ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「隕石」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「隕石」に関する情報が集まったページです。

子どもが作ったLEGOブロックを壊さず収納するアイデアに「これはスゴイ!」 目からウロコの100均DIYが101万再生
すてきすぎる……!(2024/1/25)

ガンプラで「ガンダムUC」の名場面を再現したレジンアートが神々しい 「美術館に展示されてもおかしくない美しさ」
可能性の獣が目覚めた!(2023/12/28)

□に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2023/12/23)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
年末ジャンボ宝くじで人生逆転狙う心理を考える、振り返れば追い詰められていた
年末ジャンボ宝くじで人生逆転を狙う心理について考えています。(2023/12/21)

【マンガ】地球滅亡の危機から20ページで結婚へ “テンポが良過ぎるSFラブコメ”が「発想が天才」「設定が面白い」と話題に
時間は止まっているのに、すごい速さでハッピーエンドに。(2023/12/23)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
「未来」って自由に発想するものじゃなかった? なぜ企業から“戦略的な未来”が出てきてしまうのか
企業が考える「戦略的でシナリオありきの未来」を「SF思考」で取り払う取り組みが広がっています。しかしSFの力をかりても、“おままごと感”が出てしまうことがあるといいます。その原因と解決策を探ります。(2023/10/3)

青緑に光る大きな「火球」が飛来 8月30日夜にSNSで目撃報告相次ぐ
神奈川県内で多数報告されています。(2023/8/31)

科博の資金募集、1日で3億超え 目標の3倍以上 財政危機をファンが支援 「まさかこんなに反響が」
国立科学博物館のクラウドファンディングが大きな注目を集め、1日で3億円超の支援があった。目標額の3倍以上が、1日で集まったことになる。(2023/8/8)

国立科学博物館のクラファン、1日足らずで目標の1億円突破 応援コメントも5000超
8月7日午前に始まった国立科学博物館のクラウドファンディング。同日午後5時過ぎには支援総額が1億円を突破し、当初の目標を達成した。(2023/8/7)

Google検索が“改行”対応の謎アップデート 「何に使うんだ」「アスキーアート検索にはよいですね」
長いワードを検索する際に便利との声。(2023/6/6)

2040年には月面生活が実現? 科学未来館で特別展 宇宙開発の現状を監修者に聞いた
日本科学未来館は、月での生活を疑似体験できる特別展「NEO 月でくらす展」を4月28日から開催する。監修した惑星地質学者の佐伯和人さんに、展示へのこだわりや宇宙開発の動向を聞いた。(2023/4/28)

舞台エヴァ、あらすじとビジュアル公開 主演・窪田正孝はエヴァパイロットが通う学校の臨時教師に
5月6日から上演。(2023/3/30)

Googleで「隕石」を検索すると……? ちょっとおちゃめなギミックに「好き」「フフってなった」
PC、スマホどちらでも見られます。(2023/2/8)

地球に小惑星が接近、米NASAが発表 日本時間では27日午前に 衝突の可能性は?
米航空宇宙局(NASA)が、日本時間の1月27日午前9時ごろに小惑星が地球に接近すると発表した。3600km上空まで接近する見込み。(2023/1/26)

メルカリ、他人を呪う“呪術”が多数販売で物議 「確実に呪います」と訴える出品も 運営元「対応方針については差し控える」
運営元のメルカリに規約や今後の対応について問い合わせました。(2023/1/19)

はやぶさ2のコンテナ外部にリュウグウの粒子 1mm×2粒発見
「はやぶさ2」のサンプル収納コンテナの外部に、小惑星「リュウグウ」の粒子を2粒発見。JAXAなどの研究グループが発表した。(2022/10/21)

Google検索で「NASA DART」を検索すると……小惑星衝突実験を記念して
GoogleとNASAが協力し、Google検索の「NASA DART」検索に仕掛けを施した。NASA DARTは無人探査機を小惑星に衝突させる実験だ。(2022/9/27)

小惑星の軌道をずらして地球を守れるかも? NASAが探査機の衝突実験に世界で初めて成功
衝突させることに成功しました。(2022/9/27)

『うんこドリル』の漢字シリーズに中高生用が登場 “桁外れに巨大なうんこ”などのうんこ例文で漢検2級まで対策できるぞ
1周回ってうんこが面白くなっちゃった中高生はぜひ。(2022/8/18)

緑内障の簡易検査ができるゲームアプリ、東北大などが開発 隕石を破壊して視野をチェック
東北大学大学院医学系研究科の研究チームと宮城県のテレビ局である仙台放送は、緑内障の早期発見に寄与できるスマートフォン用ゲームアプリ「METEOR BLASTER」を共同開発した。(2022/8/3)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
企業の従業員が“SFを使う”ためには? 「SFプロトタイピング」の実践方法を解説します
企業が新しい視点で物事を考えるとき、“SFの力”が役立つかもしれません。そんな新しい思考法「SFプロトタイピング」の実践方法をご紹介します。(2022/5/10)

軽トラで崩壊する日本を爆走! 巨大ヒグマや謎の兵器に挑むカーアクションゲーム「ドライブクレイジー」が面白そう
開発者にぶっ飛んだゲームの開発経緯を聞きました。(2022/5/3)

ハワイ上空に謎の“渦巻き”出現、ライブカメラが捉えた UFO? 隕石? その正体とは
国立天文台と朝日新聞が運営するライブカメラ「星空カメラ」がハワイ島の火山「マウナケア」の上空に謎の“渦巻き”を捉えた。渦巻きはカメラの左からゆっくり回転しながら登場し、右側へと移動を続けて約5分後に消えたという。(2022/4/18)

「夢の生活空間」を完全イラスト化 自宅の上に書店、ネカフェ、スーパー銭湯……10万“いいね”を集めた現代の理想郷
毎日1万円くれる、やさしいおじさんまで存在。何者?(2022/4/8)

「NEEDY GIRL OVERDOSE」レビュー:
あめちゃんは、ある側面では僕だった 「NEEDY GIRL OVERDOSE」あめちゃんとインターネットの壊れた世界
僕らはみんな何かの中毒で、バカにしながらも依存している“それ”をやめられない。(2022/2/18)

MONOist 2022年展望:
2022年こそ世界初の民間月面着陸が実現? 日本では新たな宇宙港の誕生も
2022年もさまざまな話題がある宇宙開発。今回は、「月面探査」「新型ロケット」「深宇宙探査」の3つをテーマに、2022年の動向を見ていきたい。(2022/2/9)

「公式音MADは草」「プロのニコ厨」 モスバーガー、新商品のPR動画が“ニコ動の音MAD”すぎると話題に
拍手を送るしかない完成度。(2022/1/29)

「今のメタバース」を生み出した、年間10億台の「ある量産品」
メタバースを生み出したVR HMDに必要なパーツ、技術はどこから来たのかを、西田宗千佳さんが考察する。(2022/1/26)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(5):
たとえば中堅製造業のDXセキュリティ担当がいきなり社長にプレゼンするような物語
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、製造業のDXセキュリティ対策の予算獲得で最大の壁になるであろう役員会の承認を得るためのプレゼンについて考える。(2022/1/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則とは?
売上とはあなたの誠実さを証明し、利益とは知恵の深さを測るもの。一生懸命に頑張っているのに、成果として表れないのは、ただ、誠実さと知恵深さを発揮する角度が違うのかもしれない。(2021/8/5)

統計から見る「テレビのオリンピック需要」幻想と「日本のテレビの20年」
西田宗千佳さんが、テレビとオリンピックの関係を数字から検証した。(2021/7/29)

タンスの上から猫が降ってきて…… 猫の“足場”にされて悶える飼い主の漫画に「あるある」「さすが猫様」の声
踏み台としてお使い頂くのもまた喜び……!?(2021/5/27)

祝・「ゲームアーカイブス」存続決定! ねとらぼ編集部が選ぶ「これだけは買っとけ」なおすすめPSソフト
VITAは販売継続! よかった!(2021/4/21)

「君の名は。」みたい! 巨大な火球をとらえた写真が神秘的な美しさ 「人生でみる火球のなかで最大なんじゃないかな」
狙って撮れない劇的な瞬間。(2021/3/16)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
Clubhouseに関わるAgoraとZoom、2人の中国系創業者の意外な接点
ブームは一段落したが、現在も順調にユーザー数を伸ばす音声SNS「Clubhouse」。当初は、海外SNSを制限する中国でもアクセスできたため、関係者が試し、論評し、模倣する結果となっている。またアプリの音声技術を提供する中国企業「Agora(声網)」と、Zoomの創業者の意外な接点も見えてきた。(2021/2/25)

死ぬことのできない男が“みんな”と共に故郷へ帰る 美しくも切ない漫画に感動の声
みんな、ずっと一緒だったんだね……。(2021/2/11)

快挙続く「はやぶさ2」 持ち帰ったサンプルから分かることと旅路の先に見る“地球防衛”の可能性
日本の小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが地球に帰還し、JAXAは小惑星「リュウグウ」由来の黒い砂粒状のサンプルやガスを確認できたと発表した。今後詳細な分析が進む中、はやぶさ2にどのような成果を期待できるだろうか。(2020/12/18)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneのカメラで「ゴースト」が出ないようにする方法
iPhone 12系では夜景撮影をするとゴーストが出やすいと言われているが、その原因と対策についてご紹介する。(2020/12/17)

悪魔と2020年のカップリング成立したら、町中から人影が消えた ライアン・レイノルズ作「最も金をかけたジョーク」が完成
自粛生活に隠された意外すぎる秘密の発覚。(2020/12/3)

【ネタバレ】「ドラえもん のび太の新恐竜」のスパルタ教育と根性論 誤った“多様性”の危うさを考察
「ドラえもん のび太の新恐竜」にはモヤモヤしてしまう問題が山積みだった。(2020/8/22)

7月に目撃された火球由来の隕石、2つ目を発見 千葉県船橋市で
合計183グラムの破片が見つかりました。(2020/8/3)

国立科学博物館、7月2日未明の火球が「隕石」だったと発表 千葉県習志野市のマンションに落下
「習志野隕石」として登録申請する予定です。(2020/7/13)

「3人でいるみたいでした」 羽田美智子、野際陽子さんの娘・真瀬樹里とのオフショットで故人へ思いをはせる
羽田さんは野際さんを「芸能界の母」と慕っていました。(2020/6/2)

IT用語解説系マンガ:食べ超(186):
デジタルディスラプションの工数ください
破壊的なビッグウエーブを乗りこなすためのビート板を売っていきましょう。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/5/13)

リュウグウは「極めてスカスカ」の岩──はやぶさ2の調査で見えてきた太陽系天体の形成過程
JAXAが、小惑星探査機「はやぶさ2」によるリュウグウの探査活動の研究成果を発表した。研究者たちの予想に反し、小惑星リュウグウは隙間だらけの物質でできた天体だったという。(2020/3/17)

異例の宣伝はなぜ? 漫画家が自分の作品のアニメPVを自ら制作、背景には苦しい連載事情が
望む形で完結させられることを願います。(2020/3/5)

漫画「100日後に死ぬワニ」 ワニが傷心しようと容赦なく進むカウントダウン“死まであと71日”
切なさが止まらない。(2020/1/19)

国際的アートフェアで「壁にテープで貼られただけのバナナ」が1600万円に バーガーキングが早速パロディー広告を作成
どんな味がするのかな……?(2019/12/13)

突如海底から現れて、何もしない巨大な少女 不思議な漫画「メガリスは最果ての人」に引き込まれる
いろいろと想像を巡らせたくなるお話です。(2019/11/13)

堅調な成長が予測される:
SiCの競争が激化、ウエハー供給不足は解消に向かう?
SiCパワー半導体には、引き続き高い関心が寄せられている。SiCウエハーの供給不足を懸念する声がある一方で、解消に向かっているとの見方もある。(2019/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。