ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「music.jp」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「music.jp」に関する情報が集まったページです。

【ニコニコカドカワ祭り2019】約1万冊が最大50%OFF、年に一度のカドカワ大感謝祭スタート!
今年も開催されてくれてよかった。(2019/10/4)

「手品先輩」第9話先行カット公開 先輩、またも水着に
またですか。(2019/8/25)

「手品先輩」第7話先行カット公開 テコ入れにならなそうなプール回
初回からテコしか入っていない。(2019/8/12)

「手品先輩」第5話先行カット公開 助手、ついに先輩の家へ
どんな家に住んでいるのか。(2019/7/28)

「手品先輩」第4話先行カット公開 「1人でお楽しみ先輩」とはいったい……?
そして新キャラ登場のもよう。(2019/7/21)

チャレンジするマーケター:
マーケティングは自分に関わる全てを幸せにするサイクル――アドビ 小沢 匠氏が音楽から得た本質
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/17)

「手品先輩」第3話先行カット公開 和服を着たりまた出産したり
またですか先輩。(2019/7/15)

「手品先輩」第2話先行カット公開 毛むくじゃらが先輩のカラダを這ったり助手が監禁されたりする
毛むくじゃらとはいったい。(2019/7/7)

イオンモバイルが「3年学割」提供 50万回線突破で次は「100万回線」を目指す
イオンモバイルが「3年学割」を2月15日から提供する。3〜9GBのプランでデータ容量1GBを増量する。契約数は50万を突破した。今後は新たな属性のユーザー増を狙う。(2019/2/6)

アイカツざんまいできるぞ! 「アイカツ!」の楽曲がサブスク配信解禁に
「アイカツ!」主題歌・挿入歌78曲、背景楽曲183曲がサブスクに登場。(2018/7/11)

ついにきた! Mr.Childrenが全アルバム&シングルを配信開始、既にランキング上位に食い込むサイトも
明日にはランキング席巻してそう。(2018/5/10)

内閣サイバーセキュリティセンターが「情報セキュリティハンドブック」を電子書籍で無料配信開始 SNSとのつきあい方など
夏休みを迎える小中高校生に。(2017/7/14)

珍事! music.jpランキングで「満満満足」が「前前前世」を破り1位に マンゾク草なぎニッコリ
満満満足前前前世満満満足前前前世満満満足前前前世満満満足前前前世。(2016/10/16)

SIM通:
攻めるFREETEL!限定色、新ルーター、music.jpタイアップも
プラスワン・マーケティングは、SIMフリースマホ「SUMURAI REI(麗)」の新色、およびUQ網でも利用できるモバイルルーター「ARIA 2」を発表した。あわせてmusic.jp とのタイアップキャンペーンも発表した。(2016/7/13)

「IIJmio」のオプションサービスに「music.jp」追加
「IIJmio」のオプションサービスにコンテンツ配信サービス「music.jp」が登場。音楽、動画、書籍、マンガなどのコンテンツを購入できる。(2016/7/7)

FREETEL、「FREETEL SIM」の最大3年間0円キャンペーンの条件を一部変更 music.jpの専用コース契約を「任意」に
7月1日に開始するFREETEL SIMの「最大3年間0円キャンペーン」の適用条件が一部変更される。必須とされていたmusic.jpのFREETEL SIM専用コースの契約を「任意」とする。(2016/6/30)

最大3年間適用:
FREETEL、「FREETEL SIM」の月額299円引きキャンペーンを開始 既存契約者も対象(有償)
FREETEL SIMの月額料金が最大3年間299円引きとなるキャンペーンが7月1日に始まる。既に契約済みのユーザーでも、「申込み料」を支払うことで参加できることが大きな特徴だ。(2016/6/27)

テレビCMも開始:
誰でも買いやすいSIMフリーを――「もう1つの選択肢」を目指す「FREETEL 2.0」の幕開け
FREETELブランドで端末・回線の両方を手がけるプラスワン・マーケティング。ブランドの刷新から約1年を迎えた同社は、「FREETEL 2.0」を掲げて大手キャリアと並ぶ選択肢となるべくサービスの拡充に取り組む。(2016/5/18)

札幌市民のソウルフード“ぎょうざカレー”の「みよしの」がやたら気合の入ったテーマソングをリリース 全世界配信の暴挙に
みよしのの、ぎょうざカレー食べたい……!!!(2016/2/5)

ブックビヨンド、デジタルコミックマーケティング事業を開始
人気作家によるインフォマーシャルコミックの企画・制作や、電子書籍コンテンツ制作、複数の電子書店への配信、電子書店へのタイアップ交渉などを行う。(2015/6/20)

全部アニメタイアップ曲――fhanaの全シングルをハイレゾ配信
fhana(ファナ)のファーストアルバム「Outside of Melancholy」発売に先駆け、これまでにリリースしたシングル5作品がハイレゾ音源として順次発売される。(2015/1/21)

PR:全巻無料? 「comic.jp」の旺盛すぎるサービス精神がスゴイ
電子書店は個性で勝負! 株式会社エムティーアイが運営する“気軽に読めるコミック配信サービス”「comic.jp」が人気の理由とは?(2014/5/26)

「UQエンタメマーケット」に雑誌月額プランが追加
定額で利用できる「UQエンタメマーケット」に、電子書籍サービスの雑誌購読月額プランが登場。(2013/11/22)

2013年タブレット秋冬モデル:
250グラムの軽量ボディ、Nexus 7より“かなり”軽い7型タブレット──「LaVie Tab S」
NECより、薄型軽量ボディを特徴とするタブレットの新シリーズ「LaVie Tab S」が登場。7.9ミリ/250グラムの薄型軽量さを前面に出した7型サイズのボディを搭載する。(2013/11/12)

2013年タブレット秋冬モデル:
お値段1万円台から、NECよりエントリーAndroidタブレット──「LaVie Tab E TE307/TE510」
NECより購入しやすい価格帯のAndroidタブレット新シリーズ「LaVie Tab E」が登場。1万円台の7型モデル、クアッドコアプロセッサ搭載の10.1型モデルを用意する。(2013/10/8)

導入事例:
「music.jp」のエムティーアイ、予算管理システムをオラクル製品で刷新
「music.jp」「ルナルナ」などを手がけるエムティーアイが、予算管理システムをOracle Essbaseで刷新した。(2013/2/19)

ホワイトペーパー:
「アプリを作る?」「スマホ向けサイトを作る?」――企業のスマホ対策、4つの選択肢
PCや携帯ではなく、スマホからネットへアクセスするユーザーが激増している。急速にスマホの普及が進む今、 企業はどのようにスマホユーザーへ情報を発信すべきか? 4つの対策を紹介し、それぞれの特性を解説する。(2013/2/7)

2013年PC春モデル:
全機種Office 2013に刷新、スペシャルモデル“XYZ"も継続──NEC「LaVie/VALUESTAR」新モデル
NECが2013年PC春モデルを発表。全モデルWindows 8+新バージョンのOffice 2013に刷新したほか、デジタル家電・スマートフォン連携機能など「安心・簡単・快適」な新生活対応モデルを拡充した。(2013/2/5)

auの「うたパス」、iPhoneとiPadでも利用可能に
定額で楽曲が聴き放題になる、auのストリーミング形式の音楽サービス「うたパス」が、1月29日からiPhoneとiPadでも利用可能になった。あわせて、うたパスの機能強化も行う。(2013/1/29)

シンクパワー、エムティーアイのスマートフォンアプリ「music.jp PLAY」に歌詞データを提供
シンクパワーは、エムティーアイのスマートフォンアプリ「music.jp PLAY」に歌詞データを提供。これにより、音楽再生時に楽曲の歌詞が表示できるようになった。(2012/12/20)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第4回 着うた・着メロを入手する/手持ちの楽曲を着信音にする
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第4回では公式サイトから着信音を入手する方法や、手持ちの楽曲を着信音に設定する方法を紹介する。(2012/8/29)

エムティーアイ、24時間自由に聴ける無料サイマル放送ラジオアプリ「ListenRadio」
エムティーアイが、音楽番組に特化した24時間自由に聴ける無料ラジオアプリ「ListenRadio」を配信。邦楽・洋楽・アニソン・K-POPの最新曲/ヒット曲を楽しめる。(2012/4/27)

PSゲーム音楽は「PlayStation Game Music」にまかせろ
SCEは12月14日より、PSフォーマット全般の音楽コンテンツを配信する「PlayStation Game Music」をスタートする。PS3効果音や「FF XIII-2」の楽曲も配信開始。(2011/12/14)

UIは使いやすい? バッテリーの持ちは?:
写真で解説する「Windows Phone IS12T」(ソフトウェア編)
これまでのWindows Mobileからまったく新しいOSに生まれ変わったWindows Phone 7.5。この最新OSを搭載した「Windows Phone IS12T」ではどんな操作感を実現しているのか。UI、Peopleハブ、ブラウザ、文字入力、バッテリー管理、アプリなどの詳細をまとめた。(2011/7/28)

「IS03」ロードテスト:
第2回 地下鉄で聴ける? 音質やバッテリーはどう?――IS03で「LISMO WAVE」を聴いてみた
auケータイやAndroid端末で、全国のFMラジオを聴ける「LISMO WAVE」が開始された。アプリの使い勝手や音質、バッテリーの持ちはどうか。IS03を使って試してみた。(2011/2/15)

リリースダイジェスト(4月24日)
“iPhone+携帯電話”の収納にも対応したケースの紹介や、京急の「駅メロディ」の着うた配信、旭山動物園のライブ映像などが楽しめる有料サイトの開設など。(2009/4/24)

リリースダイジェスト(4月6日)
グリーンハウスの全携帯キャリア対応のUSB充電ケーブル、オンラインRPG「双剣舞曲オンライン」の正式サービス、ファンタジーRPG「シュリン大陸記2 煉獄の王太子」など。(2009/4/6)

開発陣に聞く「830N」:
若者目線で取り組む挑戦、直感的な「何か、いいね」を目指して──「830N」
薄型のスライドボディに多くの機能、さらに何かをくすぐる細かい機能を凝縮し、“何か、いいね”を目指したNEC製の「830N」。何が「いいね」なのか、ソフトバンクの若年ユーザーに何を訴えたいのか。NECの830N開発チームに聞いた。(2009/2/20)

au向け着うたフルプラスサイト「music.jp フルプラス」開始
(2009/1/31)

写真で解説する「830N」
NEC製の「830N」は、ディスプレイが円を描くように開く“アークスライド”と13.9ミリの薄型ボディが特徴のスライド端末。小型ボディにフルワイドVGA液晶や320万画素AFカメラ、ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothなどを備え、モバイルウィジェットにも対応する充実した機能を特徴とする。(2009/1/30)

価格は? 対応機種は?――着うたフルプラスの“ここ”が知りたい
Walkman Phone, Xminiの発売と同時にKDDIが開始する「着うたフルプラス」はどんなサービスなのだろうか。着うたフルとの違いやPC連携機能などをチェックした。(2008/12/10)

京急が「駅メロディ大募集」企画実施──携帯でも応募可
(2008/7/15)

アニメ映画「秘密結社鷹の爪THE MOVIE II」の着ボイス、待受Flash配信
(2008/5/23)

女性編集長のホンネ対談:
2人の編集長が語る“Web媒体の魅力”――GLOBIS.JP×Business Media 誠
「GLOBIS.JPの編集長に初めてお会いしてビックリしました。だって、自分を鏡で見るような人だったんだもん……」。同じ年、経てきたキャリアも似た者同士の出会いが決め手で始まった、GLOBIS.JPと誠の記事の相互掲載。2人が考えるWeb媒体の魅力や可能性、そして女性編集長として思うこととは?(2008/5/14)

GLAYニュー・シングルのイントロ着うた、無料で期間限定配信
(2008/4/28)

mixiやYouTubeで新作ドラマ無料配信 CM収益、再生回数に応じて分配
ミクシィが製作委員会に参加してドラマを製作。mixiやYouTubeなど7サイトで2分間のドラマを毎日配信する。広告収益は、配信回数に応じて各サイトに分配する。(2008/4/17)

“ホワイト学割”ユーザーは公式サイト利用料半額──MTI、「携帯サイト学割」開始
(2008/4/1)

英語バージョンの『クリスマス・イブ』待ちうた、期間限定無料配信
(2007/11/22)

「ケータイ小説をもっとメジャーに」――オリコンなどが投稿サイト
オリジナル小説を投稿できる携帯サイトを、オリコンなどが開設する。コンテストを通じて新人作家を発掘するほか、作品の映像化も検討。人気ケータイ小説作家の作品も読める。(2007/11/22)

microSD購入とサイト入会で好きな着うたフルあげます──MTIとハギワラが共同キャンペーン
(2007/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。