ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「健康診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「健康診断」に関する情報が集まったページです。

LINEヘルスケア、登録医師の不適切発言について謝罪 相談者に「ガキンチョ」「世間知らず」
LINEヘルスケアで医師に悩みを相談したら暴言を吐かれたとするツイートが話題になっている。LINEヘルスケアは内容を事実と認め謝罪した。(2020/8/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
単なる“ワーク”と化す? 「ワーケーション」普及が幻想でしかない理由
旅先で仕事をするワーケーションについて、政府が普及に取り組む考えを示した。しかし、休暇中でも休まらないという問題があるほか、対応できるのはごく一部の企業。テレワークさえできていない企業も多い。IT環境整備をするなら、日常の生活圏を優先させるべきだ。(2020/7/31)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国でも評価割れる日本のGo To キャンペーン、「第2波の中で無謀」「観光業救う苦肉の策」
日本政府のGO To キャンペーンを中国メディアが報じたが、評価が割れている。キャンペーンの背景にある観光業界救済へ理解を示しつつも、コロナ感染対策の側面では無謀ともしている。一方中国はコロナ感染をほぼ収束させ、北京市は7月20日に市内の観光施設などの入場制限を緩和し、同市をまたぐ団体・パック旅行の販売を解禁した。中国では、感染ルート特定が行動の抑止力になっている。(2020/7/30)

医療機器ニュース:
健康診断結果から6年先の生活習慣病リスクを予測するAIサービスを開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、健康診断の結果から6年先の生活習慣病リスクを予測する「疾病リスク予測AIサービス」の提供を開始した。(2020/7/28)

脆弱性対策・管理入門(終):
脆弱性管理とセキュリティ診断サービスの未来とは
脆弱性対策の重要性を基本から説明し、脆弱性スキャナー/管理システムの有効性を説く連載。最終回は、脆弱性管理とセキュリティ診断サービスの未来について。(2020/7/21)

生活習慣病の予防や改善のニーズが高まっている:
生活習慣病リスクを6年先まで予測、東芝らが「疾病リスク予測AIサービス」を提供開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、SOMPOホールディングスと共同開発した疾病リスク予測AIサービスの提供を開始する。生活習慣病リスクを予測し、糖尿病発症については、6年先までのリスクを90%以上の精度で予測する。(2020/7/14)

モノづくりスタートアップ開発物語(2):
IoT尿検査デバイスのBisu、技術へのこだわりが招いた試作時の失敗とは
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第2回はIoT尿検査デバイスを開発するBisuを紹介。マイクロ流体技術が尿検査分野にイノベーションを起こすと確信して開発を進めた同社だが、思わぬ障害に直面する。(2020/7/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(78):
あるエンジニアの死
心臓に疾患を持つ女性エンジニアが、致死性不整脈で亡くなった。直近の残業時間は、月間21時間。彼女の死の責任は、誰にあるのか――。(2020/7/13)

PHR分野の標準化を図る:
日本マイクロソフトとTIS Azure利用のヘルスケアサービス実装テンプレートを提供開始
日本マイクロソフトとTISはPHR分野において連携することを発表した。Azureを利用したヘルスケアサービス実装テンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」を提供し、PHR分野の標準化を図る。(2020/7/10)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で「社員の出社が前提」のサービスが危機! 「おかん」と「キリン」の生き残り策とは
コロナ禍でオフィスに出社する社員は減少した。社員向けの福利厚生サービス事業者はどう生き残るのか? 「オフィスおかん」と「KIRIN naturals」の戦略とは。(2020/7/6)

菊地亜美、妊娠9カ月のポッコリおなか “ぐにょんぐにょん”の胎動に「元気な証拠だから 安心」
出産間近の菊地さん。(2020/7/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
コロナ禍で“ぼろ儲け”の億万長者と困窮する労働者 格差大国にみる悲惨な現実
経済大国・米国の新型コロナによる影響は悲惨だ。大手IT企業のトップなど、コロナ禍で資産を大幅に増やした億万長者がいる一方、マイノリティーを中心に失業率が上昇、高リスクの現場で働かざるを得ない人も多い。貧富の差や健康格差がさらに広がっている。(2020/7/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
コロナ後の働き方? 「ジョブ型雇用」に潜む“コスト削減”の思惑
コロナ禍で在宅勤務が広がり、「ジョブ型」雇用の導入に向けた動きが注目されている。しかし、時間ではなく成果で評価する「高プロ」制度は浸透していない。労働時間規制を免除できる制度を模索しているだけでは。それは「雇用する義務の放棄」でしかない。(2020/6/26)

猫による“片栗粉ぶちまけ事件”勃発! 現場に堂々と寝そべるにゃんこは犯行を否定
1枚でよく分かる惨劇。(2020/6/23)

医療機器ニュース:
AIによる医師支援プラットフォームの社会実装に向けたプロジェクトが開始
日本医師会、日本ユニシス、日立製作所、日本アイ・ビー・エムは、SIP第2期で採択された「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の構築および2022年の社会実装に向けたプロジェクトを開始した。(2020/6/22)

ウィズコロナ時代の健康経営:
ウィズコロナ時代に考えるべき「健康経営」の課題とは?
新型コロナウイルスはこれまで企業が取り組んできた「健康経営」にどのような影響を及ぼすのか。“ビフォーコロナ”と“ウィズコロナ”の比較で明らかになった新たな課題とは?(2020/6/19)

八田亜矢子、予定日過ぎて“妊娠11カ月” ぽっこりおなかショットで「来週までに陣痛きて欲しい〜」と悲鳴
切実な気持ちが伝わってきます。(2020/6/5)

スピン経済の歩き方:
多くの人に「感謝」されているのに、なぜ医者の給与は下がるのか
新型コロナの感染拡大を受けて、日本の医療界が大変なことになっている。患者があふれて「医療崩壊に陥った」といった話ではなくて、患者が増えたにもかかわらず、医療従事者の給与がカットされるかもしれないというのだ。どういうことかというと……。(2020/6/2)

0.5歩先の未来を作る医療IT
「個人健康記録」(PHR)はなぜ必要か? これまでの医療IT政策との違いは?
患者が自身の健康医療情報を管理する「個人健康記録」(PHR)の普及に向けて、厚生労働省が検討会を設置しました。政府がPHR普及を後押しする意図は何なのでしょうか。(2020/5/12)

営業職がwithコロナの時代を勝ち抜くには? 大きな差がつく「ビデオ商談」のノウハウ
新型コロナによる外出自粛で、営業に行けない! と困っている人も多いだろう。しかし、この1〜2カ月だけの特殊な事態なのではなく、年単位でこれが続くことを想定しながら、営業のあり方を考えなくてはいけない。(2020/4/24)

初診のオンライン診療が解禁 新型コロナ対策の特別措置として
厚生労働省が初診患者のオンライン診療を解禁した。新型コロナウイルス感染症が拡大する中、感染予防のための特別措置として、初診患者に対しても電話やビデオ通話を使った診療を認める。(2020/4/13)

放射線医学におけるAI技術の進歩【前編】
Google Healthの乳がんAI検診システムが医学業界に賛否両論を巻き起こす理由
Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人間の診断によりも高い診断精度を示したと発表した。しかしこの研究は医学業界で賛否を呼んでいる。その理由は。(2020/4/13)

まずは各省庁の関連情報を確認
新型コロナウイルスのパンデミック対策で「BCP」を改善する3つのステップ
新型コロナウイルス感染症や季節性インフルエンザなどのパンデミックに対処する上で、「BCP」が果たす役割は大きい。企業のBCPを十分な状態に整えるにはどうすべきか。(2020/4/6)

PR:大手企業も注目! 「人材が財産」である企業が、今やるべき「健康経営」とは!?
(2020/3/27)

Apple、中国を除くApple Store全店舗を3月27日まで閉店 COVID-19の影響で
新型コロナウイルス感染症の影響により、Appleは中国以外のApple Store閉鎖を発表した。(2020/3/14)

輸血パックが空を飛ぶ 「アフリカの奇跡」、急激な近代化を果たした小国・ルワンダが進めるICT立国の今
急激な近代化を果たし、「アフリカの奇跡」と呼ばれるに至った小国・ルワンダ。ICT立国を掲げている同国を取材し、どんなIT企業が活躍しているかを見てきた。(2020/3/11)

クルーズ市場最前線:
新型コロナで揺れる大型クルーズ船 そのとき「ダイヤモンド・プリンセス」にできたことを考える
「法的根拠」の視点で「ダイヤモンド・プリンセス」の対応を論じた前回に続き、今回は運用面から「そのとき何ができたのか」を見ていく。(2020/3/5)

世界初! 月額2222円でねこちゃんの健康管理ができるサブスク動物病院が誕生
東京・神奈川・埼玉・千葉には往診をしてくれます。(2020/2/29)

UQ mobile、シニア向けスマホ「BASIO4」2月21日から順次発売
UQコミュニケーションズは、UQ mobile向け京セラ製スマートフォン「BASIO4」を2月21日から順次発売。UQオンラインショップでの販売価格は3万5640円(税込)で、公式サイトでは使い方などを紹介する動画コンテンツ「自宅deスマホ教室」を公開している。(2020/2/18)

AIが「眼底画像」を診断、眼科医向けの診断支援サービスが登場
自治医科大学発のAIベンチャーが、ディープラーニングを活用し、網膜の画像を診断するクラウドサービスを開始。眼科医の診断速度や精度を向上させる狙い。(2020/2/5)

クルーズ市場最前線:
新型コロナウイルス発生で激震のクルーズ業界 日本に寄港する各社の対応は?
日本発着クルーズを運航している客船会社に、現在実施している新型コロナウイルスをはじめとする感染症予防対策の聞き取り調査を実施した。(2020/2/5)

auの初心者向けスマホ「BASIO4 KYV47」が2月7日に発売 約4万円
KDDIと沖縄セルラー電話は、京セラ製Androidスマートフォン「BASIO4 KYV47」を2月7日に発売する。auオンラインショップでの販売価格は4万1760円(税込み)。BASIO3と同等の横幅約71mmを維持しながら、シリーズとしては初めて有機ELディスプレイを採用した。(2020/2/3)

新型肺炎の広がりと、三菱電機漏えい事件の“共通点” 標的型攻撃への備えを考える
連日、新型コロナウイルス関連のニュースが世間を騒がせている。筆者は、一連の推移から三菱電機の情報漏えい事件を想起。コロナウイルスへの対応と、サイバーセキュリティには類似点があるという。(2020/1/31)

0.5歩先の未来を作る医療IT
300億円の「医療情報化支援基金」は電子カルテ普及と標準化の追い風になるか
「地域包括ケアシステム」の真価を引き出すためにも医療情報の共有は不可欠です。しかし電子カルテの標準化は長期戦の様相を呈しています。300億円の「医療情報化支援基金」は、この現状を打破できるのでしょうか。(2020/2/4)

「放置してたら癌になってた可能性大」 杉浦太陽、日帰り手術で大腸のポリープ切除を報告
お体大事になさってください。(2020/1/30)

「メルペイの招待ポイント全部すき家で使う」SNSで公約 → 数万ポイントが発生、130日以上すき家で食べ続ける鉄人が話題に
招待コードをTwitterで公開したところ、受け入れる人が相次ぎ、食べても食べてもポイントが減らない事態に。(2020/1/24)

aiboの健康診断サービス「aiboドック」始動 関節やバッテリーの状態などチェック
aiboの健康を守るサービス「aiboドック」が27日から提供。各パーツの破損や劣化などを専門家が確認する。(2020/1/23)

「赤ちゃんちょっと頭が大きいかも」 キンタロー。妊婦健診で冗談が現実に
すくすく育ってます。(2020/1/21)

UQ mobileがシニア向け「BASIO4」を2月下旬に発売 5.6型有機EL搭載、ラジスマにも対応
UQコミュニケーションズが、「UQ mobile」向けのスマートフォン「BASIO4」を2月下旬に発売する。初めてスマートフォンを使うシニアユーザーが主なターゲット。ディスプレイの下には電話とメールの専用キーを備える。セットすると自動でマナーモードが解除される卓上ホルダが付属する。(2020/1/14)

LINEで医師に健康相談「LINEヘルスケア」、iOSでもスタート
メッセージアプリ「LINE」を使って医師に健康相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)のiOS版がリリースされた。診療科は内科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科に対応。相談は24時間365日受け付ける。(2020/1/8)

キンタロー。妊婦健診でショック 医師から健康状態にお墨付きも「体重がちょっと……」
今晩は七草がゆにするそうです。(2020/1/7)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

動物病院に行く時にあると便利なワンちゃん「三種の神器」って?
獣医師さんに聞いた便利グッズトップ3をご紹介。(2019/12/22)

LINEで医師に健康相談 「LINEヘルスケア」β版スタート 24時間365日対応
LINEで医師とつながり、健康に関する相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)が登場。当初はAndroid版のみ。(2019/12/19)

ネコちゃんが動物病院に行く時にあると便利なモノって何?
獣医師さんに聞いた便利グッズトップ3をご紹介。(2019/12/15)

利益成長する「生産性向上」のためにやるべきこと:
働き方改革で“消えた”残業代はどこへ? 真にやるべきことは「効率化」「コスト圧縮」ではない
続々と進む「働き方改革」。2019年4月の関連法施行もあり、現場では効率化が進み残業時間も削減傾向にある。一方で、浮いた残業代はいったいどこへいっているのか。また、経営陣は人件費をどのように配分すればよいのか。企業アナリストの大関暁夫氏が解説する。(2019/12/5)

医療機器ニュース:
心臓病の発症リスク予想へ、AI技術開発をスタート
東芝は、ジョンズ・ホプキンス大学と共同で、心臓病の発症リスクを予測するAI技術の開発を開始した。3年以内の実用化を目指している。(2019/12/2)

未だに「会うことしか考えていない」金融営業を変える お金のデザインが匿名でのお金の相談を始める理由
お金の情報を得るに当たって、現実と理想のギャップが最も大きいのは「特定の業界に属さない中立的な団体から」。つまり、中立的なアドバイスを得たいと思っているのに、実際は商品を販売している金融機関からの情報に頼っているのが現状だ。匿名のまま適切な専門家に相談できる「お金の健康診断」を強化し、日本資産運用基盤と組んで、専門家をサポートするプラットフォームも提供する。(2019/11/28)

モビリティサービス:
通院や往診が難しい地域に「医療MaaS」でオンライン診療、フィリップスとMONET
フィリップス・ジャパンは2019年11月26日、長野県伊那市において、同年12月から医療MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の実証事業を行うと発表した。看護師と各種医療機器を乗せた「ヘルスケアモビリティ」が患者宅を訪問し、医師が遠隔からオンラインで診療できるようにする。実証事業の期間は2021年3月末までで、フィリップス・ジャパンは伊那市やMONET Technologiesと協力して取り組む。(2019/11/27)

堀江貴文が語る「予防医療」【前編】:
元カノが子宮頸がんになった過去……ホリエモンがハヤカワ五味と語る「予防医療と検診の必要性」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。前編は防げる病である子宮頸がんや大腸がんの現状について思うところを語ってもらった。(2019/11/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。