ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OATH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Open Authentication Reference Architecture

-こちらもご覧ください-
OATHが目指す“信頼”の形 − @IT

関連キーワード

パスワードはもはや時代遅れ:
MicrosoftがAzure ADで「FIDO2」対応、パブリックプレビュー開始
Microsoftは「Azure Active Directory」(Azure AD)で、「FIDO2」セキュリティキーのサポート機能のパブリックプレビュー版の提供を開始した。パスワードレス認証がまた一歩前進した形だ。(2019/7/12)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
SMS認証の仕組みと危険性、「TOTP」とは? 「所有物認証」のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回はパスワード以外の「所有物認証」について。(2019/4/8)

B2Bや高額商材の広告と親和性:
「日経電子版」のオーディエンスデータを活用した動画DSP、Verizon Mediaが提供開始
Verizon Media(旧Oath)は日本において、「日経電子版」のオーディエンスデータを活用した動画DSPの提供を開始した。(2019/2/7)

TumblrのiOSアプリ、App Storeから消える
TumblrのiOSアプリがApp Storeから消え、2日経った18日現在でも復活していない。理由は明らかになっていないが、「不適切なコンテンツの影響では」との見方もある。(2018/11/19)

国内外へ生中継:
PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施する。(2018/11/12)

AOLと米Yahoo!統合企業「Oath」、「Verizon Media Group」に
Verizon傘下でEngadgetやHuffPostなどを擁するメディア企業「Oath」が2019年1月1日からVerizonの一部門「Verizon Media Group」になる。(2018/11/6)

Verizon傘下のメディア企業Oath、CEO交代へ
Verizon傘下で、AOLとYahoo!のメディア事業を統合して新メディア企業Oathを立ち上げたティム・アームストロングCEOが退任し、現COO兼社長のグル・ゴーラッパン氏が後任になる。(2018/9/13)

広告主と媒体社それぞれにサービス提供:
Oath、広告テクノロジーを統合した新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表
Oath Japanは、新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表した。(2018/9/11)

8社のメディアパートナーと連携:
電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点でコンテンツマーケティングを統合・高度化するサービス「People Driven Content Marketing」を提供する。(2018/5/25)

写真共有のFlickrをOathがSmugMugに売却、当面は現状維持
オンライン写真サービスのFlickrを写真共有サービスのSmugMugがVerizon傘下のOathから買収した。Flickrのブランドとサービスは少なくとも当面は現状のままで、将来的にはログインに米Yahoo!へのログインが不要になる見込みだ。(2018/4/22)

IBM Think 2018 Report:
VerizonやRBC、北米の老舗企業がクラウドとWatsonで勝ち組に
今週、IBMはWatsonやクラウドをはじめとする、すべてのブランドを集結させた初のカンファレンス、「IBM Think 2018」をラスベガスで開催している。ロメッティCEOは、IBM CloudとWatsonで変革を進めるVerizonやRBCをステージに引き上げた。(2018/3/22)

新プログラムでGoogleはIT担当者の信頼を得られるか
Googleが太鼓判を押すビジネス端末「Android Enterprise Recommended」、対象デバイスは?
Googleの新プログラムでは、一定の基準を満たしたデバイスを承認し、Androidの定期的なセキュリティアップデートを提供するとともに、一貫した管理性を実現する。(2018/3/2)

インスタントメッセンジャー「AIM」が終了
20年の歴史に幕。(2017/12/17)

米Yahoo!とMozilla、2014年締結の検索契約めぐり訴訟合戦
Mozillaが「Firefox Quantum」の米国でのデフォルト検索エンジンをYahooからGoogleに一方的に切り替えたとして米Yahooとその親会社であるOathがMozillaを提訴したが、Mozillaは打ち切りは2014年の5年契約の条件に沿ったものだとして反訴した。(2017/12/8)

Tumblrのデビッド・カープCEOが辞任を発表
2007年にソーシャルブログサービスTumblrを立ち上げたデビッド・カープCEOが、来年同社を去ると発表した。(2017/11/28)

インスタントメッセンジャー「AIM」終了 20年の歴史に幕
さようならAIM。(2017/10/7)

メッセージングのAIM、2017年12月15日に20年続いたサービス終了へ
90年代に一世を風靡したメッセージングサービスAIM(AOL Instant Messenger)が、2017年12月15日にその歴史を閉じる。(2017/10/7)

米Yahoo!の情報流出、全ユーザー・30億人が被害 調査で判明
米Yahoo!の全ユーザー情報・30億人分が、2013年に流出していたことが分かった。(2017/10/4)

「Yahoo!アドパートナー」の広告枠に配信:
Oath Japan、Yahoo!アドエクスチェンジとの接続を開始
Oath Japanは、同社の広告配信プラットフォームとヤフーの広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」を接続し、「Yahoo!アドパートナー」の広告枠に向けた配信を開始した。(2017/7/24)

AOL日本法人、「Oath Japan」に社名変更
AOLプラットフォームズ・ジャパンが、社名を「Oath Japan」に変更。(2017/6/21)

米Yahoo!のVerizonへの主要事業売却完了へ
米Yahoo!が2016年7月に発表したニュースやメールなどの主要事業のVerizonへの売却がようやく6月13日に完了する。Verizonはこの事業を傘下のAOLと統合し、Oathという新会社にする計画。約2100人がリストラされるといううわさもある。(2017/6/9)

次期の「3つの方針」も発表:
ヤフー、初の営業減益 アスクル火災が思わぬ打撃
ヤフーが2016年度通期の連結決算を発表。売上高は過去最高を更新したが、通期としては初の営業減益に。アスクル関連の反動減と、物流センター火災の損失が影響した。広告事業はスマホ向けが好調。(2017/4/26)

Verizon、買収する米Yahoo!とAOLを統合し、新会社「Oath」に
Verizonは、買収する米Yahoo!の主要事業とAOLを統合し、社名を「Oath」(宣誓、などの意味)とする。AOLのアームストロングCEOがそうツイートした。(2017/4/4)

HPE、多要素認証基盤を刷新 生体認証も本格展開へ
リモートアクセス、FinTech、クラウドサービスなどの安全な認証が求められるシステムを容易に多要素認証化する「IceWall MFA Ver.4.0」発売。併せてコンサルティング体制を強化し、FIDO準拠生体認証システムの構築サービスも開始する。(2017/1/30)

「暦物語」アニメ化決定! 1月9日より公式アプリ内での配信
短編連作をアプリ独占配信。録りおろしキャラボイス付き日めくりカレンダー機能も。(2015/12/10)

「Simeji」にプレミアムサービス登場――専門辞書やマルチデバイスに対応
バイドゥの「Simeji」に、変換機能を向上させマルチデバイス利用に対応する「プレミアムサービス」が追加されることが分かった。(2015/4/2)

OSSによるアイデンティティ管理(2):
不正ログインを食い止めろ! OpenAMで認証強化
多発するパスワードリスト攻撃による不正ログインに対しては、リスクベース認証やワンタイムパスワード認証を含む多要素認証が効果的です。今回はオープンソースのアクセス管理ソフトウェアであるOpenAMの概要と、OpenAMが提供するリスクベース認証(アダプティブリスク認証、デバイスプリント認証)、ワンタイムパスワード認証(OATH/YubiKey認証)について解説します。(2013/10/23)

第4回「OpenAMコンソーシアムセミナー」レポート:
企業で、大学で、クラウドで……広がるOpenAMの導入
OpenAMコンソーシアムが4月12日に開催した第4回「OpenAMコンソーシアムセミナー」では、国内における導入事例やその際のポイント、OpenAM最新版の機能などが紹介された。(2013/4/26)

パスワードマネージャやOTPを実現:
シングルサインオンをモバイル環境にも、日本HPが機能拡張
日本ヒューレット・パッカードは1月23日、Webシングルサインオン製品「HP IceWall SSO」の機能を強化し、スマートフォン向けの認証を実現する「HP IceWall SSO モバイルソリューション」を発表した。(2013/1/24)

クラウドのセキュリティを考える【第8回】
クラウド時代を乗り切る認証強化の勧め
クラウドの普及でアクセス端末や方法が多様化する中で、正規ユーザー認証の重要性が再びクローズアップされている。ベリサインにクラウド時代の認証について聞いた。(2011/3/28)

NEWS
ベリサイン、多様化するビジネスニーズに対応したクラウド型ワンタイム認証サービス
二要素認証を実現するワンタイムパスワードサービスを、クラウド型で提供。マルチデバイスに対応し、複数サービス間でのトークン共有を可能とした。(2010/9/8)

日本ベリサイン、ワンタイムパスワード認証サービスを企業向けに提供
ベリサインは、オンラインサービス事業者向けに提供しているワンタイムパスワード認証サービスを、リモートアクセス用途として企業向けにも提供する。(2010/9/7)

今アツい? iPhoneで物件探し
日中は街を歩き回り、夜はPCで物件検索――そんなスタイルを変え、街を歩きながら不動産物件検索ができるスマートフォン向けアプリが増えている。ここではiPhone向けアプリ3種類を紹介しよう。(2010/8/26)

これだけ読めば大丈夫!?:
「E3 2010」まとめてみました(後編)
ロサンゼルスで開催された世界最大のゲームExpoを振り返る前後編。前編に引き続き、カンファレンスから今後の情勢を推測します。(2010/6/28)

オープン認証規格「OATH」が第二歩を踏み出す
日本ベリサインは、業界標準を目指すユーザー認証仕様「OATH Reference Architecture」の新版を発表した。(2007/9/21)

エントラスト、低価格のOTPハードウェアトークンを自社ブランドで発売
エントラストは、ワンタイムパスワード(OTP)のハードウェアトークン「Entrust IdentityGuard Mini Token」を2500円という低価格で発売する。(2007/6/22)

「一番の脆弱ポイントはユーザー」――ベリサインがオンライン詐欺検出サービス
日本ベリサインはオンライン取引向けの認証ソリューション「VIP」の概要を説明するとともに、最近のオンライン詐欺の脅威について紹介した。(2006/12/6)

リネージュII、「NET CASHで新アイテムGet!」キャンペーンを開催
(2006/9/12)

リネージュII、大規模アップデート「クロニクル5」を実装
(2006/9/12)

G-Tune、Core 2 Duo搭載の「リネージュII」推奨PC3モデル
MCJは、ゲーマー向けブランド「G-Tune」より、オンラインRPG「リネージュII」推奨となるCore 2 Duo搭載のデスクトップ2モデル/ノートPC1モデルを発表した。(2006/9/12)

渋谷が「リネージュII」一色に――「クロニクル5」実装記念イベントが開催
“渋谷で何かが起きる!”と銘打った、エヌ・シー・ジャパンが運営するMMORPG「リネージュII」のイベントが行われた。タレントの安めぐみさんと浜田翔子さんによるトークショウなど、大いに盛り上がったイベントの様子をお届けする。(2006/9/11)

新ボス「フリンテッサ」を最速で倒せ――リネージュII クロニクル5記念キャンペーン
(2006/9/11)

100名を集めた血盟に所属キャラ全員分の名刺プレゼント――リネージュII
(2006/9/8)

「リネージュII クロニクル5」を記念して初心者向け&テレポートイベントを開催
(2006/9/6)

「リネージュII」クロニクル5で記念アイテム「クロノ マラカス」をプレゼント
(2006/9/5)

「リネージュII」クロニクル5、「フィッシング」などの追加・変更要素が公開
(2006/9/1)

渋谷をジャック?――「リネージュII シブヤプロジェクト」とはいったい何か
(2006/8/28)

「リネージュII」クロニクル5、クエスト関連の最新情報をお届け
(2006/8/18)

「リネージュII」クロニクル5、血盟システムの情報を公開
(2006/8/11)

「ゼロデイ詐欺」にも対処する日本ベリサインの新サービス
日本ベリサインは、オンライン取引のセキュリティ向上を支援する「VIP(VeriSign Identity Protection)」サービスを10月より開始する。(2006/8/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。