ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ノギス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノギス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(3):
幾何公差の“目的”とは何か?
機械メーカーで機械設計者として長年従事し、現在は3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者が公差計算や公差解析、幾何公差について解説する連載。第3回のテーマは「幾何公差の“目的”とは何か?」だ。(2019/5/8)

JIMTOF2018:
高精度X線CTに測定データ一元管理――カールツァイスの検査ソリューション
Carl Zeiss(カールツァイス)は「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、同社の工業用X線CTや測定データ管理ソリューションなどを訴求した。(2018/11/7)

A&D、測定データをワイヤレスでPCに転送できるデジタルノギス
A&Dは、測定したデータをワンボタンでPCに転送できるワイヤレスデジタルノギス「AD-5767-150S」を発売する。(2017/11/29)

IoT時代の中小企業モノづくり(1):
中小企業でIoTするなら、改善ネタを探しなさい
「明るく楽しいモノづくり」を提唱するコンサルタント関伸一氏が考える、中小企業ならではのIoTのやり方とは? 第1回は、二極化している中小企業のIoTへの取り組みと、IoTネタの探し方について考えてみる。(2017/11/1)

室内ドアに鍵を取り付けたい! どんな方法があるの?
DIYでドアに鍵を取り付けるときに抑えておくべきポイントは?(2017/10/26)

DMS2017まとめ:
外資CADベンダー各社の“推し技術”に違いあり、ポリゴンとソリッドの歩み寄りも
2017年6月21〜23日、東京ビッグサイトで開催された「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」に出展していた、外資系の主要CADベンダーや国産CADベンダーの展示製品や傾向について、IoT(モノのインターネット)、AR/VRといった技術キーワードも交えて紹介する。(2017/7/10)

FAニュース:
「デジタル化、遅れた社内は、紙ってる」――第3回 現場川柳大賞が決定!
オプテックスFAは、2016年10月3日〜12月11日にかけて募集していた「現場川柳」の受賞作品を決定し、発表した。大賞は「デジタル化、遅れた社内は、紙ってる」が受賞した。(2017/1/26)

寸法を実感する! 測定講座(7):
寸法測定をする前に確認したい基本的なこと
幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく本連載。第7回は筆者の考える、製品化の段階とそのフェーズにおける、寸法測定の目的や方法について解説する。(2016/11/16)

寸法を実感する! 測定講座(6):
位置公差、輪郭度、振れ公差の測定はどうやるのか
今回は複合位置度公差について解説した後、位置公差、輪郭度、振れ公差の測定方法について説明する。(2016/8/12)

寸法を実感する! 測定講座(5):
主人公なのに影が薄い位置度と、とにかくキョーレツな輪郭度
幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく本連載。第5回は位置までを規制する「位置公差」について説明する。(2016/7/6)

寸法を実感する! 測定講座(4):
幾何公差の本領発揮! データムを使った姿勢公差と測定
幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく本連載。第4回はデータムと関連する姿勢公差について解説する。(2016/6/9)

寸法を実感する! 測定講座(3):
データムの測定はどうすればいいの?
幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく本連載。第3回はいよいよデータムの測定について解説する。(2016/4/28)

CAD読み物:
3Dスキャナでリバースエンジニアリングしよう
今回は3Dスキャナを用いたリバースエンジニアリングの活用法を紹介します。(2016/4/13)

寸法を実感する! 測定講座(2):
幾何公差と寸法公差、測定方法は何が違うの?
幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく本連載。第2回は幾何公差と寸法公差での測定方法の違いについて解説する。(2016/3/24)

FAニュース:
「ライバルは、昔同期で、今はロボ」――第2回 現場川柳大賞が決定!
オプテックスFAは、2015年10月3日〜12月13日まで募集していた「現場川柳」の受賞作品を決定し、発表した。(2016/1/22)

AF機能などで測定作業者の個人誤差を軽減:
Z軸を電動制御、測定顕微鏡の作業性を向上
ミツトヨは、「第33回 エレクトロテスト・ジャパン」で、オートフォーカス機能によりピント調整を自動で行えるZ軸モータードライブ測定顕微鏡「MFシリーズ/MF-Uシリーズ」などをデモ展示した。(2016/1/21)

ママさん設計者がやさしく教える「図面の読み描き超入門」(6):
「設計から製図までチャレンジしてみよう」の巻
図面にも触れたことのないような初心者を対象とした、図面の読み方・描き方講座。お題をクリアしながら、解説を読み進めていくことで、いつしか図面の読み描きができるようになる! 今回は、集大成として設計から製図までの一連の作業に挑戦する。(2016/1/8)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
2015年はどんな記事がよく読まれたか? メカ設計編
師走。(2015/12/15)

ママさん設計者がやさしく教える「CNCフライス超入門」(6):
切削加工に必要な9つのモノと完成の喜びと、気まぐれでそっけないアイツ
ファブレスメーカーのママさん設計者がCNCフライスの特長や魅力、使い方を分かりやすく解説する連載。第6回はいよいよ最終回! 必要な物をそろえて、いよいよ切削加工の本番へ。完成品はもちろんネコさまにチェックしていただく。(2015/9/25)

1つの出会いから新たなモノづくりが始まる:
“あのミニ四駆”を作ったのは、多摩地域のモノづくり軍団だった!
タミヤの「ミニ四駆」とパーソナルファブリケーション技術を融合させたカスタマイズレース「Fabミニ四駆カップ 2015 Spring」の会場で、ひときわ異彩を放っていた「THE HAND」。走りながら指をカタカタと動かすマシンを作ったのは、多摩地域を拠点に活動するモノづくり軍団(ウォリアーズ)、ネクスメディアとギフトテンインダストリの混成チームだった。(2015/7/7)

まずは自分の手で描いてみる:
ママさん設計者がやさしく教える「部品図の描き方超入門」
ファブレスメーカーのママさん設計者が製図初心者向けに、「部品図」の描き方を分かりやすく解説。机上の学習も大切だが、実際に自分の手で図面を描いてみることが何よりも大切だ!(2015/5/28)

電子ブックレット(メカ設計):
そうだ! ノギスを使おう
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、人気記事「ノギスの使い方」をお届けします。(2015/4/30)

MacBookとは違うCore Mマシンの可能性に挑む:
これがキーボード着脱式モバイルPCの最前線だ――「ASUS TransBook T300 Chi」徹底検証(使い勝手編)
タブレットとノートPCを1台に集約した2in1は、幅広い用途をカバーできるが、ともすれば中途半端な製品になりがちだ。キーボード着脱式の2in1で薄さを徹底追求したという「ASUS TransBook T300 Chi」は、ユーザーの期待に応えてくれるだろうか?(2015/4/23)

FAニュース:
インフラの保守点検向けに小型・軽量の超音波厚さ計を発売
東京計器は、超音波厚さ計の新製品として、小型・軽量の「UTM-110」を発売する。データロガーを内蔵し、本体に1000件の測定結果を記録できる。(2015/4/16)

撮影してからピント合わせが可能:
3Dカメラと美しい有機ELを備えた“世界最薄”Androidタブレット――「Venue 8 7000」徹底検証
デルの「Venue 8 7000」は、高精細な8.4型有機ELディスプレイ、撮影後にピント合わせができる3Dカメラを搭載し、6ミリ厚という世界最薄ボディに仕上げたAndroidタブレットだ。その実力をチェックする。(2015/3/25)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
設計初心者に読んでほしい非IT系入門記事
職場の新人さんへの説明用として、または「コッソリ読む用」としてご利用ください。(2015/3/3)

しろうと向けです:
ノギスの使い方
ノギスの使い方の「超基本」について説明します。(2015/2/10)

3Dモデラボ通信(12):
写真で振り返る「Maker Faire Tokyo 2014」
3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。今回は「Maker Faire Tokyo 2014」の様子をフォトリポート風に取り上げたモデラボBLOGと、人気クリエータ&作品ランキングを発表します!!(集計期間:2014年11月10〜25日)(2014/11/26)

3Dモデリングコンテスト:
「夏といえば?」をカタチに、「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」結果発表
総データ数156(全144作品)と非常に多くの作品が寄せられた「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」の審査がようやく完了した。果たして3Dプリンタやワークステーションが贈られる優秀賞は誰の手に!?(2014/9/29)

手間もコストもかかる取説作成、短納期で安価に――「取説クラウドソーシング」登場
作成するのに多大な手間やコストがかかる取扱説明書、外注が速く安く請け負います――。パソナテックがクラウドソーシングの新サービスを開始。取説をオンライン化し、簡単マニュアル作成ツールを導入することで実現した。(2014/4/25)

パーソナル3次元プリンタ入門(8):
3DプリンタでiPhoneケースを造形しよう
作成したiPhoneケースの3次元モデルをパーソナル3Dプリンタの「Replicator」で出力! さてちゃんとiPhone5にはまるかどうか……。今回、最終回! 筆者が作った3次元モデルもゲットできる。(2013/9/25)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(2):
画像処理でできること
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第2回のテーマは「画像処理でできること」です。画像処理の利用が最も盛んな工場での製造工程を例に、「GIGI」というキーワードに沿って解説していきます。(2013/8/23)

エイプリルフール企画のその後:
おばかモノづくりグッズを販売してしまった件
MONOistのエイプリルフール企画で作った製品の一部を売ることになった。ビジネスはひとまず置いておいて、まずは楽しむ! 中小製造業のデザフェス参戦記。(2012/5/28)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(11):
お気軽だけど侮れぬ。3Dスキャナで遊んでみた
3次元スキャナでぱぱっとデータを取り込んで、即、3次元出力! ……とはいかず、実はデータ修正に手間が掛かっているわけです……。(2012/4/27)

ガイガーカウンターガイド:
ガイガーカウンター比較――中国製「RAY-2000」と米国製「CD V717」 そして自作のメリット、デメリット
ガイガーカウンターの性能や使い勝手などを比較するガイガーカウンターガイド。第4回の今回は、中国製「RAY-2000」と米国製「CD V717」を紹介。さらに自作のメリット、デメリットを考えてみよう。(2011/7/20)

ガイガーカウンターガイド:
ガイガーカウンター比較――中国製「FJ2000」とロシア製「GAMMA」
ガイガーカウンターの性能や使い勝手などを比較するガイガーカウンターガイド。第3回の今回は、中国製「FJ2000」とロシア製「GAMMA」の2機種を紹介する。(2011/7/8)

ガイガーカウンターガイド:
ガイガーカウンター比較――TERRA-P MKS-05
「TERRA-P MKS-05」は、チェルノブイリ原子力発電所が残るウクライナのECOTEST製で、β線とγ線が検出できる。操作ボタンが2つと非常にシンプルなガイガーカウンターだ。ロシア製、ウクライナ製の製品は総じてつくりがよいが、なかでもTERRA-Pの完成度は特に高い。(2011/7/4)

ちょっと気になる入力デバイス:
コロコロ、ときどき、プチプチ――レノボ「ミニワイヤレスキーボードN5901」
ユーザーに身近なキーボードとマウスは、星の数ほど発売されている。その中から、気になる一品を360度チェックする本連載。今回のお題はレノボの変化球「N5901」だ。(2011/1/27)

VAIO Z ロードテスト:
第3回 なぜ、VAIO Zに「USB 3.0」ないの?
VAIO Zに「USB 3.0」が標準装備だったらなぁ──。そんな声も聞こえる。それなら増設してしまおう。ExpressCard/34対応USB 3.0増設カードを4製品導入してみた。(2010/6/10)

VAIO 2009年冬モデルロードテスト:
第10回 “ナントカの向こう側……”へ行ってしまった「VAIO T」のUSBポート
メインとして使えるモバイルノートPC「VAIO T」を、しばれる札幌の野外で使う。少しはアレっぽくといわれたので、たいそう無理して“それ系”なところに行ってみた。(2010/2/9)

Core 2 Duo搭載で平均9.99ミリ厚:
“世界最薄”モバイルノート「Adamo XPS」の秘密に迫る
圧倒的な薄さと独創的なボディデザインが目を引く「Adamo XPS」。話題性は高いが、本当のところ実用に足るモバイルノートPCなのか? 一足先に海外版をチェックした。(2009/11/20)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(3):
不確かさを残さない寸法測定方法はあるのか
丸い形状の断面が真円かどうかを判定したい場合、あなたならどうする? とにかく測定個所を増やしていけば何とかなりそう?(2009/3/11)

“ちょっといいな”が見つかるPC周辺機器特集:
PR:ワイヤレスで小型のデキルやつ
普段PCを使っていて、キーボードやマウスの細長いケーブルに悩まされている人は意外と多いのではないだろうか? そんなアナタに最適な製品が、あのサンワサプライから舞い降りた……。(2006/12/26)

CEATEC JAPAN 2006:
世界最薄、0.99ミリの携帯用ディスプレイを展示――東芝
半導体ゾーンの東芝ブースでは、東芝松下ディスプレイテクノロジーが開発した世界最薄の携帯用低温ポリシリコンTFT液晶を展示中だ。厚さはなんと0.99ミリ。(2006/10/6)

ちょっとレトロでかっこいいレンズ回転式デジカメ――Optio X
久々に個性の強い、ユニークなデジカメが登場した。「Optio X」である。レンズ回転式、沈胴式3倍ズームと500万画素というスペックだが、それだけでは表しきれない、いろんな要素が詰まったデジカメなのだ。なので今回はちょっと長めのレビューです。(2004/10/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。