レビュー
» 2020年11月20日 06時00分 公開

「iPhone 12 Pro Max」のカメラをじっくりと試す 12 Proや11 Proとの違いは? (1/5)

iPhone 12 Pro Maxがいよいよ発売された。iPhone 12 Pro Maxのカメラ機能に注目している人も多いだろう。そこで今回はiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを比べつつ、そのカメラ機能について評価した。

[荻窪圭,ITmedia]
iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro Max(向かって左)とiPhone 12 Pro(向かって右)。白いと余計大きく見えますな

 iPhone 12/12 Proから3週間遅れて登場したiPhone 12 Pro Max(以下、12 Pro Max)。画面がでかいからMax……と思いきや、実はカメラユニットもでかい。

 気になったのでノギスでざっと測ってみた。ボディーからカメラがどれだけ出っ張っているか。

 12 Proは約1.8mmの出っ張り。カメラ部がそれだけ出っ張っているわけである。それが12 Pro Maxになると2.65mmの出っ張りになるのだ。12 Pro Maxの方が「カメラユニットが分厚い」のである。

iPhone 12 Pro Max つい気になったのでカメラ部の出っ張りをノギスで測ってみた

12 Pro Maxのカメラが分厚い理由

 しかも3つあるカメラの位置も違う。

iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro Maxと12 Proは広角カメラと望遠カメラの位置が逆になっている。だからどうというわけではないけど

 なぜ12 Pro Maxのカメラユニットは分厚いのか。違いは「広角カメラ」と「望遠カメラ」にある。

 広角カメラは12 Proも12 Pro Maxも「35mm判換算で26mm相当」。でも12 Proより12 Pro Maxの方がセンサーサイズがちょっと大きい。センサーサイズを上げながらそれ以外のスペックを同じにするにはレンズ部も大きくなる。特に「実焦点距離を長くする」必要がある。

 具体的には、12 Proの実焦点距離は4.2mm、12 Pro Maxの実焦点距離は5.1mm。まあ、分厚くもなるよね、と。

 で、写りは違うかというと、少なくとも晴天下での順光の被写体では差はない。厳密に言えばあるのかもしれないけど、普通の人がガン見しても違いは多分分からないし、私も有意な差は感じない。

iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro Maxでいつものガスタンク
iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Proでいつものガスタンク

 もう1つの望遠カメラは違いが分かりやすい。12 Proは35mm判換算で52mm相当(実焦点距離は6mm)。12 Pro Maxは35mm判換算判換算で65mm相当(実焦点距離は7.5mm)。

 12 Pro Maxの方が分厚くもなるよね。

iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro Maxのカメラ画面。望遠カメラが「2.5x」になっているのが大きな違い

 見て分かる通り、12 Pro Maxの方がちょっと望遠である。

 iPhone 11系と12系の基本的な画質差は前回のレビューで書いたので、今回はPro系ならではの違いをチェックするのだが、11 Proの望遠カメラは前回見ていなかったのでここで登場。

 11 Proと12 Proの違いだけど、12 Proの方が色がはっきりしていてディテールもくっきりしている。

iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro Maxの2.5x望遠。レンズはF2.2とほんのちょっとスペックが落ちたが、実使用上は気にならない
iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Proの2x望遠
iPhone 12 Pro Max iPhone 11 Proの2x望遠

 せっかくなので超広角カメラも。これは12 Proも12 Pro Maxも恐らく同じだ。

iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro Maxの0.5x超広角カメラで撮影
iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Proの0.5x超広角カメラで撮影
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう