ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤシマ作戦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヤシマ作戦」に関する情報が集まったページです。

「エヴァ第3新東京市」「関空」など1/80サイズで再現 世界最大級のミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」 来春オープン
「エヴァンゲリオン第3新東京市」や「関西国際空港」など、7つのエリアを80分の1サイズで再現した屋内型ミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」が2020年春、有明にオープンする。年間200万人の来場を見込む。(2019/8/7)

平成に“使われた曲”、2位「居酒屋」ってどんな曲? 3位「エヴァBGM」はどこで使われた?
JASRACが発表した、平成元年から31年までの著作権使用料分配額トップ100。2位の「居酒屋」について、ネットでは「知らない曲だ」という声も目についた。どんな曲で、どこで使われていたのだろうか?(2019/4/18)

そこもCGだったんです!? 「シン・ゴジラ」メイキング映像があのBGMに乗せて公開
総力戦っぷりが伝わってくる。(2016/8/11)

エヴァンゲリオンスマートフォン、受付開始時期決定 価格は7万8000円
警報音も搭載?(2015/9/29)

エヴァまで一狩り行っちゃうのかよ! 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」と「モンスターハンター フロンティアG」のコラボが実現
初号機と零号機がロンギヌスの槍などを振り回してモンスターを狩ってます。(2015/7/17)

@ITセキュリティセミナー東京・大阪ロードショーリポート(後編):
社会の課題を解決する“技術ある厨二病”と“強固な決済ネットワーク”
2015年6月2、4日、@IT編集部は「@ITセキュリティセミナー 東京・大阪ロードショー」を開催した。後編ではハッカーが率いる技術集団と、世界をつなぐ決済ネットワークの裏側にせまる。(2015/7/16)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

「金曜ロードSHOW!」でスマホ連動企画「エヴァまつり」 ヱヴァ劇場版放送で
アプリを使って「ヤシマ作戦」を疑似体験したり、敵と戦ったりできる。(2014/8/18)

本田雅一のTV Style:
日テレの「Hulu」取得を“囲い込みではない”と考える理由
「Hulu」の国内事業が日本テレビ放送網に譲渡されることが発表され、さまざまな驚きの声があがっている。民放各局のネットワークサービス事業あるいは番組編成の担当たちは、驚きつつも意外に落ち着いている。(2014/2/28)

「JoinTV」で新しい広告モデルの構築を目指す日テレ
日本テレビ放送網は、ソーシャル視聴サービス「JoinTV」を活用した新しい広告・販促モデル「O2O2O」を推進する。11月15日の「JoinTVカンファレンス2013」で明らかにした。(2013/11/15)

本田雅一のTV Style:
ネットとアプリで視聴者に魔法をかける? テレビ局の挑戦
映画やサッカーをテーマにしたテレビ局のセカンドスクリーン企画が続々と登場している。放送と通信サービスのコラボレーションは何を生み出すのか?(2013/4/4)

すべては日テレのシナリオ通りに:
スマホやデータ放送で「ヤシマ作戦」に参加 今週の「金曜ロードSHOW!」
視聴者が「ヤシマ作戦」や「綾波救出作戦」に参加できる放送・通信連動企画「ムーヴィシンクロナイザ」のカウントダウン開始。スマホであらかじめ蓄電しておこう。(2012/11/7)

ヱヴァ新劇場版TV放送で視聴者もシンクロ スマホ・データ放送連動で
「逃げちゃダメだ」など名セリフの瞬間にシンクロしようじゃないか。(2012/11/7)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の公式Android用ウィジェットが登場
メディア・マジックが、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の公式Androidウィジェットアプリとして「EVANGELION 時計&タイマー」と「EVANGELION バッテリー監視」の2つをリリースした。(2012/4/5)

ネット流行語大賞2011、金賞は「ポポポポ〜ン」 「いいね!」「ダァシエリイェス!!」も
ネットユーザーが選んだ流行語大賞は、魔法の言葉「ポポポポ〜ン」が金賞。キュゥベエ先生発の「僕と契約して、◯◯になってよ!」もトップ10入り。(2011/12/1)

そんな言葉もありましたねえ Twitterで「#お前らの今年の流行語大賞」が盛り上がる
Twitterユーザーたちが、ハッシュタグ「#お前らの今年の流行語大賞」で、今年盛り上がった言葉を振り返っている。記者のイチオシは「ほむほむ」!(2011/11/21)

節電推進Ver.でヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA:
箱根に第3新東京市立第壱中学校が開校したので登校してみた
震災の影響で中止となったイベントが“節電推進バージョン”で再始動。トヨタ プリウスPHVがNERV公用車へと認定され、箱根に第3新東京市立第壱中学校が再現された。こりゃ転校してでも行かなくては!(2011/7/8)

3月11日、ツイート数は1.8倍に 新しい情報共有スタイル定着
NECビッグローブのTwitter利用動向調査によると、東日本大震災が起きた3月11日、Twitterに投稿されたツイートは普段の1.8倍に跳ね上がっていた。(2011/4/27)

計画停電時間をカウントダウン エヴァ風iPhone Webアプリ登場
計画停電実施までの時間をカウントダウンするエヴァンゲリオン風iPhone Webアプリが登場。ヤシマ作戦に賛同して開発された。(2011/4/5)

仕事を楽しめ! エンジニアの不死身力(11):
未曾有の災害を前に、いまエンジニアができること
あなたはエンジニアの仕事を楽しんでいますか? この連載では、仕事を「つらいもの」から「楽しいもの」に変えるためのヒントを考えていきます。(2011/3/23)

ねとらぼ:
「NERV専用監視装置」で東電の電力状況をチェック エヴァ風サイト登場
東京電力の電気使用状況が分かるエヴァンゲリオン風サイトが登場。「NERV」のメンバーになった気分で監視できる。(2011/3/23)

ねとらぼ:
「愛のギャグがもっと広まれば」 ウエシマ作戦にダチョウ倶楽部がコメント
買い占め・買いだめを控え、「どうぞどうぞ」と物資を譲りあう気持ちを持とうという「ウエシマ作戦」に、作戦名の由来になったダチョウ倶楽部がコメント。「愛のギャグがもっと広まれば」などとブログで呼びかけた。(2011/3/18)

「ウエシマ作戦」も拡大中 「どうぞどうぞ」と物資を譲り合う
節電の「ヤシマ作戦」に続き、食料品や日用品の買い占めを控えて物資を譲り合おうという「ウエシマ作戦」が広がっている。(2011/3/16)

東京電力の計画停電エリア・スケジュールを調べよう 関連サービスまとめ
東京電力の計画停電エリア・スケジュールを簡単に調べられるネットサービスをまとめて紹介する。(2011/3/15)

東北関東大震災、関連情報のまとめ
Business Media 誠では3月14日より、東北関東大震災の災害関連情報を優先して記事を掲載しています。本ページでは、誠やITmediaに掲載した記事のほか、有益なWebの情報源をまとめています。本ページは随時更新します。(2011/3/14)

節電徹底へ「ヤシマ作戦」賛同者がTwitterで広がる
東京電力の電気供給能力の不足で停電するおそれがある中、Twitter上では節電を「ヤシマ作戦」と名付けて協力する動きが広がっている。(2011/3/12)

とにかくデカい! 等身大エヴァ頭部&ARエヴァが富士急ハイランドに
エヴァ初号機の実物大頭部が富士急ハイランドに。リアルかつ巨大で、本物のエヴァの隣にいるような緊張感を味わえる。(2010/7/16)

日々是遊戯:
総工費1億5000万円! 富士急ハイランドの「実物大エヴァ」を間近で見てきました
富士急ハイランドで7月23日よりオープンする「EVANGELION:WORLD -実物大初号機建造計画-」。その最大の目玉である「1/1リアル・エヴァ」の内覧会に参加してきました!(2010/7/15)

箱根限定、ネルフ謹製温泉まんじゅう
“ネルフ謹製温泉まんじゅう”が箱根町限定で発売される。(2009/12/14)

「一番くじ」に実用的な“使徒”が襲来
第3使徒「サキエル」の顔型マウスや「ロンギヌスペン」など、実用性とコレクション性をあわせ持つアイテムがずらり。(2009/4/10)

本山由樹子の新作劇場:
デジタルマスター版で初BD化――「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
第2弾「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破」の6月27日公開を前に、第1弾が5月27日にBlu-ray Disc化!(2009/3/23)

新作DVD情報:
新生ヱヴァ、4部作で再び覚醒――「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
社会現象とまで呼ばれたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場新作が、ファン必携の永久保存版BOX「特装版」と「通常版」の2種類でDVD化。(2008/3/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。