ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オークローンマーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オークローンマーケティング」に関する情報が集まったページです。

業績好調の企業ほど顧客体験に注目:
「C Channel」「パーソル」「ショップジャパン」――顧客体験の向上へ、デジタル変革先進企業がやっていること
顧客への良質な体験の提供は企業が成長するための第一歩。それを実現するために欠かせないのがデジタル変革だ。急成長中のスマホ動画アプリ「C Channel」提供企業をはじめとする先進事例に学ぶ。(2017/6/8)

高音質通話にタップレス発信、スマート領域も充実――ドコモ16年夏モデルは「サービス」で差別化
ドコモが2016夏モデルの発表会を開催。新端末よりも新機能、サービス、グループ会社の商品に多くの時間が割かれ、盛りだくさんかつ、サービス事業の強化を印象づける内容だった。(2016/5/16)

ドコモ光も好調:
4年ぶり増収増益のドコモ、新ARPU導入の背景 2年縛り見直しとMVNOの影響とは?
4年ぶりに増収増益の決算を発表したドコモ。2台目需要でタブレット販売が伸びたほか、新料金の浸透でパケット収入が伸びたほか、スマート領域の事業も順調に推移した。(2015/7/30)

最重要課題はスマホユーザー基盤の拡大――第3四半期増収減益のドコモ
2012年度第3四半期の業績が増収減益となったドコモ。番号ポータビリティのポートアウト増加で悪化する解約率の改善を図り、スマホユーザーの基盤を拡大することが最重要課題とした。(2013/1/31)

ドコモ、「dショッピング」を12月19日にスタート――総額1億ポイントをプレゼントするキャンペーンも開始
NTTドコモは、スマートフォンやタブレットから買い物ができるdショッピング」を12月19日にオープンする。食品や日用品のほか、傘下のらでぃっしゅぼーやオークローンの商品も取り扱う。(2012/12/18)

スバヤイサーが買える:
テレビ画面に電子透かし、初の実証実験を通販番組で
三重テレビ放送、オークローンマーケティング、NTTの3社は、テレビの通販番組とインターネット上の情報をスマートフォンでつなぐ実証実験を行うと発表した。(2012/12/6)

減収増益のドコモ、スマートフォン好調で“変革とチャレンジ”に手応え
2010年度第2四半期の決算が増収増益となったドコモは、スマートフォンの投入効果で純増数やパケット収入が増加。新規分野も機軌道に乗り始めるなど、今後の成長に向けた明るい兆しが見えてきた。(2010/10/29)

中期ビジョンの実現に向け「何としてもパケットARPUを上げたい」――ドコモの山田社長
量的成長から質的成長への転換を目指す「中期ビジョン」の発表から、ちょうど1年後にあたる今回の決算会見。NTTドコモの山田社長は中期ビジョンの実現に向け、「何としてもパケットARPUを上げ、2011年に音声ARPUとパケットARPUの逆転を目指す」と意気込んだ。(2009/10/30)

「動画のドコモ」を目指す――ドコモの山田氏
2009年度第1四半期の決算会見に登壇したNTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏が、決算の概況を説明。営業利益増のカギとなるパケットARPUの引き上げを目指して、携帯向け動画に注力するとした。(2009/7/30)

5分で分かる、先週のモバイル事情――4月4日〜4月10日
KDDIがau design projectを発展させた新ブランド「iida」を発表。イー・モバイルは、上りの通信速度を最大5.8Mbpsに高速化し、対応端末を4月17日に発売する。3月の携帯電話の契約数は、大手3キャリアがそろって20万超の純増を達成。ドコモは通販大手のオークローンマーケティングを買収し、新たな市場の開拓を目指す。(2009/4/13)

オークローン買収:
「携帯と親和性高い」――“通販”に注力するドコモ
NTTドコモが4月6日、通販番組を展開するオークローンマーケティングを買収することを明らかにした。通販とモバイルサービスとの親和性に注目し、将来的には“携帯ならでは”の通販のあり方を模索していくという。(2009/4/6)

ドコモ、「ビリーズブートキャンプ」ヒットのテレビ通販会社を買収
ドコモがテレビ通販会社・オークローンマーケティングを310億円で買収。(2009/4/6)

ドコモ、テレビ通販のオークローンマーケティングを買収
NTTドコモが、テレビ通販を手がけるオークローンマーケティングを買収すると発表。モバイルeコマース市場とテレビ通販市場の活性化を目指す。(2009/4/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。