ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Objective-C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Objective-C」に関する情報が集まったページです。

言語別「エンジニアの求人数」ランキング Ruby・PHPを抑えて1位だったのは……
人材会社のレバテックが、2018年度に企業が募集したITエンジニアの求人(正社員)を、プログラミング言語別に集計した結果を発表。2位はPHP(14.9%)、3位はRuby(8.2%)だった。1位は……?(2019/6/13)

WWDC 2019:
Apple、SwiftUIなどを説明 Sign in with AppleはWindows版も
WWDC基調講演を補完する恒例イベント「2019 Platforms State of the Union」動画が公開された。ここから読み取れることは多い。(2019/6/5)

3種類の「.NET」を1つに集約:
Microsoft、「.NET Core 3.0」の後継となる「.NET 5」を2020年にリリース
Microsoftは「.NET Core」「.NET Framework」「Xamarin/Mono」を1つに集約すると発表した。「.NET Core 3.0」の後継となる「.NET 5」は、Windows、Linux、macOS、iOS、Android、tvOS、watchOS、WebAssemblyなどに対応した開発が可能な単一のプラットフォームになる。(2019/5/9)

開発者数の伸びで際立つKotlin:
PythonがJavaを追い抜く、SlashDataの開発者実数調査
SlashDataは、主要なプログラミング言語を使用するアクティブなソフトウェア開発者の数を毎年継続的に推計している。世界のあらゆるタイプの開発者が推計の対象だ。2019年4月には主要な12言語について開発者数や用途の分析結果を発表した。(2019/5/7)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(56):
長崎編:アパレル出身のラーメン男子、離島でWebサービスを楽しく作る
釣りをしながら仕事も可能。そう、リモートワークならね――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」長崎編は、五島でフリーランスエンジニア兼ラーメン屋として働くエンジニアのお話です。え、ラーメン???(2019/1/24)

Apple、女性起業家養成キャンプへの参加者募集開始
Appleが、アプリ開発で起業を目指す女性のための養成キャンプ「Apple Entrepreneur Camp」を立ち上げた。本社キャンパスのテクノロジーラボで2週間、エンジニアや幹部の指導を受けられる。(2018/11/27)

AIの未来を開く
「Swift」はモバイルアプリ開発に機械学習を取り入れる
AppleのiOS向け開発言語「Swift」には、モバイルアプリへの機械学習の実装を容易にする可能性がある。SwiftでAIモデルを作成するための新しいツールや、そのユースケースを見てみよう。(2018/7/10)

Microsoftが1060万ユーザーに送る:
de:code 2018の基調講演で披露された「Visual Studio」「Visual Studio Code」の新機能
日本マイクロソフトは2018年5月22、23日にデベロッパーイベント「de:code 2018」を開催。基調講演では、AIやIoTなどの最新テクノロジーを通じて日本の社会変革に貢献するため、Microsoftが何を提供していくのか、複数のデモや映像を交えて紹介した。(2018/5/25)

iOSデバイスがIoTデバイスとして利用可能に:
Microsoft、「Azure IoT Hub C SDK」で「iOS」を正式サポート
「Azure IoT Hub C SDK」が「iOS」を正式にサポートするようになり、同SDKの全機能がiOSアプリで直接利用できるようになった。(2018/4/25)

iPhoneアプリ開発にはSwift? Objective-C?
モバイルアプリ開発言語をどう選ぶ? ビジネスユーザーも知るべきその違い
モバイルアプリを開発する際には、ビジネス要件と機能要件に基づき、最も適した開発言語を選ぶ。本稿では、ビジネスユーザーも参考になる主要な開発言語の特徴を紹介する。(2018/1/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
SwiftやObjective-Cから開発者が離れつつある? Xamarinのトレンドは本物か
Appleのアプリエコシステムを支える開発環境において、SwiftやObjective-Cといったプログラミング言語は重要だが、とあるランキングデータから、こうした状況に異変が起きつつあるのではないか、との指摘が出ている。(2017/11/29)

開発生産性を高め、AI、IoT関連開発を簡素化:
Microsoft、Apache Sparkベースの「Azure Databricks」や新しいAI、IoT、機械学習ツールを発表
Microsoftは開発者向け年次イベント「Microsoft Connect();2017」において、同社の新しいデータプラットフォーム技術とクロスプラットフォーム開発ツールを発表した他、開発者がAIをアプリケーションに組み込み、継続的なイノベーションやデプロイを行うための主要なシナリオや方法も提示した。(2017/11/17)

ものになるモノ、ならないモノ(75):
ITエンジニアの副業はあり寄りのなし? なし寄りのあり?
スマートフォン(スマホ)アプリにおけるインディ(個人)開発者のお話をしよう。副業での開発であるにもかかわらず、そのアプリを企業に持ち込めば、そのまま買い取ってもらえるのではと思える程のクオリティーを実現した事例を紹介する。(2017/11/16)

Computer Weekly製品導入ガイド
モバイルアプリの実装方法と開発&テストツール選び
モバイルユーザーの期待は高い。だが万能的な方法は存在しない。それがモバイルアプリ開発に及ぼす影響について解説する。(2017/5/31)

Synopsys Coverity:
サポート言語に「Fortran」を追加、静的解析機能をさらに強化
Synopsys(シノプシス)は、Fortranで開発されたソースコードの欠陥や異常を特定するための静的解析ツールを手掛けるForcheckからの技術資産買収を完了した。(2017/1/23)

Forcheckの技術資産買収完了:
Synopsysが静的解析機能強化、Fortranに対応
Synopsysは、ソフトウェア会社Forcheckからの技術資産買収を完了した。買収により得た技術資産を、Synopsys製の静的解析ツール「Coverity」に追加/統合することで、解析機能がさらに強化される。(2017/1/16)

米国の就職情報サービス会社が調査
“モバイルアプリ開発者”が重宝される理由、年収はクラウド技術者よりも上?
IT関連職業の平均年収を調査したところ、モバイルアプリ開発スキル保持者が上位にランクインした。その理由を紹介する。(2016/12/23)

B2Cでのコード販売も可能、価格は需要に応じた変動制:
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が他言語化対応
ソースコード売買プラットフォーム「piece」が英語UIに対応。ソースコードを相互に利用できる環境を整えることで、グローバル対応も含めたシステム開発のコスト削減や開発速度と効率の向上を支援する。(2016/12/22)

FacebookのザッカーバーグCEO、“自宅のAI執事”プロジェクトの成果を報告
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが今年の個人目標として掲げた自宅のスマートホーム化プロジェクトの成果を発表した。自らコードを書いて人工知能(AI)システムを構築したことで、その可能性と課題が見えたとしている。(2016/12/20)

特集:Connect(); // 2016:
2つのVisual Studioとマイクロソフトの変化
2016年11月に開催された「Connect();」で登場した2つのVisual Studio。これらを簡単に紹介するとともに、その意味合いを探ってみよう。(2016/11/22)

グーグルも「.NET Foundation」に加入:
マイクロソフトが「Linux Foundation」のプラチナメンバーに Linux/クロスプラットフォーム対応製品の開発を加速
マイクロソフトが「The Linux Foundation」のプラチナメンバーとして加入。オープンソースコミュニティーとの協力を深める取り組みや、クロスプラットフォーム開発を支援するための製品開発にも注力する意向を示した。(2016/11/18)

特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第1回:Xamarinでアプリを作ろう
Visual StudioとXamarinでクロスプラットフォーム開発を始めよう! 今回はXamarinの概要について見た後、Hello Worldプログラムを作成する。(2016/9/23)

開発成功に導くチェックポイント
iPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと
Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。(2016/8/5)

2015年11月以来の大型アップデート:
マイクロソフト、「Windows 10 Anniversary Update」と「対応SDK」をリリース
マイクロソフトは「Windows 10 Anniversary Update」の提供を開始。併せて、その新機能を利用したアプリケーションを開発するための「Windows 10 Anniversary Update SDK」もリリースした。(2016/8/4)

販促策の一環であることは察している
AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由
オープンソースコミュニティーとの協力関係を模索するAppleとMicrosoftの戦略は、好意的に受け止められている。企業利益のためであることを隠さない両社が受け入れられ、開発者が集まる理由とは?(2016/7/27)

「iOS安全神話」はもはや崩壊?:
PR:iOSアプリをリバースエンジニアリングから守る「難読化技術」とは
ビジネスでもプライベートでも、モバイル、スマートデバイスの利用は一般的になった。その結果、スマートデバイスを狙うサイバー犯罪も増加の一途をたどっている。特に脅威なのは「リバースエンジニアリング」を悪用し、機密情報の窃取などを行う攻撃だ。本稿では、これを防ぐ手法の1つとして、開発者にもユーザーにも負担の少ない「難読化」について解説しよう。(2016/7/5)

iOS APIとObjective-C開発環境でUWPアプリを開発:
「Windows Bridge for iOS」が機能強化、iOSレイアウトAPIをサポート
マイクロソフトはオープンソースプロジェクト「Windows Bridge for iOS」の新機能追加を発表。iOSレイアウトAPIのサポートやCoreFoundationフレームワークの統合、GitHubでサンプルリポジトリも公開する。(2016/6/8)

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(終):
動く絵本のiPhoneアプリ作成で学ぶSwift文法総まとめ
本連載では、これからプログラミングやiPhoneアプリ開発を始めてみたい方を対象に、開発に必要な知識を基礎から解説していきます。最終回は、これまでの連載で紹介したSwiftの文法を使ってプログラミングをし、「動く絵本」のiPhoneアプリを完成させます。(2016/5/11)

Appleのオープンソース開発言語SwiftをAndroidに採用?
OracleとのJava訴訟問題が関係してる?(2016/4/9)

MacやiOSだけでなくWindows、Linuxのアプリ開発も可能
Appleの開発言語「Swift」の人気が急上昇している理由
2015年12月にオープンソース化し、人気も上昇中のAppleの開発言語「Swift」。Objective-Cと比較しながら、その理由について探る。(2016/3/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
AndroidアプリのWindows 10移植ツールを切り捨てたMicrosoft
iOSやAndroidの人気アプリをWindows 10 Mobileに取り込みたいMicrosoft。自前でアプリ移植ツールキットの準備を進めていたが、残念ながらAndroid版は開発が中止となった。(2016/3/1)

Dev Basics/Keyword:
Swift(プログラミング言語)
Swiftは「開発者が正しいプログラムを記述/保守管理するのが簡単に行えるように」設計された、安全で高速、記述性が高い言語だ。(2016/3/1)

Bootstrap、jQuery Mobile、AngularJS、iOS、Androidにも対応:
PR:Web APIとコンポーネントのブレンド――ビジネスユーザーには生産性を、プログラマーには自由度を、高レベルで提供する開発プラットフォームとは
ビジネスユーザーからの注目度が高かったセールスフォース・ドットコムだが、少し前から開発者からもにわかに熱い視線が向けられるようになってきた。同社のプラットフォームに特化したPaaS「Force.com」について、最新版の特長をあらためて整理しておきたい。(2016/2/29)

「Xcode」の使い方からAppStoreでの配布まで
ざっくり分かる「社内向けiOSアプリ」開発ガイド
iOSデバイス向けにアプリケーションを開発するのは簡単ではない。各種の手順を踏まなければならず、アプリケーションを配布する方法もさまざまだ。(2016/2/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
iPhoneゲームを5分でWindows 10アプリに変換する動画が話題
人気のiOSアプリをWindows 10に取り込むため、Microsoftは移植が容易に行えるツールを用意した。その成果はまだこれからだが、YouTubeではiOS用ゲームを5分でWindows 10世代のUWPアプリに変換する動画が公開され、ちょっとした話題となっている。(2016/2/14)

俺は○○使いだ! の人も、これから習得したい人も:
もし、プログラミング言語が「武器」だったら
今、ITエンジニアの皆さんはどの言語を習得したいですか? どれを選べばよさそうか、ソフトウェアエンジニアのティプリンさんがプログラミング言語の特徴を「武器」に例えて説明してくれています。(2016/2/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10のアプリ不足を解消する「Windows Bridge」に危険信号か
特にWindows 10 Mobileのアプリ増強策として期待されているMicrosoftの「Windows Bridge」プロジェクトだが、当初の計画より遅れが目立ってきた。(2016/2/1)

特集:クロスプラットフォーム開発新時代:
Visual Studio+Xamarin.Forms+Xuniでクロスプラットフォーム開発
Xuniはモバイルアプリ開発で便利に使えるコントロールキットだ。本稿ではXamarin.FormsとXuniを組み合わせて簡単なアプリを作ってみる。(2016/1/29)

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(8):
初心者でも絶対に始められるiPhoneアプリの作り方&Xcode・シミュレーターの使い方
本連載では、これからプログラミングやiPhoneアプリ開発を始めてみたい方を対象に、開発に必要な知識を基礎から解説していきます。今回から動く絵本アプリを作っていきます。まずは、iOSシミュレーターでアプリを実行するところまでやってみましょう。(2016/1/12)

Synopsys Coverity:
ソースコードに潜む重大な欠陥を早期に発見、静的解析ツール「Coverity 8.0」
シノプシスはソフトウェア静的解析自動化ソリューション「Coverity 8.0」の提供を開始。最新版では、サポートするプログラミング言語の追加、セキュリティテスト機能の強化などが図られている。(2016/1/7)

2016年はどうなる?:
ロボット、人工知能、Deep Learning、IoT、ドローン、ゲーム開発、Windows 10――2015年注目だった開発者/プログラマー向け記事まとめ
2015年も、開発者/プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップしますので、年末年始にでも読んでみてください。(2015/12/28)

週末チャレンジ/ググってはいけません:
ダメなエンジニアには解けないパズル
「下位10%のダメなWeb系エンジニアには解けないパズル」があります。……あなたは、解けますか?(2015/12/18)

恋愛プログラミングゲーム「プログラミングで彼女をつくる」が人気:
プログラマーは、つり目でショートヘアがお好き?
恋愛プログラミングゲーム「プログラミングで彼女をつくる」が、“難易度が高く”て面白いと話題になっています。(2015/12/10)

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(7):
iOSアプリを作るなら最低限覚えておきたい「オブジェクト指向」の基礎知識
本連載では、これからプログラミングやiPhoneアプリ開発を始めてみたい方を対象に、開発に必要な知識を基礎から解説していきます。今回は、オブジェクト指向、クラス、プロパティ、メソッド、イニシャライザーの概要と、使い方などについて解説する。(2015/11/17)

10億台のサポート業務も楽になるか
「Windows 10」が動くPC、Surface、スマホで同じアプリを使う――UWP活用の仕方
あらゆるWindows 10の共通プラットフォーム上で動く「ユニバーサルアプリ」の普及は、IT管理者に恩恵をもたらす。開発者、管理者の観点から、ユニバーサルWindowsプラットフォームの可能性を探ってみよう。(2015/11/11)

Windows 10とAzureで広がる世界観:
PR:若手の開発者がマイクロソフトに持ちがちな、よくある3つの誤解と、異なる事実
Windows 10やMicrosoft Azureといった最新ITテクノロジをビジネスで活用するためには、テクノロジに対してどのように向き合うべきなのだろうか。最新ITテクノロジを紹介することを“なりわい”とする日本マイクロソフトのエバンジェリストによるリレーコラムから、そのヒントを得てほしい。第2回はデバイス(iOS/Android/Windows)やサービス(Microsoft Azure)の開発者向けの技術啓発活動を行う鈴木章太郎氏が若手の開発者がマイクロソフトに持ちがちな、よくある3つの誤解を解く。(2015/10/23)

5分で分かる最新キーワード解説:
並列処理でビッグデータ解析速度80倍?「HSA」
CPUとGPUが処理を分け合って協働する「HSA(Heterogeneous System Architecture)」の活用により、ビッグデータ解析など重い処理の高速化が期待されています。PCやサーバのみならず、組み込みシステムへの応用も有望な「HSA」について解説します。(2015/10/13)

特集:UWPとは何か:
Windowsフォーム開発者のためのWindows 10 UWPアプリ開発入門(前編)
Windowsフォームアプリ開発と対比しながら、Windows 10時代の新たなプラットフォーム「UWP」を使用したアプリ開発の基礎を解説する。(2015/9/29)

CEDEC 2015まとめ:
ゲームバー、Cortana、Edge、HoloLens、Bridge、DirectX 12、ANGLE――Windows 10はゲーム開発者に何をもたらすのか
8月26日に開催されたゲーム開発者向けイベントの中から、ゲームバー、Cortana、Edge、HoloLens、UWP、Bridge、DirectX 12、Cocos2d-x、ANGLE、Visual Studio Tools for Unity、Xbox LiveなどWindows 10関連の講演模様をお届けする。(2015/9/28)

iOS SDKとSwiftで始めるゲーム作成入門(1):
初心者でもiOS 9/tvOS向け2Dゲームが作れる標準フレームワークSpriteKitの基礎知識とチュートリアル
iPhoneゲームをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOSのゲームフレームワークを使った作り方を一から解説する入門連載。初回は、SpriteKitの概要とサンプルゲームの動かし方、主要なクラスやメソッドなどを紹介する。GameplayKitなど他のゲームフレームワークの概要も。(2015/9/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。