ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミサイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミサイル」に関する情報が集まったページです。

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
ビジネスアナリシスの知識体系BABOKガイドとは(後編)
ビジネスアナリシス(BABOK)がいかにビジネスとITを結びつけることができるか、さらにデジタルトランスフォーメーションにも大きく貢献できる知識体系にもなっている。(2024/5/21)

ロシアの北朝鮮製ミサイルに日本企業のマーク 電子部品メーカーに迫られる厳しい対応
米欧の当局や民間機関などの分析により、ウクライナ侵略でロシアが弾道ミサイル「火星11」を含む北朝鮮製ミサイルを使用した実態が明らかになった。問題はミサイルの残骸から日本企業のマークを記した部品が見つかったことだ。(2024/5/20)

「北朝鮮IT労働者」が日本人になりすまして業務受注、警察庁が注意喚起 その特徴は?
警察庁は3月26日、北朝鮮のIT労働者が日本人になりすまして国内で業務を不正受注している疑いがあるとして、注意喚起を行った。加えて、北朝鮮IT労働者が悪意のあるサイバー活動について関与の可能性もあると指摘している。(2024/3/29)

セキュリティニュースアラート:
日本が攻撃者にとって“魅力的な標的”であるワケ CYFIRMA調査レポート
CYFIRMAはAPAC地域における脅威ランドスケープレポートを公開した。地政学的緊張の高まりに伴いサイバー脅威が増加していることが示されており、日本が攻撃者にとって魅力的な標的であることも分かっている。(2024/2/6)

頭脳放談:
第284回 社会を支えるパワー半導体メーカーの再編にルネサスが参入? で、パワー半導体って何
ルネサス エレクトロニクスがGaN(窒化ガリウム)技術を持つTransphorm(米国)の買収を発表した。これによりパワー半導体のポートフォリオを拡充するという。そもそもGaN技術やパワー半導体とはどういったものなのだろうか? 筆者が最新の動向を解説する。(2024/1/22)

村田製作所やパナソニック、ロシア兵器に部品使用のウクライナ政府発表に戸惑い
ロシアの無人機やミサイルなどの兵器に一部日本企業の部品が使われていたとされる問題で、製造元の企業が対応に苦慮している。ウクライナ政府によると、日本の部品で見つかったのは集積回路(IC)やエンジン、カメラなど136個。(2024/1/11)

「満身創痍」「ご愁傷様です……」 文鳥たちの三角関係によって“闘争発生”、巻き込まれた飼い主の指が悲惨な状態に……
仲裁に入ったのは……指!?(2023/12/16)

犬「ワタチを倒してから行け」 長い廊下の先で待ち受ける“ラスボス”に「一定の範囲に入ると攻撃してくるやつ」「セーブして行きましょう」
回復アイテム持った?(2023/12/12)

100均のクリスマスツリーを噴射炎に! ユニークすぎる発想とクオリティーに「天才か」
むしろ炎にしか見えなくなる……!(2023/12/8)

「文鳥ミサイルが来るっ……!」と思ったら「これはマジで笑うw」なオチに 華麗すぎるワザから目が離せない
華麗な身のこなしです。(2023/11/27)

人に異常なまで敵意を持つ元保護猫 明かされた真実に「何でこんなに面白いんだww」「笑い過ぎでお腹が壊れちゃいそう」
すさまじい情報量と疾走感。(2023/11/17)

ビシェイ STH:
軍用Hレベルの衝撃/振動性能を備えた湿式タンタルコンデンサー
ビシェイ・インターテクノロジーは、ガラスメタル封印のハーメチックシール湿式タンタルコンデンサー「STH」シリーズを発表した。軍用Hレベルの衝撃、振動性能を備えながら、低コスト品の代替として利用できる。(2023/11/14)

大事件かと思いきや…… 空港で展示していたクルマの搬出作業の様子が「事故かと」「合成でしょ」と話題
突っ込んだと言われた方が納得できる光景。(2023/11/3)

「ミニ四駆の動力をロケット花火にしたら速いのでは」 → 実践した結果が予想外だしど迫力の走りで人気に
ピュゥゥゥゥゥパァンッ! (ゴール)(2023/10/19)

この頃、セキュリティ界隈で:
イスラエル・ハマス衝突でサイバー空間も戦場に ハッキングで“偽の核攻撃アラート” SNSはデマだらけ
パレスチナ自治区ガザのイスラム勢力ハマスとイスラエルの戦闘が、サイバー空間でも激化している。(2023/10/18)

ワンコと子猫に“ヌーコーの振り子”を与えると……?  誕生したほっこり空間に「素晴らしき!!」「物理は分からないけど最高」の声
まとめてかわいい。(2023/10/15)

【プレイレポ】10年ぶりの最新作『アーマードコア6』が面白すぎて感想を言いたくてしょうがねえ! 言わせろ!
アーマード・コアの新作……すばらしい響きだ……。(2023/9/29)

「アーマード・コア6」で再現された「ガスト」の配膳ロボットがつよかわすぎる こいつは猛者の匂いがするにゃん
ご注文のミサイルをお届けしましたにゃん。(2023/9/1)

ダンボールで「砲弾ランチャー」作る猛者現る 弾が火を吹いて飛び出すガチ仕様に痺れる!
ダンボールで兵器を作れる時代。(2023/8/27)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
“サイバー兵器”と化すDDoSやWeb攻撃 背景にはウクライナ・東アジア情勢などの緊張
ロシアのウクライナ侵攻や徐々に緊迫度を増す東アジア情勢などの地政学的なリスクの高まりは、引き続きサイバー攻撃のアタックサーフェス(攻撃対象領域)と攻撃の手法に変化をもたらしている。改めて企業や組織が取るべき対策を具体的に示す。(2023/8/9)

民間宇宙産業向けサイバーセキュリティ入門(1):
民間宇宙システムにサイバーセキュリティ対策が求められる3つの理由
「民間宇宙システムにおけるサイバーセキュリティ対策ガイドライン」を基に、宇宙産業スタートアップ企業のCISOの視点で捉えたサイバーセキュリティ対策のポイントと進め方例を紹介する本連載。第1回は、本ガイドライン策定の背景について説明する。(2023/8/7)

トレーニングに預けられたシェパードコンビ→1週間ぶりの再会に大暴走 飼い主への愛が爆発で「トレーニングの効果はどこw」
これがトレーニングの成果だ!(2023/7/19)

「Jアラート」の試験が開始直前で急きょ中止に 北朝鮮の弾道ミサイル発射が影響か
消防庁が7月12日に実施予定としていた、全国瞬時警報システム「Jアラート」の緊急情報伝達試験について、各地方自治体が中止を発表している。同日午前9時59分ごろに、北朝鮮から弾道ミサイルが発射されたためとみられる。(2023/7/12)

Jアラート、7月12日11時に全国で試験 「これは、Jアラートのテストです」と放送予定(中止)
7月12日午前11時頃に、日本全国で一斉に全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いた緊急情報伝達試験が実施される。「これは、Jアラートのテストです」と放送される予定だ。Jアラートは、弾道ミサイルの発射など日本が他国による武力行使を受けた際、その被害や影響を最小限にとどめるために避難や救援のための情報を配信する仕組みだ。(2023/7/12)

Jアラートの全国一斉情報伝達試験、7月12日11時ごろ実施
Jアラートを用いた緊急情報伝達試験が中止に【追記】(2023/7/12)

西川貴教さんのアクションフィギュア発送開始 → さっそく面白写真が続々と投稿され祭り状態に
楽しい宝物(フィギュア)に恋しちゃう!(2023/6/18)

正義の雨に裁かれろ! 本物みたいに動くジェットパックを背負った「オーバーウォッチ2」ファラ・パイロットの海外コスプレが超クール
こいつ、動くぞ!(2023/6/11)

飼い主の言葉を聞き取ろうとするワンコ、首をコテンコテンとかしげて…… はてなマークいっぱいのキョトン顔にもん絶
頑張って聞いてくれている。(2023/4/30)

北のミサイル発射で「空襲警報」一時トレンド入り その後、情報を訂正した「Em-Net」とは?
13日午前7時55分ごろ、北朝鮮が発射した弾道ミサイルとみられるものが北海道に落下するおそれがあるとして、避難を呼びかける「国民保護に関する情報」が発出された。その後、官邸は「エムネット」の情報を訂正した。(2023/4/13)

AI技術の軍事利用【第1回】
「AIの軍事利用」は正義なのか? 専門家が指摘する“本質的な問題”とは
「AIを軍事用途に用いることは、道義的に正しい」という主張がある一方で、懐疑的な意見もある。AI倫理の専門家に詳しく話を聞いた。(2023/4/12)

飼い主のナデが好きなワンコ、最速フレームインで…… 「弾丸か?」と驚くほどのアピールに「パワフルでステキ」
どこを見ても視界に入ってくる……!(2023/4/3)

ロシア国防省、日本海でミサイル発射 SNS「Telegram」で映像公開 100km先に2発直撃
ロシア国防省は、日本海でミサイルを発射したと発表した。(2023/3/28)

「総務」から会社を変える:
テレワーク下の大地震、会社を生き残らせる「3つの新常識」 もはや従来のBCPは通用しない
BCPの常識は、コロナ禍で大きく変わりました。これに伴い、防災計画も大きく変化せざるを得ません。テレワーク下の大地震でも会社を生き残らせる「BCPの3つの新常識」とは?(2023/3/17)

「見てずっと笑ってる」「マジで今こんな感じ」 花粉症のおにぎりがくしゃみ→とんでもないことになるショートアニメが話題
花粉を振りまく杉の木のダンスにも注目。(2023/3/17)

国内サプライチェーン構築は遠く:
危機的状況にある、米国軍向けの半導体供給体制
米国内の半導体生産能力に対する投資が不十分なことから、米国国防総省がアジアからの半導体供給を断てるようになるまでには、まだ長い年月を要する見込みだという。業界関係者やアナリストらに詳細を聞いた。(2023/2/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ルノー・日産アライアンス再始動 内田CEOの手腕が光った
ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は2月6日、資本提携の見直しに関する説明会を開催した。登壇者全員が互いに感謝の言葉を述べるところから始まった異例の会見。その場で語られたのは……。(2023/2/13)

リアルタイムOS列伝(30):
F-35戦闘機も採用する「LynxOS」はRTOSを超えたRTOSを目指す
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第30回は、軍用や航空宇宙向けを中心に一定のシェアを確保しているRTOS「LynxOS」を紹介する。(2023/1/11)

デジタル防災を始めよう:
毎月、何らかの災害が起きていた──22年振り返りとこれからの備え
2022年は防災面においても激動の年だった。今年1年間の災害とその影響について、記事で振り返りながら、今われわれにできる対策について提案したい。(2022/12/30)

「ポケモンSV」で湖に入ったら「ミガルーサ」が殺到! ミサイルのような魚の突撃に「ヒスイ地方なら死んでいた」の声
ピッチピチの躍動感。(2022/12/27)

今日のリサーチ:
2022年を象徴する不満ワード、1位は「値上げ」――Insight Tech調べ
不確実性が高まる中、明るい先行きを思い描きにくいことが人々の不満の根底にあるようです。(2022/12/20)

国家安全保障に、「AIによる脅威もたらす可能性」:
米国、YMTCや21社の中国AI関連企業を禁輸リストに追加
米国商務省は、YMTCや、20社以上の中国半導体メーカーを新たに禁輸リストに追加した。リストに追加した企業のうち21社は、中国の軍事および防衛産業を支援する、主要なAIチップ開発企業およびベンダーで、「米国の国家安全保障に対しAI(人工知能)による脅威をもたらす疑いがある」としている。(2022/12/20)

イデオン「起動時の演出」を完全再現 目に有機ELを仕込んだ改造プラモが“発動”しそうな勢い
全宇宙がやばい。(2022/11/23)

デジタル防災を始めよう:
本当にミサイルが飛んできた時、どう行動する? 
北朝鮮から相次いでミサイルが発射されている。実際にミサイルが日本の領土に落ちそうな状況となった時、われわれはどのように行動すれば良いのだろうか。(2022/11/16)

政府、Jアラートのシステム改修検討へ 「ミサイル通過後に発出」などの問題を受け
「全国瞬時警報システム(Jアラート)」。松野博一官(まつのひろかず)官房長官は「Jアラートの送信時間をいっそう早めることなどについて、システム改修も含めた改善策を検討している」ことを明らかにした。早い段階でのシステム改修が待たれる。(2022/11/4)

どんぐりの戦車に乗ったリスさんがかわいい! 森の平和を守るフィギュア「どんぐりタンク」発売
リスさんチーム、出撃!(2022/11/3)

マスク氏、「Starlinkは赤字だが、ウクライナ無償支援は続ける」
SpaceXのイーロン・マスクCEOは10月14日、Starlinkでのウクライナ無償支援を無期限に続けることはできないとツイートした。同氏は翌日、損失は出続けているが無償支援を続けると前言撤回した。(2022/10/16)

ミラ・ジョヴォヴィッチ、故郷ウクライナへのミサイル攻撃に悲痛な声明 「目が覚めた」「大量殺りくに打ちのめされている」
ウクライナで生まれ、ロシア系の母を持つミラ。(2022/10/11)

青森出身の王林、Jアラートの避難指示に持論 「そんな建物少ない」「老朽化が進んでしまって」と避難場所の数を問題視
建物の整備が進んでない現状を嘆いています。(2022/10/5)

Jアラート、東京島しょ部に警戒情報を誤配信 北朝鮮のミサイル発射で
4日の北朝鮮によるミサイル発射直後、東京都の島しょ部に出た警戒情報(国民保護情報)は誤配信だった。松野官房長官は原因を調べる考えを示した。(2022/10/4)

楽天モバイル、「Jアラート」の緊急速報メール配信できず 原因はNTTコムの設定ミス
北朝鮮が10月4日朝に発射した弾道ミサイルについて、楽天モバイルは、全国瞬時警報システム「Jアラート」の緊急速報メールが配信されなかったことを明らかにした。原因について、同社はJアラートを管轄する消防庁と共同で調査を実施。消防庁は、4日午後7時に保守管理を委託している事業者の設定ミスだったと発表した。(2022/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。