ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nile」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nile」に関する情報が集まったページです。

メイドインジャパンの現場力(24):
VAIOの技術力を継ぐ自動飛行ドローン、その生産現場を見る
農業用ドローンを開発するナイルワークスとVAIOは2019年5月24日、ナイルワークスが開発する完全自動飛行ドローン「Nile-T19」の出荷式を開催。同製品の量産を担当するVAIO安曇野工場と飛行検査の様子が公開された。(2019/5/28)

モノづくり最前線レポート:
PCだけじゃない、VAIOが目指すロボット製造での勝算
VAIOは2018年11月13日、都内で経営方針発表会を開催。これまでの活動を振り返るとともに2019年以降の取り組みの方向性について説明した。(2018/11/14)

次世代オフィス探訪記:
全世界4000万DL「CocoPPa」開発の地 ユナイテッドの新オフィスに行ってみた
「こんなところで働いてみたい」と思わせるユニークなオフィスを紹介していく「次世代オフィス探訪記」。第7回は、全世界で4000万ダウンロードを突破した“スマホ着せ替え”アプリ「CocoPPa」を手掛けるユナイテッドの新オフィスを紹介します。(2015/6/12)

東方不敗(享年49歳)死亡から20年 ハッシュタグ「東方不敗20周忌」が話題に
関東ではテレビ朝日で金曜夕方5時からの放送でした。(2015/3/3)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

低価格ノートにRadeon HDの恩恵を:
5万円切りの11.6型モバイルノート――「Inspiron M101z」を試す
携帯性と操作性のバランスを考えると、11型クラスのモバイルノートPCはなかなかよい選択に思える。でも予算がない? それなら約5〜6万円の“M101z”はどうだろうか。(2010/12/29)

2010年PC秋冬モデル:
AMDの超低電圧版CPU搭載モバイルノートPC──「Inspiron M101z」
デルより、11.6型サイズの“Nile”プラットフォーム採用モバイルノートPCが登場。重量1.56キロ、6時間動作を実現する。価格は4万9800円から。(2010/10/5)

2010年PC夏モデル:
AMDの最新プラットフォームモデルも登場──「FMV LIFEBOOK PH」
従来の「FMV-BIBLO R」と「FMV-BIBLO LOOX C」が2010年夏モデルのブランドチェンジで「FMV LIFEBOOK PH」に統合。AMDプラットフォームモデルも登場した。(2010/6/9)

“Nile”という新しい選択肢:
デルの“一味違う”低価格モバイルノート――「Inspiron M301z」を駆る
「Inspiron M301z」は、AMDの超薄型ノートPC向け新プラットフォーム“Nile”を採用した低価格モバイルノートPC。その気になる性能をじっくりチェックする。(2010/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
デバイスマネージャーでチェックする「次世代 Eee PC」
Eee PadやEee Tabletに注目が集まりがちなCOMPUTEX TAIPEI 2010のASUSノートPC。しかし、主力のEee PCラインアップも着実に進化しているようだ。(2010/6/4)

AMD、CPU+GPUのハイブリッド製品を2011年にリリース
AMDは2010年に初のデスクトップPC向け6コアプロセッサを、2011年にCPUとGPUを組み合わせたAPU製品の第一弾を投入する。(2009/11/12)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。