかる、“胎嚢確認”の結果に一安心 ブログではたびたび不安を吐露「私は本当に妊娠しているのか!?」
だいたさんは5月21日に妊娠を報告。(2021/6/1)

全てに口出しされると実行しにくくなる:
「現実的に実行しやすい健康改善プラン」を提案するAIを開発 京都大学
京都大学大学院の奥野恭史教授らの研究グループは、健康診断結果に基づいて各個人に最適な健康改善プランを提案するAIを開発した。階層ベイズモデルと機械学習モデルを併用することで、実行しやすい健康改善プランの提案が可能になるという。(2021/6/1)

「涙が出てしまった」「刺さる」 頑張りすぎてしまう人が「頑張らない生き方」を教わる漫画がジーンとくる
頑張り屋さんが頑張らないのは難しいのかも……。(2021/6/1)

ウィズコロナ時代の健康経営:
テレワークで従業員の健康課題に変化? 2020年度の健康経営を振り返る
(2021/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。